2019年01月19日

すみだ北斎美術館の企画展「大江戸グルメと北斎」が20日までと云うので行ってきた。


江戸東京野菜コンシェルジュの皆さん、何人もから、「すみだ北斎美術館に行ってきた!」と報告してくれる方もいて、中には、江原絢子先生(東京家政学院大学名誉教授)の講演「江戸の食文化とその魅力」を聞いてきたという方も。

12月1日から1月20日まで行われている企画展「大江戸グルメと北斎」、中々行くことができなかったが、先日1月16日に江東区総合区民センターで、江戸東京野菜の話をする機会に恵まれたことから、帰り大江戸線の両国駅下車ですみだ北斎美術館に行ってきた。





1-1.JPG

上の画像をタップする

館内は、撮影禁止だから紹介は同館のホームページから紹介する。

常設展には、富嶽三十六景「凱風快晴」の一名「赤富士」や、「神奈川沖浪裏」が詳細な解説や解像力で、展示されている他、北斎漫画も多数展示されていた。

作品は、墨田区が蒐集したもの以外、北斎作品コレクターでもあったピーター・モース氏のコレクションと、浮世絵研究の第一人者である楢ア宗重氏のコレクションが多数展示されていた。

北斎が、こたつに入りながら絵を書く姿が再現されていて、北斎の生活ぶりが窺える。

企画展の江戸グルメでは東京家政学院生活文化博物館の再現レプリカが展示してあったが、江原先生にご案内いただいて同校の生活文化博物館を見せていただいたことがある。

このお料理は、皇居の楠正成像の一角にある楠公レストハウスに於いて、江原先生の監修により江戸時代の料理を再現した弁当「江戸エコ行楽重」三の重が販売されたが、再現レプリカの、蛸を使った「桜飯」や「こおり豆富」を食べることが出来る

現在は三の重にお刺身が加わった「与の重」も販売され、特別バージョンの秋冬「江戸エコ行楽重・会席」も食べていただきたい。

追録
img219.jpg

上の画像をタツプする
2月5日(火)〜4月7日(日)まで開催されている。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月11日

二つ目だった講談師の田辺一乃さんが、今年真打昇進を果たし真打昇進興行が始まる。


二つ目だった講談師の田辺一乃さんが、苦節9年、今年真打昇進を果たし3月には真打昇進披露パーティーを開催し、4月から真打昇進興行が始まる。

一乃さんは、当ブログでも紹介しているが、夕靄発講談や、玉カフェ講談などの定席を持っている。





1-1.JPG


上の画像をタツプすると
お江戸・日本橋亭と、お江戸・上野広小路亭の日程
アクセスや、ご予約はこちら




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月09日

2月17日(日)、次世代に伝えたい江戸東京野菜、江戸川区立中央図書館で話す機会をいただいた。


2月17日(日)14時から、江戸川区立中央図書館で、「次世代に伝えたい江戸東京野菜」を話すことになった。

この話は、昨年4月に同館の橋口さんから2018年度のイベント企画のひとつとしてメールをいただいたもので、
江戸川区の名産である伝統小松菜、しんとり菜をはじめとする、江戸東京野菜に対する関心を高めるイベントを構想しているとのことだった。

会場は、江戸川区総合文化センターの前にある図書館で、毎年バスツアーで新小岩の香取神社に行く途中に前を通っている。






1-1.jpg

今回は、江戸川会場と云うことで、伝統小松菜を始め、シントリ菜、亀戸大根、千住ネギ、寺島ナスなど東京東部で栽培している江戸東京野菜をメインにお話し、生産者も紹介する予定だ。

それにしても、素晴らしいポスターが出来た。

上の画像をタップすると拡大。

このキャラクター、メールをくれた橋口さんが描いたものだという。
何でも、2015年に環境展示の一部として、江戸東京野菜を使って
「地産地消」・「CO2削減」等を説明するのに書き上げたキャラクターだという。

プロが書いたものと思っていたが、すごい才能だ。
可愛らしい絵だから、江戸東京野菜が分かりやすい。

「江戸東京野菜で使っていただいて結構です。!」と云っていただいた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月06日

