2021年08月24日

東村山市の「果樹園 久安」では、今年も甘い梨やブドウが実っていた。


東村山市でナシやブドウの収穫の時期が訪れているというので「果樹園 久安」に出かけた。

ご主人の中村博さんにはお会いできなかったが、中村さんは多摩湖梨の栽培を先代から引き継いでいる。

昭和2年(1927)、現東大和市に村山貯水池の多摩湖が完成した。
東京都民に水を供給しているという知名度と、水をたたえる多摩湖の名を取って、東大和市や隣接する東村山市で栽培する、みずみずしい梨の総称を「多摩湖梨」の名が付けられている。

しかし、価格の頭打ちに、10年前から中村さんは新たな果樹として、ブドウの根域栽培に取り組み、従来の土壌と決別して、最適な土壌をブレンドして鉢に入れ、土と水と日照の管理を行っている。

今、梨ではブランド梨の、幸水、秀麗、あきづきを栽培している。








1-1.JPG

後継者の竜太さんは、明治大学農学部を卒業して、
平成18年に広島県農業技術センターで
葡萄の根域制限栽培について学んできた。

上の画像をタップする
一番大きなハウスには収穫を控えたブドウがなっていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年08月22日

渡邉和嘉さんちの駐車場のフェンスにも、ホップの花が咲いていた。


早稲田ミョウガの井之口喜實夫さんが、今年から早稲田ミョウガビールに使うとして、早稲田のビアレストランの新福社長からの依頼で、
ホップを栽培していることは、紹介したが、

新福社長は、ビール以外の使い道はと、てんぷらにして食べる等、
試食をしたりしていた。

そんな話を聞いている中で、思い出した。
かつてJA東京あおばで、金子ゴールデンビールを醸造するにあたって、常務理事だった渡邉和嘉さんが、ホップを試作したことがあった、
そこでホップについて聞いてみた。






1-1.JPG

上の画像をタップする

渡邉さんのお宅では、
今ホップの花が咲いているというので寄ってみた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年08月21日

「青木農園 農家料理」青木幸子さんの「本日のごはんと野菜惣菜プレート」をいただいた。


先日、テレビ朝日の「人生の楽園」に、あきる野の石川敏之さんが出たことは紹介したが、

その次に、東京がステージの「人生の楽園」が、青木幸子さんだった。

青木さんとは、2012年に関東農政局の「東京食育ネットワーク交流会」で初めてお会いした。

その後は、何度かお会いしているが、2017年のぎんなんネットの調理実習では、青木さんの農家料理をいただいている。

その後、伺おうと思っていたが、機会に恵まれず、今回は人生の楽園を見て、食べに行きたくなったもので、声をかけたら集まった。






1-1農家.JPG

玄関を入ったところに、茅葺だった頃の青木家の油絵が掲げてあった。
向井潤吉の絵に似ていて、庭にある禅師丸だろうか、描かれていた。

上の画像をタップする
古い母屋は「青木農園 農家料理」の店として、リフォーム。
部屋にはご先祖が信仰してきた大きな神棚が祀られていて、
古民家の名残をとどめていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年08月16日

今日の東京発展には、故郷を追われた人々が居たことを忘れることはできない。


明治後期、東京における人口の増加傾向は、飲料水の量的不足が予想され、明治44年に、明治政府は研究者の調査により、現日の出町の大久野と現東大和市の村山に貯水池を作る案が提示された。

同45年、工費が安く、工期も短いことから村山貯水池案を決定した。
その頃、多摩川では、明治44年(1911)に「9ケ村用水取水口」の樋菅が構築された。

住民の意向も聞かずに決定され、大正3年(1914)1月10日に、一方的に用地買収が始まったことから、同3年1月20日に160軒程の住民による移転反対の住民大会が行われている。




2-1.JPG


参考資料「今はむかし大和村(東大和市)」「多摩湖の歴史(東大和市)

上の画像をタップする

農業は水田と畑作で、畑では陸稲、大麦、小麦、粟、大豆、小豆、甘藷、ニンジン、ゴボウ、大根、菜、白菜等を、自家用に栽培していた。
養蚕に桑、茶や炭焼きは販売もしていた。

用地買収は「裸山一反三百円(坪一円)、木のある山は反五百円、畑反五〜六百円、田反七〜八百円、宅地反七〜八百円、移転料は大小込みで、家屋坪五〜六十円だった。」価格交渉などしても、結果は東京市の言いなりで、

移転先は、主に貯水池の南側・現東大和市で、「千円で土地を買ったので、儲けどころか財産を減らした。」という。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年07月30日

久しぶりに立ちよった「ゆっくり農縁」は、一面柔らかい草の中にあった、


あきる野市高尾の河村卿子さんから、サギソウの花が咲いた
というので、同じあきる野市の石川敏之さんに案内して頂こうと
「ゆっくり農縁」で待ち合わせをした。

ゆつくり農縁は、テレビ朝日の「人生の楽園」で紹介されたが
石川さんの取り組みが、ストーリーになっていた。
あれ以来久し振りだ。

農縁の端にある、隣の栗園にたくさんの栗がなっていた。





1-1.JPG

上の画像をタップする
当ブログでは、小学生向けに栗の雄花と雌花の写真を撮って、
紹介しているが、あれから一か月でこんなに大きな栗になった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年07月25日

三鷹ファームを運営する岡田源治さんにお会いしたが、都市農業の役割は地域のためにあることを実践していた。


先日、三鷹市北野の田辺一郎さんのお宅に伺ったことは、紹介したが、田辺さんのお宅と1番地違いのお隣さんに岡田源治さん(72歳) が住んでいることは知っていたので、寄ってみた。

私が現役の頃は、バリバリの後継者で、同い年の須藤正敏さん(前JA東京中央会会長)などと、都市農業を守るための活動を展開していた。

都市農業、都市農家の思いは、当時と変わらず、都市農業の役割は地域の方々のためにあることを、実践していて、「(株)三鷹ファーム」を結成している。

新鮮野菜も地域に還元している他、朝のラジオ体操の会場に屋敷地を提供したり、三鷹消防少年団の指導者として団長を務めて地域に貢献している。





1-1-4.JPG

畑は、屋敷周りと、少し離れたところを含めて1ha、ハウスは全部で8棟とのこと。

この時期栽培しているのは、トマト、キュウリ、ナス、枝豆、玉ねぎ、ジャガイモ、長ネギ、アスパラガスなど、年間30数種類とか、ブルーベリー、栗、柿などの果実もある。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年07月20日

風媒花の「とうもろこし」について、渡邉さんに手伝ってもらった。


栗の雄花は知っていても、雌花は見たことがないという生徒がいて、質問をされたことがあったので、ブログで紹介している。

雌雄異花のトウモロコシについても紹介しようと思っていたが、渡辺和嘉さんが江戸東京野菜を栽培している練馬の村田農園に、若いトウモロコシがあったので手伝ってもらった。





1-1.JPG

トウモロコシを紹介する渡邉さん。

上の画像をタップすると渡辺さんの説明。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年07月16日

小平市でルバーブ栽培をしている宮寺光正さんに話を聞いてきた。


檜原村の鈴木留次郎さんが、村の特産としてルバーブを栽培しているが、小平市にも10年前から栽培している宮寺光正さんに話を聞いた。

宮寺さんは、江戸東京野菜の復活の初期から取り組んでいただいているが、その頃ルバーブの栽培も始めたようだ。

長野県から導入したというので、詳しく聞いてみると、南諏訪の友人を訪ね遊びに行ったときに、ルバーブを栽培している友人が作ったジャムを頂いてすっかり気に入って、固定種のビクトリアを10株ほど分けてもらったという。

ルバーブは、夏でも涼しい地域に向いていて、小平では6月上旬から梅雨明けの7月中旬までが収穫期で、暑くなると枯れてしまうという。
また、涼しくなる10月になってから、再び芽を出し12月上旬までが収穫期になるという。





1-1.JPG

上の画像をタツプすると動画

宮寺さんは、株分けをしながら栽培していて、現在20株ほど栽培しているという。
JA東京むさしの小平ファーマーズマーケット・ムーチャン広場に出荷している。

収穫期には300gの束を5束ほど、毎日出荷していてもその日に売り切れるという。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年06月27日

