2010年12月19日

心温まる「品川汁」の物語。商店街で栽培した品川カブで300名が当時を偲ぶ。


今年も話題を振りまいてくれた品川カブ、今年最後のイベントがあるから来ないかと、当地で普及を手掛けている、マルダイ大塚好雄商店の大塚さんから誘われて行ってきた。

このイベント、品川区の北品川本通り商店会が行う「品川汁」の試食会。

当日は、10時から商店街で栽培した品川カブを収穫し、その後、地元の産土様・品川神社に奉納した。


1shinzgawa.jpg

北品川本通り商店会での、品川カブの栽培の様子や、品川汁にまつわる物語は、当ブログで紹介している

品川の漁師たちが、青森(むつ市川内町)の船乗り達を救ったという、美しい人道愛の物語が背景にある品川汁。

この日いつも商店街を利用してくれるお客さん達、先着300名に温かい品川汁を振舞った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ

2010年12月03日

品川カブで町興し、北品川本通り商店会ですくすくと育つ。       12月12日は収穫祭で「品川汁」が振舞われる。



品川区の北品川本通り商店会は、旧東海道の品川宿。
青果商の大塚好雄さんは、御存じ、同商店街の「品川カブ』による町興しの仕掛け人だ。

1ohtuka9.jpg

品川カブは品川ブランドで、ケーキになり、饅頭になり、餃子になり、そして大きな葉も美味しいところから、「品川宿 品川カブの一本漬け」として販売もしている。

これらの活動によって、外国から視察団も訪れている。

今年の夏、新たな取り組みとして商店街にプランターがおかれた。
このプランター、福島県の森林組合から間伐材のキットで25個を購入したもので、一箱で4〜5本の品川カブを育てようというもの。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 06:14| Comment(1) | TrackBack(1) | 品川カブ

2010年09月24日

品川区立台場小学校の2年生が「品川カブ」のタネまき

21日、品川区立台場小学校では、2年生30人が、校庭隅の30u程の畑に、品川カブのタネをまいた。

shinagaw 1).jpg
写真左が宮寺光政氏と、右、大塚好雄氏

この授業は今年で3年目になるが、そもそもは、品川区北品川の青果商・大塚好雄氏が、東海道旧品川宿の北品川本通り商店街の活性化のために、東京都小平市の農家・宮寺光政氏が栽培していた長カブを取り寄せ販売したことから話題になり、地元小学校で栽培が始まったものだ。
昨年は大塚さんがタネの供給をしたことで、品川区内の小学校16校が栽培するまでになっている。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ

2010年07月15日

品川の菓匠「孝庵」が江戸野菜ケーキ第2弾「寺島なす」を発売。


昨年の一月に、江戸東京野菜の品川カブをケーキにしてお客さんを驚かせた北品川の菓匠「孝庵」が、この程、江戸東京野菜の夏果菜のエース「寺島なす」を取り上げ、販売した。

孝庵なす.jpg

ケーキ「寺島なす」  420円


ミルクで煮た寺島ナスを、フロマージュクリームとシャルドネムースの中に閉じ込めた。
寺島なすは加熱すると、柔らかくとろみが出ることから、食感は抜群です。

この情報は、旧東海道の品川宿の町興しに励む、江戸東京・伝統野菜研究会メンバーで同じ北品川で青果業を営む・マルダイ大塚好雄商店の大塚さんから届いたものだが、

「孝庵」の田中孝典オーナーバティシエから、品川カブに続いて「江戸東京野菜の新しい創作ケーキをつくりたい」と相談を受けたことから、江戸東京野菜の夏果菜の中でも、今話題の「寺島ナス」をすすめたとか。

posted by 大竹道茂 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ

2010年06月28日

(社)国際農林業協働協会からアジア生産性機構委託事業のレポートが届く

昨年の11月だつたか、国際農林業協働協会(JAICAF)の仕事をしていた、大学時代の友人・前田明男氏から電話がきた。

なんでも東南アジア各国の政府関係者や企業団体代表者等が、日本に農業の視察に来るので、江戸東京野菜による農商連携の現状を視察させてもらえないかと依頼があったもの。

ジャイカフ.jpg

レポートを左クリック

私が、江戸東京野菜の復活を手掛けていることを、知っていたらしく、生産から販売に至る経過を学びたいと云うことだった。

それならと、「品川区で行われている品川カブによるまち興し」を紹介したが、

視察後、各国の皆さんが満足していただいたという報告は受けていたが、昨日、JAICAFからレポートが届いた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ

2010年03月31日

旬の江戸野菜が入った、イタリア風「ギョウザ」はいかが。

先週、品川の「しおの屋本店夢工房」の塩野増次朗さんからFAXが届いていた。
イタリア風ギョウザ「ブ・ラ・ボー」とある。
「のらぼう うまい!」 良いネーミングだ。

のら.bmp



塩野さんは品川の青果商「マルダイ大塚好雄商店」の大塚氏(当研究会会員)のすすめで、昨年は、品川カブに挑戦、「品川カブ入りキョウザ」をつくり旧東海道品川宿のまち興しに貢献したが、品川カブの収穫期が終わったことから、2月末に、大塚氏に相談、今一番、旬の「のらぼう菜」を薦められ、商品開発に着手したという。。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ

2009年11月16日

Tokyo MXテレビが紹介した、江戸野菜の味 「品川カブ」でまち興し。


品川の伝統野菜、品川カブによって旧東海道品川宿のまち興しに取り組んでいる青果商の大塚好雄さんに、品川カブの普及を小中学校から始めたいと、常々話していたが、
大塚さんのお口添えもあって地元大井の小中一貫校伊藤学園の9年生(中3)が栽培してくれた。

また、大塚さんは、商店街のみなさんに品川カブを提供して、商品開発に協力してきた。

このほど、北品川の「伊勢屋」が考案したまんじゅうが好評。
また、北品川の洋菓子店「孝庵」ではケーキの「蕪」を発表している。
南品川のギョーザ店「しおの屋」ではひき肉やキャベツなどの具材に、カブや葉を混ぜた餃子も作り出した。

大塚さんは、11月15日はこれらの商品のお披露目で販売すたが、ブースでは品川カブの豚汁を振る舞い、品川カブなど江戸東京野菜の五点セットを800円の大安売りを行った。

品川カブャwr.JPG

上の写真をクリツクする
Tokyo MXテレビが紹介した動画YOU Tubeにリンクする

posted by 大竹道茂 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