2020年09月04日

立川市西砂の石川さんの畑では内藤カボチャが追熟に入っていた。


江戸東京野菜の流通に力を入れている果菜里屋の高橋芳江さんから、
電話があって立川西砂の石川公一さんのカボチャが
いつ頃出荷できるか見てきて欲しいという。

今年の内藤カボチャは、花の咲く頃が長雨で、
花粉が付きにくかったのか、
どこでも結実する個数が半分以下の状況だ。
しかし飲食店からの注文は増えていると云う。

そんな中で、石川さんから高橋さんのもとに電話が入って、
収穫するから取に来て欲しいと云っているという。

そこで、石川さんの畑が近い私に、
内藤カボチャの様子を見てきて欲しいというもの。





1-1.JPG

石川さんの畑には、8月初めに伺った時に、当ブログで紹介したが、
その後は畑には行っていない。

上の画像をタツプする
石川さんに電話をして、作業所にいた石川さんを
内藤カボチャが植わっている畑まで来てもらった。

内藤カボチャは、濃緑色から茶褐色に色が変わっているが、
それから追熟の過程で、茎はコルク化し果実は粉が吹いてくる。

その時期が収穫で、石川さんのは10月になってからだと伝えた。


FaceBookの内藤カボチャはここから

2020年09月02日

テレビの番組制作会社のディレクターがカメラマンを連れて、内藤カボチャを栽培している村田農園の渡邉さんを訪ねてきた。


テレビの番組制作会社を練馬の内藤カボチャが栽培されている畑に
案内したことは先日報告したが、ようやく構成が決まったのか、
ディレクターさんから
明日の10時までに村田農園まで来て欲しいとの電話をいただいた。

カメラマンの手配が付いたので、渡邊和嘉さんにも連絡済みだという。

平日に、自宅を出る時間帯は、車が混む時間帯なので、
余裕を持って8時に家を出たが、番組制作会社の車が付く前に、
大泉の村田農園に到着した。






1-1-1.JPG


圃場では、まだ葉が青々しているので、
葉の下のカボチャを探すところから始まった。

上の画像をタップする
カメラは、粉がふいた内藤カボチャを説明する渡邉さんの手元の、
カボチャをアップで狙っていた。

車の上からのアングルで、カボチャ畑も撮っていた。



続きを読む

2020年08月29日

江戸東京野菜の内藤カボチャを取材したいと、番組制作会社から話があったことから、生産者や栽培状況について情報を提供していた。


先日、都立農業高校に持っていくために
渡邉和嘉さんが収穫した真桑ウリを受取りに行こうと電話をすると、
今テレビの番組制作会社のディレクターが畑を見に来ていて、
次に加藤晴久さんの畑に行くと云うので、畑で待ち合わせた。

番組制作会社から相談された話は、先に報告している。

内藤カボチャは、練馬区と多摩地区の三鷹、立川、八王子などで
栽培されているが、江戸東京・伝統野菜研究会の渡邉さんは、
練馬で採種を行っている他、地域に普及をしている。

加藤さんも、渡邉さんから栽培を依頼されて、
2016年から栽培をされていて
JA東京あおばの直売所「こぐれ村」で販売している。





1-1.JPG

加藤さんは都合があって、後は渡邉さんに任せて出かけた。

上の画像をタップする
番組制作会社のディレクターは、暑い中、リックを担いで
小さなビデオカメラで圃場の様子を撮影していた。


続きを読む

2020年08月18日

内藤とうがらしジェクトの生産者・加藤晴久さんの大泉の畑では程良く色づいたとうがらし畑を取材した。


内藤とうがらしプロジェクト(成田重行代表)の
生産者の一人として栽培している加藤晴久さんの畑では、
7月の初めには目立たなかったとうがらしも、梅雨が明けたら
一気に色づいて、とうがらしを空に向けて伸ばしていた。

加藤さんの栽培技術の高さから、昔からメンバーが訪ねてくる。
2016年には、韓国から視察団がやってきた。

2017年には成田代表も、メンバーの皆さんと一緒に
収穫にやってきて居たが、今年は新型コロナウィルスの感染拡大から、
注意をされているようで、お会いしていない。





1-1.JPG

今年は、新宿御苑での鉢植えの内藤トウガラシ販売が中止になった
その後、新宿でのイベントはことごとく中止となってしまった。

毎年、鉢植えを購入して楽しんでいる皆さんも多く、
どこで買えるのかと相談を受けたので成田リーダーに伺うと、
新宿百人町の轄。田新聞店の店先、「野菜の自動販売機」で、
東京産の野菜販売の他、
内藤トウガラシの鉢植えを販売していると伺った。



続きを読む

2020年08月03日

長雨で、内藤カボチャの実の着きが悪い中、立川市の石川さんの圃場では順調に生育していた。


内藤カボチャの栽培を行っている、西新宿小学校の5年生には、
カボチャの歴史文化を話てきたが、なかなか実が着かないと、
長井満敏校長が心配されていた。

同じ、内藤カボチャを栽培しいる、
立川市の西砂で植木と野菜の栽培をしている石川公一さん
今年は、定植が遅れた。






1-1.JPG

上の画像をタップする
長雨の中で、雄花と雌花のバランスが悪かったが、
久しぶりに畑に行ってみると、内藤カボチャが順調に生育していた。



続きを読む

2020年07月17日

新宿区立西新宿小学校の5年生が毎年取り組んでいる、内藤カボチャの栽培授業がようやく始まった。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)の5年生が取り組んでいる、
内藤カボチャの栽培授業がようやく始まった。

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐことから、
長期臨時休校が行われたことから、授業が遅れていたが、
内藤カボチャの苗は、すでに定植されていて、
内藤カボチャについての調べ学習も始まっているようだった。





1-1-2.JPG

上の画像をタップする
授業は、吉田順子教諭、川崎香澄教諭の指導で
1組、2組が合同して体育館で行ったが、マスクをつけて、
ソーシャルデスタンスをとって行われた。

生徒達は盛んにメモを取っていた。

内藤カボチャは、新宿御苑が、信州高遠藩の藩主・内藤清成の
下屋敷地だったが、広すぎて現在の玉藻池のある辺りが屋敷で、

広い屋敷地にはたくさんの小作を入れてカボチャや、トウガラシを
栽培していたものだが、大政奉還により内藤家は屋敷地を政府に返し、
その後、屋敷地は内藤新宿農事試験場(御苑の前身)となった。

内藤家の小作人たち家族は、青梅街道を淀橋方面と
甲州街道を角筈方面に移り住んだ。
同校の地域は角筈(つのはず)と云われたことから角筈カボチャ
と呼ばれていた。



続きを読む

2020年07月12日

西新宿小学校の内藤カボチャの栽培の様子と授業の進め方について担任の教諭にお伝えした。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)の5年生が、
毎年栽培している江戸東京野菜の内藤カボチャの授業については、
5月の連休明けに、苗の定植から始めている。

今年は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐことから、
東京都では長期臨時休校が実施されたことから、
復活栽培の授業は延び延びになっていた。

ようやく今月中に授業が可能となったことから。
同校に伺って、吉田順子教諭と川崎香澄教諭に
授業の持ち方につてい、昨年までの様子をお伝えした。




1-1.JPG

同校は、東京都庁に一番違い学校で校庭からは、ツインタワーが望める

上の画像をタツプする。
校庭の西側には、コンサートホールや美術館が入る
複合施設の東京オペラシティがそびえている。


続きを読む

2020年06月29日

立川市西砂の植木農家、石川さんが今年も内藤カボチャの栽培を始めた。


立川市西砂で植木と野菜を栽培している石川公一さんが、
今年も内藤カボチャを作ってくれるという。

石川さんには2015年から協力してもらっている。
2016年には50個ほど収穫することが出来た。

2017年には、さらに栽培面積を広げていた収穫量
前年並みに収穫していたが、

2018年に2017年に収穫したカボチャの種を蒔いたところ、
葉に白いㇷが入らないものが出てしまったことから、
交配してしまったようで栽培は中止された。




1-1.JPG

石川さんには、復活普及に対する思いを伝えるべく
「江戸東京野菜の物語」を手渡した。

上の画像をタップする
石川さんは、2ヘクタールの農地を所有していて、
トラクターで耕していた。



続きを読む

2020年06月23日

内藤カボチャの採種を渡邉和嘉さんが実施していた。


内藤カボチャの栽培は、農家以外では、西新宿小学校(長井満敏校長)の5年生が取り組む予定になっていて、準備は済んでいる。

既に、花も咲き始めているが、授業は分散登校が続いているので、
伺って栽培の指導をすることはできないでいる。

幸い、生徒たちは調べ学習で当ブログも検索してくれているので、
渡邉さんの採種の様子を写真で紹介する。





1-1.JPG

内藤カボチャに限らず、カボチャは雄花、雌花の花が咲く。
雌花には、写真のように、可愛い受粉前の果実がついている。
明日、開花すると思われる雌花に、紐で軽く縛っておく。

受粉をさせる前に花が咲いてしまうと、ミツバチ等に西洋カボチャ
等の花粉を付けられる(雄花・雌花供に)心配があるため、

上の画像をタップする
同時期、開花すると思われる雄花も紐で軽く縛っておく。
翌日は、雄花を切り取り花弁を取り除き、花粉を付けやすい状態にして

雌花の花弁を開いて、雄花の花粉を付ける。
花粉が付いたら、再び雌花の花弁をひもで縛るか袋を被せる。

雌花に雄花の花粉を付けた後も、他の花粉が付くのを防ぐため、

幾つもの雌花が受粉して、果実は膨らんできたが、
これらはミツバチが受粉したもので、どの花粉か明らかでないので
食べるだけで、種は利用しない。



続きを読む

2020年06月14日

新宿区立西新宿小学校では、江戸東京野菜の内藤カボチャが花を咲き始めた。


新型コロナウイルスの感染拡大により、臨時休校が続いていた小学校だったが、緊急事態宣が解除されたことを受けて、東京都では令和2年6月1日より学校再開となった。

しかし、再開 から2週間は分散登校となり、クラスを午前と午後に分け、学級ごとに登校していた。

新宿区立西新宿小学校では、長井満敏校長が同校の伝統を引き継いで、今年も内藤カボチャの復活栽培授業を実施していただけるというので、5月の連休明けに、苗をお持ちしていた。

その後、定植したことは、同校のホームページ「校長室より」に、掲載していた。





1-1.JPG

生育の状況が知りたくて、先日、吉田順子先生に電話をして写真を撮って送って頂いた。

上の画像をタップする


今朝のお話を受け、雄花と雌花の数の割合を見てみました。たくさんつぼみがあって正確に把握できなかったのですが、大体、2対1位の割合だと思います。
今朝、雄花が一輪、咲きました。雌花の下の丸みも大きいものが5輪くらい膨らんできています。

天候がよいのか順調な成長が見られているような感じがします。児童が話し合う中で、伝統野菜を育て、今年も種を採り受け継ぎたいという意識が高まってきました。

虫よけ、雑草抜き、水やりなどについて調べたり、6年生に習う計画を立てたりしています。

インターネットの中で、大竹さんのお名前を見つけ、お話を聞きたいという意見が出てきました。
」と云う。

15日からは通常登校になるというが、
栽培の授業は、梶谷正義先生と先生方とのメールのやり取りで、ポイントを生徒に伝えてもらう方法で、当初は実施することになる。

2020年05月14日

江戸東京野菜講談を創作した講談師の田辺一乃師匠が唐辛子マスクを作ったという。


真打田辺一乃師匠は、江戸東京野菜講談を一年で16席も作り上げた
と紹介しているが、一乃師匠には、今年の2月にお会いしている。

その後、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の
長期化の中で、伝統芸能の定席はとこも締まっていて、
一乃師匠もスティーホームのようだ。

アベノマスクは、まだ届かないが、
飛沫抑制の手縫いのカズノマスクはお似合いだ。




1-1.jpeg

一乃師匠には、初めてお会いした2018年の3月に、
挨拶代わりに、手拭いをいただいた。
「内藤トウガラシだ!、」と、ご縁を感じたものだ。

話を聞くと、師匠の故田辺一鶴氏から、紋代わりに、一乃の「一」
に合う守り神で、「十(とう)」とうがらしを頂いたと云う。
一鶴氏は粋なことをする。

「一」が「十」になる、発展、成長など ”めでたい守り神”
として手拭いにしたと云うから、

内藤トウガラシでも間違いではない。

上の画像をタップする
赤いマスクは、一乃師匠にはお似合いだが、
グリーンの唐辛子も持っているので、これなら使えるだろう。


2020年05月12日

内藤カボチャの苗を、渡邉和嘉さんから受け取り、西新宿小学校に届けてきた。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)の5年生が、
地元新宿の伝統野菜の内藤カボチャを
毎年総合の時間で栽培し、調べ学習などしているが、

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、
学校の長期休校が続いていて、長井校長ともご相談をさせて頂いて

いつ授業が始まってもいいように準備をしておくとゆうことで、
例年定植をする時期に、西新宿小学校にお持ちした。





1-1.JPG

東京都庁のツインタワーが間近に見える西新宿小学校に持参して
担任の吉田順子教諭と川崎香澄教諭に手渡して、すぐ失礼した。

苗は6鉢で、後は、同校で採種したタネを播種することになっている。

上の画像をタップする。
両教諭は、初めてなので、定植方法や管理の仕方などは、
梶谷正義先生に相談するようにお話をした。


続きを読む

2020年04月28日

新宿区立西新宿小学校に着任した長井満敏校長に内藤カボチャの栽培継続を依頼に伺った。


内藤カボチャの復活栽培を行っている西新宿小学校での取り組みについては、これまで、当ブログのカテゴリ「江戸のトウガラシとカボチャ」に纏めてある。

今年2月に開催された「内藤とうがらしサミット2020」で、内藤カボチャと内藤トウガラシの報告を行っている。

今年度は、2015年から、内藤カボチャの復活栽培を授業に取り入れていただいた、清水仁校長が異動されたと伺ったので、今度こられた校長先生に継続のご挨拶に伺わないとと思っていたが、昨年担当いただいた原弥生教諭から電話をいただき、今年度の5年生の担任の吉田順子教諭と川崎香澄教諭に引き継いだと、電話をいただいた。

しかし、校長先生に正式にお願いする必要があるので、ご都合を聞いて、スティホーム週間に入る前の金曜日に、電車では3密の危険性もあるので、一人車で伺った。





1-1.JPG

上の画像をタップする
毎年、内藤カボチャが蔓を這わせる金網の下には、
白いデイジーが満開だった。

校長室ではお互いマスクをしたまま、着任された長井満敏校長と
5年生担任の吉田教諭、川崎教諭に、
これまでの内藤カボチャの復活栽培について報告させてもらった。

2014年から内藤カボチャと内藤トウガラシを栽培していて、

2016年に新宿駅西口広場のイベントコーナーでの発表等、
地域でのプレゼンを行っていた。



続きを読む

2020年04月24日

新宿とうがらしサミット2020の報告として、とうがらし新聞が送られてきた。


新宿内藤とうがらしフェアの (春)は、
昨年までは新宿区各地で苗の販促会を開催していた。

今年は4月25日(土)〜5月31日(日)を予定していたが、
新型コロナウイルス対策で、中止となった。

現在はネット販売に移行している。





1-1.jpg

今年の ”新宿とうがらしサミット2020” は2月16日(日)に
学習院女子大学やわらぎホールで開催された。

上の画像をタップする
成田重行先生からは、今年もご案内をいただいていたが、
生憎、江戸東京野菜コンシェルジュが集まる、
ネギ焼パーティーが
井ノ口喜實夫さん
のお宅で開催されることから失礼した。



続きを読む

2019年12月03日

レストランゆりのきの伊藤秀雄総料理長が新宿区立西新宿小学校の5年生に、内藤カボチャの調理指導を行った。


新宿区立西新宿小学校(清水仁校長)の5年生が取り組む、
内藤カボチャの栽培は、
梶谷正義先生の指導で収穫にまでこぎつけたが、
今年は、天候が不順で栽培には苦労していた。

これまで、江戸東京野菜の栽培において、こんな年はなかった。
長雨、日照不足で、受粉が遅れたことから、
今年は実らないのではと、先生方ばかりか生徒たちも心配していた。

生徒の中には、伝統野菜に興味を持ったのか、
錦糸町「テルミナ」や行われた、江戸東京野菜の販売、
小学生がおすすめ! 旬の伝統野菜マルシェ」に応募し、
販売体験も経験し、楽しかったようだ。

その時に生徒から、
自分たちで蒸かして食べたが、思っていた味とは、
違っていたらしく、
内藤カボチャを美味しく食べる方法を、
プロの料理人に教えてもらいたいとの手紙をいただいた。

昨年は、小池都知事にお会いしているが、清水校長に相談すると、
学校としても生徒たちか前向きな意欲があるから、
実現したいというので、新宿御苑の伊藤秀雄シェフに
お願いの電話
を入れて、内諾をいただいた。






1-1.JPG

内藤カボチャは、
内藤清成が徳川家康から拝領した屋敷地で栽培されたことから
その名がある。

上の画像をタツプする
伊藤シェフとは、10年来お世話になっているので、
授業にあたり、私から、今回新宿御苑の
伊藤シェフについて紹介した。


ひとクラス2時間で、早坂佳乃学級と原弥生学級とで実施した。
当日は梶谷先生も調理を参観していただいた。



続きを読む

2019年09月27日

今年は、料理のプロに来て教えてもらおう


都庁舎からおよそ300メートルと近い西新宿小学校(清水仁校長) では、「地域総がかりの教育」を掲 げ、地域に学び、地域に愛着をもち、地域に貢献する児童の育成を、保護者や地域の方々 とともに進めている。

同小学校の5年生は、かつてこの地で広く栽培されていた江戸東京野菜の「内藤カボチャ」と「内藤トウガラシ」を2014年から栽培し、継続して学習している。

昨年は小池百合子東京都知事に、生徒から内藤カボチャと内藤トウガラシをプレゼントしたいという希望から、農林水産部に相談してセッティングをしたが、内藤カボチャの栽培を、模造紙2枚に、研究の経過や成果を書き込み一生懸命に紹介した。

今年の5年生も栽培の経過を記録にとどめはじめている。





1-1.JPG
天候不順で成が悪かったが8月過ぎから順調に成り始めた

上の画像をタップする。
大きな果実も成始めた。
内藤カボチャはネットリ系で、西洋カボチャは甘さが強くてホクホク系。

しかし、内藤カボチャはきめが細かく蒸かしてからミキサーにかけたもので、茶わん蒸しやプリンにするととても美味しい、

と内藤カボチャの味や、食感のことを色々と伝えたが、「話ばかりで食べたことがないから、どんな味なのか分からない」と生徒に云われてしまった。


続きを読む

2019年09月22日

第6回 新宿内藤とうがらしフェアが21日から始まったが、22日には「真っ赤な収穫祭2019」が開催される。


新宿内藤とうがらしフェア実行委員会(成田重行会長)主催の、第6回 新宿内藤とうがらしフェアが( 9月21日〜10月14日)、始まったと、成田会長から資料が届いた。

当会も第1回から協力組織に名を連ねているが、年々活動が拡大していて、すっかり新宿の大イベントになったている。




1-1.JPG

上の画像をタップする

22日(日)11時から「まっかな収穫祭2019」が、
都戸山公園で開催される

2019年09月14日

立川市西砂の石川公一さんの畑で、内藤カボチャの収穫が始まった。


内藤カボチャの栽培をしている立川市西砂の石川公一さんの畑で、カボチャの収穫が始まったと後継者の智一さんから連絡があった。

この畑での、内藤カボチャの受粉作業は、5時にきて受粉作業を行ったことは、当ブログで紹介している。
近くの昭和の森「車屋」で、寺島ナスの特別会席が行われたときには、坂田料理長にお願いして摺り流しのお料理にして食べていただいた。





1-1.JPG

上の画像をタップする




続きを読む

2019年08月31日

西新宿小学校の5年生が栽培している内藤カボチャが実を付け大きくなろうとしていた。


新宿区立西新宿小学校(清水仁校長)の5年生が実施している内藤カボチャの栽培指導に、新学期が始まった同校に行ってきたが、7月10日以来だ。

同校の内藤カボチャもそうだったが、今年の異常気象は、カボチャにとっても生育に影響していて、梅雨が明けたあたりから、しばらく暑さが続いたが、そのあたりから雌花が付くようになり、小振りだが、幾つも実をつけていた。

原教諭からメールをいただいていて
「今年は雌花の付きがよいそうで、梶谷先生に教えていただいた短日処理の効果では、と思っております。ありがとうございます。
カボチャのつるの伸びるのも本当に早いのですね。」





1-1.JPG

清水校長(左)に案内していただいて、実っている内藤カボチャを見ていたら、5年生担任の原弥生教諭(中)と早坂佳乃教諭(右)がお見えになった。

上の画像をタップする

梶谷先生が、先生方への指導のメールには
「13日の午前中に内藤カボチャの様子を見にお伺いしました。
受精がうまくいって肥大を始めた実が見受けられました。
うどん粉病も広がっていませんので、是非、このまま大きく育ってもらいたいと願っています。

ツルの誘引がされずにグラウンド側に垂れ下がっているツルが数本見受けられました。
台風の直撃はないようですが、強風でツルが折れてしまうといけませんので、間隔を広げながらアミに誘引してください。

上の方まで延びているつるに咲いた花の人口受粉は困難ですが、下の方に咲いた花は
人口受粉をすると実が付きやすくなります。
人口受粉の方法がお分かりにならない場合はご連絡ください。」


続きを読む

2019年08月19日

渡戸さんの畑では、江戸東京野菜の内藤カボチャに内藤トウガラシ、それに馬込半白キュウリの採種用も実った


練馬区平和台の渡戸秀行さんから電話をもらった、
内藤カボチャが100キロほどできたので、
販売先を探してほしいというものだった。

今年は、錦糸町テルミナを始め
日光江戸村でも注目してくれているからと、伝えていた。





1-1.JPG

先日、近くまで行ったものだから、寄ってみた。
渡戸さんは内藤プロジェクトのメンバーでもあるので、
内藤トウガラシを栽培していたが、赤く色づいてきていた。

上の画像をタップする。



続きを読む