2019年10月04日

季節の江戸東京野菜を食べに来ませんか

a-1.JPG
上の画像をタップしてお申込みください

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年09月19日

in表参道ミナガワビレッジ「食めぐり47 Vol.3」で 10月6日(日)に季節の江戸東京野菜を食べる企画を開催される。


当ブログのトップページで紹介しているが

江戸東京野菜コンシェルジュの森川洋一さんが代表を務める森川喜市商店が、宇宙の理 KonoCafe、ミナガワビレッジと共催で、in表参道ミナガワビレッジで「食めぐり47 Vol.3」として10月6日(日)に季節の江戸東京野菜を食べる企画が開催される。

森川さんは、これまで江戸東京野菜を食べる各種企画を展開していて、最近では8月にKONOCAFFで、金子ゴールデンビールを飲む企画、4月にも江戸東京野菜を食べる企画を実施している。。

これらは、現役時代「江戸東京野菜を食べよう」シリーズを開催、生産者の畑を回り、都庁32階の西洋フードコンパスグループの食堂で実施したことは、当ブログで紹介してきた。


1-1.JPG

上の画像をタツプする
今回森川さんが生産者を回って仕入れてくる江戸東京野菜は、
練馬の井之口喜實夫さんの「早稲田ミョウガ」、
練馬の渡戸秀行さんの「滝野川ゴボウ、亀戸大根、内藤カボチャ、
内藤トウガラシ、伝統小松菜」、
東久留米市の横山姉妹の「青茎三河島菜、柳久保小麦」で、

お飲み物は、JA東京あおばの「金子ゴールデン麦茶」、
「金子ゴールデンビール1本」。
その他、キャッシュオンデリバリーとして、東京産ワインに、
東京の酒蔵から「澤乃井」「多満自慢」となっている。

レクチャでは、使われる野菜の物語を・・・・、
そして試食会、マルシェも予定されている。

お問い合わせ、お申し込みは、
森川喜市商店 090−8852-3836まで。
メール  yoyomo3@gmail.com
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年09月15日

「Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ」公開記念イベント2部は、21時から新宿ゴールデン街で開催された。


日本食をテーマとした「Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ」の公開記念イベント1部は、先に当ブログで紹介したが、2部は同日21時から会場を新宿ゴールデン街に移して開催された。

1部は14時半に終了したが、その後は15時から予定されていた学士会館で食品サポート連合「9月度定例セミナー」と懇親会に出てから、会場に向かった。





6-1.JPG

会場は、新宿のゴールデン街と聞いていたが40年振りだから、(株)ロケーションリサーチの瀬川雄貴社長と待ち合わせ場所の確認のために携帯を取り出すと、バッテリーが0で、通話不能。

仕方なく、都営新宿線の新宿三丁目で下車して、「内藤トウガラシとカボチャ」の説明板がある花園神社裏手、

最近何かと話題の吉本興行東京本部(旧新宿区立四谷第五小学校跡)の前まで行ってみると、GoogleのTシャツを着たスタッフがちらほら、ここてだ!、間違っていなかった。

「あかるい花園五番街」では瀬川社長とも会うことができた。
江戸東京野菜の講座にも来ていただいた「八雲茶寮」の梅原陣之輔料理長と(株)SIMPLICITY広報の馬場由美子さんともご一緒。

上の画像をタップする
Googleの指定されたお店は、完全招待制でスタート地点の店で受付をしてから・・・
オンライン展示の店は、「The OPEN BOOK」「BARロベリア」「無名茶屋」「ひしょう」「しの」「クラクラ」「SUZU BAR」「突風」の各店


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年09月13日

Googleが農林省などと日本の食文化をオンラインで「Google Arts & Culture」に展示した。


Googleでは、9月10日農水省を始め企業の参加を得て、日本の食文化をオンラインで展示し、世界に発信する取り組みをスタートさせた。

これまでGoogleでは世界の美術館を鑑賞できる「Google Arts & Culture」を展示していたが、食文化を紹介するシリーズとしては、スペイン、ナイジェリア、イタリアに加えて、「Flavor of Japan」として日本の食文化が紹介されたもの。

