2014年04月12日

世田谷区奥沢のレストラン「dd TOKYOダイニング」のシェフたちが、農家見学。


先日、井之口さんのお宅の近くまで行ったので、写真を撮らせてもらおうと電話をすると、今、ミョウガタケを使ってくれている、世田谷区奥沢のレストラン「dd TOKYOダイニング」のシェフが来ているという。


0004.jpg


上の写真をクリックする
シェフは、服部哲也シェフ(写真左)と、駒月健一シェフ(写真中) のお2人で、世田谷から自転車で来たと云う。

同店は、東京野菜カンパニーを通して、江戸東京野菜を初め、東京産野菜を利用していただいているとかで、

始めは東京野菜カンパニーが企画する「畑見学ツアー」に参加していたが、最近では休みを利用して、生産者を訪ね、畑を見せてもらって、栽培する生産者の思いを伺っているという。

シェフの皆さんが、生産者を訪ね、生産者の思いを聞いてくれることは、大切なことで、生産者にとってもやりがいにつながる。

これまで、小平の岸野昌さん、東村山の長嶋要一さん、立川の須崎雅義さん、練馬の加藤和雄さんを訪ね、ダイニングのブログで紹介しているという。

また、
ダイニング・マーケットを開催し、東京産野菜を店で販売しているが、鮮度の良さから人気になっている。

お2人には東京産野菜の美味しさを、今後ともお客さんに伝えてほしいとお願いして別れた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92598027

この記事へのトラックバック