2014年07月01日

『「深谷ねぎ」の現象学』という冊子を入手した。

「強地」と「砂地」、百年の奇蹟(ミラグロ)『「深谷ねぎ」の現象学』「風土飲食研究会の小林真」ともある。

深谷市上増田在住の著者小林真氏は故郷に生まれたネギをいとおしむように書いている。



img784.jpg


同書によると「深谷ねぎ」という「品種」はなく、根深ねぎだという。

種のカタログには「関羽一本丸」というそれらしいものから「TSX−057」という車かバイクのようなものまでバラエティに富んだ名前があるという。

以前は砂村ねぎを栽培していたようだが、病気に弱かったことから、越谷周辺の夏ねぎの「埼黒ねぎ」とか深谷周辺の冬ねぎ「玉合ねぎ」を栽培していたようだ。

同書には、深谷ねぎがF1品種に大きくシフトしたのは1993年(平成5)年で、深谷周辺で小菌核腐敗病が流行したことが決定的だったという。 この年の流行病でほとんどのねぎが壊滅的な打撃を受ける中で、あるF1品種だけが病気と無縁だったからだという。

そもそも、深谷ねぎの東京デビューは大正5年(1916)だったというから100年になろうという産地だが、埼玉のネギ産地としては新しい。

江戸周辺では、砂村ネギから千住ネギへと時代は移ったが、埼玉の産地から江戸に入ってきたネギには、岩槻や、越谷辺りで栽培されたものだ。

上の写真をクリックする
この冊子、今年の1月26日に開催された、2014年 第2回「深谷ねぎまつり」直前版とあるが、伝統種が栽培されているかには、触れていない。

2011年には、全国11のネギ産地が深谷に集まり、「全国ねぎサミット」が行われている。

現在、江戸東京野菜としては、砂村一本ネギがあり、伝統野菜としては、千住一本太ネギ、昭島の拝島ネギ、世田谷区砧の宇奈根ネギなどが栽培されている。

古い産地がF1ばかりになっている中で、今後、ねぎサミットに出ていけるような、伝統種のブランド復活を図っていかなくてはと思っている。



2014年05月18日

今年も、ネギ坊主の天ぷらが栽培した生徒たちに出され、大事に食べられた。



数日前に、昨年から栽培してきた、砂村一本ネギを給食に出したと、江東区立第五砂町小学校(齋藤和子校長) の、銭元真規江栄養教諭からメールが届いた。

4月のメールでは、あと少しという感じだったが、地元の支援者、木内茂二さんの協力もあったようで、ぐんぐんと大きくなったと、あった。



1-1.jpg

上の写真をクリックする
5月7日に収穫して、昨年より多い17sも取れたと云う。

それを、昨年同様に、深川南部保健相談所で放射能検査をして、安全が確認できたところで給食に出されたようだ。

続きを読む

2014年04月22日

生徒達が命を繋いできた砂村一本ネギに、今年もネギ坊主が伸びてきた。


江東区立第五砂町小学校(齋藤和子校長)が取り組む砂村一本ネギの栽培は、今年も順調な生育を見せていると、銭元真規江栄養教諭が写真を送ってくれた。

先日、ネギ坊主を食べたことを当ブログで報告したが、第五砂町小学校の菜園でもネギ坊主が伸び始めている。


1-1a14.4.17 (1).jpg

銭元先生のメールによると、先日、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座入門編を受講された、木内茂二さんが同校を訪ねたようで
肥料をまいて硬くなった畑を耕してくれ、畑が見違えるようになり、
ネギ坊主も少し出来てきて5月には収穫が出来るでしょう
」とあった。

木内さんの奥さんは、同校のOGで、木内さんも同校に隣接する第二砂町中のOBと云うことで、砂村一本ネギの栽培に取り組む同校を手伝いたいとの思いのようだ。


続きを読む

2014年01月14日

江戸東京野菜の次期候補「拝島ネギ」の生産者のお宅に伺う。


昨年の5月に昭島市の農業経営者クラブから招かれて、同クラブの総会で江戸東京野菜の話をさせていただいた。

昭島市の農家はみなさんネギ栽培が上手で、秋になると、直売所には、良いネギがたくさん出荷される。
特に、伝統野菜の「拝島ネギ」が同地には伝わっていて、江戸東京野菜の次期候補の品種で、地元の名前の付いたネギを残そうという方々にお会いしたが、
その後、同クラブ会長の鈴木勇作さんの取組については、都政新聞でも紹介された。

また、現役時代の先輩の兄さんで拝島町の臼井進さんからご自身の取り組みについて報告を受けたが、そのことは当ブログで報告している。



1-0キャプチャdf.JPG

臼井さんには電話をして、そのうちに伺うから、話を聞かせてくださいとお願いしていたが、ようやく時間ができたので、時間をとっていただいた。

ご近所にお住いの、小山倍伸さんがネギについては詳しいからと、電話を掛けて来てもらって、拝島ネギ談義となった。


続きを読む

2013年11月06日

トイレの目隠しに描かれた「東砂3丁目砂村ネギ畑」の絵を見つけた。


江東区立第五砂町小学校(齋藤和子校長)の、砂村一本ネギの栽培は順調で、昨日、定植作業が最近行われたことを紹介した。

8月に同校に伺った時、江東区がまだ城東区時代に東京都農業試験場の東京都特産砂村葱採種場があったことをお話ししたが、

齋藤校長から、採種場が第五砂町小学校の北にある、第七砂町小の近くにあったとお聞きしていた。



1-1キャプチャew.JPG


9月中旬、江東区が実施している「季節の野菜のガーデニング講座」に招かれた時に、第五砂町小学校にご一緒し齋藤校長の話を聞いた東方陽子さんが、東砂3丁目公園にあるトイレの目隠しに砂村葱の絵が描かれているとの情報をくれた。

続きを読む

2013年09月30日

江東区立第五砂町小学校の砂村一本ネギは播種から1ヶ月が経ち、細いながらも順調に伸びている。


8月27日に、江東区立第五砂町小学校(齋藤和子校長)の4年生が、砂村一本ネギの播種を行ったことは当ブログで紹介した。

同校の銭元真規江栄養教諭からは、播種後の経過については報告をいただいていたが、一昨日、再びメールに添付された写真が届いた。




1-1001.jpg

1ヶ月が経ち、まだ細いながらも順調に伸びているようだ。

上の写真をクリツクする
「8月30日に1つだけ芽を出し、月曜日2日には全部のプランターから芽が出て、現在順調に伸びています。
児童は藤浪さんから教わった芽の出かた(折れるようにして出てくる)を確認していました。」



続きを読む

2013年08月29日

今年も、第五砂町小学校で「砂村一本ねぎを復活させよう」〜砂町ゆかりの野菜を知ろう〜の総合学習が始まった。


江東区立第五砂町小学校(齋藤和子校長)で、砂村一本ネギのタネが5年生から4年生に贈呈(伝達)された。

伝統野菜は、タネを通して昔から命が今日まで繋がっている野菜だ。

江東区・砂町地域の歴史を学習する中で、今年度も4年生が継続して栽培することで、地域に、より興味・関心をもち、伝統野菜を復活させることが野菜をより身近に感じさせ、進んで食べようとする気持ちを育てていきたい、さらに種から育てることで命のつながりも理解して欲しいと、
 平成22年度より、4年生が栽培を始めた。

その後、採った種を8月に、5年生より4年生が譲り受け、毎年種をつないで、今年で3回目の伝達式が行われた。

当日は、NPO Green Works の三浦澄香さんと東方陽子さん、同校の隣にある江東区立第二砂町中学校卒の木内茂二さんが、その様子を参観に、来られた。



0-1DSC_0223.jpg

砂村新左衛門の新田開発によって遠浅の海は広大な農地に造成された砂村。
幕府は、摂津(大阪)から呼び寄せた農民たちを入植させ、砂村は江戸の農業先進地になっていった。

