2020年08月28日

府中御用ウリを購入した方から、他にも栽培している生産者がいることが分かった。


らくらくコミュニティ編集局の烏田千洋さんから、府中御用ウリを府中市郷土の森 物産館で購入したと、喜びのメールをいただいた。

烏田さんは、シニア世代向けオンラインコミュニティ『らくらくコミュニティ』で、「探訪・伝統野菜」をテーマに、種から育てる各地の伝統野菜を紹介する連載をしていて、馬込半白キュウリと寺島ナスについてお手伝いしたことがある。

府中市で府中御用ウリを栽培しているのは、石川孝治さんで、

石川さんが、郷土の森観光物産館に出荷しているとは聞いていなかったので、烏田さんに写真があったら確認したいとメールをして送っていただいた。

「府中御用瓜」〜江戸風街の味を感じて下さい!〜とある。
これにより、他にも栽培している生産者がいることが分かった。




a-1.JPG


「郷土の森」の近くまで行ったので物産館に寄ってみたが、府中御用ウリは、収穫期が過ぎたので販売されていなかった。

府中産農産物のコーナーでは、オクラ、ナス、キュウリ、ゴーヤ、カボチャ、ピーマン、つるムラサキ、ミニトマト、小松菜、大葉、まくわうり、リンゴ、イチジク、生キクラゲが販売されていた。

上の画像をタップする

まくわうりのコーナーには、食べ方が貼ってあった。

縦に半分に切り、皮をむき種を取り出し1〜2pにスライスして、冷やして食べてください。食べるとき塩を軽くふるのが、おいしく食べるコツです。ほんのりとした甘さでさっぱりしています。置いておくと甘みが増しますがそこはお好みで、食べてください。」。初めて食べる人からの質問が多かったようだ。

生産者は、堀江岩吉さんの名があった、存じ上げなので、その下の電話番号に電話をして、栽培のきっかけや、種子の入手などについて話を伺った。
話の途中で、「大竹さん! お会いしてますよ!、」と云う。失礼しました。

何でも、2014年頃、府中御用ウリの普及をしていてJAマインズ多磨支店に伺ったが、当時、担当課長をされていて、江戸東京野菜カレンダーにも紹介されていたので、栽培してくれる農家を探したが、見つからなかったので自分でやるしかないと自宅の畑で栽培をはじめ、以来、定年退職後も生産者を増やす努力もされているという。 ありがとうございます。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年08月01日

府中の石川孝治さんが栽培する真桑ウリは、8月上旬の収穫期に向けて順調に生育していた。


織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と云った、戦国の武将が好んだ、
美濃の真桑ウリは、関八州を任された家康は、栽培地を探したが、

武蔵野國の総鎮守の六所宮(現大國魂神社)のある府中で、
美濃から農民を呼び寄せて栽培が始まっている。

この真桑ウリ、府中では、御用うりとして幕府に納められ、
新宿の柏木では、鳴子ウリとして栽培されてきた。

真桑ウリは8月上旬が収穫期を迎えるので、
府中の石川孝治さんが栽培する真桑ウリの畑を訪ねた。




1-1.JPG

長雨の影響で、各地での栽培は花は咲くものの、
雄花と雌花のタイミングが悪くて、果実の付が良くない。

上の画像をタツプする
石川さんの、真桑ウリ畑は、順調な生育を見せていた。

この畑、昨年までの鉄塔のある畑から西に行った、
府中市西原の住宅街にある畑だった。

生垣に囲まれた畑に、四畦で栽培されていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年07月24日

江戸東京野菜の、鳴子ウリに寺島ナスも収穫期を迎えていた、新宿区立柏木小学校の屋上農園


江戸東京野菜の鳴子ウリの栽培を続けてきた、
新宿区立柏木小学校の竹村郷校長が屋上で
江戸東京野菜をはじめとする野菜栽培を始めたことは、
当ブログで紹介した。

竹村校長は、江戸東京野菜を始めとする農業と云う広いスタンスで、
今年は5年生を対象にした授業をお考えだと伺っていた。

5月に伺った後、長雨の中で作物の状況を見せてもらいたいと、
電話をして伺った。





1-1.JPG

竹村校長の取り組みに呼応した栄養士の岡庭さん(写真右)と、
家庭菜園が趣味の調理のチーフ河口さんが協力して、
袋詰めした土を屋上まで運び上げたと聞いている。

上の画像をタップする
給食室のメンバーの皆さん。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年07月14日

