2021年09月05日

国立のママ下湧水公園脇の佐伯さんの水田を潤している府中用水の取水口を確認した。


家光の時代、江戸の人口が急増する中で、飲料水の不足が
予測される中で、井の頭池や善福寺池などの湧き水を神田上水に、
また、赤坂溜池も上水として供給していた。

四代将軍家綱の時代になって多摩川から取水する計画が立てられ、
庄右衛門、清右衛門の玉川兄弟が請け負った。
しかし、記録では2回の失敗が伝わっている

1回目が、日野(立川付近)への渡しが出るあたりから開削を
始めたようだが、ある程度掘り進めたところで、試しに水を流すと、
その水が地下に吸い込まれてしまう場所にぶつかり
工事を断念するしかなかった。

次に上流の福生に取水口を変更したが、ここでも、
硬い岩盤に当たり、開削を断念せざるを得なかった。

このような失敗があって、さらに上流の羽村の堰から
四谷大木戸まで上水は繋がった。

承応2年(1653)から工事が行われ6ケ月で開通したという。






1-1.JPG

ママ下湧水公園脇の水田には、府中用水を使っていると、
生産者の佐伯寛さんに聞いていたので、
国立市青柳の取水口に行ってみた。

日野橋から下流方面に土手を歩いて800mほど来たところ。

上の画像をタップする
このところの連日の雨で水量は多く、取水口は閉められていて、
上流から流れてくる水は、ごうごうと音を立てて
流れは多摩川本流に戻されていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年09月03日

今年も実っていた、ママ下湧水公園脇の佐伯さんの水田。


国立市谷保にお住いの大先輩、佐伯寛さん(85歳)の水田は今年も稲穂を実らせていた。

前に、佐伯さんが田植えをするというので、見に行ったことがあったが、先月、近くに行ったことから寄ってみたが、穂が出る前の稲が、風に揺れていた。

この水田の隣にママ下湧水公園になっているが、冷たい湧水は稲の生育に影響することから稲田に使うことはなく、水田の脇に府中用水を引いて使っている。





1-1.JPG

ママ下湧水公園の自然と、住宅に囲まれたこの一角は、ほっとする一角だ。

上の画像をタツプする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年09月02日

「東京の名湧水57選」のNo27、昭島市の龍津寺から湧く清水を楽しむ遊歩道が整備されている。


昭島市の龍津寺は、曹洞宗のお寺で、天文年間(1532年〜1555年)に創建され、本堂天井板絵55面と杉戸絵16面は、昭島市指定有形文化財になっている。

寺(玉應山龍津寺)は、多摩川に沿った崖線の上に建っていて、崖から流れ落ちる湧水は「東京の名湧水57選」のNo27に選ばれている。

この湧水は、室町時代から拝島村から9ケ村を潤していたが、明治44年に多摩川からの取水堰が完成すると、用水として当寺の湧水も集めて流れている。






1-1.JPG

上の画像をタップする。
お寺の南側が崖になっていて
石段を下りていく(写真右下)と用水が流れていて、
沢山の緋鯉が泳いでいた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年08月28日

港区白金台に、熊本藩主だった加藤清正を祀る・清正公覚林寺が鎮座されていた。


オリンピツクが終わり、パラリンピックが始まっているが、各選手が大活躍で、メダルラッシュが続いている。

戦いの神様として、亀戸大根の記念碑のある、亀戸香取神社には、選手や選手の応援者などが祈願に来ているが、港区白金台の清正公(せいしょうこう)覚林寺(日蓮宗)は加藤清正を祀る、勝負祈願の寺として、民衆の信仰を集めている。

麻布十番から歩こうと思ったが、熱中症になりそうだったので、都営三田線の白金高輪で下車して歩いた。

高輪警察署清正公前交番で、若いお巡りさんが居たので「せいしょうこうは何処ですか!、」と聞いたら、着任したばかりなのか、先輩に聞いていて、先輩が「横断歩道を渡ったとこです」と教えてくれた。






