2018年01月13日

飲食店等事業者向けに実施した「江戸東京野菜をまるごと体験しよう」 第一回が11日に開催された。


東京のおもてなし食材「江戸東京野菜」の魅力を、飲食店等事業者にご理解をいただくために、圃場見学と収穫体験、「江戸東京野菜とは」について学ぶ座学、そして食べ比べと試食を行うと云う「江戸東京野菜をまるごと体験しよう」は、11日と、17日に実施するもので、その第一回が11日に開催された。

この企画、主催のJA東京中央会の要請を受けて、江戸東京野菜コンシェルジュ協会がお手伝いをお引き受けした。

生憎、市場関係者などは新年早々で、産地への挨拶回り等と重なり、11日参加者は少なかったが、しかし内容は充実したものになった。

JR中央線、京王線が大幅に遅れるハプニングが起き9時30分、新宿駅南口近くのJA東京アグリパーク前集合に間に合うか心配されたが予定通り出発できた。

新宿からは、中央会の江戸東京野菜担当の水口均さんと、司会進行を担当する福島秀史理事が乗り込み、
車内で配布した資料をもとに、説明を行った。





1-1.JPG

バスは、新宿から、三鷹市北野の冨澤ファームへ、

冨澤剛さんから、農業経営の様子が紹介され、圃場を案内。

ヒヨドリ除けのネットが張られたのらぼう菜の畑の脇に、今回の企画のために残してもらっていた、伝統大蔵ダイコンを、1人2本ずつ抜いてもらった。

畑には、根深ネギも栽培されていたので浅草葱善の田中庸浩社長を冨澤さんに紹介した。
千住ネギの生産者を増やすことも大切なので、「栽培してみませんか」とお願いすると、「やりましょう」と交渉成立。

上の画像をタップする。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年01月06日

オギプロファームと豊島屋酒造のコラボで、江戸東京の旬を味わうイベントが開催された。


江戸東京野菜を次世代に!と強い想いを持ち、より多くの人にその魅力を届けたいと、江戸東京野菜をはじめとした固定種の野菜を中心に農薬や化学肥料は一切使用せず八王子にて生産が始まったオギプロファームと、

慶長元年(1596)創業。江戸では草分けとなる白酒の醸造を始め、昭和の初期に現在の東村山市に醸造元として豊島屋酒造鰍設立し、金婚は明治神宮の御神酒でもある。
数少ない東京都内にある蔵元とが初めてコラボが開催された。




1-1-0.JPG

オギプロファームを立ち上げ、着々と江戸東京野菜の6時産業化に向けた取り組みを展開している福島秀史社長から、また一つ豊島屋酒造とのコラボから、新たな展開を模索する、開催の趣旨が述べられた。

上の画像をタップする

まず、豊島屋酒造の高橋拓さんによる酒蔵の案内から始まった。

豊島酒造には、昨年の6月、江戸麹で醸造した「江戸酒王子」が発売されたと云うので、東村山の久野稔晃さんに案内してもらって、高橋さんにお会いしたことは、当ブログで紹介している。

会場では、オギプロファームの八王子農場で栽培した高倉ダイコンと、滝野川ニンジンが販売された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年12月25日

業者向け、江戸東京野菜のまるごと体験企画、コンシェルジュがスタッフとしてお手伝い。


JA東京中央会では、1月11日と17日の2日に分けて、飲食関係の方、流通関係の方等を対象にした農家見学を行います。
この企画、新宿駅近くの、JA東京アグリパーク前からバスで、11日には三鷹の冨澤ファーム、17日は練馬のファーム渡戸に向かい、収穫体験。

その後近くの、調理施設のある会場で、収穫野菜の試食と、この日のために作ってもらうお弁当を食べて、14時半には、新宿に帰ってくると云うもの。




1-1.JPG

この事業、JA東京中央会が実施するものだが、江戸東京野菜コンシェルジュがスタッフとして皆さんをご案内いたします。

上の画像をタップしてお申込みください。


これまで実施した、三鷹の冨澤ファーム、練馬のファーム渡戸でイベントを実施しているので紹介する。

追録

先日、江戸東京野菜コンシェルジュ協会ではJA東京中央会の水口均氏を招いて理事会を開催し、説明を受けたが役割分担など決定したことから、当ブログで案内する。
posted by 大竹道茂 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年12月24日

東京杉並ロータリークラブの年末家族親睦会に今年もご招待いただいた。


東京杉並ロータリークラブの役員榎本和夫さんから、同クラブの年末家族親睦会へご招待の電話をいただいた。

ここ数年毎年お招きをいただいているが、楽しい会なので今年も参加させていただいた。
同クラブからは、何度か卓話を依頼されて、今年1月にもお話をさせていただいている。

6時開催と云うので5時半に西武新宿に到着したが、夜空には星が瞬き、会場のヒルトン東京の周辺はイルミネーションが美しく、あたりはクリスマス一色だった。




1-1-2.JPG

上の画像をタップする


冬至は関係ないだろうが、カボチャの馬車が輝いていた。

3階の会場「大和の間」に着いたのは15分前で、お子さん、お孫さんたちを含め、ご家族の皆さん100名余がおこしになっていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年12月20日

全国農協観光協会の50周年特別企画「冬の江戸東京野菜を学ぼう」に、大満足した皆さん。



一般社団法人 全国農協観光協会では50周年特別企画として、江戸東京野菜の収穫体験ができないかと、10月初めに江戸東京野菜コンシェルジュ協会に相談があった。

同会では「江戸東京野菜の山分け収穫体験」を、10日午前中に練馬区平和台のファーム渡戸で開催する予定であったことから、渡戸秀行園主と相談、作物の余裕があったことから、

同日午後から「冬の江戸東京野菜を学ぼう」を実施したもの。




1-1.JPG

江戸東京野菜の山分け収穫体験の後、スタッフとして、納所二郎協会理事長、上原恭子理事、松嶋あおい理事、コンシェルジュの若林牧子さんが残り対応された。

上の画像をタツプする
開会に当たって、納所理事長が開会の挨拶をされたが、江戸東京野菜に馴染みのない方がほとんどのようなので、練馬大根で、「ギネス世界記録を達成!!」した話題を紹介した。

また、江戸東京野菜については、協会資料を基に渡戸園主から説明された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年12月06日

東京都農住都市支援センターの「江戸東京野菜めぐり」は、晴天に恵まれたバスツアー


「東京生まれの伝統野菜や青物市場の歴史を学び、亀戸大根と小松菜の収穫体験をして、江戸東京野菜を食してみよう!!」 で、ご案内した「江戸東京野菜めぐり」のバスツアー。

今年も大勢の方が応募をしていただいた。
9時半に、改築された「京橋大根河岸おもてなしの庭」に集合していただいた。




1-1.JPG

京橋大根河岸は、もとは数寄屋橋のあたりに生まれた市が、火事になり、この地に移ってきた。
2014年6月に生誕350年の記念イベントを開催している。

上の画像をタップする
昨年は工事中で、京橋大根河岸の碑を見ることはできなかった、今年の3月、緑の環境デザイン賞の「おもてなしの庭」大賞を受賞した。

「この緑地は花と緑で観光客をもてなす優れたプランとして表彰され、誕生したものです、大都市で育まれた美しい花と緑で『おもてなしの精神』を世界の方々へ伝えていきたいと願っております。」とある。

工事の過程で、大根河岸の岸壁の一部(写真上中)が出てきた。
紅葉の小道を通って大根河岸の碑に向かうプロムナードも作られた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月24日

東京ガス スタジオ プラスジー ギンザで「江戸東京野菜の食文化 〜歴史から調理法まで〜」が開催された。


先日、東京ガスの銀座にあるStudio+Gで、「江戸東京野菜の食文化〜歴史から調理法まで〜」が開催された。

このお話、7月にあったが、丁度都庁で行う江戸東京野菜を食べよう!シリーズがあることをお伝えしたら、皆さんでご参加いただいた。

11時に開催されたが、まず食材の江戸東京野菜についての歴史文化を習い、次に調理法までを学ぶと云うコース。





1-1.JPG

上の画像をタップする
Studio+Gは、銀座7丁目にある GINZAqCUBE の5階と・6階 。
今回の企画、お料理の指導は日本橋ゆかりの野永喜三夫三代目。

三代目とは、全日本・食学会が主催する第2回全日本・食サミットで「伝統野菜の可能性」でご一緒している。

上の画像をタップする
6階の教室には、壁際に常時炎が象徴的に揺れていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月23日

光が丘公園で、第20回JA東京あおば農業祭が行われ連日大勢のお客さんで賑わった。


第20回JA東京あおば農業祭が18日(土)、19日(日)の両日、練馬区光が丘公園において開催された。

今年は、8月、9月の天候不順によって、秋作の播種、発芽の時期影響の出たものもあり、生産者は苦労が多かったようで、大テント内の出品数も例年よりは少なかったようだ。
江戸東京野菜の生産者の皆さんも同じで、特に練馬大根の生産者もご苦労が多かったようだ。

JA東京あおばでも、江戸東京野菜の展示コーナーを整備して、地域住民にアピールしていた。



1-1.JPG

今年は、組合員の井之口喜實夫さんが、千住ねぎと、内藤唐辛子の盆栽仕立てを展示してくれた。
11月2日、3日(文化の日)に、明治神宮宝物殿前で開催された、東京都農業祭で展示した時は、唐辛子はまだ青かったが、その後真っ赤になっていた。

上の画像をタツプする
大泉の加藤晴久さんが内藤カボチャを、馬込三寸ニンジンは渡戸秀行さんが持ってきてくれた。
板橋地区からは木村博之さんが、地元の志村みの早生大根を出品してくれた。

渡戸章さんは、練馬区が行っている伝来種の練馬大根の種採りを行っているが、自身が採種した種で作った練馬大根、まだ若干早かったことから、細身だった。

内藤トウガラシ:井之口喜實夫:優良賞、
千住一本ネギ:井之口喜實夫:優良賞
志村みの早生ダイコン:木村博之:良好賞
練馬大根:莊千代子:優秀賞 及び練馬区議会議長賞
内藤カボチャ:加藤晴久:良好賞
馬込三寸ニンジン:村田芳子
馬込三寸ニンジン:渡戸秀行

江戸東京野菜の展示コーナーを見たコンシェルジュの齊藤朝子さんからメールをいただいた。
江戸東京野菜が今までより大事に扱われて展示され嬉しかったです。
テントの中で井之口さんの内藤唐辛子の鉢を中心にカボチャ、ニンジン、ダイコンと並び、手書きではない説明の表示もありました。

渡邉常務にお礼を申しましたら天候不良で品評会の出品が少なく、運よく展示が出来たと伺いました。
ちょっとご報告までお伝えします。

齊藤さんありがとうございました。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月22日

12月6日、江戸東京野菜「東光寺ダイコン」を学ぼう! に参加しませんか。 〜圃場見学&収穫体験と座学〜


昨年から始まった東光寺大根を学ぼう!


1-1.JPG

12月6日(水)10時から13時まで

上の画像をタップしてお申込みください

posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月20日

江戸東京野菜を食べよう!シリーズ、今回は「千住ネギ」です。


都庁32階食堂で毎月開催してきた 江戸東京野菜を食べよう!シリーズ〜は、今月は「千住ネギ」です。
練馬区の井之口喜實夫さんが栽培している千住ねぎを食べてください。




1-1.JPG

日時:2017年11月28日(火) 18時00分〜20時00分(予定)
会場:西洋フード (都庁職員食堂 南側)
新宿区西新宿2-8-1 東京都庁 第1本庁舎 32階

上の画像をタップしてお申し込みください
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月17日

大竹道茂がガイドする「江戸東京野菜めぐり」にご参加ください。

1-1-5-1.JPG
上の画像をタツプしてお申し込みください。
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月16日

八百屋塾の企画で「やっちゃば秋葉原〜学べるマルシェ〜」が 秋葉原駅前で開催された。


東京都青果商業協同組合(以後東京商組)本部青年会の吉野元代表から江戸東京野菜の勉強をしたいと云うので、秋葉原にある同組合でお話をさせていただいたのは、当ブログで紹介している。

そもそもは、11月12日に同青年会と八百屋塾の企画で「やっちゃば秋葉原〜学べるマルシェ〜」を秋葉原駅前で実施すると云うことで、会員が知識を共有化したいとのことだ。

また、当日は会場に設えられた屋外の簡易ステージ“エリア”で江戸東京野菜の概論をお話いただけないかと頼まれていた。

会場は秋葉原駅昭和通り口脇の秋葉原公園内ステージエリアで行われていたが、11時に到着し会場内を見て回ったが、ごった返す状況だった。




1-1-1.JPG

会場内の簡易ステージには枯れ葉が降るような状況だった。
「江戸東京野菜のいろは」を依頼されていたが、お客が集まるかどうかわからなかったので、事前に江戸東京野菜コンシェルジュで青果商「果菜里屋」の高橋芳江さんに依頼していて、お客が集まらなかったら、2人で漫才もでやるかと・・・・・。

