2018年07月22日

JR錦糸町駅ビル「テルミナ」で江戸東京野菜フェアのプレゼンテーションが行われた。


JR錦糸町の駅ビル「テルミナ」の5階飲食店フロア「たべテル」と、テルミナ3の「四季の蔵」で、毎年実施されている江戸東京野菜フェアは、毎年のお客様の支持を得て、今年で4年目を迎えることができた。

今年は9月7日(金)から30日(日)までで、8日(土)には恒例のトークショーを依頼されている。

今回、各お店の責任者の方々にお集まりいただき、江戸東京野菜についてのプレゼンテーションをさせていただくことになった。

毎年この季節の江戸東京野菜を選んでいただいているが、
昨年は、「江戸東京野菜×TERMINA」として、「寺島ナス」「内藤トウガラシ」「内藤カボチャ」「奥多摩わさび」「滝野川ゴボウ」の5品目の江戸東京野菜が使われ。

2016年9月には、「寺島ナス」「滝野川ゴボウ」「伝統小松菜」「シントリ菜」「内藤カボチャ」「東京ウド」の6品目

2015年9月には「寺島ナス」「シントリ菜」「奥多摩ワサビ」「東京うど」で、4品目だった。






1-1.JPG

今年は、昨年の5品目に加えで、紫芽とつる菜を使っていただくが、改めて、江戸東京野菜とは、から初めて、利用いただく江戸東京野菜について説明を行った。

上の画像をタップする。

この企画を実施しているのが、(株)ロケーションリサーチの瀬川雄貴社長で,1週間前に出先の元麻布でお会いして打ち合わせをしている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年07月20日

7月21日(土)13時から特別講演「ベテラン農家は語る」 渡戸章さんに聞く!!

1-1.JPG
練馬大根は俺に聞け!!、上の画像をタップしてお申し込みください。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年07月08日

練馬区立牧野記念庭園記念館から、夏休み特別企画の案内が届いた。


練馬区立牧野記念庭園記念館から、夏休み特別企画「ドクターマキノと道草たんけん」〜空飛ぶ胴乱号にのつて〜の案内が届いた。

道ばたの草花を見る目がちょっと変わる、植物たちの”サバイバル大作戦”をのぞいてみよう。

7月14日(土)〜9月24日(祝月)




1-1.JPG

上の画像をタップする。

@ ギャラリートーク&カンバッジづくり7月22日(日)

A 夏休み自由研究相談会 8月19日(日)

練馬区立牧野記念庭園記念館

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年06月29日

東京ガスの担当者から「食育シンポジウム」のご案内が届いた。


「環境に優しい食育協議会シンポジウム」〜食育で育まれる力〜
8月T日に浜松町の本社ビルで開催される。参加無料

の御案内が東京ガスの担当者から届いた。
夏休み中だから、先生方も参加しやすい。



1-1.JPG

上の画像をタップする

申し込み締め切りは7月11日(水)
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年06月19日

農業・農村ギャラリーの ”ミノーレ” で、日本橋「ゆかり」三代目が “こだわりの旬を味わおう! 野永めしセミナー“ で指導。


農業・農村ギャラリーの ”ミノーレ” で行われている料理セミナーは、2008年から開催されていて、今回で10周年を迎えた。

同セミナーの講師として、2014年からお願いしている日本橋「ゆかり」の、三代目・野永喜三夫さんが、今年から “こだわりの旬を味わおう! 野永めしセミナー“ として実施している。

野永さんは江戸東京野菜をはじめとする、東京の食材を積極的に活用していただいていることから、江戸東京野菜への思いを伺いたいと、取材を申し込んだうえで、同ギャラリーの福羅美貴さんにお願して、講座の取材もお願いした。





1-1.JPG

セミナーは、丸の内のJAビル4階にある農業・農村ギャラリーで、12時5分から12時50分と、近くのビルにお勤めの方も参加しやすいような時間帯になっていて、参加費は1000円。

上の画像をタップする

今回は ”ミノーレ”での゛セミナー10周年を記念して、にんべんの商品と湘南レッド(タマネギ)と、キュウリにトマト、の入ったプレゼントが用意されていた。

今回は、にんべんの広報宣伝グループの木村絵里子係長が見えていて、商品紹介が行われていた。

野永さんの手元は、部屋に2台あるモニターから、野永さんの手元を見つめる参加者。

上の画像をタップする

お料理は、
「キュウリとナスのお出汁を楽しむ揚げびたし」
「やまゆりポークとナスの炒め物」
「やまゆりポークと湘南レッドとキュウリの初夏スープ」
「やまゆりポーク、湘南レッド。キュウリのさっぱり梅マヨ合え」




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年05月05日

居酒屋「うおこう」の2階で一乃さんと川村さんを囲んでの懇親会は江戸東京野菜の試食がメイン。


29日(日・祝)、「第10回高円寺びっくり大道芸2018」が開催されていた高円寺の商店街は、ごった返し、庚申通り商店街も元気な商店街だ。

居酒屋「うおこう」には、江戸東京野菜の応援団の、講談師田辺一乃(かずの)さんと、シンガーソングライターの川村いさみさんが出演してくれた。

講談師の田辺一乃さんは、店の前で辻講釈として、「義士の討ち入り」や「本能寺の変」等を読んだことは、当ブログで紹介した。





1-1.JPG

一乃さんは、一席終わると、慣れたもので立見のお客さんたちに、
ストレス解消に、張扇で釈台を叩いてみませんか!」「インスタ映えする写真を撮りますよ・・・・」と、声をかけた。

上の画像をタップする
そこで挑戦したのが、4月の「初めての江戸東京野菜」を受講した、
写真の浅野優子さんと、亀島由美子さん。

浅野さんは6月五反田に開店する「カジュアルダイニングOne」の
日本酒ナビゲーターで、日本酒と江戸東京野菜を外国人に
紹介したいと云う。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年05月04日

内藤とうがらしの成田重行先生を29日(日・祝)、第10回高円寺びっくり大道芸2018」にお誘いした。


29日(日・祝)、第10回高円寺びっくり大道芸2018」が開催されている、高円寺の居酒屋「うおこう」で、江戸東京野菜の応援団の講談師田辺一乃(かずの)さんと、シンガーソングライターの川村いさみさんが出演するので、思い立って前日、失礼は承知の上で成田先生に電話をして、ご臨席をお願いした。

この時期、内藤トウガラシの苗を販売等、普及活動に忙しいのは知っていたが、成田先生のプロジェクトでは、かつて浅草木馬亭で、イベントを実施したこともあり、

江戸東京野菜の応援歌を作曲し唄っている川村さんと、創作講談として江戸東京野菜の持ちネタが出来た、田辺さんの芸を聞いていただき、今後、「内藤とうがらし」版を創作し、普及に使えないかと云うもの・・・・、





6-1.JPG

当日は、新宿駅近くの常圓寺で内藤トウガラシのイベントを開催していてお忙しい中、成田先生に無理に来ていただいたが、内藤とうがらしハットをかぶって、新宿での取り組みを紹介された。

上の画像をタップする
新商品の内藤トウガラシのぬれせんべいを頂いた。

今後の「新宿 内藤とうがらし苗」の販売スケジユール
新宿タカシマヤ、新宿御苑院フォーメーションセンター前広場、
リーガーロイヤル東京等で開催される。

成田先生は、懇親会には出ずに、再び新宿に戻られたれた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年05月03日

29日(日・祝)、第10回高円寺びっくり大道芸2018」は、居酒屋「うおこう」で江戸東京野菜の講談、応援歌、試食で盛り上がった。


28日(土)、29日(日・祝)の両日、「第10回高円寺びっくり大道芸2018」が開催されたが、29日、高円寺の居酒屋「うおこう」では、江戸東京野菜の応援団の講談師田辺一乃(かずの)さんと、シンガーソングライターの川村いさみさんが出演した。

そもそもは、江戸東京野菜の応援歌を作曲し唄っている川村さんと、創作講談として江戸東京野菜の持ちネタが出来た、田辺さんの出番がないかと、

うおこう寄席」を開いている女将で江戸東京野菜コンシェルジュの松井つるみさんにお願すると、もう出演者は締め切られていてプログラムには出ないが、びつくり大道芸2018が開催されるから、29日に実施しようとなったもの。





1-1.JPG

高円寺北口の庚申道り商店街にある居酒屋「うおこう」の店先で、田辺さんの辻講釈を14時半から実施することになっていて、会場づくりに1時間前に行くと、店の前ですでに人だかりを作っていたのが一乃さんで、盛んに張り扇で、手作りという釈台をリズムよく叩いていた。

上の画像をタップする
「義士の討ち入り」「本能寺の変」「山内一豊の妻・千代」
などを時間をおいて読み切り・・・・

うおこうのご主人浩三さん(写真左上)も、店の前に出て聞き入った。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年04月18日

亀戸香取勝運商店街の居酒屋・発酵文化応援団の「第38回 夕靄発酵談」で『品川蕪汁』が語られた。


江戸東京野菜の応援団のひとり喜連川覚さんの居酒屋「発酵文化応援団」で、毎月、二つ目の講談師田辺一乃さんによる講談の会「夕靄(ゆうもや)発講談」を開催している。

江戸東京野菜には物語があるので、喜連川さんに一度田辺さんに会いたいと頼んでいたが、以外に早く機会を作っていただいたので、一乃さんには期待を込めて色々と物語をお伝えした。

するとこちらの思いが伝わったのか、翌日に出来たと連絡があり、「品川蕪汁」だという。
さすが創作意欲満々の一乃さんだ。




1-1.JPG

品川蕪と云うので、絵本塾出版の尾下千秋社長にお伝えしたら、是非聞きたいと忙しい中駆け付けてくれた。

上の画像をタップする

絵本塾出版からは、やさい応援団「まるごと野菜シリーズ」を出版しているが、江戸東京野菜シリーズとしてムック版を発行しようと、「品川カブ」についても準備を進めていることからどんな話になるかと注目されていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年03月30日

江戸東京野菜で新作を作ってもらおうと、二つ目の講談師田辺一乃さんにお会いした。


亀戸の香取大門勝運商店街の居酒屋発酵文化応援団の店主喜連川覚さんは、江戸東京野菜の応援団として、常々情報をいただいている。
2月にも亀戸香取神社の福分け祭りのご案内をいただいたが、その中に、喜連川さんのお店で第37回夕靄発講談が行われることを知った。

講談師は田辺一乃(かずの)さん二つ目で、毎月で3年、37回も続いていることに驚いた。

喜連川さんにそのことを聞くと、彼女創作意欲が旺盛で、新作をいくつも持っていると伺った。

江戸東京野菜には物語があり、これらを講談で話してもらうのも、普及には大切なことだから喜連川さんに相談すると、3月中に会えるようにセットしますからということで、先日、喜連川さんのお店・発酵文化応援団でお会いした。





1-1.JPG

上の画像をタップする

挨拶代わりに、一乃さんから手拭いをいただいた。

師匠の故田辺一鶴氏から、紋代わりに、一乃の「一」に合う守り神として、トウガラシをいただいたと云う。
「一」が「十(とう)」になる、発展、成長などめでたい守り神として気に入っていると云う。

江戸東京野菜について亀戸大根以外、一乃さんがどの程度知っているのか聞くと、住まいは墨田区だというので、東向島で復活普及している寺島ナスについては、白鬚神社に説明板があることも知っていて、玉ノ井・寺島カフェでも話すことがあるようで、寺島ナスの普及に尽力している八百屋の阿部敏さんも知り合いだとか。

それなら話しやすいと、将軍がらみの話から始めた。
徳川家康、秀忠、家光が好んだ美濃の真桑瓜、美濃から府中に呼び寄せた真桑瓜名人の話。
その後、青梅街道の鳴子で栽培させたことから鳴子ウリとも呼ばれた。

四代将軍家綱の御前栽畑は、隅田村にあり、そこでは各種の野菜が栽培されていて、江戸ナスとも云われた寺島ナスも栽培されていた。

五代将軍の綱吉は、尾張から大根のタネを取り寄せて練馬の地で栽培させたところ1メートルもある大根が収穫され、練馬は大根の産地となっていった。

八代将軍の吉宗は、江戸川で栽培されていた青菜に「小松菜」と名付けた。
十一代将軍の家斉は、三河島で三河島菜を食べている。こんな話をしたところで。

また、毎年品川神社で行われている「品川カブ」の品評会の話から品川汁の人道的な話などの話をした。

「講釈師見てきたような嘘をつき。」とは昔から言われているが、江戸東京野菜については、史実に忠実であってほしい。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年03月15日

4月7日に開催される練馬の向山庭園観桜会で、石井さんの江戸東京野菜のお弁当が食べられる


西武池袋線の大泉学園駅近くにある「小料理石井」の主人石井公平さんから写真添付のメールをもらった。

石井さんは、つきぢ田村で修業をした後、和食の料理人として活躍されていたが、独立に当たって当時から話題の江戸東京野菜を学ぼうと、2014年7月にコンシェルジュ協会が実施した入門講座を受講し、その意を強くしたようで、
その後も相談に乗ったが、2015年9月に「小料理石井」を開店している。

添付写真は、4月7日に開催される向山庭園観桜会のもので「桜と江戸東京野菜を楽しむ」企画も選べる。(練馬区在住、在勤、在学の方30名だ)





1-1.JPG

上の画像をタツプすると拡大。

添付メールには、「当店がこのように区報に乗り「江戸東京野菜弁当」を公の場で披露させていただける機会をいただきました。」という喜びのメールで、

石井さんの努力のたまものだ


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年03月10日

11日「第19回 福分けまつり」が亀戸香取神社で開催される。


亀戸大根の発祥の地亀戸で、地元かめの会が主催して亀戸地区の小学校などが栽培した亀戸大根を持ち寄って、11日10時から収穫祭が行われ、引き続き行われる「福分けまつり」では、福分けみそ汁が振舞われます。


1-1.JPG

昨年の写真をタップする


江戸東京野菜を使ってのまち興しのルーツにもなっている。
私も楽しみにしていますが、皆さんのお出でをお待ちしています。

先日は、福地憲一会長(観光協会会長)にも来ていただいて第二亀戸小学校に伺ったことは当ブログで紹介した。
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年03月01日

亀戸香取神社の「第19回福分けまつり」が開催されると、喜連川さんから資料が送られてきた。


江戸東京野菜の応援団のひとり、発酵文化応援団の喜連川覚さんから、福分けまつりの資料が送られてきた。

恒例の「第19回福分けまつり」が3月11日(日)に開催され、10時からは地元の小中学校などが栽培した亀戸大根を奉納し収穫祭が行われ、引き続き福分けまつりとして、亀戸大根の他、福分けみそ汁がふるまわれる。



1-2.jpg

上の画像をタップすると拡大




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年02月17日

浅草のカフェダイニング畑々が、肥後熊本と江戸の食材のコラボを実施する。


浅草の和風カフェダイニング畑々の安西勝治料理長は、江戸東京野菜コンシェルジュとして、昨年11月に、地元浅草葱善とのコラボを実施したが、今度は肥後熊本と江戸の食材のコラボで「熊本×東京ごはん教室」を実施する。

熊本の食材については、ナビゲーターとして浜田醤油の浜田香織女将が、料理の講師としては、安西料理長が担当されるから楽しみだ。




1-1-8.JPG

申し込みは上の画像をタップして

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年02月16日

高円寺演芸まつりのうおこう寄席は立川吉笑さんの江戸落語を聞いて江戸東京野菜を食べよう。


高円寺のうおこう寄席は毎年開催されているが、今年も立川流の二つ目立川吉笑さんの一席と二席の間の時間を利用して、2015年から、江戸東京野菜の説明をする時間をいただいている。

