2019年03月23日

江東区総合区民センターが実施した第3回「江戸東京野菜のルーツと味」は、高野美子先生が指導。


江東区総合区民センターが、1月から月1回の3回コースで「江戸東京野菜のルーツと味」を実施し、1月と2月に話をさせていただいた。

3月の第3回講師は、江戸東京野菜コンシェルジュの高野美子先生で、「江戸東京野菜を使った調理実習」が同センター7階の調理室で開催された。

開催に当たって、高野先生からは、この季節の食材について相談を受けた。
2月に高円寺のうおこう寄席で使った江戸東京野菜だけでも11品目もあったから、それらを提案し、江戸東京野菜の流通に取り組んでいる果菜里屋の高橋芳江さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)を紹介した。

また、高野先生のお料理写真は、参加していた亀島由美子さん(江戸東京・伝統野菜研究会)が報告してくれた。






1-1.JPG

今回使われる、江戸東京野菜について紹介された。

上の画像をタップする
ノラボウ菜、東京ウド、早稲田ミョウガタケ、亀戸ダイコン、
千住ネギ、馬込三寸ニンジンで、高野先生がつくったお料理。

・江戸東京野菜と魚介の酢味噌
(ノラボウ菜、東京ウド、才巻き海老、地蛸昆布締め)
・桜蒸し
(東京ウド、馬込三寸人参、桜鯛、新物青海苔)

・千住ネギ焼き 鴨そぼろ餡
・亀戸大根飯 煮穴子のせ

・東京ウドと亀戸大根の塩金平 内藤七味唐辛子風味
・早稲田茗荷竹 梅酒ゼリー







2-1.JPG

ノラボウ菜は、三鷹の冨澤剛さんが栽培した。


上の画像をタップすると受講生のお料理
・江戸東京野菜と魚介の酢味噌
(ノラボウ菜、東京ウド、才巻き海老、地蛸昆布締め)







3-1-1.jpg

東京ウドは、東京うど生産組合連合会会長の須崎雅義さんが栽培した。

上の画像をタップすると受講生のお料理
・桜蒸し
(東京ウド、馬込三寸人参、桜鯛、新物青海苔)

・東京ウドと亀戸大根の塩金平 内藤七味唐辛子風味

馬込三寸ニンジンは長めだが立川の清水丈雄さんが栽培している







5-1.JPG

亀戸ダイコンは、江戸川の木村重佳さんが栽培したもの。

上の画像をタップすると受講生のお料理
・亀戸大根飯 煮穴子のせ







6-1.JPG

千住ネギは足立の内田宏之さんが栽培したもの。

上の画像をタップする
・千住ネギ焼き 鴨そぼろ餡







4-1.JPG

早稲田ミョウガタケは、練馬の井之口喜實夫さんが栽培したもの。

上の画像をタップする
・早稲田茗荷竹 梅酒ゼリー

このゼリーは、冷やす時間が無かったので、
高野先生が事前につくったものが配られた。
早稲田ミョウガタケが梅味に合って美味しい。

早稲田ミョウガタケとしては、梅酒ゼリーは初めてのメニューだが、
11代将軍の家斉がミョウガタケの梅酢漬けを食べていた記録からも、
普及したいメニューだ。






7-1-2.JPG

上の画像をタップする
受講生が水彩で描いてくれた。

会場からのリポート
季節感の感じられるとても素敵なメニューでした。
野菜の味が分かり、またウドなど、調理方法(生・煮る・焼く)を
工夫してくださったので、歯ざわりの違いがよくわかるメニューで、
ぜひ、自宅でも再現してみたいと思いました。

追伸

8-0.JPG

高野美子先生は
5月から【郷土料理を食卓に】の講座が予定されています。

上の画像をタップしてお申込みください
9月の回では江戸東京野菜を取り上げます。

posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年03月22日

伝統の落ち葉堆肥農法、ドキメンタリー映画、23日から東中野で上映と、映画「武蔵野」製作委員会副会長が語る。


先日(株)農文協プロダクションの鈴木敏夫代表取締役にお会いした。

鈴木さんとは30年来のお付き合いの中で、江戸東京野菜の復活に取り組み始めた私に、江戸東京野菜の本を作りましょうと、声をかけてくれた方で、農山漁村文化協会から発刊することができた。

その後も、江戸東京野菜通信の情報を時々覗いてくれていて、時々アドバイスをいただいている。





1-1.JPG

鈴木社長の最近の仕事について伺うと、カバンからコピーを出した。
今日の朝日新聞に掲載されたんですと

「伝統の落ち葉堆肥農法、記録映画に」
「農家の思い・雑木林の美 伝える」
「武蔵野」23日から東中野で上映と、

江戸東京野菜の記事を書いてくれた山田智英記者が書いていた。

上の画像をタップする
原村政樹さんが監督の映画を作ったという。
原村さんは7-8年前に江戸東京野菜の話を聞きに来てくれたことがあり、当ブログでも紹介した記事がある。

鈴木社長は、映画「武蔵野」製作委員会副会長として
プロデューサーをしているという。

武蔵野の撮影地には、友人の横山進さんが頑張っていて、
埼玉県三芳町で開かれた、シンポジウムに招かれている。

東中野駅ホーム脇のポレポレ東中野で10時から1日1回開催される。

追録
地元埼玉では東京新聞が掲載していた。

後援の「川越市・所沢市・狭山市・ふじみ野市・三芳町・
武蔵野の落ち葉堆肥農法世界農業遺産推進協議会
の取り組みについては、今後参考にしたい。



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年03月20日

田辺一乃真打昇進披露宴が、水天宮ロイヤルパークホテルで盛会理に開催された。


講談協会の田辺一乃さんが4月1日付けで真打昇進が決定したことから、17日(日)11時半より水天宮ロイヤルパークホテル2階「春海の間」におきまして、「田辺一乃真打昇進披露宴」が盛大に開催された。

水天宮のロイヤルパークホテルは、2012年夏に江戸東京野菜の穂ジソで ”日本橋ハイボール” を販売していただいた思い出のホテル。

田辺一乃さんは、創作意欲旺盛な女流講談師として、一つひとつに物語がある江戸東京野菜を取り上げ、現在16席を作り上げたことは、当ブログでも紹介してきた。

入場は、田辺一邑師匠の後ろについて入場。





1-1-1.JPG

開会に当たり、講談協会 一龍斎貞水会長のご挨拶。

上の画像をタップする。
梅が香を桜の枝に通わせて、まもなく咲き誇るであろう桜の花
その桜の花の満開に先駆けて、みごとに花開きました。
一乃君の真打披露でございます。

日頃、一乃君をお引き立ていただいている皆様に、
厚く御礼を申し上げます。

手を添えて引き上げていく山登り
これからもお引き立てください。


と云ってお客様にお礼を言った。粋だね!!
六代目の四谷怪談は、立体怪談と云われる新境地を拓いた。
司会は一龍斎貞友さん(写真右下)





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年03月17日

江戸東京野菜講談の田辺一乃さんが定席のある亀戸で辻講釈。


亀戸香取神社で第20回亀戸大根の福分けまつりが開催されたことは紹介した。

昔から江戸東京野菜を応援してくれている、喜連川覚さんは、亀戸香取神社の参道・香取大門通り勝運商店街に居酒屋「醗酵文化応援団」(090-8809-1585) を開いていて、江戸東京野菜講談の田辺一乃さんと初めてお会いしたのが同店だった。

居酒屋「醗酵文化応援団」では、毎月、一乃さんの定席を設けている。





1-1.JPG

上の画像をタップする。
1時間前に、亀戸駅に着いた。
香取神社参道から定席の発酵文化応援団の前には屋台があり
一乃さんの真打昇進披露興行のチラシが張ってあった。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年03月16日

亀戸の香取神社で開催される「福分けまつり」が、10日(日)、開催された。


亀戸の香取神社で開催される「福分けまつり」は、、今年で20回を迎える。

そもそもは平成9年に、JA東京グループが香取神社の理解を得て、江戸東京の農業「亀戸大根」の説明板を建立したことから、地元商店会「亀の会」の皆さんが、亀戸大根でまち興しを計画。

亀の会では平成9年の2学期に亀戸地区の小中学校に種を渡して、亀戸大根の栽培を始めたのが始まり。
1999年(昭和11年3月)収穫祭が始まったことから、地元の割烹「升本」が、説明板の隣に亀戸大根の石碑を12月に建立した。
これにより、第2回から、石碑の前で亀戸大根の収穫祭の式典が行われるようになった。






0-1.JPG


大根に かけ水かけて 福もらい            

升本すずしろ庵の店頭に、亀戸大根がディスプレーしてあった。

上の画像をタップする

11時から始まる「福分けまつり」のために、亀戸大根の味噌汁づくりに、商店街の奥さん方が、亀戸大根を刻んでいた。
亀戸香取勝運商店街の居酒屋「発酵文化応援団」の喜連川麻理女将(左上)も、リズムよく刻んでいた。
「かめの会」福地憲一代表にご挨拶、




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年03月03日

馬場信宏さんが江戸東京野菜のボードゲームを創作、子どもが挑戦!!