1-1-5.JPG

子どもの頃は、目黒方面から来たことはあったが、高層ビルなども建っていて様子がすっかり変わっていたのでわからなくなっていた。

上の画像をタップする

清正公は加藤清正を祀るお寺。

加藤清正は、刀鍛冶の子として生まれた。母親が羽柴秀吉の生母大政所と遠縁にあたることから、秀吉の小姓として仕えた。

その後、秀吉に従って武功を上げ、秀吉亡き後は、家康に近づき、関ヶ原の戦いでは東軍に加担して、活躍して、家康に認められ熊本藩主になっている。

熊本には、伝統野菜の "ひご野菜" があって、熊本農政局が主催したフォーラムに招かれたことを思い出した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年08月11日

昭島市に今も残る水田を潤している立川用水は、新たに多摩丘陵幹線のバックアップ機能を有している


昨年、玉川上水の取水口、羽村を紹介したが、承応3年(1654)に玉川上水は完成した。

羽村より下流域に、玉川上水の完成以後、多摩川の水が、上水南部の水田や農地を潤していた。

昭島市拝島町5丁目近辺に「9ケ村用水取水口跡」がある。
9ケ村は、上流から拝島村、田中村、大神村、宮沢村、中神村、築地村、福島村、郷地村(以上現昭島市)、そして柴崎村(現立川市)を流れた。





1-1.JPG

上の画像をタップする。

明治44年(1911)に、取水口として樋菅が構築された。

しかし、東京市の人口増加に伴って、狭山丘陵の谷を生かして昭和2年にダム湖の村山貯水池を完成させ、羽村の取水堰で取り入れた水を導水管で村山貯水池の上湖に入れた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年08月09日

庭の先に広がる水田、屋敷裏の防風林と竹林、敷居をまたいででこぼこの土間の感触に癒される国立市の古民家。


立川崖線の一部、矢川・青柳への雑木林の道が続いている。先日、「ママ下湧水公園」を紹介したが、それより下流域の国立市泉5丁目に、「国立市古民家」がある。

復元民家の旧柳沢家住宅は甲州街道沿いの台地の上、国立市青柳502番地にあった柳沢家の住宅で、江戸時代後期に建てられ、残されていた貴重建物であった。

昭和60年(1985)に、家主の柳沢勇一郎氏が国立市に寄贈したもので、同市では、平成3年に現在地に移築し、復元工事が完成し、国立市指定有形民俗文化財になっている。





1-1-2.JPG

上の画像をタップする

両親の実家は農家であったことから、入母屋造りの茅葺屋根の造りは似ていて、屋敷地に入ると、子どもの頃が思い出され、心安らぐものがあり、癒される。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年08月07日

東京都環境局が生物多様性地域戦略改定の意見募集を行っている。


東京都環境局自然環境部から、関係者としてメールをもらった。

「東京都では生物多様性地域戦略改定に向け、できるだけ
分かりやすい文章で地域戦略(改定版)のたたき台を作成し、
生物多様性の自分事化も目指し、意見募集をすることとしました。

つきましては、これまでお世話になっている関係者の皆様に
お知らせいたします。」というもの。




1-1-2.JPG

上の画像をタップする

各主体が進める取組例は、 こちらをご覧ください。

中でも26ページには、
コラムとして「江戸に集まった各地の野菜」が掲載された。

東京都生物多様性地域戦略改定ゼロドラフト

分割
第1章 生物多様性とは(1〜12ページ)

第2章 東京における生物多様性の現状と課題(13〜42ページ)

第3章 東京の将来像(案)(43〜58ページ)

第4章 将来像の実現に向けた基本戦略(案)(59〜64ページ)

資料編(65〜70ページ)


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年08月04日

ママ下湧水公園脇の、佐伯寛さんの水田は、多摩川から取水した用水をたたえて生育していた。


国立市の四軒在家(しけんざいけ)地区にある「ママ下湧水」の
涼しげな流れは紹介したが、

区画整理が行われ、
ママ下湧水脇には、多摩川から取水した用水が流れている。





1-1.JPG

この水田の西側半分が、国立市谷保にお住いの先輩佐伯寛さんが
栽培するもので、2019年に田植え作業を紹介している。

上の画像をタップする
今年も順調に生育していた。
ママ下湧水は、冷たいことからこの水を使うと生育に影響するので、
多摩川で取水した用水をたたえている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年08月02日

猛暑が続く中、涼しげな湧水の流れる音を伝えたくて、国立市の「上(かみ)のママ下」の湧水公園を訪ねた。



東京に残る湧水の一つ、国分寺崖線から分かれて、立川に向かう崖線の青柳段丘が、多摩川に沿って続いているが、このような段丘を「まま」とか「はけ」と呼び、この辺りの四軒在家(しけんざいけ)地区では「ママ下湧水」と呼んでいるという。

