2014年01月12日

12日(日)、フジテレビ新報道2001で、「ふぞろいが旨さの秘密」江戸東京野菜を紹介した。


「フジテレビ 新報道2001」の、玉生亨さんからメールをもらった。
「番組の「ニュースのタネ」のコーナーで、今週は江戸東京野菜を取り上げようと思っております。
地元に根差した野菜であり、一般のスーパーではなかなか手に入れることができないこの江戸東京野菜をもっとみなさんに知っていただきたく思っております。」とあった。

そこで、東京みらいの「みのーれ立川」に立川の亀戸ダイコン生産者と、小金井市の井上誠一さんを紹介したが、番組では小金井の井上さんを紹介していた。


1-1キャプチャw.JPG

このコーナーは今後ニュースになるのでは?というコンセプトで放送している。

「小金井市ファーマーズマーケット ムーちゃん広場」
須田哲夫フジテレビキャスターが、江戸東京野菜を紹介していく。

マーケットに並んだ、亀戸ダイコン、東京うど、馬込三寸ニンジン、伝統大蔵大根、金町コカブ等、江戸東京野菜は34種類もあるのには、三宅解説委員も驚く。

江戸時代から代々伝わってきた野菜として写真で、馬込半白きゅうり、品川カブ、内藤トウガラシも紹介した。(以上、写真提供は江戸東京・伝統野菜研究会)。

価格は1.5倍と高い。
生産者の井上誠一さんは、伝統的な野菜は不揃いなので、選びながら収穫しないといけないから、手間や収穫量から値段は高くなってしまうと、・・・・
しかし、味は全然ちがいます。味は濃い。これが野菜本来の味なのかと思うんです。と井上さんは語る。

「揃いが悪いから、流通に乗らない。改良していないから味が濃い。」と、「ふぞろいが旨さの秘密」だと江戸東京野菜の特徴を紹介してくれた。

posted by 大竹道茂 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85306934
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック