2016年07月01日

今年2回目の「はじめての江戸東京野菜講座」が、先日新宿御苑で開催された。


先月に続いて先日、2回目の「はじめての江戸東京野菜講座」が、新宿御苑で開催された。
1回から1カ月しか経過していなかったが、30名の定員は早く埋まった。



1-1.JPG

上の画像をクリックする
今回も、講座に先立ち希望者には国民公園協会新宿御苑の本庄暁子さんが苑内を案内されたが、信州高遠藩・内藤清成の下屋敷の様子を残す玉藻池など講座と関連ある場所を・・・。

蒸し暑い日だったが17名が参加された。

新宿御苑がミシュランの観光地で三ツ星だったかに選ばれたというので、西洋系の外国人観光客がとにかく多い。
新宿駅に近く、ホッとするスペースとしてやってくる。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2016年06月02日

6月25日(土)江戸東京野菜講座 受講者募集中!!

0-0-2.JPG
おかげさまで本日満席になりました。
posted by 大竹道茂 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2016年05月31日

「はじめての江戸東京野菜講座」の今年第1回の講座が、新宿御苑で開催された。


今年度から、チラシのデザインを変えて「江戸東京野菜には物語があります」としてご案内したが、定員の30名に早々となり、現在募集中の6月に切り替えているが、こちらも早くしないと・・・・。

開催に先立ち今回も、国民公園協会新宿御苑の本庄暁子さんのガイドによる苑内ツアーが行われた。
新宿御苑の見るところは多いが、大木戸門近くの信州高遠藩主・内藤家の屋敷跡を案内いただいた。

内藤家第17代当主の内藤頼誼氏に伺った話だが、家康からいただいた敷地は広すぎて、屋敷は玉藻池の周辺でそれ以外は、小作人に作らせていたという。






1-1.JPG

講座は、納所二郎理事長のあいさつで始まった。

上の画像をクリックする
江戸東京野菜を学ぶには、食べていただくことも重要で、これまでも季節の江戸東京野菜を提供しているが、今回は、八王子の伝統野菜「川口エンドウ」と荒川区の伝統野菜「三河島枝豆」が、お土産に提供された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2016年05月22日

馬込半白キュウリ栽培日誌、江戸東京野菜コンシェルジュ協会がfacebookで公開。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、5月の連休、陽気も良くなった7日(土)、に練馬の渡戸ファームの江戸東京野菜コンシェルジュ渡戸秀行さんの指導で、馬込半白キュウリのプランター栽培実習講座が行われたことは、当ブログで紹介した。

その後の、栽培の様子は、江戸東京野菜コンシェルジュ協会がfacebookに、「馬込半白キュウリ栽培日誌」を設けたことから、参加者の写真が投稿されている。




1-1-1.JPG

上の画像をクリックするとfacebookにリンクする。



posted by 大竹道茂 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2016年05月17日

2016年05月14日

「渡戸秀行さんの馬込半白キュウリのプランター栽培実習講座」が、練馬のファーム渡戸で開催された。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会が、今回初めての企画ということで、人数も15名で募集を行ったところ遠く、青梅、八王子から、また馬込半白キュウリの地元大田区からの応募もあり1週間で締め切った。

当日参加者のみなさんは、練馬区平和台のファーム渡戸のハウス前に集合したが、風もなく好天に恵まれた農作業日和。





1-1.JPG

上の画像をクリックする
上原恭子理事の進行で始まったが、講師紹介をするようにと指名された。

渡戸秀行さんは、就農して25年、現在1fの農地で江戸東京野菜各種などを栽培している。
就農当時JA東京中央会では、東京の伝統野菜の復活等の取り組みが始まっていて、大田区馬込の農家に馬込半白キュウリの種子が残っていることがわかり、いただいた種を希望する8軒の農家に配布した。

その希望者が、渡戸さんであり、国分寺市の小坂良夫さんです。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2016年04月12日

渡戸秀行さんの「馬込半白キュウリのプランター栽培実習講座」募集中!!


江戸東京野菜コンシェルジュ1期の渡戸秀行さんによる「馬込半白キュウリのプランター栽培実習講座」が5月7日(土)、練馬区平和台の渡戸ファームで、江戸東京野菜コンシェルジ協会の主催で開催されます。

今回のテーマは、馬込半白キュウリの他、練馬ダイコン・馬込三寸ニンジン・寺島ナス・内藤トウガラシなどの栽培指導も行われます。




1-1.JPG

上の画像をクリックする

当日は60センチの各自プランターに渡戸さん栽培の馬込半白キュウリ苗を植える実習を行います。

プランターは、主催者が用意し、そのままお待ち帰りいただくことになりますが、重いので、車などでのご参加をお勧めいたします。

この募集はおかげさまで18日に満席になりました。
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2016年04月11日

5月28日(土) 「はじめての江戸東京野菜講座」が新宿御苑で開催される


主催 :NPO法人 江戸東京野菜コンシェルジュ協会、一般財団法人 国民公園協会新宿御苑、
共催:環境省自然環境局 新宿御苑管理事務所で、新宿御苑において開催される。