足立区興野で本田ウリを栽培している内田宏之さんに、初物の本田ウリをいただいた。


足立区興野で本田ウリを栽培している内田宏之さんに、
初物の本田ウリをいただいたことは、先日報告したが

足立区立の千寿双葉小学校で「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」が行われたときに、内田さんは校長室で三宅校長に、本田ウリを差し上げた。

三宅校長もずっしりとしたウリを興味深くご覧になっていたが、
内田さんが説明をされていた。




1-1.JPG

内田さんのお宅では、昔から栽培されていて、
これを食べないと夏が来た気かしないと云っておられたが、
2009年に江戸東京・伝統野菜研究会として確認した。

その後、2010年にはNHKニュース7で紹介されている。


2011年(平成23年) 江戸東京野菜推進委員会が、
JA東京中央会に設置されたが、
当時、江戸東京野菜として、22品目が登録され、
その一つが「本田ウリ」だった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 11:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年06月26日

江戸東京野菜の夏果菜「鳴子ウリ」栽培は、子蔓がネットに絡みつこうとしていた。


鳴子ウリの栽培は、練馬では渡邉和嘉さんが、
2016年から採種と普及をやってくれていて、
2017年からは、酒井利博さんが栽培をしてくれている。

渡邉さんは、今年も採種を含めて栽培をしてくれていて、
定植から親蔓、子蔓の芯止めを行っていた。




1-1.JPG

鳴子ウリは、孫蔓に雌花が付くことから、
親蔓の葉5〜6枚のところで芯止めして子蔓を伸ばす作業をしていた。

上の画像をタップする
子蔓をネットに這わせていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年05月13日

新宿区立柏木小学校に、江戸東京野菜の鳴子ウリをはじめ、内藤カボチャと寺島ナスの苗を持参した。


新宿の伝統野菜「鳴子ウリ」の復活栽培を実施している
新宿区立柏木小学校に竹村郷校長が着任されたことは紹介した。

気候の安定する5月の連休明けに向けて準備をされていたが、
隣の学区、西新宿小に内藤カボチャの苗を持っていくので、
同じ日に鳴子ウリ(6鉢)の苗と藁。
それに内藤カボチャ(4鉢)に、寺島ナス(6鉢)も持参した。





1-1.JPG

竹村校長の取り組みは、
コンシェルジュ協会の川並三也理事にも見ておいてもらいたいので、
一緒に来てもらった。

上の画像をタップする
各種トマトを植える土の入った袋に園芸用支柱がセットされていて、
苗を植えるばかりになっていた。

川並理事もビニール袋では水がたまるのではと驚いていたが、
この資材微細な穴が開いていて、通気性と排水性が確保され、
じわじわと水を抜け、根の張りも良いという。

これまで、青山小学校や、落合第六小学校の経験から、
土の量が格段に少なくて済むことから、同校の取り組みに注目する
学校や企業等も多いようだ。

都内には、1日、2〜3時間しか日の当たらない学校菜園が結構ある。
またアパート、マンションのベランダでも、
栽培するには、これまでのプランターよりは機能的なことから、
持ち手を付けるなど、今年は研究の年にもなるようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年04月29日

新宿区立柏木小学校で、竹村校長による超高層ビルを背景にした屋上農園づくりが始まった。


江戸東京野菜の鳴子ウリを継続栽培している新宿区立柏木小学校に
4月に着任された竹村郷校長には、昔お世話になったことは紹介した。

それにしても、授業が始まる前には、
ご挨拶をしておこうと思っていたので、
隣の西新宿小学校にご挨拶に伺った後に伺った。




1-1.JPG

例年、生徒や園児たちの元気な声が飛び交っているが、
新型コロナウイルスの感染防止で休校、校庭は静まり返っていた。

上の画像をタップする
これまでの港区立青山小や新宿区立落合第六小に比べると、
太陽光パネルが設置されていることなどから、
面積も狭いので、竹村校長は新たな対策をお考えだった。