小金井市で、江戸東京野菜 オリジナル缶バッチプレゼントキャンペーンが実施されている。


紹介が遅くなったが、小金井市市民部経済課主催で、(一社)小金井市観光まちおこし協会運営の、江戸東京野菜の普及事業、

「旬の江戸東京野菜の料理を味わって「缶バッチ」を集めよう」の企画を、昨年の12月14日から3月5日まで実施している。





1-1.JPG

上の画像をタップする
この江戸東京野菜のキャラクター缶バッチは、12種類がある。

参加店舗は、15店舗で、AグループとBグループに分かれていて、
Aグループには、金町コカブ、馬込半白キュウリ、東京長カブ
東京ウド、小金井マクワ、伝統小松菜

Bグループには、亀戸大根、寺島ナス、しんとり菜、のらぼう菜、
馬込三寸ニンジン、伝統大蔵大根
と、グループによってキャラクター缶バッチの種類が異なる。

このキャラクター、キモ可愛いと若い人には人気で
特に、金町こかぶから集め始めるようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年12月24日

東京杉並ロータリークラブの、2018-19年度 年末家族親睦会に招かれた。


先月だったが、東京杉並ロータリークラブの榎本和夫さんから、2018-19年度年末家族親睦会への、ご招待の電話をいただいた。

現役時代に、親しくさせていただいていた同クラブ会員の榎本さんと高橋延治さんの先代は農家だったこともあり、農業の昔話が出来る講師を探していたとかで、2013年に初めて毎月開催する例会の卓話に呼んでいただいたが、その後1年おきに卓話をさせていただいた。





1-1.JPG

2015年に初めて、年末家族親睦会にお招きいただいてから、毎年ご招待をいただいている。

上の画像をタップする

会場は、新宿の「ヒルトン東京」3階の「大和の間」で18時から開催された。

国際ロータリー第2750地区 東京杉並ロータリークラブの2018−19年度は古屋文男会長(写真右)
古屋会長は、わざわざテーブルまで来ていただいて、歓迎の言葉をいただいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年12月18日

江戸東京野菜応援歌を歌っている川村いさみさんの第20回「八王子餃子ライブ」を楽しんだ。


多摩・八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表に誘われて、江戸東京野菜応援歌を歌っている川村いさみさんの「八王子餃子ライブ」に行ってきた。

川村さんが、八王子駅近くでストリートライブをしていた時、通りかかった福島代表が聴き、いい曲を歌っていると、福島さんから話しかけて、御縁が生まれたそうだ。
それから親しくなり、福島代表が取り組んでいる江戸東京野菜に注目し、応援歌をつくったという。

その詩は、江戸東京野菜について言いつくしていて、多くの方々に知っていただく機会になっている。
高円寺のうおこう寄席でも歌ってもらった。





1-1.JPG

会場は、八王子駅から3分のPapa Beat
(八王子市三崎町2、042-626-8894)

今回は第20回というメモリアルライブ
川村いさみ×Papa Beat 餃子ライブin八王子 vol.20
餃子食べ放題付¥3000-

「餃子ライブin八王子」は、
昨年5月から、毎月土曜日に開催してきたもの。
18時30分から始まると云うので、福島さんとは18時20に
八王子駅改札で待ち合わせをした。

上の画像をタップする
餃子マン2号の川村さん、餃子を頭に乗せて三枚目で登場した。
抱えている餃子ギター、
クラウドファンティングで資金を募って作ったとかで、
餃子の詩を弾き語った。

演奏曲

1.餃子体操
楽譜初見でいきなり演奏バージョン

2、マロンマジック 〜一口まん丸餃子の作り方〜

3、餃子慕情




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年12月15日

全国農協観光協会が実施した「江戸東京野菜を学ぶ」、江戸東京野菜コンシェルジュ協会がサポートした。


全国農協観光協会は、都市住民と農山漁村の交流を行っているが、都市住民にとって身近な都市農業も、注目され始めている。

全国農協観光協会の江戸東京野菜収穫体験は昨年からで、江戸東京野菜コンシェルジュ協会に依頼があった。

当協会ではこの時期、各種の江戸東京野菜が収穫期を迎えている、練馬区平和台の渡戸秀行さんに協力を要請して、
協会としてもサポートすることで、参加者から好評を得た。

全国農協観光協会からは、浅見茂樹体験交流課長が来られていたが、今年も「江戸東京野菜を学ぶ」として、広報誌で募集、東京と近隣県から20名の希望者が平和台駅に集合、この日の収穫体験となったもの。