高円寺の居酒屋「うおこう」の常連の馬場信宏さんが江戸東京野菜のボードゲームを作っていることは当ブログで紹介した。

うおこうの松井女将は江戸東京野菜コンシェルジュとして、アプリの開発などに取り組んでいる馬場さんに江戸東京野菜を次の世代に伝えていくために、ボードケーム等を作れないかと話したことから、創作に取り組み始めたという。

江戸東京野菜に、興味を持ってくれる方が、そのキャリアの中で広めていただくことは重要で、子どもに伝える方法としては、遊びながら覚えていく手法だ。




2-1.JPG

松井女将がメンバーのMOV市は、渋谷ヒカリエ8階のメンバー制ワークラウンジで、年1回開催される異業種交流の場。

上の画像をタツプする

Creative LoungeMOVが主催して、好きなことや得意なことで、仕事を生み出す達人たちの刺激的でユニークな生き方、働き方を、みなさんに楽しみながら体験していただく場が、MOV市だという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年02月28日

菜の花ガーデン武蔵村山に、のらぼう菜の苗も植わっていた。


新青梅街道を走っていたら、広大な菜の花畑が目に入った、かつて都営村山団地があったところだか、何年か前から菜の花畑になっていて、このところの温かさで満開になった菜の花が一面に咲くさまは否応なく視界に入ってくる。

東大和警察が近くにあるものだから、東大和市だと思っていたら、同署の南側は武蔵村山市だそうで、
武蔵村山市観光課に聞いた。





1-1.JPG

上の画像をタツプする

都営村山団地の老朽化による建て替えが順次行われていて、3.7haの空地を、春の菜の花、7月中旬からはひまわりを植えて、市民の憩いの場として活用しているのだという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年02月24日

大手町のJA全農 Minole「味わおう! 野永めしセミナー」、2月は江戸東京野菜が食材で開催された。


大手町のJA全農が毎月1回Minoleで「味わおう! 野永めしセミナー」を実施しているが、2月はJA全農東京の協力で、江戸東京野菜の「東京うど」と「のらぼう菜」か食材として使われると、当ブログで案内している。

“野永めし” は、日本橋ゆかりの三代目野永喜三夫さんで、江戸東京野菜を積極的に使っていただいているが、2014年1月、当時Minoleの責任者だった、川並三也さん(江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事)から、新しい企画として、有能な料理人を紹介してほしいと依頼されて紹介したもので、2014年4月から、野永さんが指導している。

このセミナーの食材は、関東各県の食材を使っているが、食材を集めるのが全農東京なので、江戸東京野菜だけで開催するのはこれまでになかった。





1-1-1.JPG

コンシェルジュの増田純代さんと、松嶋あおい理事も受講され、
川並理事も、久々に駆け付けた。

上の画像をタップするとレシピ資料




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年02月16日

「うおこう寄席」の2部「江戸東京野菜を食べよう」で、皆さんが出演者と懇談した。


第9回 高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」は、立川笑二さんの落語と、江戸東京野菜講談の田辺一乃さんの間の時間を使って、懇親会で食べていただく江戸東京野菜について、お話をさせていただいた。

江戸東京野菜は季節限定の旬のわかる野菜で、この季節に食べられる江戸東京野菜をとりあえず集めたのが、金町小カブ、馬込三寸ニンジン、品川カブ、青茎三河島菜、東京ウド、千住ネギ、早稲田ミョウガタケ、伝統小松菜、練馬大根、内藤トウガラシ、亀戸大根でした。





