2017年03月18日

亀戸大根の「福分けまつり」の帰り道、駅ビル「アトレ」の屋上菜園に亀戸大根が育っていた。


第18回 亀戸大根の福分けまつりが、地元亀戸の香取神社で開催されたことは、当ブログで報告した。

亀戸大根を持って会場に来ていた、亀戸駅ビル「アトレ」のチーフエリアマネージャーの山田智士主任にお会いしたが、
その亀戸大根はどこから入手したものなのかを尋ねると、駅ビル屋上で栽培していると云うので、帰りに寄るから案内してほしいとお願いしていた。





1-1-3-5.PNG

会場でお会いした、山田智士主任(左)、安田貢記副店長、齋藤大弥さん、佐藤敬子店長の皆さん。

山田さんの案内で、駅ビル8階屋上へ、菜園ゾーンにはまだ亀戸大根が残っていた。
何でも、採種をするという。

上の画像をタップする
アトレ屋上の菜園は太陽をたっぷりと受けて、沢山の種が採れることだろう。

写真左から、納所二郎理事長、松島あおい理事、新宿区の大浦美鈴さん、江戸東京野菜コンシェルジュの黒川博美さん、写真には写っていないが浅草「葱善」の田中庸浩社長も参加された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年03月17日

第18回福分けまつりで、10時から亀戸大根収穫祭が、亀戸香取神社で執り行われた。


11日、「ひょうごの食シンポジゥム」に招かれていたが、12日は亀戸の「福分けまつり」に出席するために、新神戸6時9分発ののぞみに乗って9時半に、会場の香取神社にたどり着いた。

同神社のイベントも年々盛大となって、今年で18年目を迎え、江戸東京野菜による地域興しとしては、他の模範となっている。





1-1-12.PNG

今年も地元の小学校、幼稚園などが、丹精込めて栽培した亀戸大根を、奉書などに包んで祭壇に奉納された。

上の画像をタップする。
祭壇の奥に、梢越しにスカイツリーが透けて見える。

収穫祭の式典は、香取宮司の祝詞奏上、厳粛な中で執り行われた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年03月12日

亀戸大根の「第18回 福分けまつり」が、3月12日(日)10時から亀戸香取神社で開催される。

1-1-1.PNG
上の画像をタップすると詳細へ
江戸東京野菜の地域イベントのルーツ、地域活性化の参考に
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年03月01日

3月26日、今年も「小中野村のらぼうまつり」が開催される。


先日、JAあきがわの市川辰雄専務から、電話をもらった。
今年も、3月26日、「小中野村のらぼうまつり」が開催されるが、マスコミから、取材が入っていて、適当な写真がないので、ブログの写真を貸してほしいとのこと。

当ブログは、東京農業の振興をベースに、情報を発信しているので、江戸東京野菜の「のらぼう菜」の普及に繋がればと、担当の工藤さんに数枚送信しておいた。





4-1.JPG


上の画像をクリックする
昨年の様子は、当ブログで紹介しているが、
今年は3月26日(日)10時〜14時で開催する。

西多摩経済新聞

ヤフーニュース

gooニュース

dmenuニュース

西多摩経済新聞ツイッター
posted by 大竹道茂 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年02月14日

第七回高円寺演芸まつりが今年も2月10日から19日まで高円寺の各商店街で始まった。


江戸東京野菜コンシェルジュで、高円寺北地区の「庚申通り商店街」にある居酒屋「うおこう」の女将・松井つるみさんが、立川流の若手の落語家立川吉笑さんを前座の頃から目をかけていて、第1回から同店の2階を使って落語会を開催している。

当ブログでは、第2回から掲載していますが、自作の新作落語を得意としていて成長著しい。




1-1.PNG


昨年、「現在落語論」を執筆してから、メディアへの出番も多くなり、
前座から二つ目になった頃は、松井女将に食べさせてもらっていたなどと云って「東京のお母さん」と持ち上げていたが、最近は独演会も実施しているので、もう「うおこうレベルじゃないんですヨ!」と”笑い”をとった。

1席目は、自作の新作落語「一人相撲」だが、枕に最近、内閣官房の仕事で「国際感染症・・・」をテーマにした仕事をしていて、皆さんの税金をいただいていると、次々に笑いを取る。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年02月11日