1-1.JPG

この日は、午前中に、コンシェルジュ協会が「山分け収穫体験」を実施したことから、

引き続き協会の、上原恭子理事、松嶋あおい理事、川並三也理事、コンシェルジの木村えり子さん、若林牧子さん、増田純代さんがサポートした。

上の画像をタップする

ファーム渡戸の渡戸秀行さんと、後継者の捷平さん(東京農大院生)が、対応してくれた。
開会では、ファーム渡戸で栽培している江戸東京野菜について、説明がされた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年12月10日

豊島園駅近くの古民家「ケヤキの森の季楽堂」には練馬産の江戸東京野菜が良く似合う。


12月にイベントがあるから野菜を販売して欲しいとの依頼があった。
元JA全中(全国農協中央会)の常務をされた福間莞爾さん(新世紀JA研究会顧問)からで、場所を聞くと、豊島園の近くの古民家 季楽堂だと云う。

練馬のことは詳しいはずだったが、知らなかった。豊島園近くと言う事なので、一番近くで江戸東京野菜を栽培している渡戸秀行さんに協力をお願いしておいた。

当日は、渡戸さんは、練馬区の仕事で江戸東京野菜の栽培指導で出かけるので荷を作っておくからと云うので、ファーム渡戸へ行って、お母さんから受け取ってきた。





1-1.JPG

渡戸さんは、金町コカブ、伝統小松菜、練馬大根、三河島菜、馬込三寸ニンジンを段ボールに入れて用意しておいてくれた。
練馬大根も頼んでいたが、大きいのを持っていくのかと、渡戸さんは心配していたが、物珍しさもあって大きな大根から先に売れた。

買ってくれたのが、お隣で幻の在来種の豆を販売している「べにや長谷川商店」の長谷川清美さん。
長谷川さんは食と農の応援団だった。

上の画像をタップする

川並三也さんと佐々木昭さんが手伝ってくれたが、練馬大根の大きさが注目されて、川並さんが説明をしていた。

このイベント、日本の種(たね)を守る会が実施した「種子(たね)まきカフェ」で、江戸東京野菜を初めて持ち込んでみたもの。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月23日

平成30年度 農業まちづくり基礎講座バスツアー「江戸東京野菜めぐり」が、11月17日(土)に開催された。


東京都農住都市支援センターが実施する、平成30年度 農業まちづくり基礎講座「江戸東京野菜めぐり」は、今年11月17日(土)に開催すると9月の時点でブログでご案内したが、だいぶ先のことだと思ったのか、応募が少なかった。

11月2日、3日の東京都農業祭の江戸東京野菜コーナーでも、募集資料を配布した辺りから、参加者も増えていった。

週間天気予報では17日は雨が降る予報だったが、晴天に恵まれて、集合場所の「京橋大根河岸おもてなしの庭」にある「ジュウガツザクラ」は満開だった。





1-1.JPG

晴天に恵まれた、京橋大根河岸青物市場跡の碑の前で、「江戸東京野菜めぐり」主催者の矢島清専務理事の挨拶で、始まった。

上の画像をタツプする

一昨年の工事で、おもてなしの庭が造られたが、その工事の中で、川岸の一部が出てきたことから、かつての京橋川の川岸を見せるようにしている。

もとは数寄屋橋のあたりに生まれた市が、火事になり、この地に移ってきた。なぜかたくさんの大根が入荷したので京橋大根河岸と呼ばれた。

2014年6月に生誕350年の記念イベントを開催している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月22日

宇都宮大学では12月1日 “だいこんサミツト2018” を、同大の大学会館で開催する。


宇大の “だいこんサミツト” は2004年から開催されていて今年で14年目、

5年前の ”2013” に招かれていて、「粋な江戸っ子は白首大根」で講演をさせてもらったが

この時、 島根大学植物育種学研究室の小林伸雄教授が「はまだいこんを商品化」したことを講演、それを思い出し、鎌倉だいこんの発見につながった。

また、鎌倉だいこんでお世話になっている、神奈川県農業技術センター原康明課長が、今回「三浦大根のコンパクト化を目指した花粉親の改良」として講演すると云う。



1-10チャ.JPG


上の画像をタツプする。

3名の講師の話は、興味深いものばかりなので、ご参加ください。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月17日

11月24日(土)、ねりまマルシェを練馬駅北側の平成つつじ公園で開催される。  


練馬マルシェ実行委員会と練馬区主催、JA東京あおば後援による「ねりまマルシェ」が11月24日(土)、西武線練馬駅北側の平成つつじ公園で開催される。

練馬の農業者による、とれたて野菜や果物、花などの販売。
練馬の飲食店による練馬産農産物を使った料理、お酒などの販売
キッチンカーによる練馬大根を使った料理などの販売





img020.jpg

上の画像をタツプする

特別企画@としては、区内飲食店の料理人が結集! 「練馬大根を使った料理を食べくらべ!」

特別企画Aでは、練馬産の農産物を購入すると「ショッピングバックがプレゼント」される!」
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月12日

10日(土)、11日(日)に代々木公園ケヤキ並木通り「第11回東京都食育フェア」で江戸東京野菜を語る。

        
東京都が毎年実施している食育フェア、今年で11回を迎える。
かつて、寺島ナスの普及で、東向島の大喜青果・阿部敏さんが会場でトークショーに出演したことがあったが、
久しぶりに江戸東京野菜の出番がやってきた。

この日は、午前中は練馬区立光が丘秋の陽小学校で練馬大根のお話しをする計画があったので,10日(土)は午後2時から、そして11日(日)は11時から「江⼾東京野菜セミナー&スイーツクッキング」 〜伝統野菜の魅⼒を発⾒!〜で30分の時間をいただいた。





1-1-.JPG

そもそもは、農林水産部食料安全課の小寺孝治課長(写真左上)から、特設ステージで江戸東京野菜を宣伝しないかとお話を頂いたことから、喜んでお引き受けしたもので、
モニターが3台、ステージ上は500インチのモニターが設置されていた。

上の画像をタップする

30分で江戸東京野菜を紹介すると云うことで、江戸東京野菜が各地で食育の素材として活用されている事例を紹介した。
練馬大根引っこ抜き競技大会は、練馬の小中学生に練馬大根を給食で食べさせるために始めたもの。

亀戸大根の発祥の地、江東区亀戸の小学校で栽培をし、毎年「福分けまつり」が開催されている。

品川では、品川カブの品評会に30以上の組織(小中学校など)が栽培をし、品川カブ汁が人気。

荒川区では、三河島菜は観光資源だとして、都立農産高校が栽培し日暮里マルシェが開催されている。

また、新宿区では早稲田ミョウガの学校給食が年2回行われていること。

そして、西新宿小学校では内藤カボチャを栽培していますが、スイーツクッキングで、内藤カボチャの「スイーツクッキング」として会場の皆さんに食べ゛ていただいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月04日

飲食店事業者、市場関係者の皆さん、江戸東京野菜を「知る」「見る」「獲る」「食べる」の、まるごと体験しように、ご参加ください。


JA東京中央会が、昨年から実施している飲食店事業者、市場関係者対象の、江戸東京野菜を「知る」「見る」「獲る」「食べる」のイベントは、

今年8月末に国分寺市の小坂良夫さんの畑に伺っているが、今年2回目は、12月5日に、八王子市の立川太三郎さんの圃場に伺う。

立川さんは、高倉大根の栽培農家として、種採りから、栽培して干し大根にして、沢庵漬け用に出荷するほか、各種大根を栽培しているほか、江戸東京野菜の、筍も栽培している。

話題の江戸東京野菜を取り扱ってみたい、取り扱っているが詳しいことが分からない、などの方々はぜひご参加ください。




1-1.JPG

上の画像をタツプする。
11月22日(水)までにお申し込みください。
posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月03日

晴天の下「第47回 東京都農業祭」が゛11月2日(金)、明治神宮宝物殿前の芝生の広場で開催された。


東京都農業祭は、毎年11月2日〜3日に開催されるもので、都内のJA及び組合員農家の協力によって開催されている。

今年は、農業祭開催の1カ月前に東京を襲った台風により、 被害の大きさから、農業祭に江戸東京野菜が集まるか心配していたが、生産者たちのご努力で、多くの江戸東京野菜を展示することが出来た。




1-1.JPG

東京都農業祭には毎年1日に、農産物が搬入され、品評会の審査が行われるが、その間、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の役員によって陳列作業が行われた。

上の画像をタップする
展示された江戸東京野菜は
練馬大根、下山千歳白菜、品川カブ、金町コカブ、渡辺早生コボウ、
寺島ナス、亀戸大根、早稲田ミョウガ、のらぼう菜、奥多摩ワサビ、
内藤トウガラシ、内藤カボチャ、千住ネギ、馬込三寸ニンジン、
シントリ菜、三宅島のアシタバ、伝統小松菜(後関晩生)
各種つまものでは、ワケネギ、紫芽、つる菜、芽蕪。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年10月29日

恒例の東京都農業祭が11月2日、3日の両日、明治神宮で開催されます。


収穫の秋を迎え、恒例の第47回 東京都農業祭が11月2日(金)〜3日(土・祝)の両日、明治神宮で開催されます。
会場には、江戸東京野菜の展示コーナーが設けられ、江戸東京野菜コンシェルジュが説明をいたしますので、ご来場をお待ちしています。



sddfチャ.JPG

上の画像をタップすると昨年の様子

日程:2018年11月2日(金)〜11月3日(土・祝)
時間:2日(金)10:00〜16:00 / 3日(土・祝)9:00〜15:00
場所:代々木 明治神宮 宝物殿前広場(御本殿北の芝生の広場)
入場:無料、※雨天決行
▼最寄り駅
・東京メトロ副都心線「北参道駅」
・小田急線「参宮橋駅」
・JR代々木駅 又は JR原宿駅

尚、会場ではイベントが開催される。
2018年11月2日(金)
10:00 東京都農業祭 開会式
11:00 花デコ軽トラパレード
(野菜や花でデコレーションした軽トラックのパレード)
13:30 野菜や花の無料配布(場所:明治神宮 原宿門)

2018年11月3日(土・祝)
09:00 TOKYO X(豚肉)の販売
13:00 品評会出品物の即売等
(要整理券。整理券は11時から野菜大テント裏で配布)
13:30 野菜の宝分け ※スタンプラリー参加者による抽選
・鉢花の無料配布(先着順)
・餅つき

posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年10月28日

神楽坂のイベント「神楽坂まち飛びフェスタ」でコンシェルジュの郷家さんが江戸東京野菜の普及活動を実施。


今年の6月に、江戸東京野菜コンシェルジュの郷家浩美さんからメールをもらった。

郷家さんは、江戸東京野菜の普及にご尽力をいただいていて、落語やクラッシックなどと一緒に、江戸東京野菜を普及している。
栽培の実銭も行っていて、このことは、当ブログで紹介してきた。

更科堀井の会にもご参加いただいている。

その郷家さんが、毎年秋10月中旬から11月初めにかけて神楽坂で街を上げてのイベント「神楽坂まち飛びフェスタ」を実施しているNPO法人のお手伝いをしながら、少しずつ活動をしてきたそうで、

今年の上記イベントの企画のひとつに江戸東京野菜を紹介する件が採用されたと云う。

割振られた日程は 10月21(日) 10:00‐16:00 毘沙門天善國寺境内となったと云う。




1-1-2.JPG

地域で、活躍されている方々を応援したいと思っていたので、21日の9時半過ぎに会場の毘沙門天善國寺に伺った。

会場では、郷家さんの活動の中で協力関係にあるNPO法人オーガニック事業協会理事の岡田勉さん(郷家さんの後ろの方)が見えていて、郷家さんのブースで準備等の手伝いをされていた。

会場には、主催者の神楽坂まち飛びフェスタの取材担当が来て、郷家さんを動画撮影をしていた。

上の画像をタツプする

販売用としては、「内藤とうがらしプロジェクト」の 成田重行リーダーが進めている内藤トウガラシの販売セットが用意されていた。

そんな中で、声をかけてくれたのが杉並の本橋さん(写真左上)。
杉並地区の普及ではお世話になった方で、定年退職されてからは7−8年振り、


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年10月27日

恒例の「江戸東京野菜の山分け収穫体験」12月9日開催の募集が始まった。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会が主催する「江戸東京野菜の山分け収穫体験」は、今年で3年目になるが、

今年も練馬区平和台の渡戸秀行さんが栽培している、江戸東京野菜の収穫を体験するとともに、抜いた野菜は全員で山分けすると云うもの。

参加者は大きなスーツケースなどに入れて、有楽町線の平和台駅までゴロゴロと押していく光景が風物になっている。



1-1.JPG

昨年の様子は上の画像をクリックする

2018年12月9日(日)10時〜12時(雨天決行)
会場:ファーム渡戸(練馬区平和台)
お申し込みはここから


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年10月26日

講談師 田辺一乃さん(二つ目)が江戸東京野菜を語る。


亀戸大根の福分けまつりでおなじみの香取神社、この香取大門勝運商店街にある居酒屋発酵文化応援団の店主喜連川覚さんが、長年講談の会を開いていて、

二つ目の講談師 田辺一乃さんを育てているとの話を聞いたので、江戸東京野菜の物語を覚えてもらおうと、一乃さんの講談を聞きに行ったことは、当ブログで紹介した。




6-1 (2).JPG

寺島茄子の由来を語る一乃さん

上の画像をタツプする
10月28日(日)13時開場の「うおこう寄席」は、
ここをクリックする。

創作講談「東京オリンピツク入場行進」「水戸黄門とパクチー」
川村いさみさんは「江戸東京野菜応援ソング」を弾語り。

亀戸の発酵文化 応援団で月1本ネタおろしをしています。
11月9日(金)19時〜 は「おいねのつる芋」をかけます。

玉ノ井カフェ.で再度ネタ出しをしてかけています。
11月17日(土)14時〜 は「綱吉様と練馬大根」をかけます。

11月18日(日)18時〜 上野広小路亭「講談一乃の会」では、
塩原多助とともに「千住一本葱幽霊」をかけます。

お時間がありましたら、ぜひ足をお運びください。

田辺一乃さんの持ちネタ

1 品川蕪汁
2 寺島茄子の由来
3 府中御用瓜・鳴子瓜
4 二郎三郎種屋街道(滝野川人参・牛蒡)
5 千住一本葱幽霊
6 家斉公と三河島菜っ葉の河童
7 鷹公方と小松菜
8 綱吉様と練馬大根
9 新宿内藤唐辛子
10 おいねのつる芋
11 竹翁筍大作戦
12 ジョン万次郎と亀戸大根

番外編
 寺島茄子と多聞寺の狸
 水戸黄門とパクチー
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年10月22日

今年で第12回を迎える「練馬大根引っこ抜き競技大会」に備えて練馬の畑ではすくすくと大根が育っている。


今年で12回を迎える「練馬大根引っこ抜き競技大会」、練馬に住んでいても練馬大根を知らない世代が増えた12年前、かつての全国に鳴り響いた「練馬大根」の固定種を子どもたちに食べさせようとの思いから、始まった



qw.JPG

上の画像をタツプする
申し込みはここから

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年10月16日

“第11回「農の生け花」愛好者全国の集い” が先日、東京農大「食と農」の博物館で開催されました。


“第11回「農の生け花」愛好者全国の集い実行委員会”主催、東京農業大学「食と農」の博物館、JA東京中央会、JA八王子、日本農業新聞後援により、「農の心を耕し 広げよう」を合言葉に10月13日、14日の両日開催された。

「農の生け花」は、季節の農作物などを素材に、農具・民具などを器にした独創性ある生け花のこと。
横井友詩枝さん(1912〜2004年)が提唱しました。

 一般の生け花と違って、地域の風土と、そこに住む人たらの感性に根差したもので、きわめて独自性のある様式になっています。




1-1.JPG

上の画像をタップする

横井友詩枝さんは明治45年2月20日、代議士の臼井哲夫氏の末子として東京に生まれ、雙葉高等女学校を卒業、土壌学の権威・農学博士の故横井利直氏(東京農大名誉教授)と結婚。生け花の会「翠邦会」を主宰し「農の生け花」の普及に努めた。

横井さんが重視したのは、生ける人の「農の心」。
個々の創意工夫を大切にしました。
このため、「教える先生は絶対不要」という固い信条を持っていました。
横井さんは「各自がそれぞれ日常生活の中で、無理のない時間を見出しながら研究されればよい事で、その制作過程の中では、必ずや知らず知らずのうらに感性なるものは磨かれ、従って豊かな心をも養われゆく」(著書『農の生け花』(翠邦会)あとがきから)と説きました。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介