2007年05月26日

町田地方史研究会主催で二宮尊徳を語る


農民文学者の薄井清先生と、初めて仕事でご一緒させていただいたのは、JA東京中央会が平成元年から取り組んだ「江戸東京ゆかりの野菜と花」 の出版企画が生まれてからで、「江戸東京暮らしを支えた動物たち」「江戸東京農業名所めぐり」と江戸東京農業シリーズの共同執筆者として、ご専門の畜産はもとより江戸市民の生活文化など、何かと親しくご教授をいただいた。

そんなご縁で平成18年9月に突然、お電話をいただきました。

無沙汰をお詫びしたり、近況をお尋ねしたりの後、先生の話は思わぬ展開で、「JA町田市忠生支店の植栽の一角に二宮尊徳翁の石像が奉られているが今年は二宮尊徳翁没後150年で記念シンポジウムを開催するんだ!」との話に、「それは素晴らしい」と、後先考えずに相槌を打ってしまった。




1-1キャプチャ45.JPG


 忠生尋常高等小学校(現忠生第一小学校)昭和6年度卒業記念として建立された「二宮尊徳像」の数奇な運命を地元の中丸祐昌先生が担当し、薄井先生が、各藩の財政再建などに果たした役割など総論を担当するという。

なにやら興味深い企画なので、相槌を打ちながら聞いていたが、先生は続けて、「わが国の協同組合の創設者としての二宮尊徳翁の話をしてくれないか!」と切り出され、

間髪おかずに「JA東京教育センターの学園長(当時の私)として、打って付けだ」と押し切られてしまった。



勿論先生は、各JAの記念史などに尊徳翁やその活躍した時代背景などについても書かれていらっしゃるから私の出る幕はないはずだが、今にして思えば、私に機会を与えてくれたようだった。

その後、主催の町田地方史研究会からは何の音沙汰もなく、計画は頓挫したかと忘れてしまった。

今年の3月になって研究会の小島政孝会長から、シンポジストのお二人が入院されたとのお話を聞き、驚く間もなく薄井先生が「後は大竹に頼め」ということになったと伺い、それでは軽々にお断りすることも失礼だしで、先生の著書なども参考にさせていただきながら、お話の構成を考えた。




2-0img422.jpg

上の写真をクリックすると拡大

 平成19年5月26日、朝日新聞の告知記事など主催者のご苦労もあり、大勢の方々に駆けつけていただいたが、その中にご心配だったのか退院したばかりの先生も奥様とご一緒にお見えになり、体調が悪い中、つたない私の話を聞いてくださった。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72808147

この記事へのトラックバック