2014年04月15日

ネギ坊主がちょうど食べごろ、天ぷらで美味しくいただいた。


先日、宮寺光政さんの畑に立ち寄った。

初夏産野菜の定植などで忙しそうに作業をしていたが、そのそばのネギ坊主が目に入った。
ネギの品種は、まだ江戸東京野菜にはなっていないが、伝統的なネギ「拝島ネギ」だという。

2011年だったか、ネギ坊主が美味いと、当ブログで紹介した。
翌年、孫と八王子の「夕やけ小やけふれあいの里」に行ったときに売っていたが、農家が直接持ち込む直売所などでは、こんな出会いもあり楽しいこものだ。

第五砂町小学校の銭元真規江栄養教諭は、砂村一本ネギのネギ坊主を、学校給食で出している。




1-102.jpg

上の写真をクリックする。
ネギ坊主をもいでもいいかと宮寺さんに聞いてから10個程いただいた。
特に甘皮が剥ける前の大きめの物を選んで・・・。




2-1erャ.JPG

もいだのを見せたら、小さい方が美味しいからと、自分の帽子を脱いで収穫してくれた。

上の写真をクリツクする
北風が、畑土を巻き上げてるような天候だったが、たくさんいただいた。



3-1010.jpg

小麦粉に生卵を入れて溶いて、それにネギ坊主を潜らせてから揚げた。

上の写真をクリックする
衣が揚がったところで、引き上げ半分に切ると、緑が美しく、荒塩で食べたが、幼種のザクザクした食感がたまらない。ネギの臭みはなく甘みが増していた。
半分に切るのがポイント、緑の美しさをめでながら熱いうちに食べると味わいがます。



4-001.jpg

残っているネギ坊主は、江戸東京野菜の料理研究家・酒井文子先生のレシピ、辛子味噌マヨネーズ和え、を参考に若干アレンジしてみました。



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93168037

この記事へのトラックバック