2024年02月26日

北区史を考える会の有馬純雄会長から会報や、写真を送って頂いた。


昨年の12月17日に、滝野川かぶの品評会が開催されたことは報告した。
この日、審査委員をされた北区史を考える会の有馬純雄会長が、
同紙に「滝野川かぶ品評会開催」を寄稿したと、
2月15日発行の第150号を送って頂いていた。


0-1-.png

有馬会長は1べージを使って品評会の様子を詳細に記されている。
上の画像をタップする




「NPO法人北区もりあげ隊」が主催して行われた祭り、
「瀧野川の八幡様に集まってくだ祭(さい)」の
写真も有馬会長から送られてきた。

前に、瀧野川八幡神社から送ってもらったチラシは
「NPO法人北区もりあげ隊」が主催して行われた祭り、
何の祭りかチラシではわからなかった。
「鬼滅の刃」の、胡蝶しのぶが、北区滝野川生まれと云う事で、
今年で3年目だと藤井宮司に伺って分かった。

北区もりあげ隊のホームページには、紹介してあった。





1-1.png

小雨だったが神楽殿で、御神楽の奉納があった。
雨天の場合は24日に順延するとしていたが、
24日も雨の予報だった事から23日に実施した模様。

上の画像をタップする







2-1--.png

境内では、焼き芋や、おはぎと抹茶セットのテントも並んだ。

上の画像をタップする



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2024年02月20日

2月23日(金祝)、瀧野川の八幡さまに 集まってくだ祭(さい)


瀧野川の八幡さまに 集まってくだ祭(さい)

アニメ『鬼滅の刃』に登場する鬼殺隊の蟲柱・胡蝶しのぶの誕生日は、2月24日です。
胡蝶しのぶは、東京都北区滝野川が出生地とされています。

そこで、瀧野川八幡神社協力のもと、「NPO法人北区もりあげ隊」では、後援・東京北区観光協会として

23日(金祝)に『胡蝶しのぶ生誕祭』を行います!️。





1-1-.png

上の画像をタップして、ご参加ください。
雨天の場合は、翌日24日に順延します。

posted by 大竹道茂 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2024年02月17日

高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」で落語の合間に江戸東京野菜を語った。


2月14日(水)、午前中は日本橋でシンポジュウムがあったが、
14時に終わったので、東西線で高円寺にやってきた。
ギリギリの移動だったが、吉笑さんが始まる前に会場に着いた。
高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」は、今年は高円寺北口の
高円寺シアターバッカスで開催された。

「うおこう寄席」は、高円寺演芸まつりが始まった2011年から
行っていて、女将松井つるみさんは立川流の吉笑さんを
ひいきにしていて、前座の時から呼んでいた。

松井さんは江戸東京野菜にも興味を持っていたので、
第二回に案内を頂いたが、うおこうは居酒屋だから、
寄席が終わった後は、そこで交流会として、
酒と料理を食べるながれ。

第三回では、吉笑さんが「江戸東京野菜」の噺を創作して語ったが、
交流会では初めて江戸東京野菜を食べた。
荻窪で江戸東京野菜を栽培している井口幹英さんが
伝統大蔵大根を提供してくれたこともあった。





1-1+.png

そんなことで2015年の第五回からは、江戸東京野菜を
紹介してくれと云うので、初めて高座に上がった。

そもそもは、吉笑さんの落語1席目と2席目の合間、
時間繋ぎに江戸東京野菜を話すと云う事て始まった。
第五回からは生産者の所を回って江戸東京野菜を集めてきた。

会場の高円寺シアターバッカスのステージには、吉笑さん並みの
垂れ紙に大きく名前が書かれていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2024年01月31日

荻窪保健センターの健康づくりグループ連絡会が2月25日に、江戸東京野菜の講演会を実施する。


昨年の11月に、荻窪保健センターの健康づくりグループ連絡会の
渡邊さんからメールを頂いた。
江戸東京野菜について講演の依頼だった。

渡邊さんは、昨年6月に阿佐ヶ谷で行われた、
あさ北きずなサロンの講演会に来てくれて聞いて行かれたが、
それが面白かったのか、杉並の健康づくりグループ連絡会の皆さんと
相談されて実施が決まったと11月になってメールをくれていたもの。