1-1.JPG

上の画像をタップする
高円寺北口の庚申通り商店街の居酒屋「うおこう」には、
出演者の似顔絵や案内が張ってあった。

湯沢としひと先生の似顔絵は私の分まで書いてくれて、
庚申通り商店街のチラシにも書き加えていただいた。

湯沢先生は、最初から来ていただいていて、
懇親会にも残っていただき、その席で似顔絵をいただいた。
先生は、日本落画家協会のメンバーとして活躍されている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年02月11日

2月11日(祝・月)、うおこう寄席で「江戸の噺を聞いて、江戸東京野菜を食べよう」の食材集めに走った。


第9回 高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」は、「江戸の噺を聞いて、江戸東京野菜を食べよう」がテーマ。

うおこう寄席の席亭の松井つるみ女将(江戸東京野菜コンシェルジュ)は当時から江戸東京野菜に注目していて、第2回から江戸東京野菜の食べ比べなどを行ってきた。

第4回だったか、うおこう寄席が大雪にたたられた。当初、江戸東京野菜の話しをする予定だったが、大雪で失礼した。

今回、あの時のことが頭をよぎった。
9日は雪が降ると聞いた時、勝手に夜に降るものと思っていたから、江戸東京野菜の集荷は10日に行う予定でいたが、10日は降雪が残って車では動けないから、9日に集荷しようと、日程を変更した。

しかし、9日の日中に降り積もるというウエザーニース、9日、10日に車で集荷できない・・・・。
結局、10日、路面の凍結が溶けた9時過ぎに家を出たが、ホッとした。





2-1-1 (2).JPG

始めに伺ったのが、立川の清水丈雄さん。
馬込三寸ニンジンと金町コカブをお願いしていた。

上の画像をタップする

集荷日がくるくる変わって迷惑をかけてしまったが、9時頃に伺ったら、今収穫してきたと、カブとニンジンを洗ってくれた。
冷たいのに申し訳ないと云うと、地下水を使っているからしばらく流していると、冷たくないんだ!・・・・・、と



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年02月09日

「第31回 ねりま漬物物産展」が、練馬駅北口のココネリで10日まで開催されている。


冷たい風が吹く寒い日だったが8日、練馬駅北口の区民・産業プラザ3階のイベントコーナー、ココネリで開催されている「第31回 ねりま漬物物産展」に出掛けた。

江戸東京野菜の練馬大根を本干しした沢庵漬けで「ねりま本干沢庵」(1本650円)が販売されている。





1-1-5.JPG

「雅香岡田」の岡田隆社長(練馬漬物事業組合副組合長)は、江戸東京野菜に注目してくれていて、練馬の井之口喜實夫さんが江戸東京野菜の早稲田ミョウガを栽培していることから、練馬大根の栽培を依頼して、一昨年から浅漬けの糠漬けを販売している。

今年も、先日紹介した早稲田ミョウガタケと伝統小松菜を採りに来たと、井之口さんから聞いていたので、買いに来たもの。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年02月08日

2月11日(月・祝) 江戸を聞いて、江戸東京野菜を食べよう!

1-3-1.JPG
上の画像をタップして申し込み
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年02月06日

6日締め切り、「こだわりの旬を味わおう! 野永めしセミナー」は江戸東京野菜編で2月15日(金)12時05分〜


大手町のJAビル4階ミノーレで開催されている「こだわりの旬を味わおう! 野永めしセミナー」は、個性豊かな東京の野菜はいかが? 〜江戸東京野菜編〜です。

野永めしセミナーは、日本橋「ゆかり」3代目野永喜三夫さんが指導する料理セミナーです。

食材は江戸東京野菜の「のらぼう菜」と「東京ウド」です。
定員は50名ですが、事前申し込みをされた方を抽選で決めます。



1-1.JPG

上の画像をタツプしてお申し込みください。


posted by 大竹道茂 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月30日

第31回 ねりま漬物物産展は8日から10日まで練馬大根の沢庵が販売される。


江戸の時代から練馬は、練馬大根の沢庵漬けによる、漬物産業が盛んだった。
練馬大根栽培の減少から、漬物商も少なくなったとは言え、都内でも最も漬物屋さんが多く、組合を結成している。

昭和60年代、練馬の農家が練馬大根の復活栽培に取り組み始めたことから、練馬漬物事業組合では商品化を始め、平成元年に第1回ねりま漬物物産展を実施し、西武百貨店池袋店の地下の食品売り場で行われてきたが、第27回からは地元開催となり、練馬駅北口の区民・産業プラザ3階のイベントコーナー、ココネリで開催されてきた。

