2024年02月25日

江戸東京野菜コンシェルジュ協会が実施する、12期のコンシェルジュ資格取得の2日目。



江戸東京野菜コンシェルジュ協会が実施する、12期のコンシェルジュ
資格取得の総合講座は初日を紹介した。

1週間後の2日目は、押上「よしかつ」の店主佐藤勝彦さんに講師を
お願いし「江戸東京野菜の流通と飲食」について講義を頂いた。

その後、若林牧子理事と、渡邊和嘉理事が、資格取得講座では
初めて講義を行った。




1-1 -1.png

上の画像をタップする。
若林牧子理事の「食材としての江戸東京野菜」は、
「私にとっての江戸東京野菜の向き合い方とは」として

 東京ウド、
初夏 川口エンドウ、 馬込半白キュウリ、谷中わショウガ、
初夏から秋 寺島ナス、 早稲田ミョウガ、

 ごせき晩生小松菜、練馬大根、滝野川大長ニンジン、
青茎三河島菜、品川カブ、しんとり菜、亀戸大根、
馬込三寸ニンジン、高倉大根、伝統大蔵大根、

冬から初春 千住ネギ、早稲田ミョウガタケ、ノラボウ菜の
お料理が紹介された。





2-1-.png

上の画像をタップする。
見て、食べて、知る、試食タイム

お皿に盛られた若林さんのお料理

品川カブの味噌バター炒め、品川カブのビール漬け
内藤カボチャの和ポタージュ、千住一本ネギの明石焼風
焼き千住一本ネギのマリネ。
これら江戸東京野菜は福島秀史理事が栽培したもの

若林理事の料理に、皆さん納得。






3-1-.png

「野菜栽培の基礎」
江戸東京野菜の植物学による分類

野菜(植物)の成長
1)、野菜の部位、
2)、野菜の成長サイクル、
3)、食用部位による分類





4-1.jpg

5)、野菜が育つために欠かせないエネルギーの源は

渡邊理事は現在、
東京女子学院高校フードカルチャーコースの栽培指導
新渡戸文化高校フードデザインコースの栽培指導を行っている。

また、瀧野川八幡神社からの依頼で滝野川ゴボウの栽培においては、栽培圃場がないことから塩ビ管栽培を実施している。

渡邊理事は練馬区大泉の村田農園をサポートする傍ら、
ご尊父が育成した渡辺早生ゴボウを栽培している。
これら栽培指導をしていることから、「野菜栽培の基礎」の講義はわかりやすかった。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2024年02月14日

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座の第12期総合コースが開催された。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、江戸東京野菜について興味を
持った方々には「初めての江戸東京野菜」講座を実施している。

コンシェルジュの資格講座は年1回の開催だったが、
今年度は2回の開催となった。
2週にわたる講座だから、都合がつかない方も多いが、一年に
一度では資格取得者が増えないことから年2回を計画していたが
新型コロナもあったことから今年初めて実施しとなった。




1-1-.png

担当したのは、
1時限目の「江戸東京野菜には物語がある」で、1時間半。
練馬大根をベースに、亀戸大根、のらぼう菜、馬込半白キュウリ、
伝統小松菜、滝野川ニンジン、滝野川ゴボウ、内藤カボチャ、
青茎三河島菜、品川カブ、伝統小松菜、砂村一本ネギ、千住ネギ。
について各品目について物語を紹介した。
上の画像をタップする

2時限目は「江戸東京野菜コンシェルジュの歩む道と食育」
45分で実施した。
町興しの、リーダーとして、亀戸大根を生かす亀戸香取神社で
の事例や、品川神社での品評会での事例。

たもんじ交流農園の実施にともなう折衝。
江戸城濠大根の事例で、江戸東京野菜の販売・普及の実施。
飲食関係のお仕事をしている方は、新メニューの開発や、
イベントの実施。
食育の実施として、小中高での授業の実施などについて、紹介したが、
いずれにしても、キャリアを活用することが望ましいと伝えた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2024年02月08日

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座総合コース開催のご案内

1-1--.JPG
第2月10日(土)17日(土)両日の総合コース申し込みは画像とここから。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年11月30日

大学の活動グループも発表した「はじめての江戸東京野菜講座」が開催された。


2023年度の第3回「はじめての江戸東京野菜講座」が、11月25日(土)、13時から、新宿駅南口近くのJA東京南新宿ビルで開催された。

これまで「はじめての江戸東京野菜講座」は、2回開催したが、
今回は、卒論のテーマとして江戸東京野菜を選ぶケースも多く、ズームでご質問に答える対応をしているが、1時間程度の
中で十分に伝えることもできないし、また、大学の活動として、
江戸東京野菜を素材として行っている学校もあることから