スクリーンショット 2024-01-31 210644.png

このほど2月15日(木)の午前10時から2時間、江戸東京伝統野菜の
お話をすることになった。

講演内容については、任され、チラシが出来たと送って頂いた。

上の画像をタップすると詳細。

posted by 大竹道茂 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2024年01月15日

谷中七福神巡りは、護国院の大黒天と、最後は不忍池の辯財天になった。


谷中七福神巡りを、9日江戸東京野菜コンシェルジュの
皆さんにお声をかけて実施した。

報告が長くなるので、これまで2回に分けて報告し、前回は天王寺の
毘沙門天から、長安寺の壽老人を巡ってきた。

長安寺からは、妙行寺、そして玉林寺と横道にそれたが、
善光寺坂を上って谷中六丁目の交差点で大浦さんと別れた。






1-1-.png

護国院 天台宗、大黒天

上の画像をタップする
御利益は 食物・財福の神 
大黒天の後ろの、大黒天の絵は三代将軍家光が納めたものと伺った。

開運大黒天御守・福と善き運をもたらします。」を購入した。

このあと、水月ホテル鴎外荘の前を通り、寛永寺清水観音堂へ寄り道。
水月ホテルは取り壊し中で、鴎外荘は、鴎外とゆかりの深い
根津神社に移築された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2024年01月13日

谷中七福神は日暮里から天王寺毘沙門天、長安寺の壽老人、そして寄り道をした。



谷中七福神巡りは寄り道の谷中ショウガの説明板の所までは紹介した。



1-1-.png

上の画像をタップする
諏方台通りを歩いて、御殿坂を左に折れて日暮里駅の線路沿いを歩いて紅葉坂を上ると天王寺毘沙門天の石柱。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2024年01月11日

江戸七福神のコースを歩かないかとお誘いしたら11期の皆さんも参加してくれた。


江戸東京野菜の皆さんで、江戸七福神の歴史あるコースを歩かないかと暮れにご案内した。

皆さん楽しみにしていただいていて小川さんは、地元の皆さんを誘って隅田川七福神巡りを開催したという。

田端駅北口改札に9時半集合だっが、ご朱印に時間がかかるので、

50分にはスタートさせてもらった。




1-1-.png

白龍山寿命院東覚寺は真言宗豊山派
福禄寿の東覚寺から巡り始めた、

後列右から、佐々木さん、渡邊さん、若林さん、11期の加藤シェフ、
前列亀島さん、大塩さん、木村さん
前列は、そばリエの松本さん、小川さん、私、大浦さん(台東区区議)の11名の皆さん。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年12月30日

「江古田の森を歩いて、もっと知ろう」の案内が届いた。


今年は、中野区の伝統野菜として中野中生山なすが江戸東京野菜に認定されたことから、
NPO法人中野・環境市民の会の須藤悦子さんからメールを頂いた。

須藤さんは、練馬区立平和台図書館で中野中生山なすの話をするとメールをしたら、聞きに来てくれた。



1-1-.png

そんなご縁が出来たところで、「江古田の森を歩いて、もっと知ろう」の案内が届いたもの。
生憎、先約があって伺えないが、行ってみたい森だ。

上の画像をタップする
主催 森の学級 
協力 NPO法人中野・環境市民の会
1月5日(金)14:00〜16:00

申し込みは。etsuko.s-55@mbh.nifty.com
Fax 03-3951-7516
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年12月27日

スペシャルゲスト田代美代子ショーでは「愛しちゃったのよ」のデュエット


第十回 品川蕪品評会が開催されたことは紹介した。

品評会としての各賞は決まって、参加された皆さんにはみかん1箱がプレゼントされた。
会場には、区民の方々の他、顔見知りの方々も、会場に見えていた。




14-1--.png

会場の品川神社には、1997年に江戸・東京の農業「品川ネギとカブ」の説明板が建立してあるので、その前で、歌手の田代美代子さんとコンシェルジュの亀島由美子さんと

上の画像をタップする。
伝統野菜プロジェクトの草間壽子代表、果菜里屋の高橋芳江さん、江渡東京野菜コンシェルジュの木村えり子さん(写真の三人は左上)もいらしていた。草間代表には新潟でお会いして以来だ。

江戸千住ネギを奉納した浅草葱善の田中庸浩社長も見えていたので、果菜里屋の高橋廣道社長に撮ってもらった。

先日、滝野川かぶの品評会が行われた瀧野川八幡神社からは宮司の奥様藤井広美さんも見えていた。
会場には、講談の田辺一乃師匠(写真下)が見えていたので、紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年12月25日

コンシェルジ11期の小川剛さんも大きな大根を収穫し「やったー!!」の声が口をついて出た。


墨田区の伝統野菜「寺島ナス」の復活普及をしている11期の小川剛さんもファーム渡戸で江戸東京野菜の収穫体験をされたが、練馬大根の収穫では、長いのを引き抜いた。

練馬大根の中でも、ファーム渡戸では日本農林社の練馬細長尻大根の種を播種しているので、収穫した中には1m以上の長いのも出て収穫することができる。




1-1-.png

ずっしりとした重さから、やったー!!、との声が口をついて出た。

上の画像をタップする。
同じような長さでも、わずかな違いで重さも異なり、声は出ない。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年12月24日

【収穫した江戸東京野菜&すずしろ汁の野菜】


練馬大根、ごせき晩生小松菜、青茎三河島菜、 シントリ菜(ちりめん白菜)、東京べか菜、金町コカブ、砂村一本ネギ、亀戸大根の江戸東京野菜を収穫体験した後、温かいすずしろ汁が提供された。


上の動画は 拡大マークと右向き三角を押してスタートする。


木村えり子さんの様子は、若林牧子理事が動画を撮ってくれていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年12月23日

報告した「2023冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」に参加者の写真を紹介。


2023冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」のイベントには11期の方々も参加いただいて、また違った角度からの写真をLINEに掲載していたので、紹介する。

加藤シェフを紹介するのは「東京味わいフェスタ2023」でお会いして以来だが、加藤シェフが撮った写真を活用する。

今日は朝から店のスタッフとジュビちゃんと参加した。
12月にしては暑すぎたけど天気も良く楽しい泥んこ遊びの時間でしたぁ




1-1--.png

練馬ダイコンを抜くのは至難の技です顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

上の画像をタップする。
抜けない練馬大根はスコップを使ったようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年12月15日

「2023冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」が練馬区平和台のファーム渡戸で開催された。


江戸東京野菜コンルジュ協会と渡戸秀行さんが実施する収穫体験&山分けが有楽町線の平和台駅に近い、ファーム渡戸で開催された。

この日のために渡戸さんが栽培している季節の江戸東京野菜を皆で、収穫して山分けしてすべてお持ち帰りいたくく。

収穫後には、採れたての江戸東京野菜をたっぷり使った「すずしろ汁」をお楽しみいただけると云うもので、
2023年12月10日(日)10時〜12時で、開催された。




1-1-.png

コンシェルジュ協会の川並一也理事の進行で始まり、渡戸さんが、収穫する江戸東京野菜について、説明と栽培する思いを伝えた。

上の画像をタップする。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年11月09日

ロータスシネマ vol.53『よみがえりのレシピ』が上映されます。


山形県各地にある在来作物の種を取り上げた作品です。
江戸東京野菜に興味を持たれた方々には、
是非とも鑑賞いただきたい作品が『よみがえりのレシピ』です。

今回は、江戸東京野菜コンシェルジュの中山るり子さんから、
皆さんにご案内くださいと連絡を頂いたもの。

この作品とは、ご縁がある。
2009年に、当時山形在来作物研究会の会長をされていた
江頭宏昌教授から招かれて、動き始めた江戸東京野菜の取組みについて
お話をさせて頂いたが、その時渡辺智史監督にお会いしていて、

翌年10月にもお招き頂いたが、その時には、渡邊監督が
藤沢カブを撮影をしている現場に立ち会うことができた
思い出の作品でもある。




スクリーンショット 2023-11-08 194324.png

上の画像をタップする
11月11日(土)、
会費1000円
15時半〜17時半頃
会場 福聚山常圓寺の祖師堂



追録
ロータスには2015年に招かれている。


追伸
11日は「にいがた在来作物研究会」の公開シンポジウムに
招かれているので、後日報告する。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年11月01日

「江戸東京野菜を知ろう」として「東京味わいフェスタ2023」が、開催された


27日(金)から「江戸東京野菜を知ろう」として
「東京味わいフェスタ2023」が、開催されたが、
丸の内会場では、丸の内仲通りでキッチンカーによる、
東京食材を使った料理等が販売された。

沢山のキッチンカーが並んだが、親しくしている、ミクニマルノウチ、
気生根(きふね)、押上よしかつ等を紹介する





1-1-.JPG

丸の内仲通りは、車の通行禁止にして、キッチンカーの
前には、丸テーブルが置かれて、皆さんが食べている。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年10月28日

特別展「和食一日本の自然、人々の知恵〜」が、10月27日から開催される。


2020年3月に開催を予定していた
特別展「和食〜日本の自然、人々の知恵〜」は
ダイコン関連の展示が開催されることになっていたが、
当時は新形コロナの影響で開幕できなかった。

改めまして10月28日より東京・上野の国立科学博物館で
開催の運びとなりました。

また、全国のダイコンの展示もあるので、東京会場のあとは、
2026年にかけて全国7会場
(鶴岡、多賀城、松本、豊田、京都、熊本、静岡)を
巡回予定だという。




1-1-.JPG


「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されて10年。

世界中でますます注目の高まる和食を、バラエティ
豊かな標本や資料とともに、
科学や歴史などの多角的な視点から紹介します。

日本列島の自然が育んだ多様な食材や、人々の知恵や
工夫が生み出した技術、歴史的変遷、そして未来まで、
身近なようで意外と知らない和食の魅力に迫ります。

上の画像をタップする
1章 「和食」とは?
2章 ;列島が育む食材
3章 和食の成り立ち
4章 和食の真善美
5章 わたしの和食
6章 和食のこれから


尚、当時は、開催にいたらなかったが、ダイコンの
展示につき協力された方々として招いて頂いた。
今回改めて、多くの方々に見ていただくことになったのは、
喜ばしいことだ。





posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年10月01日

練馬区立平和台図書館から10月28日のポスターが出来たとデータが届いた。


この程、練馬区立平和台図書館から10月28日の
ポスターが出来たとデータが届いた。
6月に区立平和台図書館の萩原和美館長代理から、電話を頂き
10月に江戸東京野菜のイベントを企画したと云う。

これまで、練馬区のお手伝いとしては、
練馬大根引っこ抜き競技大会を2007年に企画しました。

2016年10月から農の学校の特別講座でもお話をさせて
頂いているが、ここ数年新型コロナの影響で中止されている。

2016年の12月から平和台の地元では、
ファーム渡戸のイベントのお手伝いもしている、


練馬区では11月9日に「全国都市農業フェスティバル」が開催されます!
それに先駆けて10月28日に「平和台図書館 農フェスタ」を実施する。
平和台地区ならではの農業の魅力を紹介するとある。




1-1--.JPG

上の画像をタップする

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年08月31日

8月19日(土)、20日(日)に「第35回払沢の滝ふるさと夏祭り」が開催され、檜原特産の江戸東京野菜が販売された。


東京の檜原村で江戸東京野菜の白岩うりやおいねのつるいもを
栽培している鈴木留次郎さんから、写真が届いた。

8月19日(土)、20日(日)に「第35回払沢の滝ふるさと夏祭り」が
開催された。

新型コロナで中止されていたが、久しぶりの開催で2万人が、
ふるさと夏祭りに訪れたという。





2-1-.JPG

今年の夏祭りでは、鈴木さんの店「ひなたぼっこ」では、
この季節に収穫期を迎えた白岩うりを200円で10数本を販売、

上の画像をタップする
おいねのつるいもを初めとする、檜原のジャガイモ、
そして、ルバーブと、ルバーブのジャムに、ルバーブの
サイダー等、が販売された。

鈴木さんが栽培するルバーブについては、フードジャーナリスト・
食文化研究家の向笠千恵子先生が「公営企業」に
掲載して頂いた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年08月30日

831(やさい)の日PRイベントを27日11:00〜16:00、新宿のJA東京アグリパークで開催された。


全国青果物商業協同組合連合会青年会(飯塚会長)が主催、
東京青果物商業協同組合連合会青年会が協力して、
831(やさい)の日PRイベントを27日11:00〜16:00、
新宿駅南口近くのJA東京アグリパークにおいて開催された。

野菜の日は、野菜の栄養価値の再認識と、野菜摂取の促進を
目的として1983年全国青果物商業協同組合連合会など、
9つの団体により制定され、今年は40周年を迎えた。





0-1-.JPG

当日は、全国から、北海道、宮城、栃木、群馬、埼玉、東京、千葉、
愛知、岡山、広島、熊本、沖縄等19都県の小売業者の青年会が、
地域の農産物を販売する特別イベントを開催した。
上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2023年08月23日

立川の伊勢丹で、江戸東京野菜を始め東京の野菜のイベント「都産都消マルシェ」が開催された。


都立瑞穂理農芸高校の横山修一先生から、伊勢丹立川店に、
江戸東京野菜を始め東京の野菜のイベント「都産都消マルシェ」の
開催を申し入れていると、話を聞いていた。

中々行けないで失礼していたので、横山教諭に電話をすると、
インスタグラムに掲載してあると云うので写真を頂いた。





1-1-.JPG

会場は、伊勢丹立川店の地下一階のエスカレーターで
降りた先のスペース。
8月17日(木)から22日(火)まで開催された。

上の画像をタップする
同校の女学生が持っているのが、瑞穂七色唐辛子で、
2016年に当ブログで紹介している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介