2013年09月09日

「TOKYO 2020」!!、 2020年の東京オリンピックが決定した。そして、江戸東京野菜も・・・


フレンチの巨匠 三國清三さんから、8日に使いたいが、江戸東京野菜は、今何がありますか ! と、お尋ねがあった。
伝統小松菜、雑司ヶ谷なす、東京大越ウリ、渡辺早生ゴボウ、寺島なす、早稲田みょうが、奥多摩ワサビ、東京うど、その他には地場産野菜として、内藤トウガラシ、八王子ショウガ、パプリカ、カボチャ、カブ、ハーブなど色々あると・・・。

何のことかと、伺ったら、「TOKYO 2020」が決定したら、と口止めされて、私もハラハラ、ドキドキしながら、決定を待ったが・・・・・、決定した !!。

9日フジテレビのスーパーニュース、18時30分頃から放送




P9050475.3.jpg

今、撮影が終わったと、フジテレビの担当から電話があったが、
三國清三シェフが、江戸東京野菜等、東京の地場野菜を使った、お料理を作り、東京農業を紹介してくれると云う。

東京の「お・も・て・な・し」の一つが、江戸東京野菜等、東京の地場野菜が担うわけだ。

三國シェフは、6月6日に、フランスの大統領が国賓として、日本を訪れた時に、安倍晋三首相の要請を受けて、「江戸東京野菜添え」を出したことは、当ブログで紹介した。

今回の番組でも、「選手村で出すとしたらどんな料理 !」と云うもの。
1964年の選手村の総料理長を務めた村上信夫シェフ(帝国ホテル)は、三國シェフの師匠でその実力を見出した人。
三國シェフは、沖縄サミット総料理長も務めたと云うことで、依頼されたもの。

三國シェフは、生の寺島ナスをかじりながら、「東京産は、産地が近いから、香りも水分も保たれ、栄養価も高く、7年後の、お・も・て・な・しは江戸東京野菜ですよ 」と語った。

そしてカメラは三鷹へ、江戸東京野菜「寺島ナス」栽培の第一人者・星野直治さんが、「周りが住宅で農薬散布も少なくする努力をしていて、東京の野菜は、最高じゃない! 」

メインは、疲労回復効果がある「TOKYO X」をロースト。白みそ漬け、色々野菜添え、木の芽の香りソース。

「外国人の選手は、みんな日本食を楽しみにしているはずなんです。
日本風の味噌漬け、木の芽をアレンジに使用した」と語った。


オリンピックとなると、選手村だけにとどまらないわけで、2020年までの、江戸東京野菜を含めた農業振興計画を行政やJAも真剣に考えてもらいたいものだ。




posted by 大竹道茂 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74361700

この記事へのトラックバック