2013年10月06日

「W商連と早稲田大学のコラボを特別企画」の情報を早田教授が送ってくれた。


早稲田大学の早田宰教授から、「早稲田かつお祭りの特別企画」の情報が入った。

特別企画は5つの企画からなり、まず、「気仙沼かつお&早稲田みょうが弁当」を、10月7日〜20日まで、月曜から金曜日までの期間限定で、早稲田大学7号館1階(大隈銅像の脇) お弁当販売コーナーで、お昼のみ販売するという。




5-1-10-7気仙沼かつお×早稲田みょうが弁当.jpg

上の写真をクリックすると数々の企画。


この企画を実施するに当たり、これまでは、生産者の井之口喜實夫さんが、早稲田のW商連に納品していたが、今回は早稲田大学気仙沼復興塾の企画で、助郷隊を募集する。

井之口農園から早稲田まで、早稲田みょうがを運搬するという夫役。
希望者は、9時、西武池袋線石神井公園駅改札集合とのこと。


10月9日には、「かつお24時間 ローカル・チャレンジ ! 」として、「新口」獲りたてのかつおを、24時間以内に居酒屋「かわうち」に届くか、待ち構えていて食べようと云う企画は、W商連企画と学生たちの企画で、学生の飲み会だそうだ。

三陸沖で釣り上げたかつおが、24時間以内に届くか、送られてくるかつおをfacebookで過程を見守りながら、到着したら皆で漁師さん、仲買人の方、料理人さんに感謝しながら食べるという、24時間テレビのマラソンのような企画です。



昨年好評だった、W商連・松の湯の企画「早稲田みょうが湯」が、今年も10月13日(日)、15時から西早稲田の「松の湯」で開催されます。


10月16日(水)19時からは、戸塚町の高田牧舎で、「みょうがエールのカクテルを飲む会」が、計画されている。
「みょうがエールをつくろうワークショップと軽食」は 早稲田大学気仙沼復興塾が企画したもの。


posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77556891
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック