2019年06月16日

玉川上水沿いの農地で栽培されている江戸東京野菜。


玉川上水は、多摩川の水を飲料水として江戸市中に供給する目的で開削されたものだが、途中水の乏しい多摩地域においては、分水して農耕に必要な水として活用された。

3月にウイークデーハイキングで、五日市街道ぞいの喜平橋で玉川上水の様子を紹介しているが、改めて、水道局小平監視所のあたりから玉川上水を歩いてみた。





1-1.JPG

西武拝島線玉川上水駅は昭和25年(1950)に始発駅として開業した。

上の画像をタツプする

玉川上水駅から150メートルほどのところに、東京都水道局の小平監視所がある。
ここで、羽村から引いてきた上水は、東村山浄水場と一部は小平市の小川用水などに分水する。

ここ小平監視所には、下水道局の多摩川上流水再生センター(昭島市宮沢)の処理水を引いてきていて、玉川上水下流と野火止用水に流しているため、玉川上水の流量は格段に減少している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年06月14日

国立市矢川の羽衣公園の他にもあった、中央高速に近い「上(かみ)のママ下」湧水に出かけた。


今年の4月に国立市矢川で東京都環境局が管理している、羽衣公園の湧水を紹介したが、近くに大先輩の佐伯寛さんがお住まいだったのを思い出した。

佐伯さんとは、毎年お正月の明治神宮奉献会の新年互例会でお会いしているので、さっそく電話をすると、自宅からは少し離れているが「上(かみ)のママ下」湧水の隣に水田があると云うので、田植えの時に伺うと約束をしていた。




1-1.JPG

久しぶりの雨が降っての梅雨入りだったので、音を立てて清水が湧いていた。

上の画像をタップする
「上(かみ)のママ下」の説明を読むと

「このあたりは、多摩川の流れによってつくられた階段のような形をした崖で、青柳段丘ち呼ばれる中にあります。このようなところをこのあたりでは「まま」とか「はけ」と呼び、そこから湧き出る地下水をここ四軒在家では「ママ下湧水」と言っています。

昭和の初めまでは、この豊かな清水を利用して山葵が作られていました。
このママ下湧水の湧き出る場所が「上(かみ)のママ下」と呼ばれ、関係者の協力により、この一帯を公園・緑地として残すことができました。

この美しい自然環境が将来にわたり多くの市民の憩いの場として利用されることを願っています。国立市四軒在家土地区画整理組合」
とあった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年05月03日

ウイークデーハイキングに参加して、神田川沿いからダイヤゲート池袋へ。


西武鉄道が実施しているウイークデーハイキング、
前回は、玉川上水に沿って歩いたことを報告した、

今回は優先して掲載する記事が多かったので遅くなってしまった。

今回のコースは、神田川の上流では、鳴子ウリの柏木だったり、
下流の方では早稲田ミョウガの捜索活動を行った地域だったり、
最後は雑司ヶ谷ナスの説明板を建立した大鳥神社に立ち寄り
7キロの行程を家内と歩いた。




0-11stat (1).JPG

西武新宿線の下落合で下車、ここからは下落合図書館に伺っているし、
区立落合第四小学校と、区立戸塚第三小学校からは招かれた。

上の画像をタップする
下車したウオーキングスタイルの皆さんの後について行くと、
スタート地点のせせらぎの里公苑に着いた。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年04月18日

国立市に残る緑地保全地域は、住宅に囲まれてしまったが、今もわずかに湧水が流れていた。


先日、玉川上水から分水した柴崎用水が甲州街道をくぐって多摩川に流れ込んいたのを確認したが

湧水を使って収穫した野菜を洗っていると云う農家が、国立にあると聞いていたので、足を延ばした。

昔から国立の谷保天満宮手前で、甲州街道をくぐるようにして用水が流れているのは知っていたが、改めて辺りを歩いてみると、南武線の南側にこんもりとした雑木林が、東京都環境局が管理している羽衣公園だった。