日本食をテーマとした「Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ」の公開を記念したイベントは、

六本木ヒルズ森ビルで27階のGoogle合同会社会議室で10日13時から開催された。





1-1-1.JPG

日本の食文化を紹介するFlavors of Japanは、前農林水産省大臣の斎藤健氏と、Google Arts & Culture統轄のアミットスード氏が意気投合してスタートしたものだという。

1部では齋藤健前農水大臣と農水省の末松広行事務次官が挨拶された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年09月05日

銀座にある山形県のアンテナショップ2階 ヤマガタ サンダンデロで「そばdeイタリアン」が開催された。

         

ライフスタイルコーディネーター・フードコミュニケーションプランナーの佐野弥生子さんから「そばdeイタリアン」の案内をいただいた。

佐野さんには、江戸東京野菜を普及し始めた頃から注目していただいて、ミクニ・マルノウチでも企画していただいている。

この企画は、52回を迎えるイベント。山形県鶴岡の、アル・ケッチァーノのオーナーシェフ奥田政行シェフに、食だけでなく、「アロマの香り」とか「月の満ち欠け」等の難題をシェフに預けて、お料理にどう落とし込んで表現していただくというイベントだそうだ。

今回は、「そばdeイタリアン!! 〜味覚でつなぐ麺文化〜」
山形県月山の新そばを使って、おそばをどのようにイタリアンの中に生かしていただけるかを、楽しんでいただきたいという。





1-1.JPG

奥田シェフとは久しぶり、2009年に山形でお会いしているが、2015年に高知でお料理をいただいて以来だ。

上の画像をタップする
佐野さんの司会進行で始まった。
グー先生の林幸子先生(江戸ソバリエルシック)には、そばを打っていただき、そば汁も作っていただくという。

林先生は、「太打ちは、パスタぐらいの太さに打ちましたから、どのようなお料理になるか楽しみです。

最後は、そばがきはその場で打つてくれと云うので、打ち立てを出しますが、そばのイタリアンを楽しみにしています。


奥田シェフは、昨日は札幌で料理講習会を実施していて、朝一番で東京に飛んできたという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年08月22日

森川さんが此松さんのKONOCAFEに渡邉さんを講師に招いて金子ゴールデンビールを学ぶ。


江戸東京野菜コンシェルジュ8期の森川洋一さん(森川喜市商店浦和)は、コンシェルジュ同期の此松陽子さんが西荻窪で実施しているKONOCAFEで、江戸東京野菜の紹介をしていることは、4月に当ブログで紹介した。

今月初めだったか、8月18日に再度、此松さんのKONOCAFEで、江戸東京野菜を料理し、金子ゴールデンビールを飲むので、その話を聞きたいという相談を受けた。

金子ゴールデンビールについては、JA東京あおばとして販売を行ったときの担当部長をされていた渡邉和嘉さん(江戸東京・伝統野菜研究会副代表) が適任だとして、森川さんに紹介した。




1-1-2.JPG

当日の様子を、渡邉さんに伺ったが、コンシェルジュ8期の福島珠美さん、大塩安津子さんが参加されていて、それ以外には、此松さんがネット上の「キッチハイク」にアップしていて、それを見た方々が4-5人直接参加した云う。

乾杯のビールは金子ゴールデンビールで、渡邉さんから、練馬の金子丑五郎が育成したビール麦「金子ゴール
デン」の育成から、金子ゴールデンビールの特徴についても説明があった。

上の画像をタップする
金子ゴールデンビールは、ビン内熟成のビールで、飲み方にも方法がある。
まず、ビールは冷やして、上澄みだけを楽しみ。
次は、ビン内に沈殿したおりなどを含めて、楽しむという飲み方を説明した。