前にも紹介した、国立市の「上(かみ)のママ下」の湧水公園を再び訪ねたが、それは、力強く鳴くミンミンゼミや、小鳥の鳴き声、そして猛暑が続く中、涼しげな湧水の流れる音を伝えたくて訪れたもの。




1-1.JPG

湧水公園の崖地の上は台地になっていて、畑が広がっている。

上の画像をタップする
滝野川ゴボウが栽培されていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年08月01日

富士浅間神社が祀られている 護国寺の音羽の富士に登る。


これまで、浅間神社を祀る富士塚を紹介してきて、
前回は瑞穂町にある富士山(やま)の浅間神社を紹介した。

今回は、池袋から近い護国寺の音羽の富士。
護国寺は真言宗豊山派のお寺に、富士浅間神社が祀られているのは、
護国寺だけと聞いている。








1-1.JPG

仁王門を過ぎて、不老門の石段の下に「音羽富士」の案内版があり、
右に回り込むようになっていた。

上の画像をタップする
冨士道を橋を渡って鳥居をくぐり、富士一合目へ
山頂を望む。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年07月28日

河村さんの話し聞きながら、菜園でとれた野菜を美味しく頂いた。


サギソウの花が咲いたというので、あきる野市高尾の河村卿子さんの
お宅に伺ったことは報告したが、

河村さんは、伝統野菜が好きで、
外国産も含めて固定種の野菜を栽培している。

前回は、留原エンドウの栽培状況を見せていただいたが、
この時期は何を栽培しているのか、
サギソウの写真も撮り終えたので話題は、野菜になった。






1-1-1.JPG

五日市地区の河村さんは、檜原村に近いことから、檜原村の友人から
昨年「むかしキュウリ」としてもらった種を
今年蒔いて、出来たと云って、見せてもらった。

石川敏之さんも、私も
江戸東京野菜の白岩(しらや)ウリではないかと思った。

上の画像をタップする
白岩ウリの場合、まだ若採りで、倍ぐらいの大きさになって収穫する。
河村さんは、切って食べさせてくれた。

種は若かったが、香りはよく味わいは白岩ウリだった。
檜原の鈴木留次郎さんに確認する必要がある。

もう一つ檜原の友人からもらった野菜(右下)は何なのか、
これも鈴木さんに聞いてみようと思っている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年07月26日

木村先生から引き継いだ伝統の世田谷産「サギソウ」の花が咲き始めた。


今年の5月にあきる野市高尾の河村卿子さんの栽培している、大型のエンドウ「留原エンドウ」を見に行ったことは報告したが、

河村さんが、庭の陽だまりにサギ草の鉢を並べていたのを見つけて聞くと、河村さんの実母は、1960年代、鷺草保育会、鷺草愛好会の会長などを歴任し、講習会を開いたり、NHKの趣味の園芸で講師として出演していた木村なほ先生で、「サギソウの観察と栽培」の著書もある。

お母さんが40年、河村さんが引き継いで10年栽培を続けている武蔵野種は、世田谷産のサギソウで、三軒茶屋の友人が、ご自身の所有地の田圃から採ってこられたとの、話が伝わっている伝統のサギソウだという。






1-1.JPG

世田谷原産の、サギソウの特徴を、河村さんに伺うと、「白鷺が羽を広げて飛び上がったように」花弁が水平ではなく、斜め上を向いている。さらにジャスミンのような香りがする。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年07月24日

三鷹市大沢で生き延びていたワサビが、貴重な在来種で、しかも日本の固有種だったことが分かったと、朝日の夕刊が報じていた。


先日、新聞に大沢の箕輪さんのわさびの記事が、朝日新聞夕刊のトップに出ていたが、読んだ!、と田辺一郎さんに聞かれたがなんのことだか、怪訝な顔をしていたら、新聞を持ってきてくれ、新聞を読むまでもなく、記事の内容を話してくれた。

三鷹市大沢の箕輪さんのお宅では、昔から屋敷内の国分寺崖線から湧き出る水を使って、わさび栽培をしてきて、神田市場にも出荷していたとは、私も聞いていたが、まだ栽培していたとは田辺さんも知らなかったようだ。






