2007年01月23日

小金井市の江戸東京たてもの園で「江戸野菜で味わう小正月 江戸雑煮をたべよう」のイベント。


小金井市の「水湧くプロジェクト」では、1月21日から1月28日まで江戸東京たてもの園のビジターセンターで「江戸野菜からのまちおこし展」を開催していたが、初日の21日は、「祝い箸を作って江戸のお雑煮を食べよう!」を同園内、西ゾーンで実施した。



1-1図1.jpg


上のチラシをクリクする
このイベントには、市民500名を募集により同園に招待し江戸雑煮を提供した。

この企画で使用された、後関晩生小松菜と亀戸大根は、東京都農林水産振興財団の東京都農林総合研究センター・江戸川分場で試験栽培されていたもので、試験研究が終わったものを提供をしてもらったもの。


2-1江戸雑煮1 (3).jpg

この企画では、「祝い箸を作って・・・」と云うことで、まず、木の棒にサンドペーパーをかけてマイ箸を作るところから始まり。
出来上がったら、千代紙で箸袋をつくり、それからお雑煮をいただくというもの。



3-1江戸雑煮1 (5).jpg

祝箸ができたところで、江戸雑煮を西ゾーンの吉野家の前庭で、角餅と小松菜で祝う 江戸商人の雑煮」を食べていただいた。



この模様は、NHK総合テレビで21日の夕方から3回にわたって放送された。
この事で、江戸野菜を使ったまち興しが小金井で実施されていることが広く伝わった。


追伸



NHKのテレビ報道を見た友人が、22日、番組の様子を知らせてくれた。
東京の伝統野菜について取り組んでいるグループがあることを知ったので、小金井市経済課に電話し、担当の内田雄二氏から、現在、江戸東京たてもの園のビジターセンターで「江戸野菜からのまちおこし展」を開催しており、そこに、関係者がいるからとの情報を得たので23日に会場に出かけた。



4-001.jpg


「野口のタネ」の固定種のタネ袋が展示してあった。

これまで、農政運動を展開してきた経験から、お互いの情報連絡と運動をともに行うことが、強固な力となっていくことから、江戸東京たてもの園の会場を訪ねた。

会場には、土井利彦氏と、納所二郎氏がいらしゃったのでお話を伺うと、小金井市の農業・農地を守っていく運動の、ひとつの活動だと云う。

都市の農地を守る運動の一端は、かつて「月刊自治研」に書いたが、同じ考えの市民運動のようなのでメンバーに入れていただいた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64007677

この記事へのトラックバック