1-1-1.JPG

土方農園の土方忠夫さんがいらして、洗い場を見せていただいた。

上の画像をタップする、

甲州街道を潜り抜けて多摩川に流れ込んでいる用水があるのは、甲州街道を走るたびに気になっていたが、改めて水源からは清水が湧き出していた。

この時期は草が生えているが水田も残されて、ほっとする広がりが住宅街の中にあるとは思えない景観だ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年04月08日

玉川上水から分水した用水は、小川となって立川を潤していた。


最近、これまであった農地に住宅やマンションが建っているのが気になって、相続が発生したのかと寂しくなる。
昔の用水などが、都市緑地、水と緑、として生かされているのを見るとほっとした癒しを感じることもある。

立川市の生産者を訪ねる時によく通る道路の脇を流れる小川(昭島市武蔵野)は、川底が浅く小石が良く見えて、流れが速く、

「♫ 春の小川は さらさら行くよ ♬」 癒される。


昔懐かしい田畑の脇を流れている小川を思い出させるが、周辺には梨園がある。






1-1.JPG

川面がキラキラ光って・・・

上の画像をタップする

玉川上水に架かる松中橋で分水している用水だということは知っていたが、なんという用水だかは知らなかった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年04月06日

豊島園に来てみて、思いついて三宝寺へと、桜を花を撮りに行ってみた。


自宅近くの桜の花が8分咲きの様子。丁度、ウォーキング&ハイキングで “としまえんの桜を求めて、ぶらり散策!” と云う企画があったので、桜の花を撮ろうと出かけてみた。

肌寒いが天候は良かった。豊島園に来たのは何年振りだろうか、昔豊島園で、練馬区の農業祭が行われていた時に来たことがあったから、50年振りかもしれない。





1-1-1-9.JPG

遊具なども大幅に変わっていたが、苑内では、「桜まつり」が行われていた。

上の画像をタツプする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年04月04日

今も変わらぬ井口家の屋敷林と周辺の農地。


練馬区立野町の井口良男さんのお宅にウド栽培のことで写真を撮ろうと
何度かお邪魔していて、屋敷の周りを歩いてみた。

春の井口さんの屋敷林は、2010年に当ブログでも紹介しているが、
井口さんのお宅は専業農家、北側の畑からの佇まいは、変わらぬ景色を今に伝えている。





1-1.JPG

この畑には5月になったら東京ウドを定植する予定だと云う。

上の画像をタップする
屋敷林から東に広がる農地では、井口さんが野焼きをしている。

井口さんの屋敷林の西側から千川上水が流れて来て、
屋敷に沿って北側を流れて練馬方面に流れていく。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年03月31日

目黒川を遡って、江戸東京の歴史を学ぶ、


靖国神社の標本木を見に行ったが、まだ蕾は固かった。
その後いつ5輪以上咲くかが、ニュースとしてテレビの話題になっていたが、このところ目黒の桜が話題になっている。
目黒の桜は、目黒川に掛かる桜を、水上からと両岸からみる桜で、そんな目黒川を歩いてみた。






1-1.JPG

目黒川の河口は品川で、品川では、毎年品川神社で品川カブの品評会が行われていることは、紹介している。

近くには、三代将軍徳川家光に可愛がられた、沢庵禅寺の東海寺があり、練馬大根は、米糠を使った糠漬にぴったりで、干し大根として普及した。

上の画層をタップする

東海寺は品川歴史館の資料、万治三年(1660)の境内図によると広大で、品川神社も神仏混合で境内に入っていた。
現在は、間近に超高層が建ち、目黒川の畔と大山地区に沢庵和尚などが眠る墓地があるようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年03月30日

ウイークデーハイキングに参加して、石神井川の上流端を確認した。


西武鉄道が実施しているウイークデーハイキング、
前回は桜の開花宣言の靖国神社に行ったことは当ブログで報告した。

今回は、2月に参加した東伏見から花小金井駅ゴールと同じように、
小平駅をスタートして花小金井駅がゴールと云うコース。
今回も8キロで、歩行時間は2時間と云うコース。






0-1.JPG

上の画像をタップすると拡大
小平で下車すると、ウイークデーハイキングに参加される方だと、
一見わかるグループが大勢降りた。

スタートはアジサイ公園とあるが、
何所だか知らないが、行列についていくことで、
スタート地点に着いた。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年03月18日