始めて屋上に上がったが、
新宿副都心の超高層ビルが迫るロケーションは迫力がある。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年04月14日

新宿区立柏木小学校に着任された竹村郷校長から地元柏木の江戸東京野菜「鳴子ウリ」栽培継続の電話をいただいた。


新宿区立柏木小学校に着任された竹村郷校長から電話をいただいた。

柏木小学校には2012年に齋藤等校長にプレゼンをして2013年から
地元の江戸東京野菜「鳴子ウリ」の栽培が始まった。
2014年には、佐藤郁子校長が着任し、
2019年度まで6年間取り組んできたが、今年3月に転勤された。

後任の校長先生に、プレゼンをしなければと思っていたが、
先日、柏木小学校に着任した校長先生から電話をいただいた。

竹村とおっしゃったが、型どおりのご挨拶の後
いただいた電話だったが、一瀉千里、柏木小学校における
鳴子ウリの取り組みの経過について申し上げた。
今や地域に広がっていることも。

ひと呼吸したところで、
竹村校長から、「大竹さんには前にお会いしてますョ、お忘れですか!」
と、云われてしまった。失礼しました!!。




1-1.JPG

上の画像をタップすると YouTubeへリンクする

云われてすぐに思い出した。
神宮外苑に近い港区立青山小学校の副校長として
屋上に20種以上の野菜を栽培した先生で、2013年に何度か伺い、

動画配信をするフードボイスを連れて行って、
当ブログのトップページの動画欄に「青山小学校の屋上農園」
のバナーを貼っていた。

そもそもは、2012年の暮れに、品川神社で行われた品川カブの品評会で
竹村先生にお会いしたが、そのご縁で、小平の宮寺光政さんの畑に、
生徒を連れて見えた
ことからご縁が広がったもの。

2013年8月には、第20回コカ・コーラ環境・教育賞を受賞、

9月にはNews Tokyoのでも細川奈津美記者を案内している。

2014年2月には、朝日ベルマール賞を受賞している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年09月17日

柏木小学校の4年生が復活栽培した、江戸東京野菜の鳴子ウリの研究発表と、食べる授業を行った。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生が実施している地元の伝統野菜「鳴子ウリ」の復活栽培は、各班が江戸東京野菜や、鳴子ウリの研究発表を行い。その後、鳴子ウリを食べる授業を行った。

何度となく当ブログで書いてきたが、今年の天候異変は農家ばかりか、学校菜園も同じで、はたして昨年と同じような食べる授業ができるか、心配していた。

江戸東京野菜は、話を聞くだけではだめで、食べることで皆さんは納得して、江戸東京野菜を次世代に伝えることの重要性を理解する。

これまでも、学校菜園で収穫される鳴子ウリだけでは、食べる授業を賄いきれないことから、今年も府中市の石川孝治さんが、生徒のために9月に熟すように1ケ月遅れで定植してくれていた。





1-1.JPG

授業は、2階の家庭科室で実施したが、担任の佐藤泰子先生の指名で最初に私から挨拶をさせてもらった。
今年の異常気象の中でも、菜園の管理が梶谷正義先生の指導を忠実に守ったことで、良くできたことを評価した。

しかし、授業の日に食べられるヘタ落ちした完熟の鳴子ウリはできていなかった。

上の画像をタツプする
梶谷先生も、生徒たちに良く管理されたことをほめ、「鳴子ウリを代々伝えていこう」の資料を配布して説明された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年09月12日

江戸東京野菜の「鳴子ウリ」を栽培する新宿区の柏木特別出張所を訪ねた。


新宿区立柏木小学校の4年生が、鳴子ウリを食べる授業で、不足する鳴子ウリを同校に持ってきたことは、報告した。、



3-1.JPG

柏木小の近くにある柏木特別出張所の丸尾信三所長を訪ねた。
丸尾所長が、鳴子ウリを栽培していることは前回紹介したが
台風15号の被害にあっていた。
しかし、綱を張った柱はびくともしていなかった。

丸尾所長に聞いて分かったが、この柱、
7月の参院選ポスターを張った看板の支柱を利用したものだという。

上の画像をタップする
丸尾所長と立ち話をしているところに
地域の奥さん方が集まってきた。
皆さん、鳴子ウリが気になっていたようだ。

所長が作った鳴子ウリの説明は、
鳴子瓜 江戸時代に柏木村鳴子(現在の西新宿あたり)の名産品のひとつ。鳴子瓜のルーツは、美濃の真桑村(現在の岐阜県本巣市)の名産品マクワウリ。織田信長や徳川家康ら戦国武将はマクワウリが大好きで、江戸に幕府ができた時に、真桑村から連れてきた農民に今の府中市や新宿で将軍家に献上するウリを作らせたという。いわば江戸の「高級フルーツ」です。

追伸
11日の授業参観には、丸尾所長と、エコギャラリー新宿の
高間佳子センター長、小山裕三氏が関心を寄せていた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年09月10日

11日(水)の授業を楽しみにしている柏木小学校の4年生は、鳴子ウリポンチを食べる予定。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生が栽培している鳴子ウリ
11日(水)の食べる授業を残すのみとなった。

今年は、天候異変で栽培には苦労があった。
6月の高温乾燥が続き、その後は梅雨に入り長雨で日照不足、
そして再び高温が続いたが、こんな年はなかった。

そして、9日早朝、台風15号が首都圏を直撃した。






1-1-1.JPG

9日、台風の風もおさまった9時半に石川孝治さんのお宅に伺った。

11日に柏木小学校で授業に使う鳴子ウリをいただくためだが、
収穫しておいていただいた。
毎年、学校菜園でできた鳴子ウリだけでは不足することから、
府中の石川さんに協力をお願いしている。

上の画像をタップする
今年も、柏木小学校のために栽培してくれていたが、
今年の天候異変で授業に間に合わせるのは諦めていた。

ところが、石川さんは2回に分けて栽培してくれていて、
8月上旬に収穫期を迎える真桑ウリを、
ひと月遅れで収穫できるように栽培をしてくれていた。
さすがプロ!

石川さん、ありがとうございました。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年09月08日

新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生が栽培している鳴子ウリの授業か11日(水)に、開催される。


鳴子ウリの収穫は、例年だと8月初めが収穫の時期だが、今年の天候異変で収穫の時期が7月中旬に葉が枯れてしまったが、梅雨が明けたころから再び、葉が茂り始め、雌花、雄花が付き始めた。

これまで、鳴子ウリを栽培してきたが、こんな年はなかった。

8月26日に、同校に伺ったが、幾つも果実が実っていた。

久野けい子先生から、6日に写真を送っていただいたが、果実は大きくなっていた。
11日までに熟すかどうか、8日には台風も来るというし・・・






1-1.JPG

久野先生のメールには、
「来週11日(水)の8時50分〜10時15分まで、本校2階家庭科室(西側階段を上がって右側)で鳴子ウリについての発表会をいたします。

8月23日に収穫して冷蔵庫に保管してある瓜2個は、外見的にはまだ、固い状態をキープできています。
 畑は、10cm程度に成長したものが5〜6個ありますが、このところの暑いのにからっとは晴れない状況で、葉や実が黄色くなってしまったものが多いです。11日まで、順調に育ってくれることを祈るばかりです。」
とあった。

思いは同じだ。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年08月30日

柏木小からの帰り道、柏木特別出張所の花壇に鳴子ウリが生っていた。




3-1.JPG

地元柏木小学校で栽培されている
江戸東京野菜の鳴子ウリの様子を確認に行った帰り道、
柏木特別出張所の前を通りかかったら、出張所の花壇に
鳴子ウリが生っていた。
「ウリの子供たち」のあるあの柏木特別出張所だ。

細い木材が、手作りで何本も立っていて、
細いロープを張って、鳴子ウリが蔓を絡ませていた。

上の画像をタップする
形の良いウリが、幾つも生っていた。

もうすぐヘタ落ちするころなので、
出張所に入ってどなたが栽培しているのか、窓口の女性に聞くと。
今は席を外しているが、丸尾信三所長だそうだ。

改めて、連絡しますと云って名刺を置いてきたが、
鳴子ウリが、地域に定着しつつあることに手ごたえを感じた。
喜ばしいことだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年08月28日

