2013年06月07日

NHK 月刊やさい通信 6月号で早稲田ミョウガを紹介。


5月の下旬だったか、NHK総合テレビで毎月 月末の土曜日 早朝にやっている「月刊やさい通信」の原田誠子デイレクター(クリエイティブ ネクサス)から電話をもらった。

この番組、糸井重里さんとクリス智子さんの番組で、テーマ野菜の故事来歴や最新事情を紹介、二人のトークも楽しく、8年も続いている人気番組だ。

何でも、6月号では、『ミョウガ』をテーマに番組を制作していて、ミョウガの産地、高知県への取材や、ミョウガの香り成分「アルファーピネン」の効能などについて取材を行っていて、最新の事情として最近話題の「早稲田ミョウガ」について話を聞きたいと云う。




1-1003.jpg

上の写真をクリツクする
おりしも、早稲田ミョウガのミョウガタケがニュースになっていたこともあり、伝統の早稲田ミョウガを取り上げようとなった模様で、

早稲田ミョウガでミョウガタケを栽培している井之口喜實夫さんを取材しお話を伺いたいという。

5月初めに、リーガロイヤル東京でのイベント「「東京野菜フェア」で販売されたのをかわきりに、同ホテルでの試食会などがあり、太いものは収穫されていたが、残ったSサイズでも十分にミョウガタケの食感や香りを楽しむことができるので、井之口さんの了解を得て案内をした。

後で、原田さんに電話をしてみると、良い映像が撮れたというから、番組は楽しみだ。

NHK総合テレビ
月刊やさい通信
2013年6月30日 6:15〜6:45 
糸井重里・クリス智子





posted by 大竹道茂 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68951262

この記事へのトラックバック