2014年04月29日

第3回 伝統野菜は長老に聞け! は,練馬大根の第一人者渡戸章先生にお願い


「伝統野菜は長老に聞け!」は、第1回の植松敬先生、第2回は澤地信康先生と好評をいただいた。
第3回は、練馬だいこん栽培の第一人者で、今でも必ずテレビに登場する渡戸章先生(80歳)にお願いした。

今年の初め体調を崩されたと聞いて心配していたが、その後順調な回復を見せて、先日お宅にうかがった時は、園芸センターに出掛けていて

毎年この時期開催する、夏野菜苗販売会に苗生産者として購入者の園芸相談に応えていたが、隣で渡戸秀行さんも一緒にいて、大勢のお客さんをさばいていた。


1-1.JPG

上の写真をクリックする。

練馬だいこんの栽培については、練馬だいこんの採種組合があった昔から若手の生産者として学んできた事を次代に伝えるため、
練馬だいこんの母本選定でも、長老としての思いを、仲間の後輩たちに伝えている

規格外の練馬だいこんは、切り干し大根にしている。


「練馬大根のことなら、俺に聞け!」
今回も興味深い話が聞けるはずです。

尚、お問い合わせ、参加申し込みは下記より。

メールアドレス edocon831@k00.itscom.net まで

電話は 090-2423-0831 から

posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94271550

この記事へのトラックバック