2021年07月13日

7月7日(水)、瑞穂町郷土資料館で「棚田米でいただきます 精進料理教室 ―江戸東京野菜―」の体験が行われた。


東京都瑞穂町の郷土資料館で、江戸東京野菜を紹介するイベント「伝統農耕芸を探る」が行われていることは、先日紹介したが、

7月7日(水)の10時半から「棚田米でいただきます 精進料理教室 ―江戸東京野菜―」の体験が行われた。

実施に当たって、寺島ナス、馬込半白キュウリの苗を手に入れる手段を教えてほしいというので、寺島ナスは三鷹の星野直治さんを、馬込半白キュウリについては、国分寺の小坂良夫さんを紹介した。

ただ、栽培が難しければ、生産者も紹介すると伝えていた。

チラシをよく読まずに、当日は伺うつもりでいたが、体験室の都合で8名限定、参加の申し込みが必要だったのだ、残念!!

そこで、担当の橋本満智子さんが、写真を送ってくれた。






1-1.JPG

やはり、栽培は間に合わなかったようで、料理教室で使うために寺島ナスは立川の清水丈雄さんを紹介したし、馬込半白キュウリは、苗ばかりか、半白キュウリも小坂さんから購入したようだ。

上の画像をタップする

講師には、深大寺の僧侶・緑川明世さんを迎え、佐渡棚田米と江戸東京野菜を使った精進料理の指導をしてもらっている。

深大寺と云うと深大寺そばで、今年は新型コロナ禍の影響で、昨年12月に深大寺在来をそばにして味わう「深大寺そばを味わう集い」も中止となった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年06月23日

江戸東京野菜の企画展初日、瑞穂町郷土資料館「けやき館」に行ってきた。


6月22日から7月25日まで、瑞穂町郷土資料館「けやき館」で、江戸東京野菜が紹介されることは、当ブログで紹介しているが、特に、葉画家の群馬直美さんについて、作品を通して紹介した。

21日(月)、群馬さんも交えて、会場設営がされたようで、同館指定管理者の橋本さんが写真を送ってくれた。

折角、江戸東京野菜を展示するなら、川村いさみさんの江戸東京野菜応援歌を流してもらえないかとお願いしていたら、「エントランスのJA東京中央会様のパネル横で流す準備をいたしております。」とメールの最後に書いてあったので、

川村さんからいただいたデータをUSBに入れて、22日一番で同館に伺った。





1-1-2.JPG

前日、群馬さんの立ち合いのもとで、作品展示の順など、決めたようで、

上の画像をタップする

緋毛氈の上には、東京都農林総合研究センターが保存している、江戸東京野菜に該当する野菜の細密画(コピー)が、群馬さんの作品との対比として、展示されてた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年06月17日

瑞穂町郷土資料館で絵画展「群馬直美 江戸東京野菜」の展示が、けやき館2階ギャラリーで行われる。


瑞穂町郷土資料館「けやき館」で「伝統農耕芸を探る」は
6月22日〜7月25日まで 開催されることは、先日紹介したが、

江戸東京野菜を料理して食べるので、苗の購入先を
紹介してほしいという相談だけだった。

各種企画をよく見ると、その中に、絵画展「群馬直美 江戸東京野菜」の展示が、けやき館2階ギャラリーで予定されていて、群馬さんから
展示作品のキャプションが届き、チェックして欲しいという。

みると14種類15点の江戸東京野菜が展示されるようだ。
亀戸大根(冬春)、東京ウド(冬春)、孟宗竹の筍(春)、シントリ菜(春)
馬込半白胡瓜(夏)、寺島茄子(夏)、奥多摩ワサビ(夏)、

早稲田ミョウカ(秋)、内藤唐辛子(秋)、砂村一本葱(秋)、
練馬大根(冬)、伝統小松菜(冬)、新宿一本葱(冬)、
金町コカブ(冬)




1-1.JPG

群馬さんとは、2009年に勤め先の東京都農林水産振興財団に
絵を持って訪ねてくれてからで、翌年、アトリエを訪ねた。


その後、江戸東京野菜の栽培現場に出向き収穫してもらった事もあり、

上の画像をタップする
家庭画報の国際版にも紹介されている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年06月12日