江戸東京野菜を知り、食べてみたい、栽培してみたい、から仕事の中で生かしていきたいなど、
多様なキャリアの中で、江戸東京野菜に関わる方々が増えている。

今回は5月28日(土) 新宿御苑で開催する「はじめての江戸東京野菜講座」のご案内です。




1-1.JPG
上の画像をクリックする。


内 容:はじめての江戸東京野菜講座〜江戸東京野菜には物語があります〜

江戸東京野菜について、江戸東京野菜にまつわる物語などをとおして、わかりやすく解説します。

講 師:大竹道茂/上原恭子
日 時:5月28日(土) 13時〜16時00分(12時30分受付開始)
場 所:新宿御苑インフォメーションセンター2Fレクチャールームと、同苑内レストランゆりのき
受講料:3500円 ( 当日会場受付にてお支払いください。)

受講者特典:希望者を対象に11時より新宿御苑内の四季折々の自然のみどころや歴史をご紹介するガイドツアーを開催します。
      是非お気軽にご参加ください

お申し込みは
タイトル「はじめての江戸東京野菜講座申し込み」
氏名 / フリガナ / 携帯番号 / メールアドレス/苑内ガイドツアー参加する方はその旨
を明記の上、下記のメールアドレスにお願いいたします。

jimukyoku@edo831.tokyo

講座の詳細についてもお気軽にお問い合わせください。

※受付後、お申込み受付完了のメールをお送りいたします。受信設定をしている場合は、
上記アドレスが受信できるよう予め設定変更してください。
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2016年03月18日

最盛期を迎えた、三鷹のノラボウ菜圃場見学と試食会が行われた。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、会員の希望を叶えるため、今が最盛期を迎えた三鷹江戸東京野菜研究会ノラボウ部会の会員圃場の見学会と、試食会を行った。

三鷹市では、2012年に江戸東京野菜コンシェルジュ1期の冨澤剛さんが、江戸東京野菜のノラボウ菜を栽培する仲間たちと販路拡大のため、三鷹江戸東京野菜研究会を結成したことは、当ブログで紹介した。
同研究会では、2013年6月にその後の経過を東京都農林水産技術交換大会で発表している




1-1.JPG

今回の企画は、三鷹江戸東京野菜研究会の冨澤代表に依頼して、最盛期の忙しい時に開催したいとお願いしたもので、寒い一日だったが、14時から都合をつけて戴いて、ハウス内で江戸東京野菜の取り組みなどを話していただいた。

上の画像をクリツクする
冨澤さんは、三鷹市北野で約1ヘクタールのまとまった農地で、江戸東京野菜等を生産している。

冨澤さんが住む北野は、世田谷区烏山に隣接することから、下山千歳白菜や伝統大蔵大根の栽培を手掛けるのをはじめ、ノラボウ菜、内藤カボチャ、内藤トウガラシ、寺島ナスを栽培している。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2016年02月21日

天皇の料理番「秋山徳蔵」のザリガニ料理、伊藤総料理長が再現して午餐を愉しんだ。


報告が遅くなってしまった。

新宿御苑 STUDY&CAFE vol.2「内藤新宿試験場と福羽逸人〜現代に受け継がれる知られざる新宿御苑の歴史〜」は、江戸東京野菜と御苑ゆかりの食材をもとにアレンジした大正期の宮中晩さん会メニューの再現料理が、先週開催されました。




1-1-2.JPG

上の画像をクリックする
CAFÉ は、新宿御苑レストランゆりの木の伊藤秀雄総料理長が、これまで、御苑に伝わる秋山徳蔵の大饗賜宴等のメニュー再現を実施してきて、前回も好評で、伊藤料理長ファンが楽しみにしていて、早くに30席は満席になった。

今回は、北海道阿寒湖のウチダザリガニを取り寄せての、再現料理となった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2015年12月14日

「冬の江戸東京野菜セット2015」、11品目を13日発送しました。お楽しみに・・・


恒例の「冬の江戸東京野菜セット」40セットの販売は、当ブログでも紹介してきた。

昨日、江戸東京野菜コンシェルジュの西東京市・矢ヶ崎宏行さんの農園に集まり、作業場をお借りして箱詰め作業が行われた。

『「揃いが良くない」「栽培が難しく手間がかかる」東京の伝統野菜「江戸東京野菜」。
東京を代表する生産者達がこのセットのために丹精込めて栽培してくださったものを、心をこめて配送いたします。』とのご挨拶が納品書に記されている。

13日の16時に全国に向けて発送された。




1-1チャ.JPG

上の画像をクリツクする
同梱した「冬の江戸東京野菜お楽しみレシピ2015」には、
江戸東京野菜コンシェルジュ4期の田代由紀子さん、2期の松嶋あおいさん、1期の上原恭子さんが担当したレシピ10点が、紹介されている。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2015年11月30日

2015年11月05日

江戸東京野菜コンシェルジュの資格取得講座で、受講者募集中!!