2017年01月27日

「乾燥練馬大根を使った 料理教室・試食会」が開催された。


江戸東京野菜の「練馬大根」を、東京のおもてなし食材として東京オリンピックで東京を訪れてくれる方々に、食べていただこうと、

練馬区平和台で生産する渡戸秀行さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)が「練馬大根2020東京オリンピック出荷研究会」を立ち上げ、まず乾燥練馬大根に取り組み、料理教室・試食会を行った。

料理の講師としては、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事に依頼し、
地元JA東京あおば地域振興部により、練馬春日町支店2階 調理室を使って行われた。

今回使われた乾燥練馬大根は、練馬区に伝わる「伝来種」と云われる固定種の練馬大根で、大泉の白石好孝さんが栽培したものを使っている。

伝来種は、渡戸章さん、五十嵐透さん、白石さんの三人が採種しているが、当ブログでも紹介している。





1-1-3-5.PNG

渡戸秀行さん(左)と五十嵐透さん(右)

上の画像をクリックする
写真左上は斉藤朝子先生と、上原講師(右)
JA東京あおば地域振興部の村田雄飛さんと、松田碧さん。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年01月26日

都庁第1本庁舎32階の南側食堂。〜江戸東京野菜を食べよう!、シリーズ〜、2月は「亀戸ダイコン」だ。


〜江戸東京野菜を食べよう〜! シリーズ〜、亀戸ダイコンは2月13日(月)から17日(金)まで実施される。

昨年の5月から始まった西洋フード・コンパスグループ(株)の「江戸東京野菜を食べよう! シリーズ」は、東京都庁第1本庁舎32階南側の食堂内「職員クラブ」で、17時過ぎから提供されてきた。

5月・早稲田ミョウガのミョウガタケ、井之口喜實夫
6月・東京ウド・須崎雅義氏生産
7月・寺島ナス 清水丈雄氏生産
8月・八王子ショウガ・中西真一氏生産
10月・滝野川ゴボウ・岸野昌氏生産
11月・内藤カボチャ・岸野昌氏生産

以上のように実施してきて、12月はクリスマスなどもあり、
また、お正月もお休みして、13日(月)から17日(金)まで
開催することが決定した。







1-1.PNG

1月の食材については、何がいいかと聞かれたが、青物のない時期に出荷され、江戸っ子が競って買い求めたという、亀戸ダイコンを提案した。

この時期の、亀戸ダイコンについては、江戸川グループ、葛飾グループ、東久留米グルーブ、立川グループ、西東京などで栽培しているが、

まとまった量の対応できる生産者として、清水丈雄さんにお願いした。

この企画では、毎回、同社グループ営業開発部門特命事項担当の森川洋一部長と、マーケティング部斎藤和彦部長、そして食堂の管理栄養士長谷川亜未さんの3人で生産現場を視察いただいていたが、

今回は両部長さんの日程が合わず、長谷川さんがお一人でみえたので、清水丈雄さんのお宅に案内をした。

この時期、露地だと、風にあおられて葉が傷むから、ハウス内で栽培しているが、一つのハウスで、亀戸ダイコンと金町コカブを栽培していて、もう一つのハウスでは、時期を遅らせて播種されていて、3月までは、対応できるという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年12月27日

磯沼ミルクファームの「自然流 ハム・ソーセージ・燻製」づくりの仕上げ作業に立ち会った。


先週の18日に磯沼ミルクファームの磯沼正徳さんにお誘いをいただいて、「自然流 ハム・ソーセージ・燻製」づくりの味付け、漬け込みの段階まで行ったことは、当ブログで紹介した。

前日に、漬け込んだ肉に、竹串を刺して吊るして、13時頃まで肉の表面を、火を焚いて乾かす。
16時30分頃から、一晩かけて桜の木で燻していくという。

手間暇のかかった作業だったことがわかる。

前日の天皇誕生日は、品川蕪品評会が品川神社で開催されことから失礼したが、そのことは当ブログで紹介した。
クリスマスイブの24日に、最後の仕上げが10時から行われた。






1-1.PNG

前日、燻す桜の木は1時間で燃え尽きてしまうので、アウトドアでパーティをしながら燻し作業を継続していたようで、サンタクロースの帽子をかぶったお2人は余韻を楽しんでいるようでもあった。

上の画像をクリックする。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年12月23日

磯沼ミルクファームが主催する「自然流ハム・ソーセージ・燻製」づくりに参加した。


磯沼ミルクファームの磯沼正徳さんから、自然流、ハム・ソーセージの手作りを始めるからとのお誘いを頂いたのは一昨年だったか、是非と参加を申し入れたが、急な用事が入って失礼してしまった。

この時期、イベントが重なっているが、今年は満を持して参加させてもらった。

磯沼さんは、江戸東京野菜を授業に取り入れているあの瑞穂農芸卒、農大と云う経歴で、昔からよく知っている。
最近では、日本橋ゆかりの、野永喜三夫さんが、日本橋ゆかりオリジナルの「江戸っ米ぷりん」を開発。

また、多摩・八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表が、磯沼ミルクファームとコラボで、八王子産の江戸東京野菜ジェラードも人気だ。






1-1.PNG

私を含めて11名が10時に磯沼ミルクファームに集まった。

上の画像をクリックする
この授業、磯沼さんの挨拶からアウトドア
溶岩石窯の脇で・・・・・。

配られたテキストは、
井草正「自然流ハム・ソーセージ・燻製」で、コピーが配られた。

井草先生は、東大卒後、鎌倉ハムに勤め、
その後瑞穂農芸高校で教鞭をとり、
そこで磯沼さんが学んだという。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年12月17日

和食文化国民会議主催のイベントに、江戸東京野菜もブース出展した。


一般社団法人和食文化国民会議主催の、全国「和食」連絡会議 第2回交流会、『1204和食セッション』〜次代に繋ぐ和食の集い〜 が、
12月4日13時から17時まで、千代田区平河町のJA共済ビルで開催された。

「1204和食セッション」では、
@「IWCチャンピオン酒と和食・和菓子のマリアージュ」
A「ユネスコ食文化創造都市・鶴岡の和食保護・継承活動」

B「初開催! 静岡県磐田地区交流会実施報告」
C「和食文化とインバウンド対策」
の4名の事例発表が行われた。





1-1.PNG

事例発表とは別に、各組織のブースが出ていて、協会からは、納所二郎理事長と、福島秀史理事、サポートで八幡名子さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)が、対応した。

上の画像をクリックする
ブースとしては、江戸ソバリエ協会(ほしひかる会長)や、千葉伝統郷土料理研究会も出展していたことから、交流が出来た。

江戸東京野菜コンシェルジュ協会ブースには、自由民主党農林部会長の小泉進次郎衆議院議員が訪ねてくれた。
福島理事が「江戸東京野菜は江戸時代から昭和40年代までの東京の伝統野菜です。
2020年にオリンピックもあり江戸東京野菜、また東京の農業を広くPRする絶好の機会だと思っています」と伝えると・・・・。

東京オリンピックには、東京の野菜が必要ですね!!、」
と大変共感をされ、

大いにやるべきです
と力強く激励をいただき、試食もされた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年12月07日

恒例の練馬大根引っこ抜き競技大会が第10回を迎えた。


練馬の子供たちに練馬大根を食べさせたい!、
農家さんに頼るのではなく、みんなで練馬大根を抜いて、手伝おう!!

こんな思いで、始まった練馬大根引っこ抜き競技大会も、10年を迎えた。

練馬区大泉の村田仙太郎さんの畑で始まった大会は、第3回から石神井地区、練馬地区、大泉地区の順に会場を巡って開催している。





1-1-5.PNG

翌日の、月曜日には練馬区内99校の区立小・中学校の生徒45,934人の給食に出されることから、2本折ったら失格だ。

競技大会参加者はアスリートナンバーで呼ばれ、家族の応援団を引き連れての参加が多いから、失格経験者は悔しさから、リベンジで毎回競技参加する。

上の画像をクリックする
今年も、500名は募集早々にいっぱいになり、グループの部合わせて603名が競技に参加した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年12月02日

練馬の光が丘公園で開催されたJA東京あおばの第19回農業祭に行ってきた。


報告が遅くなってしまったが20日、練馬の光が丘公園で開催されたJA東京あおばの第19回農業祭に行ってきた。

前日の午前中は肌寒い雨が降っていたが、土曜日だから午後からは結構人が出たと云う。
バックヤードに光が丘団地があるから、楽しみにしていた方々が多い証拠だ。

日曜日は晴天に恵まれたことから、10時の時点で会場に伺ったが、練馬産農産物を買い求める方々で、ごった返していた。





1-1.PNG

ステージには、JA東京あおばの榎本高一組合長を始め、練馬の農家リーダー、白石好孝さんや、五十嵐透さん達がステージに並んでいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年11月29日

江戸東京野菜の故郷を、応募いただいた方々とバスでめぐって収穫体験。


収穫の秋を体験する「江戸東京野菜めぐり」に今年も大勢の皆さんが申し込んでいただいた。

この企画、東京都農住都市支援センターが主催しているもので、2010年に国分寺・三鷹コースで始まったが、2011年からは、現在のコースになり、毎年実施していて、好評をいただいている。

