2007年12月02日

第1回 練馬大根引っこ抜き競技大会開催される


12月2日(日)、第1回 江戸東京野菜「練馬大根引っこ抜き競技大会」が、練馬区大泉の村田仙太郎氏の栽培地で開催された。

練馬区では、板橋区から独立して練馬区となってから60周年を記念したイベントを考えていたが、区では、JA東京あおばを通して、江戸東京・伝統野菜研究会に相談、その経緯は当ブログで紹介している。

スポーツ感覚のイベント「練馬大根引っこ抜き競技大会」として提案、審判員は、東京都綱引き連盟公認審判員に依頼して行われた。




1-0006.jpg

上の写真をクリックすると、YouTube 。

競技大会は、前日の1日に、NHKおはようニッポンが、畑から生中継を行ったことは当ブログで紹介したが、開催当日は話題となり、大勢のメディアや市民が集まった。

 練馬区では12月3日(月)、区内の小中学校102校の学校給食(48,000人分)に地産地消として調理するため、3,000本の練馬大根を必要としている。

抜くのが大変な練馬大根、競技大会参加のアスリートたちが抜いてくれることになっている。

一番多く抜いた人には「鬼怒川ホテルニュー岡部」ペアー宿泊券とお米1俵(玄米)等、賞品は盛りだくさん、参加賞は、練馬ダイコンとキャベツ。さらに、絶品の伝統「すずしろ鍋」が選手には振舞われた。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72057100

この記事へのトラックバック