今年 “第31回ねりま漬物物産展” は8日から10日まで練馬区立区民・産業プラザで、ねりま本干沢庵、沢庵漬いろいろ、べったら漬、奈良漬、浅漬いろいろ、練馬伝統の漬物の即売が行われる。



0-1.JPG

江戸東京野菜を栽培している井之口喜實夫さんが、昨年練馬大根を栽培し出荷した(株)雅香岡田では浅漬けにして販売したようだが、物産展ではブースを出して各種漬物を販売する。、

同組合では "おいしい「ぬか漬け」の作り方教室”を2月9日(土曜)に実施する。

申し込みは事前申し込みが必要で上の画像をタップする

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月26日

第九回 高円寺演芸まつりで2月11日(月・祝)14時から「うおこう寄席」が開催される。


高円寺演芸まつりの期間は、毎年高円寺の飲食店などを会場に、連日開催されるが、
JR高円寺駅北口の庚申通り商店街の居酒屋「うおこう」では、「うおこう寄席」を開催する。

これ、つるみ女将(江戸東京野菜コンシェルジュ)が企画するもので、今年は2月11日(月・祝)に、二つ目の落語家・立川笑二さんと、時代物の他、創作講談を得意とする講談師・田辺一乃さんが、昨年に続いて今年も出演する。

一乃さんは、「江戸東京野菜には物語がある」を受けとめ、昨年新作の江戸東京野菜講談12席を創作していて、江戸東京野菜の普及に尽力している。うおこう寄席を楽しみにしてください。

講談の後で、懇親会の料理で使う食材を紹介いたします。



1-1.JPG

上の画像をタップする
今年一番の初物「早稲田ミョウガタケ」を始め、練馬大根、亀戸大根、金町コカブ、品川カブ、伝統小松菜、東京ウド、馬込三寸ニンジン等、
季節の江戸東京野菜を予定しています。

落語と講談の後の懇親会は、江戸東京野菜のお料理を食べながら、
出演者と親しく懇談が予定されています。

追伸

田辺一乃さんは、今年、真打に昇進される。


posted by 大竹道茂 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月22日

外神田にある3331 Organic Gardenの「冬のイベント・野菜感謝祭」にな招かれた。


お正月に、コンシェルジュ8期の新村ルリ子さんからメールをいただいた。
何でも20日(日)に、新村さんが利用している、レンタル屋上菜園で、「冬のイベント・野菜感謝祭」が開催されるとのご案内をいただいた。

新村さんの菜園のことは、12月に当ブログで紹介しているが、機会があったら伺いたいと伝えてあったので、ご案内をいただいたもの。

冷え込みは厳しいものの、日中は暖かで乾燥した日々が続いている。

10時半前に、秋葉原に着いたので、そこから中央通りを歩いて、外神田の「3331 Organic Garden」向かった。銀座線の末広町だと1分だが、乗り換えが少ないので秋葉原から歩いたもの。





1-1.JPG

会場の屋上菜園は、元千代田区立練成中学校で、都立日比谷高校を目指す中学の一つで、千葉からの越境入学が多かったが、2005年、神田一ツ橋中学校に吸収合併された。

レンタル菜園の「3331 Organic Garden」は、1月一杯で契約が切れるから、菜園にあるものは収穫してしまうという。
新村さんと一緒の利用者・大浦美鈴さんも来ていて、一緒に作業をしていた。

上の画像をタツプする
中学校を上手に利用しているから、水道の蛇口も沢山。
とにかく手ぶらで来て、作業が出来るというシステムになっている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月19日

すみだ北斎美術館の企画展「大江戸グルメと北斎」が20日までと云うので行ってきた。


江戸東京野菜コンシェルジュの皆さん、何人もから、「すみだ北斎美術館に行ってきた!」と報告してくれる方もいて、中には、江原絢子先生(東京家政学院大学名誉教授)の講演「江戸の食文化とその魅力」を聞いてきたという方も。

12月1日から1月20日まで行われている企画展「大江戸グルメと北斎」、中々行くことができなかったが、先日1月16日に江東区総合区民センターで、江戸東京野菜の話をする機会に恵まれたことから、帰り大江戸線の両国駅下車ですみだ北斎美術館に行ってきた。





