2018年04月20日

江戸東京野菜コンシェルジュ協会の担当役員が生産者のお宅に挨拶回り


今年は、昨年以上のイベントが各地で企画されているが、これまで江戸東京野菜コンシェルジュ協会に相談があったものは、責任をもって生産者や流通業者などを選んで対応をしているが、

今年度は松嶋あおい理事が担当となったことから、まだ畑にも行ったことのない生産者を紹介してほしいと云うので、

江戸東京野菜コンシェルジュで青果商「果菜里屋」の高橋芳江さんと一緒に、生産者を回った。

すでに決まっている大きなイベントとしては、駅ビルなどでの江戸東京野菜フェア―があり、
東京都が毎年実施している「東京味わいフェスタ」などが予定している。




1-1--1.JPG

松嶋理事は江戸東京野菜の生産者をほとんど知っているが、畑に行ったことがないと云うので、まず小平の岸野昌さんの畑に伺った。

内藤とうがらしプロジェクトの生産者チームのひとりでもあることから、依頼されて鉢植えを500鉢ほど作っていた。

上の画像をタップする

岸野さんはメインに滝野川ゴボウを作っているの畑を見せてもらったがすでに双葉が顔を出していた。

マルチが敷かれていたが、マルチが春の強風であおられないように、土を入れたビニール袋が重しに置かれていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2017年08月20日

小平市の岸野さんの畑には、今年も滝野川ゴボウが播種されていて、収穫を待っていた。


滝野川ゴボウを栽培している小平市の岸野昌さんの畑に寄った。

今月初めに、三國清三シェフが江戸東京野菜のプロモーションビディオを撮ると云うので、この時期の江戸東京野菜を集めたが、その一つを岸野さんに頼んで、滝野川ゴボウを試し掘りして送ってもらった。

今年も、日本農林社のタネ、滝野川ゴボウを取り寄せていて、早生と晩生を半々ずつ、蒔いていた。
まだ少し早いと云っていたが、早生ゴボウは十分な太さだったので、ビィディオ撮影には十分だった。





1-1.JPG

これまでの支払いの清算もあったので、伺ったものだが、愛用車ゴボウを抜くための大型トレンチャーの整備をしているところだった。

上の画像をタップする
今年も、例年通りの面積なので、10月のイベントに、出荷してもらうようにお願いしておいた。




posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2016年10月23日

滝野川ゴボウが収穫期に向けて、徐々に太りつつある。


小平市の岸野昌さんが、江戸東京野菜に取り組むきっかけになった一つに、品川カブがある。
そもそもは、同じ小平で江戸東京野菜の栽培を始めた宮寺光政さんに種をもらって取り組み始めたものだが、岸野さんも多様な取り組みを始めた。

2011年から品川カブの栽培にともない、品川区立浜川小学校の食育授業などを手掛けていた。

また、2011年に、宮寺さんが初めて採種した青茎三河島菜の栽培もはじめ、江戸東京野菜にのめり込んでいった。





1-1.PNG

2014年には、内藤カボチャの種を分けて差し上げたので栽培が始まったが、立体栽培を始めた。

上の画像をクリックする
内藤カボチャの特徴が表れたカボチャがたくさんぶら下がっていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2015年11月09日

岸野農園の圃場に伺った。

収穫の秋を迎えて、各地のイベントで、江戸東京野菜が使われるようになった。
有難いことだ。
最近、滝野川ごぼうが人気で小平の岸野農園にイベント用の頼みに行った。

1-1.JPG

滝野川ゴボウは、3分の2が掘り起こされていたが、珍しいから葉付きで抜いてもらった。

上の画像をクリックする
固定種だから揃いがわるいが、中太のが掘れていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2015年05月29日

小平の岸野農園では滝野川ゴボウを主体に江戸東京野菜が順調に生育していた。


小平市の岸野昌さんの畑に伺った。
3月下旬に伺った時は定植前の作業を忙しくしていたが、そのことは当ブログで紹介した。
今回は、頼んでいたこともあったので出かけたわけだ。