大手メーカーのビールとは異なり、独特の香りと味わいは、フルーティとの感想も聞かれたようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年08月12日

今年は、10月18日から31日まで、錦糸町の駅ビル「テルミナ」の5階レストランフロアで江戸東京野菜の内藤カボチャでハロウイン。


2015年、(株)ロケーションリーチの瀬川雄貴社長から、錦糸町の駅ビル「テルミナ」の5階レストランフロア「たべテル」で、期間限定の江戸東京野菜を使ったお料理のイベントを実施したいというお話を、江戸東京野菜コンシェルジュ協会に話があった。

あれから5年、毎年瀬川社長から、お話をいただいていて、この季節の江戸東京野菜、寺島ナス、滝野川ゴボウ、内藤カボチャ、つる菜、奥多摩ワサビ、内藤トウガラシ、紫芽などが使われてきた。





1-1.JPG

江戸東京野菜を使っていただくにあたり、各お店の料理人の方々にプレゼンテーションを実施してきたが、今回も20分と短かったので、使う野菜に絞ってお話をさせていただいた。

特にこれまでは、寺島なすがメインになっていたが、今年は「ハロウィン」にかけて、内藤カボチャを中心に販売していく予定だという。

現在内藤カボチャの生産者としては、練馬の渡邉和嘉さん、加藤晴久さん、渡戸秀行さん、小平の岸野昌さん、立川の石川公一さん、八王子市の福島秀史さんなどが栽培している。

瀬川社長に伺うところによると、今年は10月18日から31日までで、10月19日(土)には、トークショーを実施するという計画。
今年は、生産者代表もという話だったので、内藤カボチャの栽培をしている、江戸東京・伝統野菜研究会の渡邉副代表にお願いした。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年08月11日

渋谷エクセルホテル東急、ランチセミナーが「江戸東京野菜の歴史を知る」をテーマに8月9日に開催された。

 
「江戸東京野菜の歴史を知る」のランチセミナーの開催に当たって、白幡健総料理長から依頼されて一週間前に、最終の打ち合わせを行ったが、このことは当ブログで紹介している。

今年は、野菜の定植後の高温干ばつ、梅雨に入ると、長雨、日照不足で農産物への影響は大きいものがあった。7月29日に梅雨が明けると、今度は雨が降らずに高温注意情報が連日となった。

ランチセミナーに使える野菜を集めるにあたって、流通を担当した青果商の果菜里屋が頑張ってくれた。





1-1.JPG

ランチセミナーは、金澤ゆき子アシスタントマネージャーの司会進行で始まった。
開会に当たって白幡総料理長は、来年は20周年で今年はプレイベントの一つとして開催したと挨拶されたことで、ランチイベントに懸ける白幡総料理長の思いが伝わってきた。

上の画像をタップする
白幡総料理長は、私を紹介していただいたが、


白幡総料理長は、東急グループが実施していた「子供たちに笑顔を! 東北復興支援プロジェクト」が、2011年6月から2017年2月までの7年間実施され、当時、京都東急ホテルの総料理長の立場で、京都から毎回参加されていた。
このプロジェクト、11回、延べ16校で トータル4790食に及んだ。

私もお手伝いをしていたことから白幡総料理長とのご縁が生まれたわけで、当ブログでも何度も紹介している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年08月07日

渋谷エクセルホテル東急の10周年記念のプレイベント、江戸東京野菜のランチコースの最終確認が行われた。


渋谷エクセルホテル東急で8月9日(金)に、江戸東京野菜のランチコースが行われるが、開催を間近に控えて、最終的に食材としての江戸東京野菜の最終決定について、流通を担当する果菜里屋の高橋芳江さんを交えて確認が行われた。

渋谷エクセルホテル東急からは、白幡健総料理長を始め、橋本晋料飲支配人、田中宏道料飲マネージャー、パブリックリレーションズの金澤ゆき子アシスタントマネージャー、石井舞さんが出席された。