桜の標本木、靖国神社の染井吉野で、開花を予想しに・・・


西武鉄道のウオーキングに家内と一緒に参加していることは、当ブログで紹介した。

先日は、東京の桜開花宣言がいつになるか、テレビでも靖国神社の「標本木」の桜が紹介されていたが、14日「標本木を探しに靖国神社へ!」の企画があったので2人で出かけた。
この企画は、自由参加で参加費無料、経費は西武線の電車賃だけと云うものだが、今回は高田馬場から九段下への東西線代が加わる程度。




0-1.JPG

高田馬場のビックボックス前に受付があり、地図をもらって(10:30)東京メトロ東西線九段下(10:45)で下車した。

上の画像をタップする

桜の標本木は、昨年、桜の花の散り際に来たことがあったから、地図を見なくても様子はわかっていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年03月14日

西武鉄道のウイークデーハイキング、春色の黒目川から落合川散策!!


西武鉄道が実施しているウイークデーのウォーキング&ハイキング。
前回は、西武新宿線の東伏見から花小金井だったが、今回は、西武池袋線の清瀬駅と東久留米駅間のコース。
運動しないと体がなまるからと今回も家内と一緒に参加した。

この企画、指定された時間内にスタート地点で参加を申請して、自由にスタートし、ゴールでは、ポイントカードにポイントを加算すると云うもの。

3月6日は、西武池袋線清瀬駅近くのスタート地点で、いただいた地図に従って歩き始めた。




0-1.JPG

上の画像をタップする

このコース、西武池袋線の、清瀬駅からひと駅、東久留米駅までのコースで、小平霊園のさいかち窪辺りが水源の一つの黒目川と、東久留米市八幡町を上流端とする落合川の流域の自然が楽しめるので、1時間45分の行程であった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年03月05日

石神井川の上流端を探して歩く。


2月27日のウイークデーハイキングで、山口・村山貯水池から境浄水場に送水する緑道の、馬の背と云わるところで、見つけた石神井川の看板、流れは都立小金井公園と小金井カントリー倶楽部の方向から来ていた。

東京の各地で湧き出した流れが、都市化の進行の中でどのようになっているのか、気になって後日行ってみた。





1-1.JPG

花小金井から、緑道を境方面に向かって歩いた。
馬の背の手前で、南に折れた。

上の画像をタップする
下から見上げると小山のような馬の背、

コンクリートで作られた用水はあるが流れはない。
用水に沿って住宅街を歩くと行き止まりだった。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2019年03月01日

西武鉄道のウイークデーハイキングは、西武新宿線東伏見駅から花小金井駅まで8キロのコース。


西武鉄道のウイークデーハイキングの小冊子を家内が駅からもらって来ていた。
小冊子には、西武線の駅をスタートして別の駅がゴール。1時間半ぐらいの時間で散策すると云うもの。

西武新宿線の東伏見駅から花小金井駅までのコースは、8キロで歩行時間は約2時間と云うコース。
午前中の2時間なら行ってみようかと、2人で家を出た。





0-1.JPG

上の画像をタップすると拡大

東伏見駅で下車して、参加のためのポイントカードを作ってもらって、地図をもらって9時半にスタートした。
スタートの受付は9時15分から10時45分まで、ゴールの花小金井駅には14時30分まで受け付けを設置しているから、時間はたっぷりある。

参加者は銘々のペースで歩くと云うもの。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2018年12月26日

品川神社で開催される品川蕪品評会に先立って、品川富士と呼ばれる富士塚に登った。


品川蕪の品評会に出席しようと、品川神社に向かった。

京浜急行で品川駅から二つ目の新馬場駅で下車する。
第一京浜国道を渡ったところが、頼朝や家康とも縁のある品川神社。

品川神社で、毎年12月23日に品川蕪品評会が行われていることから、

その日の打ち合わせで、少し早めに品川神社に着いた。






1-1.JPG
.
北品川三丁目の信号待ちで、品川富士の全景を撮った。

上の画像をタップする。
アップで頂上も撮ったが、すでに人が登っていた。

第一京浜国道の基部から15mの標高を誇っていて、
これまで登った富士塚の中では一番高い。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2018年08月17日

