2013年04月25日

菜花生産の足立区のつまもの農家を訪ねる。


「菜の花 出荷ピーク」の記事が日本農業新聞に掲載されたが、この菜花(ナバナ)は小松菜の中から選抜したものを毎年、自家採取している固定種だというので、一度伺いたいと足立のつまもののリーダー荒堀安行さんにお願いしていた。

荒堀さんには、足立区産業振興課の杉岡淳子課長を紹介いただいた時に当ブログでも紹介している。
荒堀さんの近くで菜花を栽培している宝谷實さんにコンタクトをとっていただいた。



1-1宝谷 (4).jpg

宝谷さんは、東京都農業祭に毎年、紫芽(ムラメ) を展示用に出していただいている。

上の写真をクリックする
菜花は、固定種の小松菜の中から、早く抽臺する(花茎を伸ばす) 品種を選んだもので、毎年採種して使っているという。それにしても、小松菜がこんなに大きくなったのを初めて見た。
昨年の10月22日、23日に播種し、露地栽培なので3月13日から出荷し始め、ゴールデンウイーク頃まで作業は続く。



2-1宝谷 (7).jpg

この収穫、ノラボウ菜と同じように手摘みで収穫するから手間がかかり、茶畑のようにきれいに摘まれているが、最盛期で150束が限度だという。
この菜花、築地の東京シティー青果に出荷しているという。



3-1宝谷 (13).jpg

宝谷さんは、ツマモノとして、鮎蓼(アユタデ) も出荷している。
鮎蓼は鮎の季節に、「タデ酢」にして用いられることから、この時期に出荷量も多くなるようだ。

上の写真をクリツクする
宝谷さんを紹介してくれた荒堀さんもハウス内をご覧になった。
紫芽(右下)、収穫の終わったところで実をつけているのもあったが、これは抜いてしまうという。
宝谷さんはほかにも、芽カブ、も栽培しているという。



4-1横山 (4).jpg


宝谷さんのお宅で荒堀さんと別れ、宝谷さんに同じ菜花を栽培している横山修平さん宅に連れて行ってもらった。
横山さんも、東京都農業祭には、芽カブを展示用に毎年出してもらっている。

上の写真をクリックする
横山さんのお宅は足立区の北部・入谷で、先日伺ったアライ園芸は舎人で近い。
かつては荒川流域の水田地帯だったが、現在は舎人ライナーも通り、宅地化は進んでいる。



5-1横山 (13).jpg

後継者の辰也さんと、奥様は、摘んできた菜花を一束に揃える作業をしていたが、圃場を案内するなど貴重な時間を割いてくれた。



6-1横山 (1).jpg

結束作業の小道具は使い込んでいた。

上の写真をクリツクする
辰也さんが束ねたものを、横山さんが包装紙に包み、小道具に合わせて茎の部分を切り取ると仕上がる。
3月の出初めのころは10本ぐらいで一束になるが、現在は家計が細くなり一束30本ぐらいになるという。

横山さんと宝やさんは一日おきの順で築地に出荷しているという。



7-1001.jpg

横山さんの圃場は、摘んだ菜花を一輪車に積んでいくので、一輪車が通るスペースを空けてあるという。

上の写真をクリックする。
自家採種(右下)を別の圃場で行っていた。
また、無農薬で栽培していて、堆肥も緑肥(写真右上・左下)をすき込んでいると云う。



posted by 大竹道茂 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65261455

この記事へのトラックバック