0-1.JPG

数年研究していた滝野川ゴボウの栽培は、昨年あたりから良いものができるようになって、その取り組みは、小学館の「BE・PAL」1月号でも紹介されている。

上の画像をクリックする
早蒔きと、遅蒔きに分けて栽培していて、どちらも順調な生育を見せていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2015年03月20日

滝野川ゴボウの播種作業の準備に忙しい、小平の岸野農園に伺った。


滝野川ゴボウ栽培で、昨年市場から高い評価を得た、小平市仲町の岸野昌さんの畑に寄ってみた。
今、滝野川ゴボウのマルチに、穴をあけている最中だという。
深耕トレンチャーで、1mほど掘りかえしてあり、今年も期待されている。



1-1.JPG

上の画像をクリツクする

7アールほどの畑にマルチが張ってあった。

穴は30センチ間隔のものだが、10センチ間隔に1粒づつ播種するとかで、バーナーに手づくりのアタッチメントを付けて、穴をあけていく。

中腰で腰が痛くなるような作業だ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2014年11月05日

江戸東京野菜の収穫現場を撮影したいと、雑誌社の編集部からメールが届いた。

先々週、ある雑誌社の編集部から、江戸東京野菜の収穫現場を取材したいとメールがあった。
夏の頃に、江戸東京野菜の生産から消費に至る現状について、お話したことがあったので、ようやく掲載スペースがとれたようだ。

この時期、江戸東京野菜を収穫している農家で思いついたのが、小平市の岸野昌さんで滝野川ゴボウを収穫していると聞いていたので、電話をすると、東京都農業祭に出展するのを掘るから来てくださいと了解を戴いた。

西武新宿線の小平駅で待ち合わせをしたが、岸野農園は小平駅から南へ旧青梅街道沿いに在り、徒歩で10分ほどだ。
カメラマンと、ライター、そして編集部でも東京の農家を見ておきたいと3人でやって来た。




1-1.jpg

岸野さんは、滝野川ゴボウに魅されて3年前から栽培に取り組んでいるが、昨年、ごぼうを掘るために大型のトレンチャーを購入してから、トレンチャーによって楽に深く掘れるようになってから、良質の滝野川ゴボウを生産できるようになっていた。

トレンチャーでゴボウの脇を掘り起し、次に鉄の棒をゴボウの脇に突き刺すことで周りの土を崩してゴボウを抜き取ると云う、その一部始終をカメラに納めていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2014年08月01日

滝野川ゴボウの本格栽培に取り組む岸野さんが試し掘りで手応え。


小平市の岸野昌さんが、滝野川ゴボウの栽培を行っていることは、6月に当ブログで紹介した。

その後、岸野さんの畑を訪問したが、お出掛け中で、滝野川ゴボウと菊座カボチャの生育状況を写真にとってきた。



1-1.JPG

上の写真をクリックする
写真左が早生種で、右の写真が晩生種。

その後、岸野さんから、メールが届いた。
岸野さんの畑では、長期間収穫しようと、早生種と晩生種を栽培していたが、先日、試し掘りを行ったという。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2014年06月14日

小平市の岸野農園の滝野川ゴボウの生育は順調だ。


本日14日(土)は、北区立稲付中学校のサタデースクールて北区の伝統野菜・滝野川ゴボウなどにつて話してくる。
佐藤綾子栄養教諭からは昨年同様、地域の野菜の物語を話して欲しいと依頼されている。

そこで、今小平市で滝野川ごぼう等を栽培している、岸野昌さんの畑も紹介するつもりだ。



1-1.jpg

岸野さんは、今年、滝野川ゴボウ栽培のために、深耕トレンチゃーを購入したというので見せていただいたが、その後、栽培はどうなったか気になっていた。

上の写真をクリックする
滝野川ごぼうは早生と晩生に分けて栽培しているようで、大きい葉の早生が10月収穫で、小さい葉の晩生が11月収穫だそうだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2014年01月07日