瑞穂町郷土資料館が6月22日〜7月25日まで開催する“伝統農耕芸を探る 棚田米VS 江戸東京野菜”の準備ができたとポスターを送ってくれた。 


瑞穂町郷土資料館「けやき館」指定管理者の橋本満智子さんからメールをいただいたのは、4月中旬だった。

6月22日〜7月25日まで “伝統農耕芸を探る 棚田米VS 江戸東京野菜” を同館と耕心館にて開催する予定だというもので、

国際的に活躍している群馬直美さんの絵と江戸東京野菜はパネルで紹介するという。

また、7月7日には関連イベントとして料理教室を開催し江戸東京野菜を味わう予定だが、夏野菜の、寺島ナスと、馬込半白キュウリの苗を入手できないかとの相談があったことから、星野直治さんと、小坂良夫さんを紹介したが、地元の農家・大塚弘さんの畑で順調な生育を見せているという。





20210622_伝統農耕芸を探る_校了_表.jpg

このほど、チラシができたと送ってくれた。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年04月22日

全国農協観光協会が、7月に「夏の江戸東京野菜」〜寺島なすを訪ねる旅〜を計画している。


一般社団法人全国農協観光協会が四季折々に計画している日帰りの
農業体験はでは、昨年は12月に、「江戸東京野菜を学ぶ」を
実施
しているが、

今回は、7月に「夏の江戸東京野菜」〜寺島なすを訪ねる旅〜
が計画された。



1-1terajima.JPG

上の画像をタツプする
実施日は、7月24日(土)
実施場所は、寺島ナスが生まれた、墨田区東向島で、企画協力は寺島・玉ノ井まちづくり協議会
たもんじ交流農園で寺島ナスの収穫体験もするという。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年04月10日

高輪図書館、生活セミナー「四百年の歴史を伝える江戸東京野菜 第2弾」の5月15日(土)に開催。


昨年の2月に港区高輪の図書館で江戸東京野菜の講演を行ったが、担当の竹田さんからは、帰りがけに、来年度もお願いしますと、口頭で依頼されていた。

お世辞かと思ったが、4月17日(土)で、後日依頼された。募集人員は、昨年は定員の40名だったが、今年は、ソーシャルデスタンスを取って半分の20名で募集し、即満席になったようだ。

しかし、緊急事態宣言の発令、そして延長などがあり、開催日は5月15日(土)に変更された。


1-1.jpg

上の画像をタップすると、昨年の様子。

「高輪図書館、生活セミナー」
の案内には
「四百年の歴史を伝える江戸東京野菜 第2弾」
江戸東京野菜についての講座第2弾。

前回は江戸東京野菜の歴史と成り立ちを解説していただきましたが、
今回は個々の野菜を取り上げ、特徴等を詳しくお話しいただきます。
講師:大竹 道茂氏(江戸東京・伝統野菜研究会代表)

5月15日(土曜)
午後2時から(開場は開始30分前)午後3時30分まで
場所:高輪図書館 視聴覚室
対象:中学生以上どなたでも
定員:20名(申込順)

※当日のマスクの着用、来館前の検温、手指の消毒にご協力を
お願いします。
※会場は換気をし、座席の間隔を空け、定員を通常の半分に
しております。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年02月23日

「ル・ジャポン」の中田耕一郎シェフによる中野区内の栄養士向け講習会と江戸東京野菜講座が、シェフードの企画として発信された。


江戸東京野菜を学校給食で使いたいということで、一般社団法人Che fooDo(シェフード)の地域コンテンツ統括マネージャーの辻本和男さんからご相談をいただいていた、

11月には、辻本統括マネージャーと黒澤法導事業統括マネージャーを、江戸川の木村重佳さんの畑に案内をしている。

企画の段階では、代官山にある創作フレンチレストラン「ル・ジャポン」のオーナー中田耕一郎シェフが江戸東京野菜を使った料理を試作して中野区内の栄養士向け講習会と、江戸東京野菜講座を実施するというもの。

シェフードの築地キッチンスタジオより「youtube」にて受講者に配信したもので、江戸東京野菜としては、この季節の、しんとり菜、伝統小松菜、東京ウド、千住ネギ、馬込三寸ニンジン、早稲田ミョウガタケ、渡辺早生ゴボウを展示した。





1-1.JPG

江戸東京野菜の調理実習と江戸東京野菜講座は、2月20日(土)の2時30分から、
築地キッチンスタジオ(東京促成青果ビル3階)から配信したもので、
中野区立上鷺宮小学校の菅野みゆき栄養教諭の司会進行で始まった。