前日から、雨天の予定で、集合時にも、雨は降り続いていたが、応募いただいた、皆さんは、お一人ドタキャンだった以外、皆さんお越しになった。





0-1.PNG

皆さんには9時半、東京メトロ銀座線「京橋」下車で、京橋大根河岸青物市場跡に集合いただいた。

生憎の雨と云うことで、高速道路の下にお集まりいただき、東京都農住都市支援センターの矢島清専務の挨拶で始まった。

上の画像をクリックする
今回も、京橋から江戸川地区の野菜産地にバスで遡るコース。
行程の中では、亀戸大根や小松菜の収穫が予定されている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年11月25日

JR両国駅旧駅舎に「・両国・ 江戸NOREN」が誕生した。


株式会社ジェイアール東日本都市開発から、「・両国・江戸NOREN」オープン内覧会のご招待状が届いた。

かねてより「・両国・江戸NOREN」の開業に(11月25日(金)ll時予定)に先立ち、21日13時より内覧会を開催するというもの。




1-1.PNG

すでに、JRの車内には中刷り広告で、「・両国・江戸NOREN」オープンを伝えていた。

上の画像をクリックする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

収穫の秋です! 東京の各地で農業祭が行われています。

nogyo.PNG
上の画像をクリックして、お出掛けください
posted by 大竹道茂 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年11月16日

バスで「江戸東京野菜めぐり」ご参加ください。

noujyu.PNG
上の画像をクリックしてお申込みください。昨年の様子はここから。
posted by 大竹道茂 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年11月09日

第45回 東京都農業祭で「江戸東京野菜」を展示し、注目を集める。


すっかり肌寒くなったが、恒例の東京都農業祭が、2日.3日の両日、明治神宮宝物殿前の芝生の広場で開催された。

毎回、野菜展示の大テントには、江戸東京野菜の展示スペースが確保されているが、今年も江戸東京野菜コンシェルジュ協会の有志等と一緒に展示の作業を行ったことは、先日紹介した。





1-1.PNG

上の画像をクリックする
第45回 東京都農業祭は、2日10時テープカットで開会された。

東京都農業祭実行委員会の須藤正敏会長(JA東京中央会会長) は挨拶の中で、昨年この日を都市農業の日に制定されたが、今年は、2日付けで、東京都とJA東京グループが、「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」を締結したことを紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年11月06日

12月3日、八王子の伝統野菜「高倉ダイコンを味わう」のイベントが開催される。


八王子市市民活動支援センター「NPOさぽーと8O2」では、12月3日10時から八王子駅近くの、「アミダスステーション」において「高倉ダイコンを味わう」のイベントを開催する。

今では、生産者が立川太三郎さん一人となってしまった高倉ダイコンですが、この貴重な大根を食べる企画が持たれることになった。

講師は、多摩・八王子市江戸東京野菜研究会の福島秀史代表で、同会では同じ会場の「アミダスステーション」で、、「八王子ショウガを知って味わってみよう!」の講座を実施した。




1-1.PNG

申し込みは上の画像をクリックしてください。

尚、同研究会の活動は、当ブログのカテゴリー「八王子の伝統野菜各種」よりご覧ください。

posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年11月05日

「第10回 練馬大根引っこ抜き競技大会」用の大根が、練馬の地ですくすくと育っていた。


10年前に、練馬区独立60周年記念のイベントとして開催された、「練馬大根引っこ抜き競技大会」.
あれから10年経過した。

第1回、第2回大会は、大泉の村田さんの畑で開催したが、その後、石神井地区、練馬地区、そして大泉地区の順で何度か回って、今回の第10回は練馬地区で開催される。

すでに募集は数日で満杯となったが、大会終了後の残った大根は、毎回来場者の皆さん全員で抜いてもらっている。




1-1-2.PNG

生産者にお話を聞いたが、今年は9月の長雨等で生育が今一つだというが、順調な生育を見せていた。

上の画像をクリックする
市街化の進む練馬地区でこれだけの農地を残しているのはすごい。

こちらの生産者には40年前に伺ったことがあるが、当時はまだ周辺に農地が残っていたが、今では住宅地の中のほっとするオープンスペースになっていた。

尚、江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、同日、西武池袋線練馬駅集合で同大会の応援・体験ツアーを予定している。
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介