2013年05月19日

早稲田のミョウガタケを持ち込み自慢の冷やし中華の具に入れていただいた。


小平市の翡翠麵打師・松村幹男氏が経営する中国宮廷麺「なにや」に久々に伺った。
松村さんにお会いしたのは、今年2月に東京都が発行した「とうきょう特産食材使用店ガイド2013」に、当店が掲載されたことで伺って以来た。

今回は、新聞、テレビで紹介されている早稲田ミョウガのミョウガタケを持参した。

これまで、ミョウガタケについては、リーガロイヤルホテル東京で試食会を実施したが、色々とメニューを開発する必要もあることから、先日は、テレビ東京の番組でミョウガタケを料理に使ってもらった。



1-1002.jpg



そこで、江戸東京野菜の応援団の1人で、小平の宮寺農園(園主・宮寺光政氏) の農産物を使って、これまで創作料理を作り出していただけに、ミョウガタケ、しかも早稲田ミョウガの物を持参した。
宮寺農園でも、早稲田ミョウガを栽培していることは、当ブログで紹介している。、



2-1003.jpg

上の写真をクリックする
宮寺さんが、納めている京千舞かぶと、品川カブで作った、甘酢漬けをまず初めに出してくれた。

ミョウガタケは、店の人気商品「冷やし中華」に、入れて出してくれた。

ミョウガタケの葉は、さっと茹でて、アスパラの横に、ミョウガタケは、長めに切って生のまま、品川カブとトマトの間に添えてくれた。
シンプルだが、早稲田ミョウガの味が生きていた。




3-0キャプチャ290.JPG

宮寺さんが今朝、納品した野菜が店内に並んでいた。




posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67917351

この記事へのトラックバック