枝豆のシーズンで、収穫していた生産者の軽トラに行列ができていた。


駅までの途中、畑に面した歩道に行列が出来ていた。
枝豆のシーズンで枝豆を買う地域の人たちが行列を作っていたのだ。

毎年、枝豆と、とうもろこしの時期に、地元の農家鈴木さんの畑には
行列ができるが、これを楽しみにしている地域の方も多い。





1-1.JPG

急ぐこともないので、行列の後ろに並んだ。

上の画像をタップする
生産者の鈴木さんは、後継者と二人で、何度も枝豆を切ってきては、
トラックの後ろに並べて、消費者の注文に応じていた。
今晩のビールが楽しみだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年06月24日

食育の授業で、栗の雌花を説明する素材の経過を撮ることにした。



5月24日、雄花が連なっているが、一つひとつが蕾だ。

そのうち雄花が開くと、ふさふさした房状になり、
そのもとに、雌花が付いているものもある。

6月4日には、雄花も満開で、花粉を受け入れる。





1-1-6.JPG

6月16日の栗の木は、薄黄色の雄花が枯れて、
真っ白に見えていた栗の木は褐色で目立たなくなっていた。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年06月22日

私鉄の駅へ通う路に面した村田農園の畑で、ジャガイモの収穫体験を地域住民に提供。


先日、鳩森八幡宮の帰り、線路沿いの道を自宅へ、振興住宅が途切れて畑に突き当たったところに、ジャガイモの収穫体験の案内が立っていた。

この畑、五日市街道沿いにお住まいの、村田農園(園主村田訓男氏)の畑で、昨年から後継者の健一郎さんが、新興住宅の子供のいる家庭を意識した農業に取り組んでいて、

昨年、落花生の収穫をしているところで、健一郎さんに会ったが、畑の近くに住む住宅街の皆さんが集まってきていた。




1-1.JPG

村田農園では、一昨年までは、庭園樹を植えていたが、昨年、庭園樹を切り払い、野菜畑に切り替えていた。

健一郎さんは、あの時に手ごたえを感じたようだ。
今年も、落花生とサツマイモを植えているが、それより先にジャガイモの収穫体験が行われた。

上の画像をタップする

19日(土)、20日(日)に実施するとしていたが、19日は雨が降ってしまい中止したが、20日(日)は天候に恵まれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年06月07日

自然農業に取り組む石川敏之さんの畑の隣が栗園で、栗の花が咲き始めていた。


先週、あきる野市の石川敏之さんの畑を訪れたときに、隣の畑が栗園で栗の花が咲き始めていた。

東京では、栗林が結構多く、多摩地区の中でも西多摩地区が一番多い。
高齢化や後継者不足が、影響していることもあるが、手の足りない農家では、畑を荒らすならと云うことで、比較的手入れのいらない栗を植えるケースが多く、秋には直売所には栗が並ぶ。

杉並の内藤隆さんの栗は有名で、収穫期には、内藤家の焼き栗が楽しみで、地域の方々で屋敷の周りに行列ができる。
秋のフレンチにマロンは欠かせないことから、三國シェフが利用している。






0-1-5.JPG

桃栗三年、柿八年ということから、三年たつと目立つ雌花が咲き、栗の実をつける。
東京の農産物の中でも栗の歴史は古く、江戸の時代には小金井には幕府献上栗の御料林「十ケ新田栗林」が設けられていた。

小金井公園の辺りには、東京のブランド栗 ”関野栗” が栽培されていたが、現在は住宅街になってしまった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年05月26日

あきる野市で無農薬、無肥料の自然農業「ゆっくり農緑」に取り組む、石川さんと待ち合わせ。


今年の1月に、イタヤカエデの樹液を採るのを取材したが、一緒に行った石川敏之さんは、あきる野市で無農薬、無肥料の自然農業「ゆっくり農緑」を行っていて、久々に立ち寄った。

「ゆっくり農緑」までは、昭島の自宅からは、車で30分ぐらいだが、今回は、五日市でキヌサヤエンドウの大型種「留原(ととはら)エンドウ」というのが、栽培されていて、石川さんが案内してくれるというので、10時に待ち合わせしたもの。





