2013年12月25日

練馬大根の母本選定会が、大泉の白石農園で行われた。


先日、近くまで来たので風の学校の白石好孝さんの所へ立ち寄ったら、30分ぐらい待っていれば、練馬大根の母本選定を行うから見て行かないかと誘ってくれた。

この種、練馬大根がバイラス病で絶滅の危機に瀕していた時、販売できる大根ができなくても、先祖がどんな思いで、種を守り継いできたかを考えると、俺の代で失くすわけにはいかないと、田柄の農家橋本登さんの父又市さんが、採種を続けてきた、貴重な種だ。

練馬大根の母本選定は、橋本さんの種を分けてもらった練馬区が、渡戸章さん、白石好孝さん、五十嵐透さんの三人に依頼して採種を行っているもの。
母本選定は、白石さんの畑で行っている。





1-1007.jpg


練馬大根は8月末にタネを播くが、今回採種用は9月15日と遅く播いたそうで、小振りの練馬大根だったが、3人の話を聞いていると、採種を3人で始めた頃から比べると揃いが良くなったという。



2-1003.jpg


首の細い、葉の多くないタイプが選ばれた。

上の写真をクリックする
参加されたのは農業改良普及センター西部分室の吉原恵子先生、練馬区役所からは湯川淳一さん、JA東京あおばからは、渡邉和嘉常務と、営農相談員の渡辺耕造さんが参加され、

「やさい畑」冬号「練馬大根」の写真も撮っているカメラマンの片岡正一郎氏が撮影に来ていた。

尚、採種されたタネは、練馬区役所が栽培したいという区民に配布している。


3-1dai (2).jpg


最近、講演会に江戸の白首大根のマスコットを胸に差して行っている。
このマスコット、先日、浅草雑芸談のイベントでお会いした「東京野菜STYLE」の阿部千由紀さんたちグループ(注文は080−3386−2023)が作っているもので、気に入って購入(200円)した。

練馬ダイコン母本選定の会場に行った時も、胸ポケットに入っていたのを、白石さん、渡戸さんたちが、目ざとく見つけてやたら褒めるので、1本200円と云ったら、うちの練馬大根と同じ値段か!、とあきれていたが、それでも褒めるものだから、後日3人に差し上げたら喜んで戴いた。



posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82948621

この記事へのトラックバック