同ホテルは、来年の4月に20周年を迎えることから、この企画もプレイベントの一つとして考えているという。





1-1-8.JPG

同ホテルは、井の頭線渋谷駅の上にあり、5階のラウンジからはスクランブル交差点が見える。

開催日は、江戸東京野菜について、1時間ほど時間をいただいていて、お話をさせていただくが、今回料理される野菜を中心にと思っている。

ランチセミナーでの江戸東京野菜は
前菜として、
鳴子ウリ(練馬)と本田ウリ(足立)
お稲のつる薯(檜原)、八丈オクラ(八丈島)、奥多摩ワサビ(奥多摩)、
メインディシュでは、寺島ナス(立川)が料理される。

また、東京産食材として前菜には
キュウリにモロヘイヤ(国分寺)にハーブ類が(西東京)・・・

キッシュとして、
ホルンパプリカと、ピーマン(練馬)、
モロッコインゲンと、ミニトマトミックス(国分寺)

メインデッシュでは、甘とう美人と、ビーツ(練馬)、小松菜(江戸川)、
が使用され、地産地消の料理として提供される。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年07月31日

8月7日(水) ”江戸東京野菜を見る、知る、獲る、食べる"。

1-0.JPG
上の画像をタップしてお申込みください。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年07月11日

向島百花園を愛する人々の集い「なゝくさの会」では、園内の茶亭さはらで江戸東京野菜を味わう会を開いた。


先日、東向島に伺ったことは当ブログで紹介したが、都立向島百花園の「茶亭さはら」に立ち寄って佐原滋元先生にお会いした。

その後、佐原先生から連絡をいただいた。
何でも、百花園をこよなく愛する皆さんが「なゝくさの会」を作り集っていて、次回は7月6日(土)に開催するので、そこで江戸東京野菜を紹介してほしいという。

ありがたい話なので即座にお返事をした。

向島百花園は、文化元年(1804)、佐原鞠塢によって開かれた梅園。当時は文人墨客が集うサロンだったとか、秋の七草などの詩歌にゆかりの深い草木類を多彩に植え込み、やがて、江戸の町人文化爛熟期の文人趣味豊かな名園として、庶民に親しまれるようになっていった。





1-1.JPG

パソコンの設定や、スクリーンの設営など準備があるので、
少し早めに伺った。

上の画像をタツプする
当ブログでは、お正月の七草籠をいただいたことを書いている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年06月28日

“SEIBU Green Marche“ が、6月29日(土)の10時から石神井公園駅前で開催される。


江戸東京野菜の栽培農家・平和台の渡戸ファームの渡戸秀行さんから電話があった。

何でも6月29日(土)の10時から石神井公園駅前で西武鉄道が沿線の食材を集めて “SEIBU Green Marche“ が開催されるが、

渡戸さんの野菜を利用している、PIZZERIA GTALIA DA FILIPPO が出店するという。
ピッツエリアの食材は、渡戸さんが栽培した江戸東京野菜の、寺島ナスと馬込半白キュウリだという。



1-1.JPG

上の画像をタップすると、出店店舗が掲載。

練馬産の野菜の他、金子ゴールデンビールも販売される。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年06月17日

飲食店事業者、市場関係者の皆さん、” 江戸東京野菜を「知る」「見る」「獲る」「食べる」の、まるごと体験しよう” にご参加ください。


JA東京中央会が、実施している飲食店事業者、市場関係者対象の、江戸東京野菜を「知る」「見る」「獲る」「食べる」のイベントは、参加費無料。

昨年の12月に、八王子市の立川太三郎さん畑に伺っているが、今年は、立川市の清水丈雄さんの圃場に伺う。

清水さんは、これまで寺島ナスをはじめ、伝統小松菜、金町コカブ、馬込三寸ニンジン、亀戸ダイコンなどの江戸東京野菜を栽培していて、8月4日には日本料理会席の昭和の森「車屋」が清水さんの寺島ナスなどの収穫体験&一日限りの「特別会席」も予定されている。