開催したもので、講座はタイムリーであった。






1-1- (2).png

江戸東京野菜には物語がある。
江戸東京野菜のとり組む切っ掛けは、
学生の質問も多いので、そこから入った。
40年前の東京農業の現状から始まって、都市農政運動の一手法として、
伝統野菜の地産地消がライフワークになった。
更に、SDGsの視点からの江戸東京野菜について紹介。

江戸東京野菜は52品種で、その江戸東京とは、
地域としての江戸東京、時代としての江戸東京で栽培されていた野菜。
練馬大根を事例として、歴史文化等を説明した。

5分の休憩を入れて2時間だったが、初めて聞くことも多かったようで、
盛んにメモを取っていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年11月02日

江戸東京野菜コンシェルジュ協会の対外広報活動、イベント「東京味わいフェスタ2023」


江戸東京野菜コンシェルジュ協会の対外広報活動、イベント
「東京味わいフェスタ2023」は、27日から3日間開催され、
年間を通して最も大きいイベントとなっている

そこで当ブログでは30日(月)に開会式の様子、
31日(火)に江戸東京野菜コンシェルジュの皆さんの活躍、
1日(水)にキッチンカー等の販売、
と連日紹介してきた。





0-1-.JPG

会場には連日、江戸東京野菜の支援者や応援団が来てくれた。

立川市、昭島市、武蔵村山市、東大和市、国立市がテリトリーの
JA東京あおばの、村田訓男代表理事組合長が指導課の
坂巻宜政課長代理、森本彩さんを伴って寄ってくれた、

東京みどりでは、各種江戸東京野菜の栽培を指導していて、
寺島ナス拝島ネギの栽培は有名だ。

上の画像をタップする
世田谷区と目黒区がテリトリーのJA世田谷目黒の、野口秀樹常務理事も
寄ってくれた。一緒に仕事をした事があり、20年ぶりの再会だった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年10月31日

江戸東京野菜コンシェルジュが「東京 味わいフェスタ2023」で大活躍


東京 味わいフェスタ2023」は、27日(金)から29日(日)まで
開催されたが、スタッフの皆さんは準備から、お客様への
説明へと頑張ってくれた。


1-1ャプチャ.JPG

上の画像をタップする
27日から始まった、味わいフェスタに、スタッフの渡邉さんや
佐々木さんは9時頃から来て、準備に取り掛かった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年09月19日

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座、総合コースはの最終日は、八王子ショウガが配られた。


江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座、総合コース
先週開催したが、今回は最終日。

皆さんお忙しい中、ご都合をつけていただいて、江戸東京野菜への
熱い思いを感じた。
今回の講師陣は、押上「よしかつ」のご主人佐藤勝彦講師で
江戸東京野菜をはじめ、東京の食材をお客様に提供している。
阿部希望先生は宮城大学助教で「伝統野菜を作った人々」の著者。

江戸東京野菜コンシェルジュでは、多彩活動を展開している
増田純代講師、江戸東京野菜を栽培する農業者でもある福島秀史さん。
食べ比べは木村えり子さんが担当する。





1-1-6.JPG

佐藤講師は、「押上よしかつ」の主人で、2009年に地元墨田区の
第一寺島小学校で復活が始まった年から、東京の食材に
こだわった料理を提供している。

今年の8月には、地元で開催しているイベント「「寺島なす祭り!」」に
昨年から参加して普及に協力している。

同店では、佐藤さんの話を聞くことを楽しみにしているお客も多い。

上の画像をタップする
飲食店の店主としての立場でお話して頂いた。
佐藤講師は、江戸東京野菜はSDGsと親和性のある商材として
環境面を紹介した。
江戸東京野菜は、東京の伝統野菜と云う事で東京の生産者に会い、
東京の農業を知ると江戸東京野菜に限らず、東京産の野菜に
理解が広がり、環境問題に大きく係わっていることを知る。

江戸東京野菜と交配種の野菜との違いの個性を調理で引き出し、
お酒とのペアリングを実現している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年09月11日

江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座総合コースが行われた。


台風の影響で前日は、雨が降り続けていたが、朝方まで残っていた。

そんな中で、受講生は集まったし、試食の内藤カボチャの準備も、
若林牧子理事、松島あおい理事、渡邉和嘉理事が対応してくれた。





1-1ャ.JPG

「江戸東京野菜には物語がある」は、練馬大根を始め、
徳川将軍一人ひとりと江戸東京野菜の関わりをはなした。

「江戸東京野菜コンシェルジュの歩む道と食育」では
江戸東京野菜で地域興しをしたい。

江東区亀戸での亀戸大根で地域興し
品川蕪で北品川の地域興し
寺島なすで、江東区東向島の地域興し
ゴボウ、ニンジン、カブで北区滝野川の地域興し

小・中学校に外部人材の活用、地域資源の活用。

商品開発等、個々のキャリアを生かして、復活普及活動へ

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年09月08日

江戸東京野菜コンシェルジュ資格取得講座は9月9日(土)、16日(土)開催。

1-1-1-チャ.JPG
上の画像をタップして申し込みください。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年07月24日

