2013年12月29日

讀賣新聞都民版、29日、「東京菜時記」で、本田(ほんでん)ウリが掲載される。


讀賣新聞都民版が、12日から、「東京菜時記」として連載をしてくれたことは、当ブログで紹介した。

収穫期の話題として5回ほどで終わったが、越村格記者たちは、江戸東京野菜を色々と取材ていたから、そのうちに掲載してくれると信じていたが、早くも今日の朝刊で掲載してくれた。


1-1002.jpg


 「東京菜時記」足立で発見、奇跡の果実
本田ウリ、代々受け継ぐ「純血」の甘み


上の写真をクリックするとリンクする。
本田ウリのいきさつには、当ブログでも紹介しているが、

生産者の内田和子さんから電話を受けた東京都農林総合センター江戸川分場の山岸明主任研究員〈当時〉サイドの話が掲載されているのは興味深い。

この発見が、東京にはまだ、市場には出ない農家に伝わる野菜があることがわかり、早稲田ミョウガももしかして、生き残っているのではないかと思い、捜索につながったわけで、NHKニュース7にも取り上げられた、思い出深いウりだった。




posted by 大竹道茂 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83347618

この記事へのトラックバック