2007年12月02日

東京日本料理業組合の江戸東京野菜料理研究会の皆さんが練馬大根の引っこ抜きを体験。


東京日本料理業組合の江戸東京野菜料理研究会(野永喜一郎委員長)では、12月2日に、江戸東京野菜生産農家訪問ツアーを実施した。

案内は、築地の東京シテイ青果営業開発部の野田裕課長で、
日本橋「ゆかり」に集合して、マイクロバスで、新座の平林寺を参拝し、門前で手延べうどんで昼食、その後、輪島園から、練馬区平和台では、練馬大根のタネを守っていた橋本登さんの畑を見学して、練馬大根引っこ抜き競技大会の会場にやって来た。




1-1001.jpg

遅いなあ〜、と思っていたが、大会が終わって、後片づけが始まっていたところにマイクロバスが到着、残っていた練馬大根を、参加者全員に、抜いていただいた。

料理人には、産地を見てもらうのも重要だが、練馬大根などは、抜いてもらうことが大切で、抜き方も皆さんに、手先で抜くのではなく、肘を両脇に固定して、膝の屈伸で抜くようにレクチャーした。

「抜けない抜けない !、」と云っていたが、何人かは上手に抜いていた。
この体験が、重要で、お客様にも伝えてくれるだろう。





3-0img020.jpg


野永喜一郎委員長ご夫妻を初め、「つきぢ田村」の田村暉昭会長、「たいめいけん」の茂出木雅章社長など老舗のお歴々、仲卸の築地三徳の川口啓幸社長などが参加されていた。

田村会長には、日本橋でお会いしたことは、当ブログで紹介している。

田村会長から帰りがけに、会長の和食へ思いの詰まった「つきぢ田村の材料使いきり和食」をご本をご恵贈いただいたが、食材別にエコな料理の原点が詰まっている。
上の写真をクリツクする


追申




2-1img017.jpg



後日、田村会長からは「江戸東京野菜生産農家訪問ツアー」のレポートが送られてきた。

田村会長ありがとうございました。
posted by 大竹道茂 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75762008

この記事へのトラックバック