88228ャ.JPG
上の画像をクリックして、お申込みください
posted by 大竹道茂 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2015年10月21日

新宿御苑Study & Cafeアフタヌーン ティー バージョンが開催された。


この程、新宿御苑 Study & Caféの、「アフタヌーン・ティー・バージョン」が、新宿御苑インフォーメーションセンターで開催された。

江戸東京野菜は、食べることで更なる理解が深まると、スタディー&カフェを、何度となく開催してきた。
新宿御苑レストランゆりの木の伊藤秀雄総料理長の「カフェ」は、これまで、御苑に伝わる大饗賜宴のメニュー再現等を実施してきたが好評で、今回も早々に満席になった。

伊藤シェフは、内藤家の屋敷地(新宿御苑) から生まれた内藤トウガラシ、内藤カボチャを使ったメニュー開発を色々されていて、同レストランで提供していることから、「アフタヌーン・ティー・バージョン」として開催された。




1-1.JPG

スタディーでは、、今年、江戸東京野菜として2品目が追加承認されたことで42品目となったことから、
追加された「滝野川大長ニンジン」と「八王子ショウガ」の、来歴や特性、承認された経過等について紹介した。

引き続き、上原恭子理事から、当日伊藤シェフが江戸東京野菜を使ったお菓子やデザートに使用予定の後関晩生小松菜・滝野川ゴボウ・内藤カボチャ・内藤トウガラシを中心に、
江戸東京野菜の美味しい食べ方・魅力の引き出し方、江戸東京野菜料理を作る際の留意する事について、話をしたが、

上の画像をクリックする
その内、参加者からぜひ教えて欲しいとの声が多かったのは
内藤カボチャのカンボジア風プリンと、滝野川ゴボウのささがきと豚肉の揚げ物だった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2015年09月11日

「新宿御苑で学ぼう! 江戸東京野菜講座(第3回)」が開催された。


江戸東京野菜について興味を持った方々に、江戸東京野菜とは!、から始まって、江戸東京野菜には物語がある!、地域での復活した江戸東京野菜による地域興しの取り組み。

さらには、江戸東京野菜コンシェルジュの資格を取った方々が、これまでの自身のキャリアに、江戸東京野菜の知識を加えて活躍する様子を紹介した。





1-1.JPG

江戸東京野菜は、固定種にこだわっていて、毎年、江戸東京野菜推進委員会の審議を経て、追加申請がされてきた。

現在、40品目となっているが、すでに今年度の委員会は、8月26日に開催されていて、9月24日のJA東京中央会の理事会を経て決定される。

上の画像をクリックする
江戸東京野菜野、追加候補として「八王子しょうが」について紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2015年09月04日

第3回『新宿御苑で学ぼう!江戸東京野菜講座』募集中。

27ャプチャ.JPG
申込は、上の画像をクリックしてください
posted by 大竹道茂 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2015年08月25日

新企画!、「八王子の江戸東京野菜〜その魅力と地域おこし活動〜」を福島代表が語る。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、今年から新宿御苑の協力を得て、これまで「江戸東京野菜」に興味を持たれた方を対象とした講座の他、「伝統野菜は長老に聞けて!」や、食育講座の「新宿御苑 STUDY&CAFE」として、内藤新宿の歴史などを学ぶほか、御苑にご縁のある野菜を使った料理を戴く、企画などを行ってきた。

今回は、江戸東京野菜コンシェルジュとして、資格は取ったものの、どのようにして、ライフワークに結び付けていくかの参考になればと、企画したもので、会場の都合で30名の定員は早くから満席となった。。





1-1.JPG

第1回は、多磨・八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表(小城プロデュース代表執行役員)。
「八王子の江戸東京野菜〜その魅力と地域おこし活動〜」について話してもらった。

上の画像をクリックする

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2015年07月27日

第2回『新宿御苑で学ぼう!江戸東京野菜講座』が開催された。


第2回『新宿御苑で学ぼう!江戸東京野菜講座』が25日13時から、新宿御苑インフォーメーションセンター2階レクチャールームで開催された。

陽射しの強い中、国民公園協会新宿御苑総務部の本荘暁子さんのスペシャル苑内ガイドは11時から希望者の皆さんを日陰の多い、母と子の森から日本庭園のコースを選んで皆さんを案内していった・・・・。




1-1.JPG

私は、新宿門を入ったところで、皆さんと分かれて逆の大木戸休憩所の方に向かった。
講座の中で「新宿の農業」を紹介するが、内藤家の下屋敷があったと云う玉藻池の辺りを紹介するために、写真を撮りに行ったのだ。

イギリス風景式庭園とフランス式整形庭園とはこんもりとした木々によって区切られていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2015年07月23日

第2回と第3回『新宿御苑で学ぼう!江戸東京野菜講座』の受講者 募集中!。

1-1.JPG
【講座日第2回7月25日(土)か、第3回の9月5日(土)の希望日と
氏名(フリガナ)、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス】
を記入して下記アドレスに申し込み下さい。
jimukyoku@edo831.tokyo
090−2423−0831 
posted by 大竹道茂 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業