1-1-1.JPG

上の画像をタップする

国分寺崖線は、国分寺市の日立製作所中央研究所の周辺から湧き出す湧水を集めて野川となり、三鷹市大沢から深大寺境内、さらに都立農業高校神代農場から、二子玉川で多摩川に合流している。


ワサビ田の話を聞いて、東八道路を通っての帰り道、箕輪さんが市に寄贈した古民家に寄ってみた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年07月19日

今年もノウゼンカツラの花が良く咲いている。


7月16日に関東甲信地区の梅雨が明けた。
我が家のノウゼンカツラの花が2輪咲いたのは、
梅雨入りの6月14日だった。

その後、花は毎日のように増えていきましたが、

雨が降ると、ボト、ボトと音を立てるようにして花は落ち、
毎朝、沢山落ちているから、掃除するのが日課になっている。





1-1.JPG

今年1月までは、googlemapにランドマークのように掲載されていた。
しかし、googlemapは今年2月に撮影された冬の景色に更新され、
味気なくなってしまった。

上の画像をタップする

2019年は7月で花は終わったが、9月中旬から再び花が咲き始め
寒くなるまで咲いていた。そんな年もあった。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年06月28日

東京の瑞穂町には江戸の頃、富士山(ふじやま)村があり、富士山入り口のバス停があった。


先日、江戸東京野菜を描いた、葉画家群馬直美さんの作品が展示されるというので、瑞穂町郷土資料館のけやき館に22日の初日に伺ったが、
ここの住所が瑞穂町大字駒形富士山だった。

これまで東京に残る富士講の富士塚をめぐってきて、千駄ヶ谷の富士塚を紹介しているが、この地にも富士塚があるのか、作品展示を見た後、富士の名のつく辺りを歩いてみた

けやき館の帰り、都道166号線に出たあたりに「富士山(ふじやま)入口」
の西武バスの停留所があった。

次の停留所は富士山だったが、山はなく近くにあるのは緑の狭山丘陵で
これが富士山なのか・・・。






1-1--1.JPG

上の画像をタツプする
車で来たので、丘陵の周りに駐車場がないかと探して、
浅間谷津の登り口に車を停めるスペースを見つけて、
そこから上った。

丘陵は都立野山北・六道山公園で、その北西の地、
浅間神社の社が見えてきた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年06月21日

千駄ヶ谷の鳩森八幡宮に東京都指定有形民俗文化財の富士塚に登った。


今年の3月に練馬の中里富士に登ったことは紹介したが、これまでに7か所の富士塚を紹介している。

神宮の森に近い、鳩森八幡宮に東京都指定有形民俗文化財「千駄ヶ谷の富士塚」があることは知っていた。近くまで行ったら寄ってみようと思っていたが、結構近くまで行っていても忘れてしまったりしていた。

今回は、大江戸線の中で気が付いた。
鳩森八幡宮は、明治神宮、新宿御苑、明治神宮外苑の緑に囲まれた一角にある。






1-1.JPG

富士浅間神社がまつられた千駄ヶ谷の富士塚は、鳩森八幡神社の能楽殿の隣にあった。
 
上の画像をタップする

説明板を読むと、寛政元年(1789)の築造と云われていて、大正12年の関東大震災後に修復されているが、築造当時の旧態をとどめているとある。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年04月08日

八王子の山も新緑に覆われてきたが、野生動物たちも動き始めた。


八王子市の伝統野菜「川口エンドウ」と穀物の「宗兵衛裸麦」を
栽培している高野重春さんから、毎月、前月末に送って頂いている
「畦っこ瓦版」の4月号が来ていないので、電話で確認すると、

4月号は、新緑の芽生えや、花が咲く季節なので、
これらの情報を紹介したいので、4月末に発行しているとのこと。

昨年以前を調べてみると、確かに4月末に発行されていた。

ヤマアカガエルの卵塊、
トウキョウサンショウオの卵のう(畦っこ瓦版No132)。

キンランの花、ヤマツツジの花(畦っこ瓦版No144)、
カタクリの花と果実(畦っこ瓦版No156)

フデリンドウ、ジュウニヒトエの白い花(畦っこ瓦版No168)
の写真が紹介されている







1-1.JPG

数年前から、高野さんの管理地に入り込んで、
山野草を持ち去る盗掘者がいるようなので、暗視カメラを設置したら、
八王子の山に生息するイノシシなど野生動物たちが写されたという。

