2009年05月25日

「第4回ロハスデザイン大賞2009」で、三國清三シェフと東京食材のトーク&試食。


雑誌ソトコトの榎本ゆう子さんが、「第4回ロハスデザイン大賞2009」のイベントの件で訪ねてこられたことは、当ブログで紹介した。
榎本さんの話では、江戸東京野菜を栽培している生産者と、その産物を持ってきてほしいと云うことだった。
この時期、伝統小松菜や亀戸大根などは終わってしまっているし、馬込半白キュウリはまだで、今後、この季節を埋める「ナス」などの夏果菜の復活が望まれるところだ。




1-1キャプチャLJ.JPG


そこで、この季節でも栽培している、立川で東京うどを栽培している須崎雅義さんに、お願いしてウドを持ってきてもらった。
今後の事もあるので、小平の宮寺光政さんにも来てもらった。

朝の内は、雨が降っていたが、始まる頃に上がった。
開会に、中山弘子新宿区長が挨拶をされた。

SOTOKOTO FOOD ACTION
●キッチンイベントは、5月24日(日)
11:00-12:00 東京食材のトーク&試食 100食限定
三國清三(オテル・ドゥ・ミクニ)
大竹道茂(江戸東京・伝統野菜研究会)
須崎雅義(立川・東京うど生産農家)


三國シェフとは、初めてのトークだが、フレンドリーな雰囲気を作ってくれたので楽しく話ができた。




キャプチャDHG.JPG


今回の「第4回ロハスデザイン大賞2009」について、ソトコト6月号で紹介していたが、

上の写真をクリックする
三國シェフの地産地消イベントが紹介されていた。
posted by 大竹道茂 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77798771

この記事へのトラックバック