2008年02月23日

室町「福徳塾」の、歴史いろり端談義 其の7 「江戸・東京の伝統野菜」の講演を依頼された。


東京の伝統野菜があるなら栽培してくれ、日本橋から江戸東京野菜を積極的に使っていきたいと、日本橋「ゆかり」の野永喜一郎社長から励ましをいただいたのは一年前だが、当ブログで紹介している。



1-1001.jpg

その後、江戸東京野菜は、日本橋の橋上での即売会や、新聞等でも大々的に紹介され、知られるようになってきていることも、当ブログで紹介している

丁度1年を迎えた中で、日本橋の情報誌・月刊「日本橋」の堺美貴編集長から、同社が事務局をしている、室町「福徳塾」の、歴史いろり端談義 其の7 「江戸・東京の伝統野菜」の講演を依頼されたもの。

2005年2月に、有楽町の東京国際フォーラムで開催された「大人の食育ワークショップ」で、柳久保小麦、練馬大根、亀戸大根の話をした経験から、自信を持ってお引き受けをした。

上の画像をクリックする
因みに、福徳塾の会場は、太田道灌を合祀、徳川家康も度々参詣したといわれ歴史的に有名な福徳神社(清和天皇時代859年頃の設立)も今はビルの中。

その神社と同じフロアーに福徳茶屋があり、三井物産まちづくり部門が運営する塾を開いている。





キャプチfgャ.JPG

上の画像をクリックする
講演は2月23日の開催だったが、それに先立ち、2月1日発行の月刊「日本橋」2月号で、「人(ひと)物語」に、紹介していただいた。

掲載された写真は、カメラマンの遠藤拓哉氏が撮ってくれたもので、堺さんからインタビューを受けているあいだ中、数10枚もシャッターを押していた。

お蔭で、講演には大勢の方々が聞きに来ていただいて、中には、小学校の同級生も遠くから来てくれていた。


posted by 大竹道茂 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 初期ブログ・フードボイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75658076

この記事へのトラックバック