コンシェルジュ協会が主催の「ベテラン農家は語る」で、〜寺島ナスの清水丈雄さん〜に登場願った。


先日、江戸東京野菜コンシェルジュ協会が主催する「初めての江戸東京野菜講座」で、今回はあわせて、「ベテラン農家は語る」で、
〜寺島ナスの清水丈雄さん〜に登場願った。

実施に当たっては、食べ比べの調理をする木村えりこさんと、
松嶋あおいさん、若林牧子さんが清水さんの畑を見に行っている。




1-1-2.JPG

江戸東京野菜の中では、この季節「寺島ナス」の出荷に忙しいが、
この所の猛暑でナス栽培も限度に来ている状況で、
栽培管理にご苦労されている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年07月14日

今を盛りの寺島ナスの栽培農家清水丈雄さんの講座にご参加を!!

156.JPG
上の画像をタップしてお申し込み下さい。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年05月24日

「はじめての江戸東京野菜講座」が開催されました。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、
「はじめての江戸東京野菜講座」を開催しました。
この講座は、江戸東京野菜に興味を持ち、知りたいという方の他、
コンシェルジュの資格のある方の中でも、最近の江戸東京野菜の
情勢などを知りたいという方々を対象に開催しています。

協会の講座では、江戸東京野菜を知っていただく一つの手法として、
毎回、その季節に収穫される江戸東京野菜を食べていただくことも
実施していて、今回は、八王子市の伝統野菜「川口エンドウ」を
試食して頂きました。

また、江戸東京野菜を知るばかりか、コンシェルジュの資格を持った
方が、どのような活動をしているかなど、コンシェルジュの資格を
持って、活発な復活や普及活動を展開している方に、お話をして頂く
ことも重要で、今回は8期生の森川洋一さんに
お話をお願いいたしました。

コンシェルジュ協会スタッフとしては、佐々木昭さん、福島秀史さん、
松嶋あおいさん、川並三也さん、渡邉和嘉さん、
若林牧子さんで対応した。





1-1.JPG

13時から「初めての江戸東京野菜」の講座では、
福島理事の進行で始まった。

上の画像をタップする
持続可能な開発目標(SDGs)と、江戸東京野菜の関わりから入り、
東京の農業は日本農業の縮図。練馬大根を事例に伝統野菜の物語。

四季ごとに収穫期が決まっている伝統野菜
揃いが悪いのが特徴で、流通に向かない品種などについて説明。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年05月12日

2023年5月13日(土)「はじめての江戸東京野菜講座」開催のお知らせ。

ererチャ.JPG
上の画像をタップしてお申し込みください
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2023年03月21日

5月13日(土)「はじめての江戸東京野菜講座」開催のお知らせ。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、
2023年5月13日(土)13:00「はじめての江戸東京野菜講座」
を開催いたします。

この季節の試食は「川口エンドウ」です。




1-1-.JPG

高校生・大学生のための「学生割引」や
フォローアップの優遇もあります。
上の画像をタップして申し込みください。

posted by 大竹道茂 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2022年12月13日

当ブログのトップで案内していた「2022冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」が練馬区平和台で開催された。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会がファーム渡戸で開催する
2022冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」は、
この季節の江戸東京野菜がたくさん収穫できるイベントだ。

ファーム渡戸では、練馬大根を始め、金町コカブ、品川カブ、
馬込三寸ニンジンの根菜類に、下山千歳白菜、伝統小松菜、
しんとり菜、東京べかな、三河島菜の9種類と、滝野川ゴボウ、
砂村一本ネギを栽培している。

今回の収穫は先の9種類だが、収穫後に食べていただく「すずしろ汁」
には滝野川ゴボウと砂村一本ネギ、味噌は、三河島枝豆の
大豆を使った汁を味わっていただいた。




1-1-5.JPG

渡戸ファームの渡戸秀行さんは、収穫する品目ごとに
説明をしてから、収穫の仕方などを教えていた。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2022年09月12日

江戸東京野菜推進委員会が、9月9日に開催され、提案された三鷹大沢わさび、小笠原のバナナ、東京べか菜、宗兵衛裸麦が承認された。


江戸東京野菜推進委員会が、9月9日に立川で開催された。
同委員会は、7月29日に開催されたが、事務局から提案された
江戸東京野菜の新規登録(案)について、
”三鷹大沢わさび” を事例に、江戸東京野菜の
考え方について申し上げたところ、委員の皆さんの同意が得られ
事務局が再検討をして、9日に再度委員会が開催されたもの。





