2015年05月18日

「FEELJ」・「日本伝統食文化協会」・「銀座ファーマーズラボ」の共催で「江戸のふるさと!?三河と江戸のアツイ関係」を開催。


UDSの児島絵里子さんの中央FMの番組に出演したことは、当ブログで紹介したが、その後、3月末にメールを戴いた。

5月15日(金) に「伝統工芸と食を楽しむ会 FEEL J」を主宰されている加藤千晶さんとのイベントを企画しているというので、4月17日に、わざわざ打ち合わせに昭島まで来られるという。

児島さんの案内で、加藤さんと、日本伝統食文化協会の袖山洋子代表理事も来られて、お話を伺った。

今年は、徳川家康没後400年だそうで、三河出身の家康と江戸の関係性をテーマにとりあげて、
三河の八丁味噌、味醂などを紹介するイベントを行うので、一緒に江戸東京野菜のご紹介もできないかと云うもの。

会場となる有楽町駅前の交通会館6階の「農と食向けのオフィス・銀座ファーマーズラボ」は、児島さんにご案内いただいていたので、様子はわかっていた。





1-1.JPG

「FEELJ」と 「日本伝統食文化協会」そして 「銀座ファーマーズラボ」の共催で、
第3回FEELJ奇数の会(日本の食文化と伝統工芸を楽しむ会)
「江戸のふるさと!?三河と江戸のアツイ関係」が開催された。

三河の代表的な食材といえば「八丁味噌」と「みりん」、そして「白醤油」。
味噌、みりん、醤油は日本の食文化には無くてはならない物であるが、三河ではそれらが、独自の進化をとげて現代にいたっている、

そこで、ゲストスピーカーとして、杉浦味醂株式会社 杉浦嘉信社長と、日東醸造株式会社 蜷川洋一社長
そして、江戸東京・伝統野菜研究会としても招いていただいた。

上の画像をクリックする
交流会では、清酒「三河武士」を持参した杉浦社長の発声で乾杯!!

写真左下右から、加藤千晶さん、蜷川社長、私、杉浦社長、袖山洋子さん、司会進行の末広響子さん。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年05月10日

糸絵の石川金太郎さんの5人展で新たな出会いがあった。


大学の友人・石川金太郎さんの個展があるから集まろうという、幹事役の清水紀彦さんからメールがきた。

石川さんは糸絵の個展をやって7年になる。
当初は銀座でやっていたが、ここ5年は連休明けのこの時期に新宿のエスティティックビル2階で実施していて、昨年も我々が伺ったことは、彼のHPで紹介していた。

石川さんの作品は国際的にも高く評価されていて、HPでは糸絵の作品の他に、日本の文化も発信している。


   

1-1.JPG

今回は、5人展(田久保正人、高橋 亨、吉村俊雄、長尾晃、石川金太郎) をやっていて、糸絵と、4人の写真展だった。

会場で説明をしていた世田谷の吉村俊雄さん(左)を石川さんが紹介してくれたので、吉村さんの作品「鷺草」の前でツーショット。

上の画像をクリックする
毎年、石川さんの個展に合わせて、気の置けない仲間が集まり、作品を観賞した後、同ビルの地下で、お互いの健康を確かめ合って、一杯やってお開きとなる。

今回、都合のついたメンバーは、坪井伸広さん、手島孝次郎さん、片山茂夫さん、清水さんと少なかった。
吉村さんが、石川さんの糸絵を背景に撮ってくれた。


吉村さんの作品を鑑賞していたら、吉村さんか説明してくれた。
今回の作品は、全て世田谷区等々力の自宅で撮ったもので、スミレを保存するには、竹藪が良いのだという。
等々力で竹藪があると云うと、もしかして農家ですかと聞いてみると、野菜も作っていて、地元JA世田谷目黒の理事経験者だという。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:47| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年05月08日

「ミラノ万博、ついに開幕!日本館開館式を開催」と、「サポーター通信」【特別号】が配信される。


全日本食学会の江戸・東京食文化普及推進チームは三國清三シェフを中心に、活発な活動を展開しているが、このほど事務局長の濱砂文さんから、ミラノ万博日本館開館に合わせ、「サポーター通信」【特別号】が届いたとメールを戴いた。

2015年ミラノ国際博覧会日本館サポーターのみなさま
こんにちは、ミラノ万博日本館広報事務局です。

5月1日、ついにミラノ万博が開幕しました!
日本館も無事開館し、連日盛況です。




1-1.JPG

上の画像をクリックする
・ミラノ万博、ついに開幕!日本館開館式を開催
・林 農林水産大臣が来館
・日本館、活況
posted by 大竹道茂 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年04月25日

日本食育協会主催の食育シンポで佐藤勝彦さんが 〜忘れられた東京食材〜を語る。


押上「よしかつ」の主人佐藤勝彦さん(江戸東京野菜コンシェルジュ講師) からメールが届いた。

「今度の日曜日4月26日13:00〜16:10 有楽町よみうりホールにて
NPO法人日本食育協会主催 食育シンポジウム〜「食育」と身体環境〜が開催され、
基調講演のひとつとして「忘れられた東京食材」〜大都市東京で試みる地産地消〜
という題目で講演をいたします。




キsdsチャ.JPG
上の画像をクリックする


江戸東京野菜をはじめ東京食材の紹介をふくめお話をさせていただく予定です

追申


同じく都産都消のお題でTOKYO−MX「東京クラッソ」の番組で、立川の内野英樹さんと練馬の井之口喜實夫さん、秋川の直売所を私と同行取材してきました。

予定では5月20日すぎの放送です。

東京の農業や農産品の注目度は今後も高まると確信しております。今後も生産者の方々の励みになれればと思っております。
取り急ぎお知らせまで    
 押上よしかつ佐藤勝彦」
 とあった。



posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年04月15日

企画展「漫画『ドリミーもときんす』の住人牧野富太郎」、が牧野記念庭園記念館で4月18日より開催


練馬区立牧野記念庭園記念館からチラシが届いていた。

今回は、漫画家・高野文子氏が2014年に刊行した「ドリミーもときんす」の中に登場する「マキノ君」の原画と共に青年時代の牧野富太郎にスポットをあてるという。

この、「ドリミーもときんす」湯川秀樹、朝永振一郎、中谷宇吉郎、牧野富太郎の4人の科学者が、もしも一軒の学生寮「もときんす」に住んでいたらと云うドリーミーな漫画。



1-1.JPG


上の画像をクリックする
5月10日には、著者・高野文子氏の講演会も予定されている他、

4月29日(水・祝)、5月17日(日)には学芸員による展示解説がある。


posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年04月09日

台東区教育委員会が企画した「江戸東京伝統野菜で東京再発見!」の募集が始まった。


1月に、台東区教育委員会生涯学習課社会教育指導員の小林紀子さんからメールを貰った。
江戸東京野菜の話を5回講座で話してほしいというもの、

お断りするつもりでいたが、2月の初めに、同課生涯学習推進担当の肥後翼主事と、わざわざ昭島まで来てくれて、お話を伺った。

熱心なので少し考えさせてほしいとしていたが、結局、引き受けることになった。

これまで何度かメールのやり取りをしてきたが、募集を区報に掲載する必要からタイトルを考えてくれた。


「講座タイトルの案をつくってみました。
『江戸伝統野菜で東京再発見!〜知られざるお江戸の農業〜』

60代の人を対象として意識し、
・耳慣れない『江戸東京野菜』という言葉を頭に持ってきて興味をひく
・「知られざるお江戸」という言葉で、江戸好きの人の興味をひく
・地域再発見という言葉で、自分の町について興味をひく

上記を意図して講座タイトルを考えてみました。」

とあった。

wewtプチャ.JPG

上の画像をクリックする

尚、講座募集が始まったが、台東区にお住いか、在勤在学の方を対象にしている。
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年04月05日

平成27年度 砂町文化センター 春の講座として「伝統の江戸東京野菜」、現在募集中。


江戸での農業先進地砂村、現在の江東区砂町だが、公益財団法人江東区文化コミュニティ財団から依頼されて、江戸東京野菜の話をすることになった。

同区は、野菜の栽培などには熱心で、これまでも1998年からは亀戸地域の小学校で亀戸ダイコンの栽培が始まり、
2008年から江東区立砂町小学校で砂村三寸ニンジンの復活栽培が行われ、その後、第四砂町中学校でも栽培が始まった。

2010年からは第五砂町小学校で砂村一本ネギの栽培復活が行われ、先輩から後輩へタネの命を引き継ぐ授業が始まった。


キxzプチャ.JPG


2月には、江東区深川江戸資料館の解説ボランティアの研修会でお話をさせていただいて、その講座を聞いていただいた、同財団の横須賀真澄さんから、当講座を依頼されたもので・・・。

