2013年11月28日

世田谷区立次太夫堀公園民家園で企画展「野菜の時代 〜せたがやそだちの源流〜」が開催されている。



世田谷区生涯学習・地域・学校連携課民家園係の今田洋行さん (文化財資料調査員) が、世田谷の伝統野菜について話が聞きたいと昭島まで来てくれたことは、当ブログで紹介した。

その後、世田谷区喜多見にある、区立次太夫堀公園民家園で企画展「野菜の時代 〜せたがやそだちの源流〜」が11月1日から12月27日まで開催されていて、都合をつけて出かけた。




1-1015.jpg


展示場に入ったところに、世田谷区大蔵村石井戸の農家が、昭和初期に大蔵大根を築地市場に初出荷をしたときの写真を元に、再現模型(十川造形工房)が展示されていた。
写真は石井弥助氏所蔵としてあった。

説明によると
「戦前、大蔵一帯の大蔵原で盛んに生産されていた「晩丸大根」は、出荷時は五本ずつ藁で束ねて一把とする「五本まるき」が一般的だった。初荷は新年の正月三日頃に行われた。
大根の収穫後、綺麗に洗って五本まるきにしておき、築地市場に運搬してから、初荷の荷積みをした。日頃の出荷時に割り当てられている六十把(三百本)をひとつの初荷にしたという。」とあった。

上の写真をクリツクする
先日、東京都農業祭で、西東京市の矢ケ崎宏行さんが鉢植えにしてくれた下山千歳白菜を矢ケ崎さんの了解を得て提供したが、展示してあった。

今田さんの話では、世田谷区烏山生まれの大きな白菜は反響を呼んでいるようだ。



2-1img256.jpg

入口に積んであった図録「野菜の時代」の23頁「産地の時代」には、
大根と大蔵村、南瓜と深澤村、西瓜と烏山村、トマトと粕谷村、蕪と宇奈根村、胡瓜と松澤村、小松菜と用賀村、白菜と烏山村、と各村の特産が解説されている。

特に、「大根と大蔵村」では、大蔵原で栽培されていたのは、晩丸大根だったと云う。

大蔵で栽培されていた晩丸大根は、市場では大蔵原から出荷されることから「大蔵大根」と呼ばれていたので、「大蔵大根」の名で種苗登録をしたと、植松敬翁の言葉が掲載されていた。

尚、巻末に、協力者として記載していただいた。

上の写真をクリックする
旧谷岡家住宅の奥で、「野菜の時代」の企画展が行われていた。




3-1キャプチャyie.JPG

展示品の中に、「H13年 大蔵大根種」と書かれた種子袋があり、石井弥助氏所蔵とあった。

この事は、今田さんから送ってもらった図録で知ったので、すぐに伝統大蔵大根の栽培農家・大塚信美さんに連絡したことで、大塚さんは所蔵者の石井さんにお会いして、展示後に発芽試験をさせてもらうことの了解を戴いたと云う。

仮に、発芽すれば、世田谷直系の、伝統大蔵大根の復活となり、大発見だ。

入口には、私が係わった書籍も展示されていた。

上の写真をクリツクする
昭和18年春発行の「ヤマト種苗月報」に、通販用の大根のカタログが表示されているが、すべてが、江戸東京で好まれた白首ダイコンだ。




4-1019.jpg

展示室を出ると、旧加藤家主家の畑が、そして納屋には八房の唐辛子が干してあった。



追録




5-1001.jpg

世田谷区上馬の青果店主人・森田哲也さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)からメールを戴いた。

先日、世田谷区内河原農園さんに伺い伝統大蔵大根の出来具合を確かめてきました。
写真は両方とも左が伝統大蔵、右がF1大蔵です。

種をまいた時期が違うので大きさは違いますが伝統大蔵はずっしりと重く葉の勢いも素晴らしく(葉がとても美味しそうでした)、とても期待が持てます。

大蔵の特徴である「つまり」も今後さらにはっきりと表れてくると河原さんは仰っていました。
当店では、今月27日、12月7日、15日に畑に伺い分けてもらう事になりました。
伝統大蔵大根の煮物の美味しさは、この大根本来の持つ味が青首大根は勿論の事、F1種の大蔵大根とも比較できないくらい濃い事から来ていると思えます。

大根の煮物は普通出来上がったばかりでは大根に、出汁や具材の旨味がしみ込まず美味しさは十分ではありません。しかし伝統大蔵大根はこの出来立ての状態で、その大根が持つ深い旨味を味わうことが出来ます。

そして時間の経過と共に出汁や具材の旨味を吸い込みさらに深みのある味へと変化して行きます。
これから12月中ごろまでが旬の伝統大蔵大根をぜひ一度味わってみて下さい。

伝統大蔵大根を少しでも多くの方に味わってもらいたいです。

また下山千歳白菜は江戸コン1期生の富澤さんの畑に伺い分けて頂く事になりました。
矢ケ崎さんや宮寺さんの畑にも伺い江戸東京野菜を入手予定です。
江戸コンの繋がりに感謝いたします。  森田哲也



本日、大塚信美さんから電話をいただき、今日から「伝統大蔵大根」を抜き始めたから、良かったら・・・、とのことでした。


posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81547337

この記事へのトラックバック