1-1.JPG

折角、石川さんの自然農業「ゆっくり農緑」の圃場に来たので、見せていただいた。
スティクシュンギクを、食べてみてくださいとちぎってくれた。

上の画像をタップする。

「ゆっくり農緑」では、ハーブなどが向いているようで、ローズマリーやレモンバームなどは生き生きとしていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年05月24日

希望に満ちた第二人生をスタートさせた2期生の仕事ぶりを「東京農業アカデミー八王子研修農場」で見てきた。


小学校のクラスメイトとは今だに毎年集まっていることは
紹介している
が、
2019年1月に開催して以来、コロナ禍の中で中止となっているから、
メールや電話で思い出話をしていて、それが癒しになっている。

先週、昔話の中で俳優の田村正和さんか亡くなった! と友人。
特にファンでないから、あそう!と返事をしたが、
彼は77歳で我々と同学年だと教えてくれた。

友人とはお互い、あと10年は頑張ろうと話していたが、
急に彼の死が身近に感じてきた。

伝統野菜は時間との戦いだ、今のうちに生産者に聞いておかないと
わからなくなってしまう。と講演では話している。

亀戸大根の第一人者・葛飾高砂の鈴木藤一さんは3年前に、
東京ウドの須崎雅義さんは同年代だったが昨年1月、
東京の伝統野菜を守り抜かれた方は亡くなられたが、
お二人にはいろいろと教えていただいた。






1-1.JPG

サラリーマン生活等がひと区切りついて希望に満ちた第二人生を
スタートさせた方々の仕事ぶりを見てきた。
東京農業アカデミー八王子研修農場」の小寺孝治農場長に、
先日お会いしてきた。

八王子研修農場は、中央高速八王子インター料金所の南側の山、
ひよどり山の東部にある。

上の画像をタップする
今年入られた2期生5名がトマトの定植作業をしているところで、
小寺農場長から江戸東京野菜の大竹と皆さんに紹介された、
皆さん、江戸東京野菜を知っているようだった。

2期生も大勢の受講希望者の中から5名が選ばれたわけで、
就農に向けて充実した講座をこなしていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年05月10日

JA東京あおばの「ふれあいの里」で、渡戸章さんが出荷していたので、お宅に寄ってみた。


先日、11日の内藤カボチャの授業のために、車で西新宿小学校に
苗を持って行ったが、その帰りに、

練馬区桜台にある、JA東京あおばの
総合園芸センター「ふれあいの里」に、久しぶりに寄ってみた。





1-1-9.JPG

同JAの中でも、花のコーナーが一番広く、
地域の花農家が生産した各種の花が並んでいた。

上の画像をタップする
「母の日」のギフト用のラッピングコーナーが設置され、
職員が忙しくしていたが、

フラワーアレンジメントや、ブーケ等を、遠くに住む
お母さんに贈るのか、ソーシャルデスタンスをとって並んでいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年05月02日

南大泉の永井農園では、ひ孫に初めて男の子が生まれたそうで、鯉幟が泳いでいた。



南大泉の永井昭さんは、子どもが好きなこともあり、さつま芋堀り体験で、都内の幼稚園の子どもたちが、やってくる。

2月に来た時には、今話題の「鬼滅の刃」のキャラクターをハウスの脇に立てたことを紹介した。

先日、畑の横を通ったら、鯉幟が泳いでいた。




1-1-9.JPG

上の画像をタップする
永井さんに伺うと、ひ孫が生まれたとのこと。
何でも、永井さんのお子さん、お孫さんは女の子で、

ひ孫に男の子が初めて生まれたそうで、おめでたい話し。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年04月03日

西武立川の駅からの帰り道、川野農園の川野さんは、カリフラワーの定植作業をされていた。


3月の下旬に、西武線で帰ってきたら、川野農園の畑に、大型のトラクターが停まっていた。

畑は、トラクターでならされていたが、川野好司さんはひと仕事を終えて、どこかで休んでいるのかと思っていたら、トラクター越に、西武線の線路脇の草を刈っているところだった。