上の画像をタツプする
心配していたが、始まる前に吉野代表が来場者を集めてくれていた。
予定通り、高橋さんが質問してくれて、それに答えると云う形で始まった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月11日

子どもたちに食べさせたいと始まった「練馬大根引っこ抜き競技大会」今年は11回大会が予定されている。


今年は、練馬区独立70周年だが、この大根引っこ抜き競技大会は、独立60周年記念として企画したもので、
練馬に住んでいても、練馬大根を食べたことがある人は少なく、ましてや子どもたちに本物(固定種)を食べさせようと企画したものだ。

今年で、11回目を迎える練馬大根引っこ抜き競技大会、今年も競技大会の部は、今年こそはとリベンジを狙う方々で、練馬区の広報で発表されると、すぐに満杯になったと云う。




1-0.JPG

今年の会場は南大泉の畑だと云う。
先日雨の日、通りかかったので写真に撮ったが、順調な生育を見せていた。

当日、大会は、昼頃に終わるので、残った大根は会場に来ていた方々に、大会外で抜いてもらっています。
お手伝いいただける方は、練馬大根の引っこ抜きを体験してみてください。
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月08日

2018年度秋に向けて「練馬だいこん献上絵巻の再現劇」、コスプレレイヤー大募集


練馬大根引っこ抜き競技大会が人気を博しているが、このほど地元練馬大根にあやかろうと、東武練馬駅周辺の北一商店街、きたまち商店街、ニュー北町商店街による、下練馬宿活性化委員会を立ち上げ、

2018年の秋を目指して、練馬大根が生まれた経緯の再現劇パレードを実施しようと、募集が始まった。




1-0.JPG

上の画像をタップする
尾張からダイコンの種を取り寄せた、五代将軍徳川綱吉役
大根を栽培した百姓の大木金兵衛役
その他、奉行役に、村人役等を募集する。

勿論、女性役もあるヨ

お問い合わせは、03−3931−2241




posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月05日

都市農地活用支援センターの皆さんが東京都農業祭会場を訪ねてくれた。


11月2日、3日に開催された東京都農業祭、会場の江戸東京野菜の展示コーナーには多くの方々が訪ねてくれた。

森戸伸行さん(東京都農住都市支援センター元専務)の案内で、坂山修平理事長を始め、佐藤啓二常務理事、菊池正男部長が会場を訪れていただいた。

坂山理事長は、今年就任されたことから初めて挨拶をさせていただいた。

同センターでは、「農」の機能発揮支援アドバイザーを派遣する事業を展開しているが、NPO江戸東京野菜コンシェルジュ協会が関係協力団体になっている。




1-1.JPG

写真右から、森戸さん、同センターアドバイザーの水口均さん、佐藤常務、坂山理事長、菊池部長

上の画像をタップすると坂山理事長挨拶

坂山理事長は、援農ボランティアを経験、自らも野菜栽培をされていることから、展示作物に興味を持ってご覧になっていて、質問も受けた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月04日

東京都農業祭実行委員会では2日、3日の両日、明治神宮で第46回 東京都農業祭を開催した。


2日は10時から開会式が予定されていたが、早めに会場を訪れた小池百合子東京都知事は、須藤正敏実行委員会会長の案内で、大テント内の知事賞をはじめとする特別賞コーナーを見た後、江戸東京野菜展示コーナーを訪れた。

江戸東京野菜の説明役としてお待ちしていて、先日、練馬大根のタネ蒔きのお礼など申し上げた。





1-1-5.JPG

小池知事は、江戸東京野菜を一度にこんなに沢山見るのは初めてだわ! とおっしゃって・・・・・

上の画像をタップする
練馬大根、伝統大蔵大根、亀戸大根、滝野川ゴボウ、奥多摩ワサビ、つまものの芽かぶ、馬込三寸ニンジン、内藤カボチャに、内藤トウガラシ、志村みの早生大根、つる菜、などをしばらくご覧になっていたが、

その後、幾つかの江戸東京野菜の栽培地等を聞かれた。

注 小池知事の写真は、中央会の中村萌さんと、水口均さんから提供を受けた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年11月01日