上の画像をタップする。

講習会で調理されたものが、3月8日の上鷺宮小学校の給食に出される。

会場にはシェフードの辻本さん他、黒澤さん、築地キッチンスタジオ中西由紀館長がスタッフとして対応された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年02月21日

3月8日(月)、中野区立上鷺宮小学校の給食で江戸東京野菜が活用される。


2月20日(土)に「youtube」で、「Le Japon」の田中耕一郎オーナーシェフが、江戸東京野菜を使ったお料理を講習会として配信されました。

これは一般社団法人ChefooDo の企画で、
3月8日の上鷺宮小学校での給食で、出されます。



1-1.JPG


中野区立上鷺宮小学校での給食
日時: 2021年3月8日(月)
 上記の講習会の実践の場として、
小学校の給食にて江戸東京野菜を使用したメニューを出す。
「ターメリックしんとり菜ご飯」
「平目のフリット ベシャメルソース」
「和風カレースープ」

尚、2月20日の様子は、ここから。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年02月17日

淀橋市場では今月のイチバの日、2月19日(金)に、江戸東京野菜のごせき晩生小松菜、のらぼう菜、東京うどを販売します。


昨年の10月に淀橋市場戦略推進委員会の集荷力・販売促進部会の皆さんに江戸東京野菜のお話をしたことは、紹介しましたが、

淀橋市場では毎月第三金曜日に「イチバの日」として消費者対策のイベントを行っている。

今月のイチバの日、2月19日(金)に、伝統小松菜のごせき晩生、のらぼう菜、東京うどを販売しますと、伝統野菜プロジェクトの草間壽子代表から連絡をいただいた。



1-1-2.JPG

上の画像をタップすると、
ごせき晩生小松菜、のらぼう菜、東京うどの解説。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年02月14日

2月28日(日)、歌舞伎座の3階 花篭ホールで「江戸落語を食べる」に江戸東京野菜の入ったお弁当


先日、歌舞伎座サービスの西村正史さんから電話をいただいた。
江戸落語を食べる会を実施すると伺った。

同社は、劇場歌舞伎座内で飲食・物販施設を運営されていて、
3階の花篭ホールで毎月さまざまな企画・イベントを開催している。

このほど、「江戸落語を食べる」のチラシが送られてきて、
2月28日(日)は、柳家さん喬さんの出演で、

お弁当には、江戸東京野菜の「金町こかぶ」が使われる。





1-1.JPG

上の画像をタップする

話によると、毎月、月末の落語会も少しずつ再開していて、
今年は江戸東京野菜を月1回のペースで献立に
取り入れられればと考えているという。

江戸東京野菜の入手については、果菜里屋(青果商)の
高橋芳江さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)が相談に乗っていて

<月毎の江戸東京野菜が提案されていた。>

◆1月 ごせき小松菜
◆2月 金町小蕪
◆3月 亀戸大根 もしくは のらぼうな

◆4月 東京うど
◆5月 明日葉
◆6月 寺島茄子 もしくは 雑司ヶ谷茄子

◆7月 馬込半白キュウリ
◆8月 八丈オクラ
◆9月 谷中しょうが もしくは 早稲田茗荷

◆10月 内藤カボチャ もしくは 内藤とうがらし
◆11月 奥多摩わさび
◆12月 滝野川ごぼう
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年01月25日

フードジャーナリストの向笠千恵子先生か旗振り役代表をされている「すきや連」が、10周年記念セレモニーを2018年10月15日に、浅草ビューホテル3階の「祥雲の間」で開催された。


ステーイホームの中で、掲載しなかった記事を紹介している。

江戸東京野菜コンシェルジュ協会が顧問をお願いしている向笠千恵子先生か旗振り役代表をされている「すきや連」が、10周年記念セレモニーを2018年10月15日に、浅草ビューホテル3階の「祥雲の間」で開催されたことを、紹介していなかった。

「すきや連」とのご縁は、2013年の第14回のすきや連の例会が、ホテルニューオータニ内の「岡半」で開催されたときに、江戸東京野菜の「卓話」を依頼されてからのご縁だ。






1-10周年.jpg

式典には、これまで、例会を開催された全国の「すき焼き屋」の
オーナー、牛肉関係者、ネギ、ゴボウ、椎茸などの野菜、具材、
調味料や酒やワインの蔵元が参加されていた。

2016年に開催した八王子の坂福の大洞敏男社長も見えていた。
(写真 2列目の右から4人目)