近くまで行ったので名主の滝公園まで足を延ばした。


練馬大根の事を調べていたが、どうしても古い資料で確認したいことがあったから、練馬区立図書館の蔵書を調べてもらうと、同館にはないが北区と荒川区の図書館と、都立中央図書館にあるという。

そこまで調べることが出来るんだー・・・・・。
「取り寄せますか! 」と親切な対応に、早く調べたいので明日北区立中央図書館に行ってきますと、お礼を言って電話を切った。

事前に、google mapで図書館の場所を調べて印刷した、
JR十条駅で下車して、自衛隊の十条駐屯地に沿って10分、そこに図書館はある。

地図を見ると図書館の近くには、名主の滝公園があり、調べが終わったら寄ってみようと思っていた。





1-1.JPG

上の画像をタップする

古い資料とは、昭和4年に北豊島郡農会の北豊島郡園芸研究会が発行した「北豊島郡の園芸」で、練馬大根を始め滝野川ゴボウや滝野川ニンジンなどの栽培法などが掲載されているものだ。

農会は戦前の農業団体。戦後は農民による民主的な協同組合が出来た。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2018年08月05日

環境省の「福島再生・未来志向プロジェクト」のイベントで、新宿ゆかりの江戸東京野菜「鳴子ウリ」が紹介された。


先日、そろそろ完熟期を迎える鳴子ウリが気になって、栽培をお願いしている練馬区大泉の酒井利博さんの畑に伺ったことは紹介した。

台風が過ぎた後に伺うと云っていたが、1週間たってしまうので、金曜日になって新宿御苑レストランゆりのきの伊藤秀雄総料理長に、新宿の伝統野菜「鳴子ウリ」が完熟したので、お持ちしたいが、御苑のお土産や、レストランの料理として使えないかと電話でお願いしてみた。

伊藤シェフは、「グッドタイミング!! 、明日 環境省の『福島再生・未来志向プロジェクト』チームのイベントがあるから、皆さんに見せましょう」と云う。




1-1-5.JPG

森本秀香環境省事務次官にお会いした。


伊藤総料理長は準備で忙しい中、鳴子ウリを待っていてくれた。
丁度、森本事務次官がお見えになって、福島の関係者と挨拶をされていたが、そんな中で伊藤シェフが紹介してくれた。

内藤トウガラシ、内藤カボチャは、環境省が管理している新宿御苑で生まれたことはご存じだったが、新宿にはそれ以外にも伝統の江戸東京野菜としては、「早稲田ミョウガ」に「鳴子ウリ」があることを説明したが、イケメンの次官は、話しをよく聞いてくた。

鳴子ウリについては、匂いまで嗅いでくれて、「良い匂い!・・・メロンですネ!」。

上の画像をタップする

お世話になっている本荘暁子さんが会場で出迎えてくれて、皆さんにわかるように「新宿ゆかりの江戸東京野菜 鳴子ウリ」と書いていただいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2018年07月06日

庭のノウゼンカズラが咲き競っている。


庭のノウゼンカズラが咲き始めてから10日になるが、連日暑さが続いているから、咲き切ってボソ、ボソと音を立てて落ちる。

朝方、ヒヨドリが二羽、花の蜜を吸っていたのだろう、飛び立った。

この花、蔓性だから、白木蓮の木に絡まっていて、春には一緒に絡まっている藤の花が咲く。



1-1 - コピー.JPG

天気はいいが、風が強い日が続いていたから、
花は遠くまで飛ばされていた。木の下のアスファルトには、
蜜なのか水分が落ちたような跡がある。

この花、雨に弱くて、蕾のうちに落ちてしまう。

上の画像をタップする
家に居る時は、朝昼晩と箒で掃いている。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2018年03月17日

