2013年05月03日

5月3日、朝、文化放送「福井謙二 グッモニ」 朝いちテレフォンで、電話出演。


先月の20日、「江戸東京野菜ネットを見て、メールをしました。」と、文化放送で「福井謙二 グッモニ」という新番組を担当している、構成作家の後藤知紀さんからメールをいただいた。

何でも、4月から始まったばかりの番組で、フジテレビの福井謙二アナウンサーが、平日の朝7時から9時まで喋る番組だという。
朝7時半ごろから7-8分のコーナーに「グッモニ特派員 朝いちテレフォン」があり、リスナーをはじめ、働く皆さんを中心に、景気の実感や仕事に関する現場の声をすくいあげているコーナーで、江戸東京野菜について電話で話してくれと云う。



キャプチャfukuchi.JPG


江戸東京野菜は今、どんな野菜が何種類くらい作られているのですか
と云われたので、産地の名前がついている野菜を、

練馬ダイコン、伝統大蔵ダイコン、亀戸ダイコン、高倉ダイコン、東光寺ダイコン、志村みの早生ダイコン、汐入ダイコン、奥多摩ワサビ、品川カブ、金町コカブ、滝野川ゴボウ、砂村三寸ニンジン、馬込三寸ニンジン。、馬込半白キュウリ、本田ウリ、黄金のマクワウリ、寺島ナス、雑司ヶ谷ナス。伝統小松菜、下山千歳白菜、青茎三河島菜、砂村一本ネギ、・・・・・
と羅列したら、時間がないと云われてしまったが30種類もあることを強調しておいた。

また、 子どもたちが小学校で作っているケースもあるそうですね
と云われたので、例えば東京23区のうち農地が無い区が13区ありますが、そのうちの11区で、江戸東京野菜を栽培したり、給食で食べたりしています。

7日には千代田区の番町小学校では、馬込半白キュウリの定植作業が行われます。千代田区でも栽培しているよと強調。

これから旬を迎える江戸東京野菜は何でしょうか
と云われたが、丁度端境期だが、寺島ナス、雑司ヶ谷ナス、馬込半白キュウリ、を紹介、

10日には、早稲田で、早稲田ミョウガの試食会も予定しています。とこれも紹介しておいた。

「グッモニ特派員」として、登録され、今後も情報を依頼された。
また、番組では、当ブログで情報発信していると、紹介してくれた。
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65813543

この記事へのトラックバック