小平の岸野さんが、滝野川ゴボウの生産に本格参入すると云う。心強い限りだ。


江戸東京野菜で最中のお吸い物ができたことは、当ブログで紹介したが、その岸野昌さんのお宅に新年早々に伺ったが

江戸東京野菜の話になると止まらない。

今年は、滝野川ゴボウを本格的に栽培しますという。
滝野川ゴボウの栽培の様子は、一昨年に農家見学で見せてもらったことがあったが、深耕が十分でなかったようで、二股になったり、掘る段階で折ってしまったりと苦労していた。



1-1008.jpg

滝野川ゴボウは、1m以上深耕した畑が必要で、広い畑を1人耕作しているので、機械を買ったと、見せてくれた。

上の写真をクリックする
ゴボウ堀機、KAWABEのパブリックトレンチャー NF-827 U型と云うもの。
フル装備の新品!、岸野さんの滝野川ゴボウへの思いが伝わってきた。

日本人はゴボウが好きで、需要も多いので、滝野川ゴボウの生産に参入戴くのは心強い限りだ。
「最中のお吸い物」にも良いと思うが、楽しみだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2012年01月08日

1月のNPO法人ミュゼダグリの農家見学会は、小平の岸野農園を訪ねた。

都政新聞の取材と合わせて実施している、ミュゼダグリの農家見学会は小平の岸野農園に伺った。

岸野農園園主の岸野昌さんは、9月24日に当ブログで紹介しているが、同じ小平の宮寺光政さんから依頼されてから江戸東京野菜の栽培を始めた。
これまで滝野川ゴボウ、青茎三河島菜、品川カブを栽培するなど、伝統野菜の栽培に意欲的な1人だ。




1-1004.jpg

農家見学会に先立ち、都政新聞では、滝野川ゴボウを取材したいと云うので、岸野さんに依頼して了解を得ていた。

集合場所は、小平駅南口ロータリーで待ち合わせ、車2台に分乗して岸野さんの畑に向かった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2011年09月24日

小平の岸野昌さんは今年も江戸東京野菜に取り組み、小学校の食育授業にも熱心に協力している。


小平では、宮寺光政さんをはじめ、何人かが江戸東京野菜の栽培に取り組んでいるが、今回は、小平市仲町の岸野昌さんを紹介する。

8月に武蔵野うどんの指田屋を紹介したが、岸野さんのお宅は、グーグルのストリートビューで同店から西に少し行った天神町交差点角(西北) のお宅て、交差点を北に行くと冬の畑までよく映っている。



1-1008.jpg


JA東京むさし小平経済センターの直売所へ出荷している仲間として、宮寺さんから江戸東京野菜の栽培について協力依頼があったことから、伝統野菜の栽培が始まった。

今年から滝野川ゴボウの栽培も始まった。
滝野川ゴボウが欲しいという、築地からの依頼で栽培しているが、結構難しいと語っていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2011年09月10日

伝説の育種家・渡邉正好翁が、園芸高校の学生たちにノウハウを伝授。9日東京新聞も報道。


当ブログでも紹介したが、都立園芸高校では、1,2年生の有志が「江戸東京野菜プロジェクト」を結成、江戸東京野菜の栽培から、採種にも取り組み、自前のブログや、同校のHPで活動の様子を公開している。

8日、若いメンバーたちに、矍鑠とした渡邉正好翁(97才)は、育種のノウハウを伝授するため、同校を訪れ、同翁がつくりだした「渡辺早生ごぼう」の固定化までの苦心の一端を伝授した。


1-1007.jpg

これまで、当江戸東京・伝統野菜研究会では、江戸東京野菜の復活や普及推進を進める上で、常に次世代にいかに伝えるかを意識し、小・中学校の食育等を通して、また、同校など都内農業系高校の理解を深めるなどにも取り組んできた。

同校の「江戸東京野菜プロジェクト」では、取り組む全ての伝統野菜で採種まで行っていることから、取組は次世代につながりつつあるとの手ごたえを感じている。

そこで、伝説の育種家・渡邉正好翁がご健在であることから、育種における経験の一端を、若い学生たちに伝授してもらうことは、タネばかりが技術までも伝わるわけで意義深いことから、翁のご家族にお願いして、無理を聞いていただいた。

このことは、9日、東京新聞(山手版)に、多摩版では10日に掲載された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン