2014年01月15日

亀戸ダイコンを栽培している立川の生産農家による、老舗への出荷が始まった。


亀戸ダイコンの出荷目揃え会が、このほど立川で江戸東京野菜を栽培する、清水繁雄さんの作業場で行われた。
2010年に、亀戸の升本から栽培の要請を受けて、2011年1月から出荷をしてきた立川市の生産者は、年ごとに生産者を増やしてきたが、今年は、清水理作さん、清水繁雄さん、金子波留之さん、清水丈雄さん、内野英樹さん、栗原一男さんの皆さんが栽培に取り組んでいる。

1月9日から週2回のローテーションで3月上旬まで20回にわたって、6人が分担して出荷するが、今回は清水理作さん、清水繁雄さん、金子波留之さんの3人が生産した分で、規格の確認が行われたもの。
 


1-1001.jpg

当日は、清水理作さん、清水繁雄さん、金子波留之さん、内野英樹さんと、
JA東京みどりからは、豊泉信一部長、原省三部長代理等の皆さんが集まった。



2-1キャプチャwy.JPG

葉付き亀戸と、葉きり亀戸。
3人が栽培した亀戸ダイコンは、個性的な伝統野菜の特徴を表したもので、規格に揃えるのに各生産者の苦労のあとが伺えた。

posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 立川市での取り組み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85342144

この記事へのトラックバック