上の写真をクリックする
江戸時代から栽培されていた砂村ねぎは、城東区時代に東京都農業試験場の東京都特産砂村葱採種場に於いて守られてきた。

今回、齋藤校長との雑談の中で、採種場が第五砂町小学校の北にある、第七砂町小の近くにあったと、また、第五砂町小は、江戸時代の海岸線に位置することなど、教えていただいた。

確かに、同校の南側を走る東京メトロ東西線の辺りから南に土盛りされた形跡が見て取れる。



続きを読む

2013年06月23日

NEWS TOKYO で連載されている東京育ちの美味探訪は、地元の特産品としての復活をめざす「拝島ネギ」だ。


昭島市は、昔からネギの生産農家がが多かった。
同市では、拝島ネギか伝わっていて、特に葉が柔らかく、焼いたり、鍋物にすると甘味のあるネギとして、同市周辺の農家でも栽培している農家が多い。



キャプチャert.JPG

上の写真をクリツクする。

鈴木さんのお宅には、NPO法人ミュゼダグリの農家見学でお邪魔し、当ブログでも紹介した。

拝島ネギばかりか、水田の話、湧水の話、と鈴木さんの農業について色々と教えていただいた。






2013年06月12日

NPO法人ミュゼダグリ恒例の農家見学(6月)は、昭島市宮沢町の鈴木勇作さんを圃場に訪ねた。


鈴木勇作さんには、先日、昭島市農業経営者クラブの総会でお会いしていて、拝島ネギの話を聞いていて、一度伺いたいと思っていたが、都政新聞の細川奈津美記者も是非ということで、鈴木さんに時間をとっていただいた。




1-1004.jpg

このところの干ばつで、畑はブカブカ。見せていただいた伝統野菜・拝島ネギの苗は、その影響で10p程生育の遅れがあるとかで、定植は遅れそうだ。

拝島ネギは、一本ネギで、21年に昭島市が、昭島市特産のネギとして、立川市にある東京都農林総合研究センターに採種の依頼をしていたが、昨年良質のタネが地元JA東京みどり経由で、生産希望者に配布されている。
今年、秋には、昭島市が産業祭でお披露目する計画もあるようだが、この干ばつが、影響を及ぼさなければいいのだが。

また、ハウスでは、就農5年目のご子息 寿昭さんが、糖度(8〜10度)の高いトマト栽培(720本)をしていて、JA東京みどりの直売所「みどりっ子昭島店」や、市役所そばの農産物消費者交流施設「ふれっ旬」でもリピーターが多く確実に顧客をつかんでいる。



続きを読む

2013年05月28日

幻のネギ「拝島ネギ」の復活計画で盛り上がる。


鉢花などの園芸農家のリーダーで、昭島市農業経営者クラブ会長の高橋祥友さんから、電話をいただいた。
何でも5月23日の同クラブ総会後の講演を受けてくれと云うものだった。
高橋さんには、昨年、地元昭島市立拝島第二小学校用の写真を撮らせていただいたことで、気に留めていただいていたようで、喜んでお引き受けをした。



1-1002.jpg

その後、事務局の昭島市市民部産業活性化室都市農業担当の岡崎茂樹主査から連絡をいただいて、打ち合わせをさせていただいていて、産業活性化室の中野貴室長にもお挨拶をさせてもらった。

昭島市の伝統野菜には、拝島ネギと云うのがある。
今年2月22日に朝日新聞朝刊が「幻の拝島ネギでB級グルメ開発」として、昭島市立つつじが丘南小学校の取り組みが報道されたが、拝島ネギを初め、江戸東京野菜のネギについても状況をお話しすることをお伝えしていた。



続きを読む

2013年04月30日

砂村一本ネギのネギ坊主、子どもたちは、「食べられるの ! 、美味しいー」


江戸東京野菜の栽培を都内の小学校などに勧めてきたが、地元の伝統野菜「砂村一本ネギ」を栽培している江東区立第五砂町小学校(齋藤和子校長)の取り組みは、あらゆるところで紹介してきた。