1-1.JPG

上の画像をタップする

館内は、撮影禁止だから紹介は同館のホームページから紹介する。

常設展には、富嶽三十六景「凱風快晴」の一名「赤富士」や、「神奈川沖浪裏」が詳細な解説や解像力で、展示されている他、北斎漫画も多数展示されていた。

作品は、墨田区が蒐集したもの以外、北斎作品コレクターでもあったピーター・モース氏のコレクションと、浮世絵研究の第一人者である楢ア宗重氏のコレクションが多数展示されていた。

北斎が、こたつに入りながら絵を書く姿が再現されていて、北斎の生活ぶりが窺える。

企画展の江戸グルメでは東京家政学院生活文化博物館の再現レプリカが展示してあったが、江原先生にご案内いただいて同校の生活文化博物館を見せていただいたことがある。

このお料理は、皇居の楠正成像の一角にある楠公レストハウスに於いて、江原先生の監修により江戸時代の料理を再現した弁当「江戸エコ行楽重」三の重が販売されたが、再現レプリカの、蛸を使った「桜飯」や「こおり豆富」を食べることが出来る

現在は三の重にお刺身が加わった「与の重」も販売され、特別バージョンの秋冬「江戸エコ行楽重・会席」も食べていただきたい。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月11日

二つ目だった講談師の田辺一乃さんが、今年真打昇進を果たし真打昇進興行が始まる。


二つ目だった講談師の田辺一乃さんが、苦節9年、今年真打昇進を果たし3月には真打昇進披露パーティーを開催し、4月から真打昇進興行が始まる。

一乃さんは、当ブログでも紹介しているが、夕靄発講談や、玉カフェ講談などの定席を持っている。





1-1.JPG


上の画像をタツプすると
お江戸・日本橋亭と、お江戸・上野広小路亭の日程
アクセスや、ご予約はこちら




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月09日

2月17日(日)、次世代に伝えたい江戸東京野菜、江戸川区立中央図書館で話す機会をいただいた。


2月17日(日)14時から、江戸川区立中央図書館で、「次世代に伝えたい江戸東京野菜」を話すことになった。

この話は、昨年4月に同館の橋口さんから2018年度のイベント企画のひとつとしてメールをいただいたもので、
江戸川区の名産である伝統小松菜、しんとり菜をはじめとする、江戸東京野菜に対する関心を高めるイベントを構想しているとのことだった。

会場は、江戸川区総合文化センターの前にある図書館で、毎年バスツアーで新小岩の香取神社に行く途中に前を通っている。






1-1.jpg

今回は、江戸川会場と云うことで、伝統小松菜を始め、シントリ菜、亀戸大根、千住ネギ、寺島ナスなど東京東部で栽培している江戸東京野菜をメインにお話し、生産者も紹介する予定だ。

それにしても、素晴らしいポスターが出来た。

上の画像をタップすると拡大。

このキャラクター、メールをくれた橋口さんが描いたものだという。
何でも、2015年に環境展示の一部として、江戸東京野菜を使って
「地産地消」・「CO2削減」等を説明するのに書き上げたキャラクターだという。

プロが書いたものと思っていたが、すごい才能だ。
可愛らしい絵だから、江戸東京野菜が分かりやすい。

「江戸東京野菜で使っていただいて結構です。!」と云っていただいた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月06日

小金井市で、江戸東京野菜 オリジナル缶バッチプレゼントキャンペーンが実施されている。


紹介が遅くなったが、小金井市市民部経済課主催で、(一社)小金井市観光まちおこし協会運営の、江戸東京野菜の普及事業、

「旬の江戸東京野菜の料理を味わって「缶バッチ」を集めよう」の企画を、昨年の12月14日から3月5日まで実施している。





1-1.JPG

上の画像をタップする
この江戸東京野菜のキャラクター缶バッチは、12種類がある。

参加店舗は、15店舗で、AグループとBグループに分かれていて、
Aグループには、金町コカブ、馬込半白キュウリ、東京長カブ
東京ウド、小金井マクワ、伝統小松菜

Bグループには、亀戸大根、寺島ナス、しんとり菜、のらぼう菜、
馬込三寸ニンジン、伝統大蔵大根
と、グループによってキャラクター缶バッチの種類が異なる。

このキャラクター、キモ可愛いと若い人には人気で
特に、金町こかぶから集め始めるようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介