東京都市大学の小堀洋美特別教授から学ぶ、スマホの生き物情報でつながる市民科学プロジェクト


世田谷区三軒茶屋のキュロットタワー4階にある生活工房ギャラリー「みつける365日展」を会場に、先日松井つるみゲリライベントが開催され。

松井さんは江戸東京野菜コンシェルジュとして江戸東京野菜の普及に尽力していて、「アカデミックな話を市民に分かりやすく小堀洋美教授と大竹代表がトークする」と、紹介していたが、「みつける」会場で何か見つけて欲しいと云うのが、松井さんの狙いだ。

松井さんには2月にも「高円寺演芸まつり」で、江戸東京野菜を伝える機会を作っていただいた。





1-1-1.JPG

会場には、東京都立大島高等学校の農場長で農林科主任の金子雄教諭(写真)がお見えになった。
金子先生は、江戸東京野菜として島の野菜が加わったことから、江戸東京野菜の現状について知りたいとメールいただいたので、今回の企画をご案内したもの。

上の画像をタップする

開会に当たって、松井さんからゲリライベントについて挨拶があった。
東京都市大学の小堀洋美特別教授が研究されている外来植物は二子玉川の兵庫島に生えている。
二子玉川の旧土手にはハマダイコンがあり、両者の研究を引き合わせたかったと云っておられた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2017年07月19日

中央区立環境情報センター主催の「平成29年度 総合環境講座」で白鶴銀座天空農園を視察。


5月に、中央区立環境情報センターの中谷幸廣さんが訪ねてきたことは、当ブログで紹介した。

かつて「平成27年度総合環境講座」で、やはり中谷さんに依頼されて、江戸東京野菜のお話をしたことがあったが、再度ご依頼があったもの。

前回は、神田神保町にある(株)小学館集英社プロダクションの「屋上菜園見学」にも行っている。

昨年は、中谷さんの紹介で、中央区区民部文化・生涯学習課から平成28年度中央区民カレッジシニアコース総合学習にも伺っている。

今回は、中央区東銀座の白鶴銀座天空農園の小田朝水農園長とのコラボが実現した。





1-1.JPG
屋上にあるシマトネリコの木陰から撮影。

白鶴銀座天空農園とのご縁は、小学校の同級生で白鶴酒造に勤めていた太田徹さんに小田農園長を紹介されたことに始まる。

「平成27年度総合環境講座」で、皆さんに白鶴銀座天空農園を紹介しようと、小田農場長をお誘いしていたが急用が出来てこられなかったが、次回にはと中谷さんは忘れていなかった。

上の画像をタツプする
白鶴酒造東京支社の屋上農園からは、眼下に新装なった歌舞伎座が・・・・



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2017年04月02日

多摩川の下流域、六郷の土手にも、ハマダイコンの花が咲いていた。


先日、二子玉川の多摩川土手(堤) にハマダイコンの花が満開だったことは報告した。

山形大学の江頭宏昌教授に山形の事例を伺ったが鶴岡市の内陸に生えていて「野良大根」と呼ばれているそうだが、調べみるとそのあたりは、縄文時代には海だったという。

それほど昔に、海流に乗って種が運ばれてきていた。

多摩川の二子玉川にあると云うことは、それより下流域も調べおこうと、都心に行ったときに品川から京浜急行で六郷土手に向かった。






1-1-8.PNG

第一京浜国道の六郷橋は、お正月の東京箱根間往復大学駅伝競走で、鶴見に向かっての1区であり、大手町のゴールに向かっての10区として海からの風が気になる橋だ。

慶長5年(1600)に家康が六郷大橋を架けたと云われているが、洪水で流されてからは、明治に至るまでの200年の間、八幡塚村(現大田区東六郷) と川崎宿(現川崎区本町) の間を渡し船に頼っていた時代が続いたと記録にある。

上の画像をタップする
六郷土手駅の京浜急行電鉄の六郷鉄橋を挟んで、下流側に、第一京浜国道があり、上流側には二本の東海道本線の鉄橋がかかっている。

東海道本線は明治3年(1871)に、木造橋が架かり、明治9年(1877)  に鉄製に架け替えている。
京浜急行の前身大師電気鉄道は明治32年に木造橋を架け、明治44年に鉄橋が開通している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境