2020年11月06日

12月6日(日)開催の「第14回練馬大根引っこ抜き競技大会」は、早々と定員になり締め切られた。


練馬区とJA東京あおばの共催で開催される
第14回練馬大根引っこ抜き競技大会は、今年は練馬の大泉で、
12月6日(日)に開催されるが、

10月21日の「ねりま区報」で紹介したことから、
選手権の部に出場する500名は早々に埋まったので締め切られた。

今年も熱気を帯びた大会になることは必至だ。



1-1チャ.JPG

この大会は、練馬独立60周年記念として2011年に始まったもので、
練馬大根を食べたことのない区民が増える中で、
選手が抜いた練馬大根を学校給食で翌日(月)に
小学生に食べてもらうと云う企画です。

大会で引抜かれても、会場の練馬大根はたくさん残る。
大会終了後に、会場に来ていた応援の方々にも抜いてもらう。
皆さんご協力ください。

上の画像をタップする
先日大会会場を視察したが、
大会を1か月後に控えて、練馬大根は順調な生育を見せている。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年10月18日

都市農地活用支援センター定期講演会2020が開催される。


農空間への市民ニーズの拡がり
11月10日(火) 13:15〜16:30
東京ウイメンズプラザ 地下ホール




1-1.JPG

上の画像をタップしてお申し込みください。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年10月12日

(一社)全国農協観光協会が主催するイベント情報が送られてきた。


先月、新宿駅南口から5分の東京アグリパークで
「伝統野菜に出会う日」江戸東京野菜の魅力と美味しい食べ方を
開催したが、好評を頂いたことは報告した。

今回は、同観光協会が毎年開催している
江戸東京野菜の山分けイベントの募集で、参加人員で代金が異なる。

山分けの準備をしている渡戸さんを紹介している。




1-1.JPG

上の画像をタップして申し込む。

その他、東京発着の観光地の募集はここから

西日本事務所の募集はここから



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年09月27日

(一社)全国農協観光協会の「江戸東京野菜」の食べ比べイベントは満席だった。


(一社)全国農協観光協会では、9月22日(火祝)〜26日(土)まで新宿駅南口に近い 
JA東京アグリパークで、各種イベントが開催されることを案内した。

新宿駅南口から5分、JA東京アグリパークの1階フロアーを利用して、上原恭子(江戸東京野菜コンシェルジュ協会)理事のイベントは開催された。

「江戸東京野菜ミニ講座」はネット予約分の席はどの回も満席。
当日枠の席も飛び入参加があって大盛況だった。

江戸東京野菜の講座や、昨年の江戸東京野菜収穫&山分けに参加された方もいらっしゃたが、ほとんどの方が江戸東京野菜初体験、短い時間でしたが皆さんに江戸東京野菜の魅力と、食べ比べと試食を交えてご紹介することが出来た。





1-1.JPG

「伝統野菜に出会う日」江戸東京野菜の魅力と美味しい食べ方を体験してください。

上の画像をタップする

会場では、「東京☆あぐり」として、江戸東京野菜の寺島ナス、奥多摩ワサビ、シントリ菜、内藤カボチャ、おいねのつるいもが販売されたが、好調な売れゆきだった。

会場奥の特設会場で上原理事の「江戸東京野菜ミニ講座」は開催された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年08月23日

全国農協観光協会では〜新宿で ”農” に出会う〜JA東京アグリパークで、9月22日(火祝)、「江戸東京野菜紹介、伝統野菜って、何?」が開催されます。


(一社)全国農協観光協会では毎年12月に江戸東京野菜の収穫体験
を実施していますが、

9月22日(火祝)〜26日(土)まで新宿駅南口に近い 
JA東京アグリパークで、各種イベントを開催します。

初日の22日(火祝)は「江戸東京野菜紹介、伝統野菜って、何?」で、
江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事による
江戸東京野菜のミニ講座、江戸東京野菜の販売では、
八王子ショウガ、内藤カボチャ、寺島ナス、滝野川ゴボウ
などが予定されている。