上の画像をタップする

2021.3.20「タヌキ」2021:02:48;34

2021.3.21「ウサギ」2021:02:50:52

2021.3.24「アナグマ(ムジナ)」2021:05:33:23

特にムジナの増加か見られるが、農産物への被害がなければ
よいのだが・・・

posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年04月07日

練馬の井之口さんから、山野草のツル花シノブの花が咲いたと、連絡を頂いた。


練馬の井之口喜實夫さんは、江戸東京野菜の早稲田ミョウガの他、練馬大根、千住ネギ、伝統小松菜、内藤トウガラシ、根ミツバなどを栽培されているが、

趣味としては、野生蘭のセッコクや、鷺草、エビネ、さらには、山野草の栽培なども行っていて、四季折々を楽しまれている。

井之口さんから、電話で「ツル花シノブ」が咲いたという。

先日、福寿草の野生種「青梅草」を紹介したほか、

練馬のカタクリや、清瀬のカタクリに二輪草などを紹介していることから、山野草が好きだと思って電話をくれたとか、嬉しいですね!!

「ツル花シノブ」の花の写真をlineで送ってくれたのは後継者の勇喜夫さん。




1-1.JPG

薄紫の芝桜
大きくしたような花をつけた、「ツル花シノブ」。

見た目には、草丈は10p程で、一本いっぼんの花に見えるが、
ツルが地を這って伸びる。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年04月06日

徳川家の御三卿のひとつ、一橋徳川家の屋敷跡に超高層ビルが建築された。


先日、「日本橋 ゆかり」まで行った帰りに、学士会館に行く用事があって、東西線の竹橋で下車したが、2016年から解体工事をしていた丸紅本社ビルは、新たに超高層ビルになっていて、2021年5月24日に業務を開始する予定とか、

かつて、ここには中央気象台があって、子どもの頃(1955年)、義兄が中央気象台の予報官だったから、目黒から須田町行きの都電で何度も来たことがあった。和達清夫台長の頃だ。

中央気象台の場所には、現在丸紅本社とKKRホテル東京が建っているが、そこには時計台と鉄塔が2本建っていた。
当時は知らなかったが、屋敷地は現在の気象庁・大手町合同庁舎付近まで広かったようだ。





1-1.JPG

2017年までは、「一橋徳川家屋敷跡」は、緑あふれるコーナーだったが、さっぱりしたものになってしまった。

上の画像をタップする

一橋徳川家は、寛保元年、八代将軍吉宗の第四子宗尹(むねただ)が、江戸城一橋御門内に屋敷を与えられたことに始まる。

一橋家、田安家と清水家は御三郷と呼ばれ、将軍家に世継ぎがなく、御三家(尾張徳川家、紀伊徳川家、水戸徳川家)にも将軍となりうる該当者がいない場合に将軍を送り込める家柄。

現在の橋は、1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で被災したために。1925年(大正14年)11月に新たに架けられたもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年03月30日

清瀬市の中里緑地保全地区に咲いていたカタクリの花


清瀬の並木猛さんが栽培しているセルリーを見せていただいた後、
渡邉和嘉さんが清瀬駅に送ってくれると、駅方面に向かったが、
途中でここまで来たなら、カタクリを見に行こうと、
小金井街道を東所沢方面にハンドルを切った。

練馬の「清水山の森」にあるカタクリの群生地に案内してくれたのも
渡邉さんだったが、昔来たことがあるといっていたが、
宅地化されてしまっているかもしれないとか云っていた。







1-1-1.JPG

確かこちらの方向と、思い出しながらの運転だったが、
柳瀬川通りを左に曲がり、天台宗・東光院の先、
住宅街が切れたところの右側の雑木林に、カタクリの花が見えた。

上の画像をタップする
この地域は中里緑地保全地域で、Google Mapsでは高木化している
雑木林の萌芽更新を今年2月に行っている。

かつて雑木林の落葉樹は、薪として使われ、
落ち葉は堆肥として活用されていたが、
燃料はガスや電気に変わったことから、樹木は高木化が進んだ。

これにより、倒木なども発生することから平成24年(2012)から
伐採作業が行われている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境