話題の江戸東京野菜を取り扱ってみたい、取り扱っているが詳しいことを知りたい、等の事業者の方々はぜひご参加ください。


1-1.JPG

上の画像をタツプする。
定員25名ですので早めにお申し込みください。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年06月04日

家庭画報7月号が紹介した江戸東京野菜など東京産食材の特別クラスがグランドハイヤット東京「けやき坂」で開催される。


6月1日発行の家庭画報が7月号107頁で限定紹介する
六本木のグランドハイヤット東京の鉄板焼き「けやき坂」。
同誌によると、7月10日(水)に開催される1日限定の特別クラスで、
お席も20名様限定となっている。

この特別クラスは、東京にあるホテルだからこその視点で、
東京の食材にこだわったお料理で、季節の江戸東京野菜をはじめ、
東京のブランド牛「秋川牛」の「けやき坂ビーフ」が調理される。

東京生まれの食材で調理されるコース
江戸東京野菜のテイスティング、食べ比べ
お魚料理、けやき坂ビーフ、デザート等、

下の画像をタップする


1-1ャ.JPG



鉄板料理「けやき坂」の本多良信料理長は、江戸東京野菜に早くから注目されていて、更科堀井で開催している「四季の会」に、ソバリエとして出席されている。

先月、本多シェフに招かれて「けやき坂」に伺ったが、「けやき坂ビーフ」への思いが伝わってきたが、美味しい!!。

鉄板を挟んで目の前で調理するシェフとの、江戸東京野菜談義もお楽しみください。



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年06月01日

中央区立環境情報センターが開催する令和元年度中央区総合環境講座の申し込みが始まった。


中央区立環境情報センターが開催する令和元年度中央区総合環境講座は、6月26日より11月13日まで9回にわたり、毎回水曜日に開催される。



1-1-1.JPG

初日は江戸東京野菜です

上の画像をタップする

申し込みは6月1日より

講座情報は環境情報センターのHPにも掲載されている。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年05月26日

地産地消の江戸東京野菜を 収穫体験&一日限りの「特別会席」は寺島なす。


日本料理会席の昭和の森「車屋」が20周年記念として始めた
地産地消の江戸東京野菜を収穫体験&一日限りの「特別会席」

昭島 昭和の森 四季彩和倶楽部は、
車屋の匠×江戸東京野菜 地産地Project
--美味しさの愉しみ、伝統野菜をつなぐ−

第2弾のテーマ野菜は、立川市の江戸東京野菜栽培農家
清水丈雄さん夫妻が栽培する江戸時代の寺島なすが登場します

この季節に生産される江戸東京野菜も料理長が検討しています
それはお愉しみ!!