伝統野菜が市販の交配種と異なりタネの採れる野菜で、タネを通して命が今日まで繋がってきた野菜だ。
同校では種を採り、後輩たちに手渡す儀式を行っていで、最近、発行された「野菜と果物」の図鑑にも「野菜を育てる小学校」として紹介されている。

今年も、ネギ坊主ができたと、ご担当の銭元真規江栄養教諭からメールが届いていた。


1-1003.jpg

銭元先生は、葛飾区新宿で砂村一本ネギを栽培している矢作東一さんに教えてもらった通り、土寄せ3回を実施したことから、その効果と暖かさで順調に大きく育ち、ねぎ坊主も出来て例年より早く収穫の時期を迎えたと云う。



続きを読む

2013年01月17日

プロの作った砂村一本ネギを、第五砂町小学校では給食で食べ、栽培の参考に。


これまで、当ブログでは、復活や普及を10回以上紹介したものを、ページ左・カレンダー下のカテゴリーにまとめてきた。
品川カブ、寺島なす、早稲田ミョウガ、三河島菜とカテゴリーにまとめてきたが、砂村一本ネギが、江東区立第五砂町小学校の取り組みなどで、当ブログでの紹介が10回を超えたのでカテゴリーに取り上げた。

先日、同校の銭元真規江栄養教諭が、砂村一本ネギの栽培農家・葛飾区新宿の矢作東一さんに会って、土寄せの技術を聞いてきたと云う話は紹介したが、今回はそれを給食に出したという話だ。



2-1002.jpg

給食 ごはん・田作り(左下)、松風焼き、紅白甘酢漬け(砂村一本ねぎ)中央、すまし汁(右下)、牛乳、みかん

銭元先生からのメールによると

「1月11日(金)に、矢作さんの砂村一本ねぎを給食に入れました。
前日に納入業者に矢作さんの畑に取りに行って納品してもらいました。12月のものより太く大きくなっていました。
給食では、「紅白甘酢漬け」に、だいこん、にんじんと一緒に入れました。甘くて、柔らかく、ジューシーでとてもおいしかったです。」



続きを読む

2013年01月07日

産地に学び「砂村一本ネギ」の土寄せを実施した第五砂町小学校


砂村一本ネギが、葛飾の新宿(にいじゅく)で収穫期を迎えたことを当ブログで報告したが

そのことを、江東区立第五砂町小学校(遠藤朋子校長)で砂村一本ネギを栽培している銭元真規江栄養教諭に連絡をして、一度ご覧になっておくと良いとお伝えしていた。

その後、銭元先生からメールをいただいた。
「先日は、ご連絡いただきありがとうございました。すぐに矢作さんに連絡を取り、16日に畑に伺いました。立派な砂村一本ねぎを見せていただき、一月の給食に入れさせていただくことになりました。
「また、収穫体験もさせてもらい、お土産にいただきました。 翌日、学校に持って行き、畑の様子を撮った写真と一緒に4年生に見せて、土寄せの大切なことを話して、土寄せをしてもらいました。





1-1 001.jpg

 今回のことでまた、愛情を持って育てたいという気持ちがよみがえってきたようです。一月の給食に入れるという話で、楽しみも増しました。
 プロの方でも、手間も時間もかかる大変なものなのだと納得し、子ども達にも頑張って育てるように改めて伝えていきます。」
とあった。

上の写真をクリックする
 矢作さんの畑を見た後、土寄せをしたようで写真を送ってくれた。


続きを読む

2012年12月12日

砂村一本ネギが育つ、葛飾区新宿(にいじゅく) の矢作東一さんの圃場に伺った。


矢作東一さんは、同地区の伝統として新宿一本ネギを栽培していて
今年初めに、千住ネギや新宿ネギの元になった砂村の伝統野菜、砂村一本ネギの栽培をお願いしたが、快く引き受けてくれた。



