2013年07月23日

東京農業をリードする井之口さんと永井さんがアイパッドデビュー


今年の春は、早稲田ミョウガのミョウガタケが話題になり、新聞取材やテレビ取材など、生産者の井之口喜實夫さんには、ずいぶん迷惑をかけてしまった。

度々、井之口さんのお宅にお邪魔していたある日、「大竹さんに書いてもらったブログも見やすくなったよ」と、アイパッドを見せてくれた。
アイパットを買ったというので、散財をかけてしまったので謝ってしまった。



1-1004.jpg


これまで、当ブログで、早稲田ミョウガについては報告してきたが、
掲載記事に間違いがあってはと、掲載した後、内容の確認をお願いしていて、井之口さんのお宅では、ご子息の勇喜夫さんのパソコンで、その都度チェックをしていただいていた。

度々の確認で、勇喜夫さんの勧めもあって、アイパッドの存在を知り、2人で家電量販店に行って買ってきたようだ。
すでに、当ブログのアドレスは登録されていて、ワンタッチで「江戸東京野菜通信」が現れた。




2-1001.jpg

先日、カブトムシの飼育について、南大泉の永井昭さんを紹介したが、カブトムシの話が終わった後、お茶でもと、クーラーの効いた座敷に通された。

そう云えばと云って出してきたのがアイパッドで、当ブログを見てくれていた。

当ブログでは、永井さんも何回も紹介していて、最初に掲載した時に、「掲載したから確認を!」、とお願いしたら、パソコンは持っていないと云うことだった。

数日後、友人のお宅から電話がかかってきて、どうしたら見られるのか! 、と云うので説明して、確認いただいたことがあった。

永井さんにもご友人にも迷惑をかけてしまった。

その後、ネット上に自分の情報が流れていることが気になっていたようで、家電量販店に行ったとき、アイパッドの前を通りかかり、簡単にネットもできるという説明に、「江戸東京野菜通信」と「永井昭」で検索すると幾つもの永井さんの記事が出てきた。

それで気に入って買ってきたと云う。

最近は、辞書代わりに、調べものに使っているようだが、我々世代は、携帯電話がせいぜいで、スマホやアイパッドとなると使いこなすには、苦労している。

井之口さん、永井さんには、度々掲載することで迷惑をかけてしまった。



posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71104423

この記事へのトラックバック