1-1.JPG

上の画像をタップしてご覧ください
50名限定の企画は先着順です

お申し込みは 四季彩和倶楽部からも


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年05月06日

渋谷エクセルホテル東急で8月9日(金) 白幡健総料理長の江戸東京野菜を使ったランチコース


白幡健総料理長による江戸東京野菜を使ったランチコースと、それに先立って江戸東京野菜の歴史を知るセミナーが決定した。

渋谷エクセルホテル東急で白幡総料理長にお会いした話は、3月当ブログで紹介した

江戸東京野菜についていろいろとお話をさせていただいたが、江戸東京野菜に興味を持っていただいて、その後、東京ウドの栽培現場を視察されたと伺った。

この程、ご担当の田中宏道さんからチラシが送られてきた。5月5日のホテルイベントに参加されたお客様から配布が始まったと云うのでご紹介する




1-1.JPG

8月の開催ということで、江戸東京野菜の夏野菜が使われる。
お楽しみに・・・。

上の画像をタップしてご覧下さい。
申し込みフォーム裏面は ここから。

渋谷エクセルホテル東急が贈る爽やかな初夏の味わい
シーズンメニューのご案内

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年04月24日

KONOCAFEで「江戸東京伝統野菜のお料理とお話会」が開催された。


江戸東京野菜コンシェルジュ8期の森川洋一さんから、4月10日頃だったか、この季節の江戸東京野菜があったら生産者を紹介してほしいとの連絡が入った。

何でもコンシェルジュ同期の此松陽子さんが西荻窪で実施しているKONOCAFEで、「江戸東京伝統野菜のお料理とお話会」を開催するのだと云う。

生産者を紹介した後で素晴らしい企画なので、皆さんに紹介したいと取材を申し込んでいた。





1-1.JPG

森川さんは2016年5月から、都庁第一庁舎32階の西洋フードコンパスグループの食堂で、「江戸東京野菜を食べよう」シリーズを開催してきたが、

2017年4月に旬の江戸東京野菜「本場五日市ののらぼう菜」を仕入れたが、その時のご縁でJAあきがわのらぼう部会の乙戸博会長に連絡すると、森川さんの退職祝いにと、沢山ののらぼう菜と喜正の清酒「しろやま桜」を贈ってくれたとか。

上の画像をタツプする
先日、日本農業新聞にも五日市ののらぼう部会が紹介された。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年04月14日

江戸東京野菜応援歌でおなじみの川村いさみさんの「餃子LIVE」が、ライブバー八王子papaBeatで開催された。


江戸東京野菜応援歌でおなじみの川村いさみさんの「餃子LIVE」は、
ライブバー八王子eatで4月5日に開催された。

八王子餃子ライブが12月に開催されたことは当ブログで紹介した。

餃子を食べて、ライブを聴こうと云うので、
川村さんが取り組んでいる人気のライブ。
八王子で全国各地のご当地餃子が食べられると云う企画で
今月のご当地餃子は、
「浜松ぎょうざ」と「八幡餃子」が焼き上げられる。






1-1.JPG

餃子マン2号
餃子ソングは、頭に大きな餃子を乗せて歌う。

上の画像をタップする
音楽と餃子の充実コラボ in papabeat!、3000円で食べ放題!!
川村さんは、餃子の他、地元八王子の農業も応援していて、
江戸東京野菜を栽培している福島秀史さんと、
八王子市打越町の「もぐもぐファーム」小山律子さんを招いている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年03月23日

江東区総合区民センターが実施した第3回「江戸東京野菜のルーツと味」は、高野美子先生が指導。


江東区総合区民センターが、1月から月1回の3回コースで「江戸東京野菜のルーツと味」を実施し、1月と2月に話をさせていただいた。

3月の第3回講師は、江戸東京野菜コンシェルジュの高野美子先生で、「江戸東京野菜を使った調理実習」が同センター7階の調理室で開催された。

開催に当たって、高野先生からは、この季節の食材について相談を受けた。
2月に高円寺のうおこう寄席で使った江戸東京野菜だけでも11品目もあったから、それらを提案し、江戸東京野菜の流通に取り組んでいる果菜里屋の高橋芳江さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)を紹介した。

また、高野先生のお料理写真は、参加していた亀島由美子さん(江戸東京・伝統野菜研究会)が報告してくれた。






1-1.JPG

今回使われる、江戸東京野菜について紹介された。

上の画像をタップする
ノラボウ菜、東京ウド、早稲田ミョウガタケ、亀戸ダイコン、
千住ネギ、馬込三寸ニンジンで、高野先生がつくったお料理。

・江戸東京野菜と魚介の酢味噌
(ノラボウ菜、東京ウド、才巻き海老、地蛸昆布締め)
・桜蒸し
(東京ウド、馬込三寸人参、桜鯛、新物青海苔)

・千住ネギ焼き 鴨そぼろ餡
・亀戸大根飯 煮穴子のせ

・東京ウドと亀戸大根の塩金平 内藤七味唐辛子風味
・早稲田茗荷竹 梅酒ゼリー





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介