会場では「江戸東京野菜の物語」も、販売されます。





1-1.JPG

試食の関係上「事前予約」が必要です。

上の画像をクリックして希望の時間帯でお申し込みください。

お問い合わせ・申し込み
全国農協観光協会
TEL:03-5297-0323
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年06月20日

伝統野菜についての国際ウェビナーセッションを7月8日(水)Zoomで発表・議論し、その模様はYouTubeライブで一般公開します。


名古屋大学大学院環境学研究科の香坂玲教授からメールを頂いた。

香坂先生には、2016年に京都で開催された、
総合地球環境学研究所のワークショップに参加させてもらったが、
それ以来のお誘いだ。

中国、韓国、マレーシアと 関係者も交えて、
伝統野菜のウェブセミナーを予定しているので、
関心のありそうな方に、紹介してほしいという。 

7月8日(水)14:00~17:00参加無料で、
Zoomでの発表・議論し、その模様はYouTubeライブで一般公開する。





1-1-5.JPG

参加には事前登録が必要で7月6日までに申し込んでください。

上の画像をタツプして、主旨をご理解の上、登録参加ください。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年03月16日

JA東京みどりでは、学校給食用に計画栽培された農畜産物の応援販売を実施した。


新型コロナウイルスの対策で、あちこちに影響が出ているが、学校給食用に計画栽培をしていた生産者の野菜が、食品ロスになりかねないことから、

JA東京みどり(立川市、昭島市、武蔵村山市、国立市、東大和市)では、各市の生産者が給食用に生産していた野菜の販路の確保として、JA東京みどりが運営するファーマーズセンター「みのーれ立川」をはじめ、各市にあるJAの農産物直売所「みどりっ子」で実施した。

立川地区では、毎月2回、立川市役所の1階フロアーで農産物の直売を実施しているが、給食用の野菜も市民の皆さんでごった返したという。





1-1.JPG

上の画像をタップする

新聞で知ったことから、応援しようと15日(日)、開店の10時に出掛けたが、大勢の市民の皆さんが来ていた。

小山伸二支店長に伺ったが、
今日の分は、武蔵村山地区のニンジンが80円、立川産小松菜100円、ホウレンソウ100円、昭島産の鶏卵10個200円で販売された


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年03月12日

上野の国立科学博物館で、特別展「和食 〜日本の自然、人々の知恵〜」が開催される。


昨年の8月に、朝日新聞社 企画事業本部文化事業部からメールが届いた。
朝日新聞社は、国立科学博物館、NHK、NHKプロモーションとともに、2020年3月から6月にかけて、特別展「和食」を開催するという。

同展では、“和食”を代表する食材のひとつである大根を例に、様々な品種を比較紹介するので、見本提供に協力してほしいという。提供した大根を見本にして模型等を制作して紹介する予定だという。

依頼された大根は、練馬大根、大蔵大根、亀戸大根だが、江戸東京野菜の大根の収穫は12月になる。




1-1.JPG

高田馬場のJRのホームにポスターが貼ってあったが
開催日未定のシールが貼ってあった。

12月になって、江戸東京野菜の流通を担っている「果菜里屋」の高橋芳江さんに依頼して、練馬大根、伝統大蔵大根、亀戸大根を送ったが、各大根の特徴などの質問もなかったので、どんな紹介になっているのか、気になっていて、高橋さんと見に行く予定だ。

そんなことで、招待券が届いたが・・・・。

上の画像をタツプする

 主催者からは「このたびの新型コロナウイルス感染症対策に係る文部科学大臣の要請を受け、開幕日を3月14日(土)を、17日(火)《予定》に変更いたします。

今後の状況により、開幕日が再度変更となる可能性がありますので、国立科学博物館ウェブサイト および 本展公式サイト等で最新の情報をご確認ください。 朝日新聞デジタル内、本社の「イベント・展覧会情報」ページもご参照ください。
」とあった。

招待券が届いた3月10日に、安倍首相は大規模イベントなどの開催について、今後10日間程度も自粛を継続するよう求めた。
これにより、さらに先延ばしする状況になったが、春の選抜高校野球大会は中止になった。どうなる事やらと思ったが、やっぱり開催日は未定になってしまった。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年03月11日

江戸東京野菜の応援歌を唄う 川村いさみさんが、初のアルバムの発売を記念して3月13日無観客ワンマンライブを六本木で開催する。


江戸東京野菜の応援歌「野菜のタイムカプセル」を唄っている 川村いさみさんが、ソロとして初のアルバムが3月4日に発売され、3月13日には発売記念のワンマンライブを六本木のmorph東京で開催する。

生憎、新生コロナウイルスの発生で、コロナ感染防止の無観客ライブとなった。
皆さん、川村さんをご支援ください。




1-1.JPG

上の画像をクリックすると、

曲の紹介やブラザートムさんからの推薦コメント、事前予約で4大特典のことも掲載されている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年03月06日

江戸東京野菜を食べる企画も、新型コロナウイルスの影響で、早春の野菜の旬も過ぎようとしている。


ミナガワビレッジ・宇宙の理・森川喜市商店が主催して、江戸東京野菜を食べる企画が表参道のミナガワビレッジで10月6日に開催したことは、当ブログで紹介したが、

山口うりさんの宇宙の理の皆さんは、初めて江戸東京野菜と対面した方も多く、その一つひとつに伝わる物語に、興味をひかれた方々も多かったようで、今年の2月15日(土)に、この季節の野菜を使って開催する準備を進めていたが、新型コロナウイルスの影響で、1月下旬に中止の方向で論議がされ、中止となった。

折角、江戸東京野菜に興味を持っていただいたので、森川さんに設定していただいて山口さんの三人が新宿でお会いして、今後の企画について打ち合わせをさせていただいた。、
先が見えない中で、とりあえず、4月19日(日)に延期となった。




1-1.JPG


10月の時は、「銀座若菜」の堤杏奴専務がお見えだったが、当日は亀戸大根が食材として出ていたことから、堤専務は手ごろな大きさの亀戸大根に注目し、漬物にした試作品を送っていただいた。
美味しくいただいた。

本来だと、2月15日には、参加者の皆さんに食べていただけたと思うが、あいにく4月に延期となってしまった。
しかし、これとて実施できるかは、不安な状況だ。

上の画像をタップする


2012年ころだったと思うが、国分寺市の小坂良夫さんを中心とする馬込半白キュウリの生産者グルーフが栽培する品物で作った漬物を「馬込半次郎」のネーミングで販売して人気商品となった。もちろん味もいいのだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年03月01日

新型コロナウイルス対策として、第21回 福分けまつりも中止となった。


2月23日(日)服部栄養専門学校で予定されていた第6回全日本・食サミットが、中止となった時は、多くの人に参加を呼びかけ、準備に奔走してきた堀井さんはがっくりしていた。

その後、江戸東京野菜関連でも、中止が相次いだ。
【伝統野菜プロジェクト】のセミナー「のらぼう菜と仲間たち」は、埼玉、東京、神奈川の産地の食べ比べをすると云うもので、企画サイドは産地に出掛けて交渉もしてきた。

8日に開催予定であった、亀戸香取神社の「福分けまつり」も中止になった。


1-1.JPG

福分けまつりの亀戸大根は、江戸川の木村重佳さんが栽培して、亀戸の升本に納品しているものだが、中止になったとはいえ、升本では使っていただけるようなのでひと安心だが、

学校が臨時休校になったことから、学校給食用に納品している分がキャンセルとなってしまったという。

飲食店の宴会などはキャンセルが相次ぎ、押上「よしかつ」の佐藤勝彦さんもお客さんは減少しているという。

新型コロナウイルスが早期の終息を遂げ、
現在、JA東京中央会が推進している江戸東京野菜の生産者の普及や需要の拡大に影響が出ないように祈るのみだ。
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月14日

高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」は江戸東京野菜講談の田辺一乃師匠を迎えて行われた。


高円寺演芸まつりが開催されていることは、ご案内をしていたが、
先日、高円寺のうおこう寄席で、江戸東京野菜をご紹介した。

毎回、前日に生産者のお宅を回って、野菜を集めてくるが、
金町コカブ、亀戸大根、品川カブ、東京ウド、江戸城濠大根、
練馬大根、伝統小松菜、千住ネギを集めてきた。

直接農家を回って集荷することは、農家のご苦労を伺ったり、
他の江戸東京野菜の栽培を依頼することもあり、
生産者に会う機会を増やすことは重要だ。






1-1.JPG

上の画像をタップする
14時からというので早めに伺ったが、庚申道り商店街のチラシには、
各席亭の案内が掲載され、なんと大竹道茂の似顔絵が描かれ、
亀戸大根、下山千歳白菜、馬込三寸ニンジン、
馬込半白キュウリ、伝統小松菜、内藤カボチャも描かれていた。

この似顔絵、日本落画家協会の湯沢ひとし先生が描いてくれた。

演芸は、松井つるみ女将が、
新調した江戸落語研究会の法被を着てのあいさつで、始まつた。
松井女将は、江戸東京野菜コンシェルジュ1期だから、
早くから演芸まつりに江戸東京野菜を取り入れてくれていた。

会場には、同じコンシェルジュの
佐々木昭理事と、9期の渡邉和嘉さんと亀島由美子さんが来ていた。
また、荻久保保健センター健康づくり自主グループ連絡会
渡辺修也代表
も来てくれていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月11日

東京會館和食の鈴木直登総料理長「黄綬褒章を受章記念、新春特別グルメ会」にご案内をいただいた。


令和元年度秋の叙勲で、東京會館和食の鈴木直登総料理長が黄綬褒章を受章されたことから、新春特別グルメ会を開催すると、ご案内をいただいたの11月だった。

鈴木総料理長に、初めてお会いしたのは、2013年のすきや連の例会が、ホテルオータニの「岡半」で行われたときに、

ゲストとして卓話を依頼されて江戸東京野菜のお話をさせていただいた。
その時に紹介をいただき、鈴木さんから「東京會館 おせちと節句料理」(平凡社)出版パーティーにご案内をいただいた。

2014年に、厚生労働省の卓越技能章「現代の名工」を受章された。

2017年には如水館で「四條流庖丁式・蓬莱の鯛」の奉納を見せていただいた。

また、2019年9月には、すきや連の例会が新装なった東京會館の和食「八千代」で開催され、東京會館独特のすき焼きを鈴木総料理長に作っていただいている。

秋の褒章は2019年11月3日の文化の日に発表された。鈴木さんは、多年にわたり調理の仕事に精励されてきて、人々の模範たるべき者として授与された。






1-1.JPG

新春特別グルメ会は、千代田区一ツ橋の如水会館(東京會館運営) 3階の松風の間で開催された。

上の画像をタップする

挨拶で鈴木総料理長は、東京會館に勤めて今年で47年だそうで、東京會舘では以前プルニエの支配人をされた方が67歳まで勤められたそうで、二番目に長い。
来年は東京會舘が100年を迎えるが、半世紀は勤めたいと云いう。

「2014年の「現代の名工」をいただきましたが、それを目標に働いてきました。

今度、頂いたのは、世の中への責任を強く感じています。このように多くの皆さんに来ていただけたことに、感謝しておりますので、今日はスタッフ共々、皆さんに楽しんでいただける正しいお料理を用意いたしておりますので、ごゆっくりご歓談をいただければ幸いです。」


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月10日

八王子産パッションフルーツを市民に知らしめようと、慶大生がイベントを開催した。


八王子市でパツションフルーツを栽培する濱中俊夫さんのもとに、一昨年、慶應義塾大学商学部で産業史を学ぶ学生たちが、地域との対話を通して産業が生まれ育つ現場を体験したいと、度々訪問していた。

学生たちは、慶應義塾大学牛島利明研究会めぐるめプロジェクトのメンバーで、2014年に発足したプロジェクトは、フードロスへの問題意識から、食に関する現状のサプライチェーンの再構築を目指し活動している。

農業後継者の一人として濱中さんは、パツションフルーツを2011年から本格的に栽培を始めていて、東京では八王子にしかない、「道の駅 八王子滝山」での宣伝販売なども積極的に行い。

徐々に仲間も増え、2013年には「JA八王子パツションフルーツ生産組合」が結成されている。

その後、商品開発として甘味果実酒などの開発も行ったり、
資料等も作成したり、濱中農園としてもチラシを作ったりしている。

しかし、栽培から10年になろうとしているが、「地元八王子市でもまだよく知られていない」。消費拡大としては「生食以外の利用法も開発するのが課題」などを、生産者から直接聞いたことから、

慶大生たちは、まず初めの取り組みとして、「生産者と消費者をつなぐ」「学生視点から、八王子のパッションフルーツの認知拡大を目指す」とのイベントが開催されたもの





1-1.JPG

上の画像をタップする
牛島教授(写真左)と、生産者の濱中さん(写真右)。

牛島教授とは名刺交換をさせていただいたが、
当ブログ、江戸東京野菜通信を見たことがあると云っていただいた。


イベントの情報は、読売新聞に掲載されたほか、プロジェクトのネット情報や、道の駅にチラシを置くなど栽培農家の協力もあって、13時から八王子市子安町の子安市民センターで開催の運びとなったもの。

会場には、八王子市特産のパッションフルーツの新しい食べ方を学ぼうと、市民が詰めかけた。
始めに、代表の4年生・伊藤慶太郎さんから開催の主旨が述べられ、イントロとして、「パッションフルーツについて」産地、歴史、出回りの時期、名前の由来と花の形等について解説があった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月09日

2月9日14時からの、高円寺「うおこう寄席用」に江戸東京野菜を納品した。


2月7日から16日までの、第10回 高円寺演芸まつりは開催されていることは当ブログで紹介しているが、
うおこう寄席が9日の14時から、JR高円寺駅北口を出て2-3分の、居酒屋「うおこう」で開催される。

出演は、江戸東京野菜講談の真打田辺一乃師匠で、演目は亀戸大根の「ジョン万次郎と亀戸大根」の一席が語られる。

毎回、演芸が終わると、懇親会か開催され、江戸東京野菜が料理されて食べられるが、今回は
練馬大根、亀戸大根、東京ウド、品川ガブ、千住ネギ、伝統小松菜、金町コカブで、江戸城濠大根もありますと、紹介していた。

8日は、自宅から車で、生産者のところを回って、野菜を買い求めて、うおこうに納品してきた。





1-1.JPG

まず、立川市幸町の清水丈雄さんのお宅へ、亀戸大根と金町コカブをいただきに伺った。
いただいたものは、玉川上水沿いの畑で、トンネル栽培をしている。

上の画像をタップする

ハウスでも亀戸大根を栽培していたが、収穫は3月上旬頃のようだ。

写真左上は、滝野川大長ニンジン、写真右上は馬込三寸ニンジンが栽培されていたが、天候のせいなのか生育か遅れていてまだ出荷できる状況ではないという。

4月になると抽苔が始まる恐れがある事から、採種用にするしかないかもしれない。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月08日

高円寺演芸まつり、江戸の噺を聴いて、江戸東京野菜を食べよう。

1-1.JPG
上の画像をタップしてご参加ください。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月07日

東京ファーマーズイノベーション2019が、東京の生産者の新たな販路開拓、商品開発などを応援しようと開催された。


東京ファーマーズイノベーションのコーディネーターの中村正明先生から、講師依頼のメールがあったのは9月だった。
中村先生からは、2017年に丸の内プラチナ大学で呼んでいただいているが、

今回も、一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)が主催だ。今回は東京都の補助事業で、中村先生の潟Rミュニティデザインが運営事務局となって「東京ファーマーズイノベーション」を、10月から実施するという。