前回は、なにわ野菜の難波リンゴさんにお世話になった。
「はり重」の藤本稔社長も(2列目の左から3人目)見えていた。

上の画像をタップするとセレモニーの様子

セレモニーの後、ツアーへ

<ツアー、すき焼き懇親会>
16:10我々「今半本店」行き集団は「浅草今半」を見学した後、
「ちんや」を見学し、最後に懇談会の会場に向かった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年01月18日

緊急事態宣言が発令されたことで、予定していたイベントが中止となった。


緊急事態宣言が発令されたことでステイホームが続いている。
今月の24日に江東区の図書館でお話をすることになっていたが、中止になってしまった。

江東区の皆さんは、江戸東京について興味を持っている方が多く、
2014年には、中川船番所に伺ったし、2015年には深川江戸資料館の解説ボランティアのみなさんにお話ししている。





1-1-1.JPG

上の画像をタップする


最近では2019年2月に江東区総合区民センターで実施したが、今回もこの時期だから、練馬大根、千住ネギ、江戸城濠大根、それと亀戸大根も持っていこうと思っていた。

江東区のことも、いろいろと話すが、土地のことも調べ始めていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年12月17日

(一社)全国農協観光協会が主催するイベント「江戸東京野菜を学ぶ」〜伝統野菜・都市農業にふれよう〜、練馬区平和台のファーム渡戸で開催された。


(一社)全国農協観光協会が主催、江戸東京野菜コンシェルジュ協会協力によるイベント「江戸東京野菜を学ぶ」が、先日、東京メトロ有楽町線の平和台駅近くのファーム渡戸で開催された。

10月中旬に、募集が始まったが、今年で4年目を迎えていることから数日で満席となっていた。

新型コロナウイルスの感染予防のために、平和台駅に集合した時点で、体温のチェック、マスク着用の確認をしてから、ソーシャルディスタンスを取って農園まで徒歩で来られた。





1-1.JPG

上の画像をタップする

皆さんが、ファーム渡戸についたところで、主催の全国農協観光協会・平川萌々子さん(写真左上の右)の司会進行で始まった。

江戸東京野菜ミニ講座と云うことで、平川さんから指名を受けた。
始めに江戸東京野菜と、市販の野菜の違いについて説明。

今回収穫していただく、金町コカブ、品川カブ、亀戸大根、青茎三河島菜、シントリ菜、そして練馬大根を事前に収穫しておいて、皆さんに見せながら紹介した。

続いて園主の渡戸秀行さんが挨拶の後、収穫の仕方などを説明した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年11月06日

12月6日(日)開催の「第14回練馬大根引っこ抜き競技大会」は、早々と定員になり締め切られた。


練馬区とJA東京あおばの共催で開催される
第14回練馬大根引っこ抜き競技大会は、今年は練馬の大泉で、
12月6日(日)に開催されるが、

10月21日の「ねりま区報」で紹介したことから、
選手権の部に出場する500名は早々に埋まったので締め切られた。

今年も熱気を帯びた大会になることは必至だ。



1-1チャ.JPG

この大会は、練馬独立60周年記念として2011年に始まったもので、
練馬大根を食べたことのない区民が増える中で、
選手が抜いた練馬大根を学校給食で翌日(月)に
小学生に食べてもらうと云う企画です。

大会で引抜かれても、会場の練馬大根はたくさん残る。
大会終了後に、会場に来ていた応援の方々にも抜いてもらう。
皆さんご協力ください。

上の画像をタップする
先日大会会場を視察したが、
大会を1か月後に控えて、練馬大根は順調な生育を見せている。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年10月18日

