2013年08月21日

小金井 ”がんばる” 農家、井上誠一さんが食育活動を報告した。


昨年の10月28日、千代田区内幸町のイイノホールで、「日本食育学会のシンポジウム2012」が開催された。
「〜和食〜 日本の伝統的食文化の継承に向けて」として、基調講演は「和食の真髄」を小泉武夫東京農業大学名誉教授がはなされ、報告として、小金井・江戸東京野菜研究会の井上誠一さんが、

江戸東京野菜でまちと人を育てる 〜小金井市の取り組みから〜 小金井 ”がんばる” 農家、を語った。
このほど発行された「日本食育学会誌」第7巻 第3号に掲載されたと、資料をいただいた。



1-1004.jpg


上の写真をクリツクする

井上さんは、地元の小金井市立第一小学校で、食育活動を実施している。

また、先日はネット上で紹介されていたことは、当ブログで紹介している。

posted by 大竹道茂 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72816287

この記事へのトラックバック