2007年06月08日

練馬区独立60周年記念事業に、練馬大根引っこ抜き競技大会を提案。


練馬区農業振興課の岩松係長と担当の三浦さんが、訪ねてこられた。

何でも、今年は、板橋区の西部地域にあたる練馬、石神井、大泉地区が、練馬区として独立して60年になるというので、独立60周年に当たり、区として記念事業を11月17-18日の両日実施する方向で検討していることから、イベントの企画について協力してくれと云うもの。



キャプチャ60.JPG



お二人が見えたのは、事前にJA東京あおばの渡邉和嘉部長が、同区に私を推薦してくれていたもの。

上の写真をクリックする
JA東京あおば農業祭会場で実施される他のイベントとしては、渡邊部長が提案した、全国大根見本市、練馬大根創作料理コンテストが決定した。




大学の後輩であるJA東京あおばの渡邉部長は、私をよく訪ねてきては、東京農業のことを情熱的に語っていった。
実は、今年の初め、「スイカの種やサクランボの種を飛ばすことが、メディアで話題にするんだから、東京にもそういう「農業風物詩」があるといいんだが・・・・」と語っていた。

どちらかともなく「練馬大根を引っこ抜く」ことだって、競技にすれば話題になるんじゃないかという話になった。




0001.jpg

当時、私は東京都綱引き連盟の副会長をやっていたので「綱を引く」のと、「大根を抜く」のは同じ筋肉を使うことから、綱引きチームに参加させたり、連盟の公認審判員に審判をやらせようと、発想が次々浮かんだ。

また、渡邉部長は練馬区長との意見交換の席上で、志村区長に対して、練馬区立の小中学生は、練馬の伝統野菜、練馬大根を食べた事のない子供が多く、最低でも一年に一度は、給食に出して欲しいと要請して、実施が決定した。

そこで、提案した企画は、「練馬大根引っこ抜き選手権大会」だったが、区サイドでは、そのイメージがつかめなかったようで、「これまでも収穫体験として、区民の皆さんを募集して抜いている」と云っていたが、これはスポーツだと伝えたことで「練馬大根引っこ抜き競技大会」に落ち着き、競技の中で「選手権の部」になった。

posted by 大竹道茂 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72794267

この記事へのトラックバック