1-1001.jpg

砂村一本ネギの収穫は、12月15日頃だそうで、「特に栽培は難しいことはなかったらしいョ! 」と、小金井市で砂村一本ネギの栽培に挑戦している高橋金一さんに伝えると、「是非、圃場見学に連れて行ってくれ!」と云うので、京成の高砂駅に10時の約束で待ち合わせた。

矢作さんのお宅は、高砂駅から北に徒歩15-6分の所にある圃場だが、駅まで車で迎えに来ていただいた。
矢作さんは、元JA東京スマイルの経済指導課長時代、農家の営農指導を担当するJA東京指導員連盟の会長を歴任している。
高橋さんとは、初対面の挨拶をしていたが、なんと現役時代に会っていることがわかった。



続きを読む

2012年09月09日

「砂村一本ねぎ」の新聞発行で、江戸東京野菜を多角的に見つめる4年生 !!


先日、砂村一本ネギのタネを上級生から受け継いで、播種した江東区立第五砂町小学校(遠藤朋子校長)の4年生が栽培しているポットで、発芽したとの連絡を、栄養教諭の銭元真規江先生からメールをいただいた。




1-1001.jpg

先生のメールには

先日はお世話になりました。
9月3日にはさっそく芽が出て来ました。子どもたちは水やりをし、
ねぎの様子を観察しています。
新聞を作り、先生のお話の内容を盛り込んだ記事を書いています。
ねぎの様子と新聞を添付します。      銭元真規江


再び、ネギの命が4年生達につながったことが実感できる現象だ。


それにしても暑い日だったが、生徒たちんがボランティアの藤波三男さんの指導で、タネを播いたことは当ブログで紹介している。

続きを読む

2012年08月31日

砂村一本ネギのタネが後輩たちに伝わった。江東区立第五砂町小学校でタネの贈呈式。


伝統野菜の固定種は、タネを播き、作物を栽培して、食べ、その一部からタネを採り、翌年また播き、というようなサイクルで、タネを通して命が今日までつながってきた作物だと、小学校などの食育の時間にはお話ししてきた。
江東区立第五砂町小学校(遠藤 朋子校長)では、栄養教諭の銭元真規江先生が、その大切なつながりを生徒たちに意識させながら、地元の歴史を今に伝える、伝統野菜の「砂村一本ネギ」を栽培してきた。



1-1019.jpg

「砂村一本ねぎを復活させよう」
〜砂町ゆかりの野菜を知ろう〜


今年で3年目になる。現在の6年生が4年生の時に、日本農林社の砂村一本ネギのタネを播いたことから始まり、採取したタネを現在の5年生が4年生の時に栽培して給食で食べタネも採った。
このことは、当ブログで紹介している。

上の写真をクリックする
4年生3クラス109名がランチルームに集まり、5年生の代表3人からタネが手渡された。
5年生は、「砂村一本ねぎを一生懸命栽培し、たくさんのタネが採れました。
これで立派なネギを作ってください。」とエールを送れば、4年生代表は、4年生全員に向かって、「5年生達に負けないように、立派なネギを栽培して伝えていきます。」と力強く決意を表明した。

続きを読む

2012年07月03日

江東区立第五砂町小学校で取り組む命をつなげる、食育の実践。


江東区立第五砂町小学校(遠藤 朋子校長)で実施している砂村一本ネギの栽培は、当ブログで紹介してきた。
先日、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座でお会いした、第五砂町小の栄養教諭・銭元真規江先生から、その後の経過について伺った。、



1-1006.jpg

江戸東京野菜は、固定種で、江戸の昔から、タネを通して命が今日まで伝わってきたものだが。

同校の取り組みは、命を後輩たちに伝えていくということを実践していることに意義がある。
同校のネギ栽培は、2010年9月末から始まったことから、年度内で播種から収穫まで行うことができないので、銭元先生は毎年ご苦労があるところだ。