上の画像をクリックする
平成27年度 砂町文化センター 春の講座として「伝統の江戸東京野菜」を話すことになった。

江東区在住・在勤の方を対象に募集はすでに行われている。



posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年03月31日

世田谷区立次太夫堀民家園で、横山修一教諭が「種取りのロマン」を講演した。


世田谷区立次太夫堀民家園で、都立瑞穂農芸高校の横山修一教諭が「種取りのロマン」の講演をすることは、当ブログで紹介した。

横山先生は、前任の都立園芸高校で江戸東京野菜に興味を持った生徒を指導していく中で、その教育的素材に着目して、同校を、西の京都府立桂高校に対して、東の都立園芸高校と言わしめるまでになった実績がある。


1-1.JPG

少し早めに着いたら、横山先生と、園芸高校で最初に江戸東京野菜に取り組んだ横山先生の教え子・由井和也さん(江戸東京野菜研究会会員)に、同園入り口でバッタリ。

上の画像をクリックする
講演は、次太夫堀民家園の旧安藤家で開催された。

安藤家は旧大蔵村の名主で、江戸時代後期に建てられたが、同家が最も栄えた明治時代中期の姿を復元したというもので、同民家園の中でも、格式の高い民家だ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年03月27日

「和食のプロから学ぶ 温故知新セミナー」、3月は、東京うどを初め東京の季節食材。


首都圏を中心に毎月1回、大手町の農業・農村ギャラリーで開催している「和食のプロから学ぶ 温故知新セミナー」。

東京の食材としては昨年の8月に八王子市のパッションフルーツ、ピーマン、玉ねぎ、TOKYO X、の食材で実施されたが、26年度最後に東京が回ってきた。



1-0.JPG

三代目の野永さんにこのセミナーの講師をお願いした立場から、行かなければいけなかったが、今回は、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の納所二郎理事長が出席してくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:42| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年03月24日

『クラツシックと江戸東京野菜とイタリアン』が、銀座のアルケントーレで開催された。


第2回 銀座 Veggies AL KENTRE サロンコンサート。
今回は、『クラツシックと江戸東京野菜とイタリアン』が、先日、銀座のアルケントーレで ♪優しく聴いて 美味しく食べて♪、をテーマに開催された。

出演は、NHK交響楽団の、ヴィオラ奏者の小野聡さんと、第1ヴァイオリン奏者の大鹿由希さんによる デュオコンサート。




1-1.JPG

上の画像をクリツクする

第1回は1月に、「愉しく笑って、美味しく食べて」として、落語だったが、今回のお客様は、前回もみえた方もいたが、前回とは全く客層が異なるのがわかる。

この企画をブロデュースしたHiromi Satoieさんが挨拶をされ、
「桜の花が咲くころにクラッシックのメロディーでと、企画しましたが、まだ開花宣言は遅れていて・・・。」と


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年03月16日

3月21日からの「第7回 春の江戸東京野菜 お花見フェア」のチラシができた。


これまで、小金井市では、江戸東京の衣食住の歴史文化を町として、商業と農業の連携により、地域活性化を図ってきた。

玉川上水の土手に植えられた、桜並木のほか、
野川のしだれ桜、都立小金井公園、都立野川公園、都立武蔵野公園、と桜の名所は多い。


1-1.JPG


今回は、市内20店舗が参加しています。
春の江戸東京野菜などを使った料理、花見弁当、和菓子を販売するフェアを開催します。
3月21日(土)から4月5日(日)

上の画像をクリックする
お店選びはこちらから

尚 フェアの詳細はこちらから




posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年03月14日

都立瑞穂農芸横山修一先生が、「種採りのロマン」について、世田谷次太夫堀公園で、3月28日(日)14時から講演される


世田谷区生涯学習・地域・学校連携課民家園係の今田洋行さん (文化財資料調査員) から、平成26年度民家園座学の案内状を戴いた。

「種取りのロマン」とあった。
講師は都立瑞穂農芸高等学校の横山修一教諭。
横山先生は、都立園芸高校時代に、江戸東京野菜をプロジェクトとして取り入れ、その成果は、全国的に評価されたことは、当ブログで紹介している。

現在は、都立瑞穂農芸高等学校で、江戸東京野菜の新たな取り組みを行っている。



キeweプチャ.JPG


上の画像をクリツクする
種を通して命を繋げていく、そのもっとも重要な「種採り」についてのロマンをお聞かせいただけるようだ。



posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年03月05日

「和食」と「伝統野菜」を語る夕べが、3月2日(月)に、「日本外国特派員協会」で開催された。


昨年、インターネット飲食店検索の「(株)ぐるなび」が、農林水産省の事業として
全国5会場で、「生産物のブランド化と知的財産権活用セミナー」が行われ、4会場で、江戸東京野菜の事例を紹介した。

