2013年09月21日

杉並区立大宮小学校に、松嶋さんと井上さんがゲストティーチャーに招かれました。


杉並区立大宮小学校( 甚野雄治校長) の食育授業に、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座2期の松嶋あおいさんと、小金井江戸東京野菜研究会の井上誠一さんが4年生2クラスのゲストティーチャーに招かれた。




0003.jpg

授業の企画をしたのは同校の栄養士遠藤悠子先生で、先生は6月に開催した、コンシェルジュ育成講座の入門編にご参加いただき、鮎蓼のお料理を作った事は、当ブログで報告している。

今回も遠藤先生からのメールによると
食べ比べは、井上さんが栽培した寺島なすと千両ナス2号を、
授業が始まる前に、松嶋さんと遠藤先生が調理して、
生のものと、揚げたもので実施。

市販のピーマンと井上さんが栽培しているとんがりパワー
辛味ダイコンと青首ダイコンは市販のもので行われた。




食べることが大好きな学年だそうだが

 「まずは、全く何を食べているかを伏せて、 寺島なす(A)と千両なす(B)の食べ比べなどを行ったのですが、
 見た目から、Aは種が多いといった意見が出、 実際に食べて、Aのほうがとろっとしてる。
味がある。 などといった意見がでました。

 ほかの野菜の食べ比べでも、全く中身を伏せている中で、 ピーマン嫌いの子が「とんがりパワー」は食べられたなど、 ついつい大人は知識が先行してしまいますが、 子どもたちの素直な感性にとても驚かされました。」


素晴らしい感性です。 寺島ナスの 加熱するととろみが出ることがわかるとは。




0001.jpg

同校では、寺島なすと、内藤とうがらしを栽培している。

上の写真をクリックする
 お二人のお話を聞いたあとの感想では、
 「江戸東京野菜を作って、その種でまた作ってつづけてみたい」
 「江戸東京野菜について、いろいろなお話をしてもらって、私も、江戸東京野菜を  いろいろな人に伝えたいと思いました。
ほうっておくと絶滅してしまって、江戸時代から続いている貴重な野菜だからです。
また少し食べてみたくなりました。」 「歴史に興味があるから、江戸東京野菜のことをもっと調べたい。」

 などといったものがありました。

 「これから、江戸東京野菜の調べ学習を行って、栽培活動もできたらと思っています。」
と遠藤先生。 頼もしい限りた。

松嶋さん、井上さん、ありがとうございました。


追録



保護者のコメントをいただいた。
松嶋さんは「子どもたちが授業をちゃんと受け止めて、お家で話してくれた様子が伝わってきて、とても嬉しく思いました。
これからもっと勉強して、子どもたちに楽しく伝え、興味を持ってもらえるよう頑張りたいと思います。」

posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
江戸野菜というのは大変興味深いですね。
Posted by ブルーベリーでダイエット! at 2013年09月21日 07:57
ご紹介いただきありがとうございます。
子どもたちが真剣に聴いてくれ、江戸東京野菜に関心を持ってくれたことは、本当に嬉しいことでした。
子どもたちの鋭い意見に感心し、なんの先入観もなくA(寺島茄子)の方には種がある、という意見が出たのにはとても驚きました。
江戸東京野菜を未来につなげるためには、このような授業が大切だと実感し、貴重な機会をいただいたこと、感謝しております。
Posted by Aoi at 2013年10月02日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76136181

この記事へのトラックバック