新宿の伝統野菜「鳴子ウリ」が、遅ればせながら生り始めていた。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)では4年生が、
地元の伝統野菜「鳴子ウリ」の栽培を行っているが、
今年の天候異変が、同校の栽培には大きな影響を与えていて、

久野けい子先生から、7月24日に撮影した写真を送って頂いたが、
下葉が枯れ落ちていて成長を心配していた。

その後は、夏休みでもあり、学校での状況が分からなかった。





1-1.JPG

新宿区では8月26日から2学期が始まったことから、
久野先生と連絡を取って伺った。

上の画像をタップする
校庭に入って驚いた。
遠く、4年生の菜園に、鳴子ウリが茂っていた。

すでに、3つほど実って収穫して冷蔵庫に入れてあるという。
鳴子ウリは、熟すとヘタ落ちするから、落ちてもいいように、
網の袋に入れて吊るしてあるのだが、
ヘタを切って収穫したものもあるようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年08月09日

江戸東京野菜を取材している佐野ディレクターが、今度は真桑ウリを取材したいと車に乗り込んできた。


伝統野菜の復活を追っているテレビの番組制作会社の、佐野岳士ディレクターが、先日は、寺島ナスが消費者に浸透しているところを、昭和の森の車屋が江戸東京野菜の収穫体験一日限りの「特別会席」の場を取材していた。

特別会席では、江戸東京野菜の説明や、皆さんがお料理を召し上がっているところを、撮影していた。

その後、電話がかかってきて、府中御用ウリが収穫期を迎えているだろうから、現状を取材したいと云うので、昨日、9時から立川で待ち合わせをして、案内をした。




1-1.JPG

佐野ディレクターとTVカメラさんと、音声さんが、私の車に乗り込んで、府中御用ウリの歴史について聞かれた。
信長の地元美濃の真桑村で栽培されてきたウリを、秀忠によって栽培が始まった経過を話した。

また、栽培の状況だが、6月の高温と乾燥で、苗が痛めつけられていたが、その後は梅雨に入り長雨と、日照時間が少なかったことから、葉が枯れ始め、枯れたところは果実の成長がストップ。

梅雨が上がった7月29日からは8日現在、10日間も雨が降らず、高温が続いていて、果実が日焼けを起こしていた。

こんなことは過去なかったと、石川孝治さんはがっかりしていたが、カメラはその表情を撮っていた。

葉の陰に隠れていたヘタ落ちした、真桑ウリがいくつが、出てきたので皆さんにも食べていただいたが、香りも甘さも真桑ウリ本来の香りと味だった。

9日は、渋谷エクセルホテル東急で、江戸東京野菜のイベントがあるので、皆さんに食べていただくように石川さんにいただいてきた。
posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年07月25日

府中御用ウリは、日照不足の中で善戦、へた落ちの完熟を待つのみ、それも天候待ちだ。


府中の石川孝治さんにお願いしている府中御用ウリについては、6月20日に報告しているが、その後の天候は例年になく温度があがらず、

畑での栽培は、農家は自然任せで、水をやることはあまりしない。
梅雨に入る前の干ばつ気味の天候と高温によって、府中御用ウリの苗は 生育が止まっていた。

その後、梅雨に入り孫蔓が伸びで果実が沢山実ったが、日照不足で葉が枯れ始めた。
何でも日照時間が3時間未満の日が20日も続いたという。
先日、渡邉和嘉さんが栽培している鳴子ウリを紹介したが同じ状況だ




1-1.JPG

この日も朝方通り雨が降って、東京では28日連続の降雨。
畑に着いたときには上がろうとしていて、午後からは太陽か顔を出して暑くなった。

上の画像をタツプする
まだへた落ちしていないウリがごろごろしていた。
例年だと、8月上旬が収穫期だが日照不足の影響で葉が枯れ始めていた。

後は、畑で完熟を待つが、これも天候次第だ。

石川さんは、ハーブの収穫で忙しかったが、話は聞けた。
「2013年から栽培しているが、こんな年は初めて・・・、見ての通り」と云って、その後言葉はなかった。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年07月22日

