2013年11月29日

「本気で見せます! 江戸の料理」、東京家政学院生活文化博物館に出掛けた。


東京家政学院創立90周年記念 第25回特別展 「江戸の料理」〜本気で見せます!〜が、同学院町田キャンパスの生活文化博物館で開催されていることは、当ブログで紹介した。

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座の講師をお願いしている、江原絢子名誉教授からご案内をいただいていたし、30日には、皇居外苑の楠公レストハウスで、お話をすることもあるので、勉強しようと伺った。



1-1001.jpg



同校の近くのバス停前で、町田の酪農家北島一夫氏達が『町田あいす工房ラッテ』を経営していたから、昔、車で行ったことはあったが、電車では初めてで、相原駅から向かった。



2-1004.jpg

生活文化博物館の展示、同校の付属図書館に収められている江戸時代の料理書と共に、そこに掲載されているお料理を再現し、それをシリコン樹脂で標本製作したものを展示している。

会場で配られている図録には、全品が収録されているからわかりやすい。

上の写真をクリツクする
展示品を見せていただいていたら、江原先生に声をかけられた。
江原先生は、授業のある時は、直接教室に行くので、ここには普段来ないのに、たまたま打ち合わせに来ていたところでお会いできるとは! 。と驚かれていたが、まさか先生がいらっしゃるとは思ってもいなかった。

先生からは、ポイントポイントを解説いただいたが、贅沢なことだった。

楠公レストハウスの「江戸エコ行楽重」も紹介されていて、授業の一環で生徒達も食べたようだ。

江原先生ありがとうございました。




posted by 大竹道茂 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81587023

この記事へのトラックバック