東京都主催の江戸東京野菜のPRイベントが31日10時35分から、練馬の農家で開催された。


 収穫の秋を迎えて、区市町村の産業祭・農産物品評会が多く開催されますが、このことは当ブログで紹介している。

都内産農産物に対する都民の関心が高まる中、江戸東京野菜で最も知名度が高い練馬大根をテーマに、地元生産者と小学生を交えた「種まき交流イベント」を開催すると、東京都からメールをいただいた。

いただいた資料には、主催者の小池百合子都知事の他、参加者にはフレンチの三國清三シェフと、服部幸應先生、江戸東京野菜コンシェルジュ協会として私までお招きいただいた。

また、生産者サイドとしては、JA東京中央会の須藤正敏会長と、農園主の吉田茂雄さん、
さらに地元の練馬区立田柄小学校の3年生95名と、清水誠校長に担任の先生が3名が参加した。    

何でも、小池都知事の肝いりで、本イベントを通じて、江戸東京野菜の理解をより一層促進、PRするとともに食育を推進すると云うもの。

東京都では、先月初めに、東京駅から皇居に向かう行幸通りで「東京味わいフェスタ2017」が、江戸東京野菜をメインに開催されたことは、当ブログで紹介している。





3-1.JPG

小池知事は、江戸東京野菜の練馬大根引っこ抜き競技大会にも第2回から見えていて、江戸東京野菜にはご理解をいただき、吉田さんの畑で栽培も体験している。

田柄小学校の3年生は、ジャンケンで勝ち抜いたクラス代表6人がゲストと一緒にタネを蒔いた。

上の画像をタップする
吉田さんは、昨年東京都を代表して宮中新嘗祭に献穀する精粟の耕作をされているが、地域社会への貢献も多々されておられ、食育については「追録」で紹介しているが、今年で19年になる。

赤いジャンバーの、JA東京中央会須藤会長は、地下足袋を履いてビシット決めての参加だった。さすが!



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年10月27日

JA東京グループ関連、秋の東京都農業祭 等イベントが公表された。


とうきょう農紀行NO47「秋」号が発行されたことは、当ブログで紹介したが、
都内で楽しめる農業祭りの特集を行っている。

毎年、この時期の江戸東京野菜を展示している東京都農業祭は、11月2日(木・都市農業の日)、3日(祝・文化の日)に明治神宮御社殿北の宝物殿前の芝生の広場で開催されます。

当日は、江戸東京野菜コンシェルジュが会場でご説明をいたしますので、ご来場ください。
昨年の様子はここから




1-1-2.JPG

上の画像をタツプする。

拡大はここから。地元の農業祭りに出かけてみよう。
江戸東京野菜に巡り合えるかもしれない。

posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年10月19日

ジャパン ハーブソサエティ―(JHS)が江戸東京野菜の和のハーブに注目する。


ジャパン ハーブソサエティ―(JHS)では、定期的に新宿御苑で展示会を開催しているが、昨年だったか、和のハーブ,アサツキ、シソ、ショウガ、ワサビなどの展示会を開いた。

新宿御苑では、江戸東京野菜コンシェルジュ協会が、入門コースを開催していたことから、JHSのイベント委員岡田和子さんは、興味を持ち受講された。

江戸東京野菜には、奥多摩ワサビや、谷中ショウガに八王子ショウガ、つまものの紫芽(むらめ)等、ハーブ類も多いことから、コンシェルジュ協会が主催する新宿御苑のレストランゆりのきで開催した、「新宿御苑 STUDY&CAFE」にも、何度も参加いただいている

また、岡田さんは都庁の食堂で毎月1回、月〜金まで5日間、5時半以降実施している「江戸東京野菜を食べよう! シリーズ」の、コンシェルジュ協会が主催する会食会に、何度も参加いただいているが、小学校の食育授業にも興味を持っておられ・・・

9月5日に新宿区立柏木小学校で開催された、鳴子ウリの授業に、イベント委員長の塚本有子さんと一緒に参観され、生徒たちの取り組みに感動されていた。



1-1.JPG

写真左から塚本委員長、西澤部長、岡田委員


岡田さんから、江戸東京野菜をJHSの会員の皆さんにも紹介したいとの申し入れがあり、JA東京アグリパークで勉強会の持ち方について協議をさせていただいた。

JA東京アグリパークは、JA東京中央会の広報部が担当されているようで、現役時代に一緒に仕事をしたことのある西澤希芳さんが担当部長と云うことでお2人を紹介した。

上の画像をタップする
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介