今回の事業は、ゲスト講師の話とともに、各回5人程度の東京都の生産者にご参加いただくと云うもので、丸の内エリアの食に関心の高いオフィスワーカーや企業等に、約10分程度のプレゼンをして頂き、その後、自慢の農産物や加工品を試食して頂くというもの。

その後は、参加生産者の農産物等を使用した料理とお酒での交流会を開催するという。
お酒も飲めるとは、良い企画だ。結局、第3回の講師を依頼された。






1-1-1.JPG

会場は、2017年と同じで、大手門タワー・JXビル1階の3×3Lab Future

上の画像をタツプする

写真右手前から、コーディネーターの中村先生、次に生産者の増田康司さん、中村克之さん、西野耕太さん、左奥が冨澤剛さん、左手前、江戸東京野菜コンシェルジュ9期で三鷹の海老原雄一郎さんも見えていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月05日

まちデザイン市民講座「江戸東京野菜をご存知ですか」が今和2年1月31日、渋谷エクセルホテル東急で、開催された。 


NPO法人コミュニティスクール・まちデザインの近藤惠津子理事長(生活クラブクッキングスタジオBELLEマネージャー)から、昨年8月にメールをいただいた。

まちデザイン市民講座には、何度か招かれていて、前回は楠公レストハウスでお話をさせていただいた。




1-1.JPG

最近の江戸東京野菜の話題性から、江戸東京野菜の話を聞きたいとのお話をいただいた。

既に2019年度の計画は詰まっているが、11月から3月までの間で実施したいと云うもので、江戸東京野菜を使ったお店で、話を聞きながら食事をするという講座と云う。

丁度、8月9日に渋谷エクセル東急でランチセミナーを開催したところだったので、白幡健総料理長をご紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月04日

2月26日「江戸東京伝統野菜を知って家庭に取り入れよう」の講演会が、14時から杉並保健所で開催される。


杉並区のホームページを見ると、2月26日、杉並区内の在住、在勤務、在学の方を対象として「江戸東京伝統野菜を知って家庭に取り入れよう」の講演会が開催される。

この企画の主催は、健康づくり自主グループ「イキイキ自彊会(じきょうかい)と、旬香会」が主催するもので、

イキイキ自彊会は、自彊術という、東洋医学をルーツとする健康体操だそうだで、また、旬香会は、メタボにならないための、健康に良いメニュー作りと調理をしているという。

自彊会の渡辺修也会長は前から江戸東京野菜に注目してくれていて、今回の開催となったもの。




1-1.JPG

上の画像をタップして申し込みましょう
次第
伝統野菜について
なぜ、今伝統野菜が注目されてきたのか

家庭菜園で育てる場合の種苗の入手方法
冬野菜料理のレシピ紹介 など



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年01月29日

第10回 高円寺演芸まつりの2月9日(日)、うおこう寄席で、江戸東京野菜講談の田辺一乃師匠が登場、江戸東京野菜の料理も出る。


今年で第10回となる高円寺演芸まつりは2月7日(金)〜16日(日)で開催される。
高円寺には、四大祭りがあって、2月の演芸まつりに、4月にびっくり大道芸、8月の阿波おどり、10月のフェスタとがあるが、演芸まつりには、第2回から顔を出している。

2018年に、当時二つ目の田辺一乃さん、江戸東京野菜講談を作り上げていて、びっくり大道芸で、店の前で辻説法講談を行い、以後毎回、うおこう寄席には田辺さんが出演している。

2015年からは、女将の松井つるみさんの配慮で、当日懇親会で食べる江戸東京野菜を皆さんに紹介する機会をいただいている。

昨年は、初めて秋のフェスタでもお話をさせていただいた。




1-1-6.JPG

上の画像をタップして、ご参加ください

高円寺演芸まつりのホームページにも
当日は、懇親会で、この季節の江戸東京野菜を食べていただく
予定している江戸東京野菜は
練馬大根、亀戸大根、東京ウド、品川ガブ、
千住ネギ、伝統小松菜、金町コカブで、
江戸城濠大根もあります
posted by 大竹道茂 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介