落語が終わると、吉笑さんを囲んでの懇親会も行っていて、そこでは江戸東京野菜のお料理を食べると云う企画を実施している。

先日、江戸東京野菜の生産者のお宅を巡ったことは、当ブログで紹介している。





0-1.JPG

吉笑さんも、2年前に「立川吉笑の『現在落語論』」を執筆してからは、二つ目の中でもテレビやマスコミに追いかけられるグループに入ったようで、立川談笑一門会やユーロライブ(東京・渋谷)での落語会は勿論、

『デザインあ』(NHKEテレ)のコーナー「たぬき師匠」でレギュラーを務めたり、水道橋博士のメルマ旬報で「立川吉笑の『現在落語論』」を連載等依頼されるようで、噺の枕がそれを物語るような広がりがある。

上の画像をタップする

松井つるみ女将の挨拶で始まった「うおこう寄席」。

一席目は、古典の「子ほめ」、
「灘の酒」をご馳走になった話を、タダの酒を飲ませると早合点して訪ねて来た男に、人を褒めてタダ酒を飲む方法として、 相手に年齢を尋ねて相手の年齢より若く見えるとおだてりすれば一杯ぐらいおごってもらえると・・・。
顔見知りの伊勢屋の番頭に会ったから早速おごって貰おうと声をかけると、「町内の色男」と逆に褒められてしまう。そこで今度は赤ん坊をほめることにする。

数え年一つの赤ん坊に『一つにしちゃあ大変お若い、どう見てもタダ同然』の下げで終わるのが、江戸だが、

「子ほめ」の下げは上方では違う、今朝生まれた赤ん坊に向かって、「今朝とはお若う見える、どうみても」として生まれる前で終わる。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年02月15日

江戸東京野菜の料理で落語家立川吉笑さんを囲む会は盛り上がる。


居酒屋うおこうの入り口には、うおこう寄席に出演する二つ目さんの似顔絵が貼ってある。
古今亭文菊(やえ)、三遊亭わん丈(HANAKO)、柳家花ん謝(さいとうあきら)、立川吉笑(小河原智子)と日本漫画家協会の先生方が描いているが、

湯沢としひと先生は、内藤カボチャ、練馬大根、伝統小松菜、奥多摩ワサビ、鳴子ウリ、青茎三河島菜、早稲田ミョウガ、寺島ナス、シントリ菜、谷中ショウガ、馬込三寸ニンジン、馬込半白キュウリと12品種の江戸東京野菜をちりばめた、似顔絵を描いてくれた。





5-1.JPG

この似顔絵、「高円寺演芸まつり」の庚申通り商店街のマップに、挿入していただいた。

湯沢先生は、会場にお見えになっていて、吉笑さんの噺から、江戸東京野菜の試食もしていただき、伝統小松菜の食べ比べでは、市販のF1より味が濃いとの感想を述べていた。

上の画像をタップする。

生憎、囲む会には、出られないと云うので、店の前でツーショツト。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年02月05日

第八回 高円寺演芸まつりが今年も各商店街で開催されますが、12日のうおこう寄席に来ませんか。



高円寺演芸まつりは、今年で8回を迎えるが、JR高円寺駅北口の庚申通り商店街の居酒屋「うおこう」では、毎回「うおこう寄席」を開催しているが、今年は9日、古今亭文菊、10日柳家花ん謝、三遊亭わん丈、12日に立川吉笑となっている。

うおこう寄席の席亭松井つるみさんが、2010年に二つ目になったばかりの立川吉笑さんを立派な落語家に育てようと贔屓にしていることから、今回も12日に出演する>



1-1.JPG

上の画像をタップする
似顔絵の湯沢としひと先生が江戸東京野菜と一緒に描いていただいた似顔絵を、いご昭二さんがマップの原画に挿入してくれました。ありがとうございます。

