2013年08月02日

都政新聞連載の「東京育ちの美味探訪」、今回は奥多摩ヤマメの生産者・牧野博行さんをたずねた。


都政新聞の取材にお供する形で実施してきた農家見学会、今回は奥多摩ヤマメの生産者・牧野博行さんを訪ねた。

奥多摩で、ワサビを収穫して食べるという企画を聞いて、都政新聞の細川奈津美記者が、その日に、奥多摩のヤマメの取材ができないかと、相談があった。

奥多摩ワサビは、昨年取材しているので、たまには水産も掲載したいという。

それではと、東京都奥多摩さかな養殖センター(公財・東京都農林水産振興財団)の知り合いに電話をしたが、転勤されていた。 
いずれにしても休日は取材は無理ということで、

同センターの隣で養魚場を経営されている 牧野博行さんをご紹介いただいた。


 

1-1004.jpg


ニジマス、奥多摩ヤマメを育てている牧野養魚場は、西多摩郡奥多摩町梅沢59-3、TEL0428-83-3200  

千島わさび園の千島国光さんに、川苔山の帰りに牧野養魚場に案内してもらった。


2-1010.jpg

当初、取材だけでお願いしていて、他のメンバーの事は伝えていなかったので、奥多摩駅前のそば屋から、少し遅れるとの電話を入れた際に、

他に10人の見学者がいると伝えたら、魚にストレスを与えないように、生簀には近寄らないようにして欲しいということだったので、了解ですと云って電話を切った。



3-1007.jpg

ヤマメは「渓流の女王」と呼ばれ、姿形の美しさ、味の良さから塩焼などにして食べられてきた。普通は2年で産卵して死んでしまう。

平成10年に、東京都水産試験所奥多摩分場(現・都奥多摩さかな養殖センター)では、産卵しないことで2年以上も生き残り、大型に成長する「奥多摩やまめ」を開発した。
奥多摩やまめは、3年で1.5キログラム、5年で50センチ、約2.2キログラムにまで成長する。

上の写真をクリツクする
牧野さんは、大型の奥多摩ヤマメを、網ですくって見せてくれた。




4-1016.jpg

牧野さんが、食べてみますかと、奥多摩ヤマメの料理を出してくれた。
ワサビ醤油でいただくというので、上原恭子さんが、川苔山で収穫したワサビをすって皆でいただいた。

上の写真をクリックする
ヤマメの刺身は、ネギと大葉が刻んでかけてあった。

また、塩麹に漬けてあった切り身は焼いてあって、香ばしくて美味しかった。

自宅で採れたと云うキュウリは、味噌をつけていただいた。



5-1023.jpg

急に大勢で伺ったのにもかかわらず、ご夫妻には良くして頂き、お世話になった。

上の写真をクリックする
牧野さんが育てた奥多摩ヤマメは、玉堂美術館の手前にある、小澤酒造が経営する「いもうとや」で、玉堂生誕140年記念の特別料理、玉堂好み「蕎麦御膳」に、「奥多摩やまめのお造り」として付いている。

牧野さん、ありがとうございました。




posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71574766

この記事へのトラックバック