1-1-2.JPG

上の画像をタップする

この畑で川野さんが作業をしているときは、邪魔になってはいけないから、声をかけることはないが、昨年初めて、ブログの追伸で紹介した。

当ブログでは、ウドの栽培と、キャベツの花を紹介している。
食育の授業で、結球したキャベツがどのようにして花が咲くのかを教えるために、
結球したキャベツの中から葉を突き破って花芽が出てくる写真を使っている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年03月29日

清瀬市の並木猛さんからセルリーの収穫が始まったと連絡をもらったので、出かけた。


清瀬市の並木猛さんからセルリーの収穫が始まったと連絡をもらった。
並木さんのハウスには、2月9日に今年の栽培の状況を聞こうと伺っていて、当ブログで紹介している。

2月の時点では、それまでの寒さの影響もあり、予定は聞いていたが、今日から収穫を始めたと、電話をいただいたのは1週間も早い3月24日だった。

当ブログでは、例年通り4月初めに収穫すると紹介していたことから、当研究会の渡邉和嘉副代表と、コンシェルジュの森川洋一さんから、連れて行ってほしいとの電話をもらっていた。

ひとりなら、翌日には行けるが、皆さん、4月初めのつもりでいたようで、早いことから調整が難しく26日の午前中に渡邉さんと伺い、森川さんはひとりで30日に行くということになった。
当ブログを見た、テレビ局も30日に取材に来ることになったという。





1-1.JPG

渡邉さんは、並木さんが伊藤仁太郎さんの愛弟子と知って、栽培の様子を見たいからだそうで、
森川さんは、書き込みに「近所のフレンチのシェフが、店で使いたいと言われ・・・。」とあった。

渡邉さんとは西武線の駅で待ち合わせをして、車に乗せてもらって並木さんのハウスに・・・。
ハウスの入り口に、並木さんのお母さんが、椅子に座っていて、地域の方々に販売していたが、並木さんに会いに来たことを伝えると呼んでくれた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年03月16日

江戸東京野菜の栽培をしている練馬区大泉にある村田農園の周辺を歩いてみた。


練馬区大泉の村田農園の近くに、柿の栽培地がある。
「果樹あるファーム ”柿狩り園“ の荘埜園がそれで、季節になると子供連れの家族でにぎわう。

後継者の晃一さんは、イチジク栽培をしていて、当ブログでも紹介している



1-1.JPG

上の画像をタップする

村田農園の帰りに荘埜農園の角を曲がるところで気が付いた。一本いっぽんの木肌がつやつやしていた。手前の黒い樹と比べると、明らかに違う。

同行の、渡邉和嘉さんがいうには、古い木肌を一本いっぽん高圧洗浄機と同じような農業の機械で水流で削って、皮を剥いだという。

柿木の肌は革質化して、でこぼこの古い木肌には、害虫が人んでいたりするので、昔は金ブラシなどで削っていたようだが、最近は5-6年に一度、高圧水流を使っているという、

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年03月06日

東京の代表的ハーブ農家、ニイクラファームに、飲食店の料理長などが見学にやってきた。


今年の2月に、三國清三シェフから、リッキービジネスソリューション(株)が、東京の農業の視察をするというので協力してほしいと電話があった。
三國シェフは、東京の代表的ハーブ農家、ニイクラファームや、奥多摩わさび、秋川牛などの名前を挙げたので、奥多摩まで行ってきたことは紹介した。

東京の代表的ハーブ農家、ニイクラファームは、オーナーの新倉庄次郎さんが40年ほど前に野菜栽培から先進的農業として、ハーブ栽培に切り替えた先駆者で、洋食、和食に限らず名だたる料理人に提供している。

西武新宿線田無駅のホームの端から、ニイクラファーの農地がみえるが1.65ヘクタールで、ハーブで46種、野菜類14種類が出荷されている。.



1-1.JPG

今回は、東京のレストランシェフなど15名が参加された。

オーナーの新倉さんにはご無沙汰していたが、収穫作業をされていた。
皆さんには、後継者の大次郎さんが説明をされた。

上の画像をタップする
リッキービジネスソリューション(株)、澁谷耕一代表取締役(右下)

露地栽培の冬葉のセージを囲んで、大次郎さんが説明。
枯れ草と間違えるが、葉は生きていて水分がとんでいるぶん、
味は濃い。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達