2014年04月06日

三國シェフが今が旬の江戸東京野菜・のらぼう菜の栽培現場を訪ねる。

ソシエテ・ミクニの岡本孝一さんから、この時期収穫する野菜は何ですか!!。
と云う問い合わせがあった。

何でも、三國清三シェフが、江戸東京野菜の畑を見たいという。

三國シェフも多忙な日々を送っていて、先日も、「第7回 子供たちに笑顔をプロジェクト」で仙台でお世話になっているが、今度は東京の畑を見に来てくれると云う。

この時期は、人気ののらぼう菜があるが、先日、のらぼう市を開催したことや、都政新聞にも紹介された三鷹市江戸東京野菜研究会の冨澤剛さんを推薦していた。

前日の桜の花散らしの雨が朝方まで降っていたので、確認の電話を入れたが、予定通りだというので、ご案内しようと、約束の9時に着くよう畑へ向かった。
吉祥寺から千歳烏山行のバスで、南牟礼下車。



1-1ャ.JPG

広い農地に三國シェフは驚いていたが、前日の雨に畑はぬかっていたが、用意した長靴を履いてのらぼう菜の畑に向かった。

上の写真をクリックする
例によって、三國シェフは、自ら収穫したのらぼう菜をそのまま食べ始めた。
「美味い!!」と云って。

三國シェフに聞いたことだが、上海に店を出すために上海の市場で、野菜をそのまま食べたら、市場の人たちが驚いていたと云う。
中国では、農薬がたっぷりかかっているから、野菜を生で食べることはしないからで、それでも「お腹は壊さなかった」と云うエピソードがある。


2-1プチャ.JPG

ハウスの中を覗いた三國シェフ。
アスパラガスが新芽を出しているところに入っていった。

上の写真をクリックする
ここでも、収穫したてのアスパラガスをかじった。

冨澤さんが、甘くない青リンゴのようですと・・・。


3-1008.jpg

三國シェフが来てくれるというので、三鷹経済センターの麻生潤農業振興担当係長も来てくれていた。


追伸


皆様のおかげで、今日中には、アクセスカウンターは45万ヒットになりそうです。
今後ともよろしくお願いいたします。


posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92527800

この記事へのトラックバック