都市農地活用支援センター定期講演会2020が開催される。


農空間への市民ニーズの拡がり
11月10日(火) 13:15〜16:30
東京ウイメンズプラザ 地下ホール




1-1.JPG

上の画像をタップしてお申し込みください。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年10月12日

(一社)全国農協観光協会が主催するイベント情報が送られてきた。


先月、新宿駅南口から5分の東京アグリパークで
「伝統野菜に出会う日」江戸東京野菜の魅力と美味しい食べ方を
開催したが、好評を頂いたことは報告した。

今回は、同観光協会が毎年開催している
江戸東京野菜の山分けイベントの募集で、参加人員で代金が異なる。

山分けの準備をしている渡戸さんを紹介している。




1-1.JPG

上の画像をタップして申し込む。

その他、東京発着の観光地の募集はここから

西日本事務所の募集はここから



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年09月27日

(一社)全国農協観光協会の「江戸東京野菜」の食べ比べイベントは満席だった。


(一社)全国農協観光協会では、9月22日(火祝)〜26日(土)まで新宿駅南口に近い 
JA東京アグリパークで、各種イベントが開催されることを案内した。

新宿駅南口から5分、JA東京アグリパークの1階フロアーを利用して、上原恭子(江戸東京野菜コンシェルジュ協会)理事のイベントは開催された。

「江戸東京野菜ミニ講座」はネット予約分の席はどの回も満席。
当日枠の席も飛び入参加があって大盛況だった。

江戸東京野菜の講座や、昨年の江戸東京野菜収穫&山分けに参加された方もいらっしゃたが、ほとんどの方が江戸東京野菜初体験、短い時間でしたが皆さんに江戸東京野菜の魅力と、食べ比べと試食を交えてご紹介することが出来た。





1-1.JPG

「伝統野菜に出会う日」江戸東京野菜の魅力と美味しい食べ方を体験してください。

上の画像をタップする

会場では、「東京☆あぐり」として、江戸東京野菜の寺島ナス、奥多摩ワサビ、シントリ菜、内藤カボチャ、おいねのつるいもが販売されたが、好調な売れゆきだった。

会場奥の特設会場で上原理事の「江戸東京野菜ミニ講座」は開催された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年08月23日

全国農協観光協会では〜新宿で ”農” に出会う〜JA東京アグリパークで、9月22日(火祝)、「江戸東京野菜紹介、伝統野菜って、何?」が開催されます。


(一社)全国農協観光協会では毎年12月に江戸東京野菜の収穫体験
を実施していますが、

9月22日(火祝)〜26日(土)まで新宿駅南口に近い 
JA東京アグリパークで、各種イベントを開催します。

初日の22日(火祝)は「江戸東京野菜紹介、伝統野菜って、何?」で、
江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事による
江戸東京野菜のミニ講座、江戸東京野菜の販売では、
八王子ショウガ、内藤カボチャ、寺島ナス、滝野川ゴボウ
などが予定されている。

会場では「江戸東京野菜の物語」も、販売されます。





1-1.JPG

試食の関係上「事前予約」が必要です。

上の画像をクリックして希望の時間帯でお申し込みください。

お問い合わせ・申し込み
全国農協観光協会
TEL:03-5297-0323
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年06月20日

伝統野菜についての国際ウェビナーセッションを7月8日(水)Zoomで発表・議論し、その模様はYouTubeライブで一般公開します。


名古屋大学大学院環境学研究科の香坂玲教授からメールを頂いた。

香坂先生には、2016年に京都で開催された、
総合地球環境学研究所のワークショップに参加させてもらったが、
それ以来のお誘いだ。

中国、韓国、マレーシアと 関係者も交えて、
伝統野菜のウェブセミナーを予定しているので、
関心のありそうな方に、紹介してほしいという。 

7月8日(水)14:00~17:00参加無料で、
Zoomでの発表・議論し、その模様はYouTubeライブで一般公開する。





1-1-5.JPG

参加には事前登録が必要で7月6日までに申し込んでください。

上の画像をタツプして、主旨をご理解の上、登録参加ください。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年03月16日

JA東京みどりでは、学校給食用に計画栽培された農畜産物の応援販売を実施した。


新型コロナウイルスの対策で、あちこちに影響が出ているが、学校給食用に計画栽培をしていた生産者の野菜が、食品ロスになりかねないことから、

JA東京みどり(立川市、昭島市、武蔵村山市、国立市、東大和市)では、各市の生産者が給食用に生産していた野菜の販路の確保として、JA東京みどりが運営するファーマーズセンター「みのーれ立川」をはじめ、各市にあるJAの農産物直売所「みどりっ子」で実施した。

立川地区では、毎月2回、立川市役所の1階フロアーで農産物の直売を実施しているが、給食用の野菜も市民の皆さんでごった返したという。





1-1.JPG

上の画像をタップする

新聞で知ったことから、応援しようと15日(日)、開店の10時に出掛けたが、大勢の市民の皆さんが来ていた。

小山伸二支店長に伺ったが、
今日の分は、武蔵村山地区のニンジンが80円、立川産小松菜100円、ホウレンソウ100円、昭島産の鶏卵10個200円で販売された


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介