1-1-.JPG

江戸東京野菜の定義等について、検討された、都市農業支援部の
武田直克特命参与、水口均非常勤サポート、能城友明係長。

上の画像をタップする
委員長の、島田幸雄委員長(JA東京中央会常務理事)
副委員長の東京都農業振興課の玉藤さやか課長代理他、
各地区指導員連盟副会長は、代理出席が多かったが、
江戸東京野菜の生産者としては、
練馬区の渡戸秀行さん(元青壮年組織協議会委員長)と、
青梅市の関塚貢司さん(東京都野菜生産団体連絡協議会顧問)が
前回同様出席された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2022年08月02日

2年半ぶりに江戸東京野菜推進委員会が開催され、懸案事項が協議された。


JA東京中央会ではこのほど、第20回江戸東京野菜推進委員会を、
立川のJA東京第1ビルで開催した。江戸東京野菜推進委員会は、
同会都市農業支援部の都市農業推進室に置かれ、

江戸東京野菜の登録によるブランド化により、付加価値をつけ、
農家組合員の農業所得向上と後継者育成を図るとともに、
東京農業の知名度向上並びに伝統野菜の
継承を図ることとしている。

委員には東京都農業振興課の玉藤さやか課長代理(副委員長)ほか、
各地区指導員連盟副会長などが名を連ねたが、
江戸東京野菜の生産者としては、
練馬区の渡戸秀行さん(元青壮年組織協議会委員長)と、
青梅市の関塚貢司さん(東京都野菜生産団体連絡協議会顧問)が
出席された。





1-1.JPG

前回は、2019年3月に開催し、青梅の治助芋と、
調布の深大寺在来種が認定されている。

その後、新型コロナウィルスの感染拡大の中で、
延期が繰り返されていた。

開会に当たっては、島田幸雄委員長(JA東京中央会常務理事)の
挨拶で始まった。
島田委員長からは、都市農業を取り巻く厳しい情勢が報告され
特に江戸東京野菜を通して都民から応援される東京農業の
持続的な発展と、農地の積極的活用に繋げていこうと、
力強く締めくくった。

会議では、報告事項@として、平成4年度の事業及び体制について、
都市農業支援部の市川剛次長から室員の能城友明係長の紹介があり、
武田特命参与はZoomで参加された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2022年08月01日

江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事の追悼によせて。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事が、
7月22日にご逝去されました。享年69歳、肝臓癌と伺っております。

これからも、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の発展に向けては
なくてはならない方で、早すぎた鬼籍への旅だちは、
残念でなりません。

生前は、東京の農業振興、江戸東京野菜の復活・普及に尽力をされ、
特に江戸東京野菜の味を多くの皆様に知って頂くことに
心血を注がれました。

私のもとにも、多くの方々から、
ご逝去を惜しむ言葉が寄せられております。

ここに、これまで上原さんが活躍した一端を振り返って、
皆さんと共にご冥福をお祈り申し上げたいと思います。






1-1.JPG

「東京味わいフェスタ2018」小池百合子東京都知事と

上の画像をタップする。
この7月16日に行われました「はじめての江戸東京野菜講座」の
「食材としての江戸東京野菜」のパートでは、前日にご自宅で
調理した試食30人分を会場に運び、講座はご自宅からZoomで
参加されましたが、しっかりした声で解説を頂きました。

19日にブログ掲載用のレシピを電話でお願いすると
「レシピですね、すぐ送ります。」の返事で、メールで送って
頂きましたが、それが最後になってしまいました。

上原さんが調理した、寺島ナスのお料理は、
我々スタッフも美味しくいただきました。
思い出すと理事になる前から、寺島ナスの普及をして頂いて---

当ブログでは、「上原恭子の江戸東京野菜を美味しく食べよう」が、
昨年2月から始まったばかりでしたが、5月の川口エンドウは
思い入れが強くて3回にもなってしまったと笑っていました。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2022年07月22日

江戸東京野菜などの試食会を「はじめての江戸東京野菜講座」で今回も実施した。


はじめての江戸東京野菜講座」が16日に南新宿ビルで開催されたが、
講座では、この季節に収穫される、寺島ナスや鳴子ウリの
試食をすることになっていた。

江戸東京野菜を理解するには食べる事も重要で、
コンシェルジュ協会が実施する講座では、必ずその季節に
収穫される江戸東京野菜の試食のコーナーを設けている。

今回は「食材としての江戸東京野菜」の上原恭子理事と、
栽培した渡邉和嘉理事が説明を行った。






1-1-.JPG

「食材としての江戸東京野菜」の試食会に当たり、上原恭子理事の
司会進行で、まず渡邉理事から、栽培について話された。

上の画像をタップする
上原理事は体調の関係で、自宅からインターネットのズームで、
会場と繋いだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業