2013年08月20日

「あっぱれカフェ」、10月6日(日)は、早稲田ミョウガと内藤唐辛子がテーマで、メニュー創作のために宮寺農園へ


NPO法人ミュゼダグリが実施している「あっぱれカフェ」、10月6日(日)は、早稲田ミョウガと内藤唐辛子がテーマ。

このほど、「あっぱれカフェ」の料理を担当している、酒井文子さんと、上原恭子さんが、内藤とうがらしを栽培している、小平市の宮寺光政さんの畑を訪ねていた。




1-1011.jpg


宮寺農園は、内藤とうがらしと早稲田ミョウガを栽培していることから、訪ねたもので。

宮寺さんは、都立園芸高校からいただいたタネで、鉢植えの内藤とうがらしも作っていて、色づいた鉢植えは、当日のディスプレイ用にいただいた。



2-1005.jpg

今年は、葉とうがらしとして、料理するため、事前にメニュー開発のために、実の小さい内藤とうがらしが欲しかったようだ。

内藤とうがらしは、内藤新宿の市街化の進行とともに、産地は中野、杉並へと移っていき、葉とうがらしの佃煮などにも利用されていた。

「あっぱれカフェ」の、お問い合わせ&お申し込み先
TEL. 090-2423-0831 FAX. 042-387-2820 
メール. museedagri@s00.itscom.net





3-1009.jpg


この内藤とうがらし、新宿のまち興しを手掛けている成田重行先生から、タネを採ってもらいたいと、お預かりしたタネを、練馬の渡戸秀行さんに頼んで採種用に栽培してもらったもの。

播種時期が少し遅れたが、今年の天候の中では、追い着いてしまった感じだ。


追録





4-1キャプチャoy.JPG

先日、渡戸さんの畑にも寄ってみた。

自宅から離れた石神井川に近い住宅街の中にある畑に、内藤とうがらしは栽培されていて、花が咲き始め、中には青い唐辛子が稔りはじめていた。

成田先生にもお伝えしたが、新宿の皆さんのイベントに使ってもらえればと渡戸さん。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72739638

この記事へのトラックバック