席亭の松井さんは江戸東京野菜コンシェルジュと云うこともあり、第五回から江戸東京野菜の物語を話す機会をいただいている。

12日(月振休)・江戸東京野菜の物語を語る
今年も、12日(月振休)に機会を作っていただいた。

吉笑さんの一席目と二席目の間の時間を使って、高座に座らせていただく。

当日は、二席目の噺が終わると、懇親会が行われるが、
吉笑さんを囲んで、江戸東京野菜を使った料理をいただくことになる。

皆さん!! 江戸東京野菜を食べに来てください。

申し込みは「うおこう」
03-3339-5778 又は 080-3386-7262

追録
立川吉笑(たてかわ・きっしょう)
1984年京都生まれ。2010年立川談笑の一番弟子に。2012年ニッ目昇進。『デザインあ』(NHK Eテレ)ほかメディア出演も多い。雑誌「中央公論」や水道橋博士のメルマガなどで連載中。著書に『現在落語論』(毎日新聞出版)がある。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年01月31日

千代田区平河町のJA共済連ビルで、「農の生け花」を出張創作した愛好会東京グループの皆さん。


八王子市川口の濱中洋子さんから電話をもらった。
濱中さんは、東京の農家女性グルーフ「ぎんなんネット」や、「農の生け花愛好会東京グループ」などで活躍している。

因みに、濱中さんのご長男俊夫さんは、八王子市の伝統野菜「川口エンドウ」を栽培する生産者のひとり。

電話の内容は、濱中さんが取り組んでいる、「農の生け花」の展示依頼があり、29日に創作展示作業をすると云う話。

よく聞くと、昨年フランス大使館の依頼で、農の生け花を展示したのが新聞に掲載された。
それを見たJA共済連全国本部の目に止まり、平成29年度JA共済 全国小・中学生書道コンクールと、第46回交通安全ポスターコンクール優秀作品を展示する1階カンファレンスホールに展示してもらいたいと云う依頼。






1-1.JPG

2月2日のコンクール表彰式当日まで展示される。

上の画像をタップする
10時から14時までの予定で作品の創作活動に入ったが、12時には完成した。

テーマは2つで、右側が「節分の豆まき」と、左が「小正月の繭玉」と云うもの。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年01月27日

積雪で足元の悪いにも関わらす、23日「TOKYOイイシナ展示商談会」は盛会だった。


TOKYOイイシナ展示商談会」が23日(火)、浅草にある、東京都立産業貿易センター台東館で開催された。

22日、東京地方は南岸低気圧の影響で、午後から雪が強まって大雪となり、企業などが早めに帰宅を促したことから駅やバスターミナルなどで大混乱が生じ、大勢の帰宅困難者が出た。

23日は晴天となったが、道路には雪が残り、ノーマルタイヤでは走れない状況。
そんな状況の中で「TOKYOイイシナ展示商談会」は、開催された。
午前中は出足が悪かったが、午後からは大勢のお客様が、会場を訪れた。




1-1.JPG

江戸東京野菜の代表としては、東京都の要請もあり、早稲田ミョウガと、ミョウガタケの井之口勇喜夫さんがブースを出していただいた。

押上「よしかつ」の店主、佐藤勝彦さんも会場を訪れ、勇喜夫さんを激励した。

上の画像をタツプする。

江戸東京野菜は季節限定だけに、早稲田ミョウガは10月だし、早稲田ミョウガタケは、2月になってからだから、作物を展示することはできなかったが、これまでの写真を使ってのパネルで説明を行った。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年01月24日

ホテルアジュール竹芝でイベント「江戸東京野菜で豊かな健康生活を!!」 が開催された。


伊豆諸島への定期船が出帆する竹芝桟橋に隣接する「ホテルアジュール竹芝」は、東京都職員共済組合の総合保健施設としての、新たな集客イベントを検討してきたが、江戸東京野菜を使って「江戸東京野菜で豊かな健康生活を!!」 を開催した。

この企画、今話題の江戸東京野菜の話を聞き、お料理を食べ、そのお料理の作り方を学んで、「豊かな健康生活」にと云うもの。




1-1.JPG

タイムスケジュール、和・洋食6品のレシピ
江戸東京野菜48品目説明書、
江戸東京野菜特集の「つなぐ通信」等、資料が配布され・・・・。

上の画像をタップする
「ベイサイドホテル アジュール竹芝」の矢野克己副総支配人の挨拶で始まり、東京都職員共済組合事務局事業部の伊藤聡厚生課長からご参加のお礼と、開催の趣旨が述べられ、私を紹介いただいた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介