2014年03月31日

広報誌「とうきょう自治のかけはし」の特集で、江戸東京野菜の復活を掲載。


昨年の11月だったか、公益財団法人 東京都区市町村振興会で発行する「とうきょう自治のかけはし」という広報誌の印刷を請け負っている、大和綜合印刷株式会社の早坂貴志さんからメールをもらった。
何でも、3月号のテーマが「復活」ということなので、江戸東京野菜の復活に関するお話しを書いてくれと云う。
各自治体の皆さんが読者なら、これまでお世話になっている地域での復活を紹介しようと、引き受けた。


1-1自治のかけはし.jpg


亀戸の小中学校を巻き込んだ「亀戸大根」の復活事例が、品川区内にも影響を与え、「品川かぶ」で関連商品が開発される。

墨田区立第一寺島小学校から地域に広がった寺島ナスの事例。

早稲田ミョウガ発見から気仙沼支援として「早稲田かつお祭り」の実施事例を紹介している。

上の写真をクリックする





posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92030718

この記事へのトラックバック