昨年からは播種を1ヵ月以上早めたことから、太いネギが収穫できるようになったようだ。
また、タネ採りも昨年から行われ、伝統野菜のタネが次の学年に引き継がれている。

今年も、4月26日に、5年生が4年生の時に育てた「砂村一本ねぎ」の収穫を行った。
今回は放射能検査の都合等もあり給食には出さずに、各自持ち帰り、各家庭の判断で食べてもらったという。
上の写真をクリツクする。

全部で4.7kg採れました。

当ブログでも紹介しているが、ネギ坊主は天ぷらにして食べると美味しいと、伝えたそうで、食べた生徒からは「美味しかった」との報告があったとか。


続きを読む

2011年12月01日

地元の伝統野菜「砂村一本ねぎ」を畑に植え替えたと、第五砂町小の銭元真規江先生から報告があった。


九州伝統野菜フォーラムを4日連続で書いたから、前から戴いていた、情報が古くなってしまうので
まずは、砂村一本ネギから書いていく。

昨年から地元の伝統野菜・砂村一本ネギの栽培をしている江東区立第五砂町小学校では、ことし、自家採種したタネが、5年生から4年生に手渡され、8月26日にタネまきが行われ、その後芽が出た事は当ブログで紹介している。



1-1003.jpg

銭元先生からのメールでは、「昨年の記録を基にしながら、なんとかクラスごとに植えました。
昨年と違い、プランターで十分に育っているためしっかりしている感じです。
畑が少し小さいものの、大きく育ってほしいと思っています。」という。
続きを読む

2011年09月05日

みんなが育てた砂村一本ネギのタネから、芽が出て、江戸からの命が繋がった。


江東区立第5砂町小学校( 遠藤朋子校長 )が取り組んだ砂村一本ネギの復活栽培は、当ブログで紹介したが
先日、4年生が播いた「砂村一本ネギ」が芽を出したと、同校栄養教諭の銭元真規江先生から写真を添付したメールが届いた。



1-1006.jpg

クリックすると、砂村一本ネキのお話とタネ播き


みんなで育てた「砂村一本ネギ」から、初めてタネ採りをしたので、発芽するか心配だったようだ。

それは、タネ播き後の集中豪雨で、プランターが冠水したことから、タネが一か所に寄ってしまったのでは等、銭元先生としては、心配すればするほど不安になったようだ。

それだけに、可愛い芽が出た時には先生もホットしたようで、4年生の各クラスにすぐに知らせたそうで、「みんな嬉しそうに観察していました。」と・・・。

嬉しかったでしょう。
江戸の時代から、「タネを播き、タネを採り」を繰り返してきたことで、タネを通して命が今日に繋がってきた。
発芽したことで、昨年栽培したネギの命が今年に繋がった瞬間だからだ


「2日には、台風による大雨が予想されたので、とりあえず軒下に避難させ、月曜日には元に戻す予定です。」とは銭元先生。

今後の、順調な生育を期待したい。


続きを読む

2011年08月27日

江東区立第五砂町小学校でゆかりの「砂村一本ネギ」のタネが5年生から4年生に伝達される。


江東区立第五砂町小学校(遠藤朋子校長)では2学期早々の26日、4年生たちが、地元ゆかりの伝統野菜「砂村一本ネギ」のタネ播きを行った。

江戸東京の伝統野菜は、タネを播き、収穫したものを食べ、その一部からタネを採種し、またタネを播き作物を育てる。
伝統野菜はタネを通して、昔から命が今日まで繋がってきている野菜だ。



1-115.jpg

(写真をクリックすると校長先生のご挨拶)

同校では、昨年9月から「砂村一本ネギ」の栽培に取り組み、今年になって学校給食で食べられた。このことは、当ブログでも紹介した

栄養教諭の銭元真規江先生は、この取組を「平成23年度 健康づくりフォーラム」で発表している。

4年生の時に栽培したネギから採種したタネを5年生達は、4年生に手渡したが、第五砂町小学校の伝統として毎年次世代に伝えていくことの道筋が出来たと言える。

第4学年の「総合的な学習の時間」指導案を銭元先生から頂いた。

続きを読む