2014年04月10日

早稲田ミョウガの「ミョウガタケ」、2つ目のムロの収穫が間近!!。


井之口喜實夫さんが取り組んでいる早稲田ミョウガの「ミョウガタケ」の栽培は、今年2か所で栽培されているが、当ブログでは2月6日に紹介している最初のムロで2月21日の初めて収穫した様子は、報告していなかった。


1-105.jpg



上の写真をクリックする
今年初めて収穫した早稲田ミョウガタケは、23日に新宿御苑の伊藤秀雄総料理長の元に送られ、「大饗賜宴 献立」に使われ、私も美味しくいただいた。


1-1002.jpg


現在、もう1つのムロで栽培されているが、4月2日に撮影したもので、来週中には収穫できるようになるだろう。

早稲田ミョウガの発見から、ミョウガタケ栽培のいきさつについては、昨日、読売新聞都民版朝刊に、東京菜時記として越村記者が掲載してくれた。



posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92389631

この記事へのトラックバック