2013年11月24日

都立橘高校が修学旅行で、「大阪で東京を売ろう」と、亀戸大根100本を完売!!


先日、NHK−TV「ゆうどきネットワーク」の全国放送で、江戸川の木村重佳さんが栽培する江戸東京野菜の亀戸大根が紹介され、そのことは当ブログで紹介している。

その後、木村さんと情報交換をしていたら、墨田区にある都立橘高校(中村謙一校長) のみなさんが、亀戸大根の収穫にやって来たと云う話。

詳しく聞いてみると、同校の生徒が修学旅行で大阪の通天閣の下で、亀戸大根を販売するのだという。



1-1キャプチャ1.JPG


上の写真をクリツクする
それはすごい!、
そこで、木村さんから、橘高校の先生にお願いして写真をいただいた。
上の写真をクリックする

同高校は、平成14年10月に、「都立高校改革推進計画 新たな実施計画」により都立向島商業高等学校と都立向島工業高等学校を発展的に統合し、都立向島工業高等学校敷地に、日本で初めての産業科を有する都立橘高等学校として、平成19年11月3日に開校している。

向島と云えは、「寺島ナス」の地元だが、この季節、寺島ナスは終わっていて、同校が亀戸駅の北、旧中川が近くを流れて、かつては亀戸大根の産地でもあった。



2-1DSC_1697.JPG

木村さんが頼んでくれたようで、都立橘高校の荒井康仁教諭からメールを戴いた。

「橘高校は産業科高校の特色を活かして修学旅行で、「大阪で東京を売ろう」という企画を実行してまいりました。

そこで縁あって木村農園さんの亀戸大根を11月20日、大阪通天閣の真下で売ってきました。

当日は、真冬並みの寒波と、一時的にスコールのような大雨にたたられ、お客さんの出足が鈍いなどの悪条件が重なりましたが、生徒32人が声を嗄らして木村さんの育てた亀戸大根をアピールした結果、3時間かけて100本を完売しました。

私の自慢の生徒たちの奮闘の様子をご覧ください。」

上の写真をクリックする

この取り組みは、2年D組の皆さんで、

亀戸大根   100本   単価200円
関東のおでん種 70セット 単価350円
小松菜パスタ  20個   単価320円
東京パンケーキ 20個   単価210円


ご協力いただいた新世界商店街のブログにも当日の様子が掲載されている。

江戸東京野菜に係わる一人として、皆さんの様子を思い浮かべると、涙が出ます。
皆さんありがとうございました。



posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81241593

この記事へのトラックバック