板橋区立板橋第六小学校の夏祭りに、足立の内田さんの本田ウリが登場した。


足立区農業委員の内田宏之さんに、7月3日、足立区立千寿双葉小学校の命をつなぐ千住ネギの栽培授業でお会いしたが、内田さんが栽培している江戸東京野菜の本田ウリの生育状況が気になってお聞きすると、「そろそろ収穫の時期だが、日照時間が足りないから甘さが乗らない」と話されていた。

押上の「よしかつ」では、毎年夏のお料理に欠かせなくなっていて、あてにしているウリだ。

そんな話をしている中で、板橋区立板橋第六小学校のPTA会長の高橋さんとおっしゃる方が、江戸東京野菜通信に掲載されていた、本田ウリの記事を見て、内田さんを訪ねてこられたという。

昔食べた、マクワウリを入手する機会が無く、あの味を子どもたちに伝えたいと、ネットで検索をしていたら、江戸東京野菜の本田ウリがヒットしたという。




0-1.JPG

上の画像をタツプする

当ブログのトップページ左のカテゴリー欄「江戸のマクワウリ各種」には、本田ウリをはじめ、府中御用ウリ、鳴子ウリ、小金井マクワの記事は、100件以上まとめてある。


何でも、7月6日(土)は、「板六小の夏祭り」ということで、「前日には銀マクワの本田ウリを取りに来ると云っているが、甘くないから 」と 内田さんは心配していた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年07月10日

柏木小学校の鳴子ウリの栽培に、途中から担当した久野けい子教諭は苦労されていた。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生が復活栽培している鳴子ウリは副担任の久野けい子教諭が担当いただいている。

7月8日の午前中に久野先生からメールで相談があったので、午後から伺った
メールでは「6日(金)には2〜3枚だったうどんこ病の葉が今朝、あっという間に広がってしまいました。さっそく、カダンエースを散布しました。」

うどん粉病が再び発生していた。




1-1チャ.JPG

「子ヅルがずいぶん伸びたので、また切ってとめたものが数本あります。 雌花も下が膨らんできたものがあります。順調に育ってくれるといいのですが、」

上の画像をタツプする
確かに雌花があちこちに見られた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年06月26日

江戸東京野菜の鳴子ウリが順調な生育を見ている。


鳴子ウリの栽培については、先月定植作業をしたことは紹介している
その後、中々雨が降らずに心配していたが、梅雨に入ってから先日、村田千英子さんの圃場に行ってきた。

現在、休日ごとにこの圃場にきて、栽培管理を行っている渡邉和嘉さん(江戸東京・伝統野菜研究会副代表)に状況は聞いていたが、果実がなり始めていると聞いたので行ってきた。





2-1-1.JPG

鳴子ウリの普及は渡邉さんがしていて
大泉の酒井利博さんが、新宿区立柏木小学校の不足分や
新宿御苑のレストランゆりの木に出荷してもらっている。

上の画像をタツプする
ネットに伝わせる方は、後から定植したもので、
ようやく孫蔓に雌花が付き始めている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2019年06月20日

新たに副担任になられた久野けい子教諭に鳴子ウリの栽培についてお話した。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生が栽培している地元の伝統野菜・鳴子ウリの復活栽培に取り組んでいるが、年度初めに担当していた副担任の持田哲郎教諭が同校の事情で他の学年の担任になられたことから、代わって副担任に久野けい子先生がなられたと6月中旬に連絡があった。

久野教諭も、初めてなので、これまで持田教諭に伝えていた鳴子ウリについて、新たに久野先生に歴史や栽培上の注意点などを、梶谷正義先生からもメールなどで伝えている。




2-1.JPG

うどん粉病にかからなかった苗は、孫蔓に花をつけ始めていた。

上の画像をタツプする
鳴子ウリのうどん粉病対策は梶谷先生の指導によって、フマキラーから出ている "カダンセーフ"を散布したようで、効果は出ていたが、ダメージの大きな苗は、復帰は難しい状況だった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種