2008年04月23日

第18回『銀座食学塾』シンポジウムで、江戸野菜を守る運動を語る


日本橋室町の福徳塾で講演したことは、当ブログで紹介した。

福徳塾ではいろいろな方とお会いしたが、その時、インターネットジャーナルの賀詞交換会でお会いした「スローフード江戸東京」のリーダー・成田重行氏も聞きに来てくれていて、この度の、「銀座 食学塾」の講師を依頼されたもの。

「銀座 食学塾」の主催は、NPOオーガニックネットワーク(高安和夫氏 と、「スローフード江戸東京」で、成田リーダーが全体をまとめていた。(下の写真をクリックする)




1-1001.jpg

会場の「銀座三丁目会議室」には、江戸東京・伝統野菜研究会からは、小平の宮寺光政さんに試食用の亀戸大根を持参してもらった。

また、小金井市が拠点のNPOミュゼダグリからは、納所二郎さん、酒井文子さん、宮本幹江さん、品川の青果商大塚好雄さんも駆けつけてくれた。


2-1007.jpg

上の写真をクリックする
成田さんのグループ、「スローフード江戸東京」のメンバーが大勢いたようで、皆さんには興味を持って聞いていただいた。

参加者の中には、東京農業大学の熊井治男准教授(農村社会学研究室)、稲泉博巳准教授(人的資源開発研究室)、井形雅代准教授(国際バイオビジネス学科) がお見えになっていた。

実は今月初めに、熊井先生からメールがあり、同大食料環境経済学科が今年創設70周年を迎えるが、記念講演を12月に予定していて、講師をお願いしたいとの依頼があった。

そこで、、銀座でシンポジウムがあるので、「聞いていただいて、よろしければお受けします」と、返信していたことから、お見えになっていた。

最後に、成田リーダーは、「スローフード江戸東京」としても江戸東京の伝統野菜に注目し、復活普及も活動の一つとして取り組んでいきたいと、会員の皆さんに語りかけ締めくくった。


 交流会は、「紙パルプ会館1階 ラウンジパピエ」に会場を移して行われたが、熊井先生達も残ってくれて、両先生の合意を得て「ぜひお願いしたい」と、改めて講師を依頼された。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75678315

この記事へのトラックバック