また、伝統野菜PRデーとして、商談会が行われたことも、当ブログで紹介した。

今年は、『「和食」と「伝統野菜」を語る夕べ』を、3月2日(月)に、有楽町電気ビルの「日本外国特派員協会」で開催するから、この時期に出せる江戸東京野菜をリストアップして欲しいと、昨年お世話になった、(株)ぐるなびの京極政宏グループ長から1月の末だったか依頼があった。

先日企画が、詰まって来たので、当ブログで紹介している。


1-1.JPG

上の画像をクリックする
当日、料理に使うものは、亀戸大根、しんとり菜、東京うど、早稲田茗荷たけ、がディスプレーとして飾られた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年03月03日

8日に、亀戸香取神社の「第16回 福分けまつり」が開催される。


今年で第16回となる亀戸香取神社の「福分けまつり」が今年も三月の第一日曜日の8日に開催されると、江戸東京野菜の応援団のひとり、「発酵文化応援団」オーナーの喜連川覚さんが、ポスターやチラシ等、関係資料を色々と送って戴いた。



1-1.jpg

福分けまつりは、11時からだが、それに先立ち10時から、地元の小・中学校の生徒達が栽培した、亀戸大根を奉納する「亀戸大根収穫祭」が行われる。

平成10年から、地元の小・中学校で始まった亀戸ダイコンの栽培は、10数年も続いていて、大根の栽培を通して、地元の歴史文化を学んでいる。

上の画像をクリックする。当日は、香取神社の福分けまつりの他、亀戸文化センター、亀戸香取勝運商店街、亀戸梅屋敷、亀戸十三間通り商店街、サンストリート亀戸、亀戸五丁目中央通り商店街、アトレ亀戸、亀戸天神通り商店街等で、イベントが行われ、亀戸は祭り1色となる



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年02月27日

第5回全調協食育フェスタが、24日25日、東京国際フォーラムで開催され、江戸東京野菜もお目見え。


第5回全調協食育フェスタが、(公社)全国調理師養成施設協会の主催で24日25日、東京国際フォーラムで開催された。

同フェスタ会場は、「食育情報フェア」「地産地消物産展」「調理師学校発! 、shoku−iku茶屋」にテーマが分かれていたが、

先日、当ブログで紹介していたのは、「shoku−iku茶屋」に、新宿調理師専門学校が、江戸東京野菜を使った料理を販売すると云うので、納所二郎理事長と一緒に出掛けた。

このフェスタ、食育を指導できる質の高い調理師の養成と、調理師による食育推進の収容性を周知するすることを目的にしている。






1-1.JPG

上の画像をクリックする
初日は、今回で30回を迎える調理技術コンクール全国大会があり、全国55校150人が参加して行われた。

同日は、午後から箱根湯本で開催される、日本種苗会関東ブロックの総会に、呼ばれているので、新宿調理師専門学校のブースに直行して、「江戸東京蒸し野菜」150円を注文した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年02月26日

日本外国特派員協会において3月2日「『和食』と『伝統野菜』を語る夕べ」で海外メディアに情報発信。


農林水産省では、3月2日(月)、平成26年度 日本食・食文化の世界的普及プロジェクトのうち、伝統野菜を活用した「和食」理解促進事業として、「『和食』と『伝統野菜』を語る夕べ」を、(公社)日本外国特派員協会 において海外メディア関係者等を集め開催する。




1-1.JPG


上の画像をクリックする
今回は、伝統野菜として、江戸東京野菜では、早稲田ミョウガタケ、東京うど、しんとり菜、亀戸ダイコン、の他、秋田伝統野菜、なにわ伝統野菜などが活用される。

料理するのは、京都「菊乃井」の主人・村田吉弘氏が、お弁当「口取、炊合、和え物、御飯、香の物」として料理される。

また、パティスリー・ポタジエ オーナーパティシエ 柿沢安耶 氏は、デザートとして、東京うどのクッキーの他、秋田県、長野県、愛知県、福井県の伝統野菜を使ったスイーツの盛り合わせをつくる。

江戸東京野菜もテーブル一台分のブースが用意され、説明もさせてもらえるようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年02月24日

企画展「ツバキとサザンカ」練馬区立牧野記念庭園記念館で28日より開催


練馬区立牧野記念庭園記念館から、チラシを送っていただいていた。

今回は「石井勇義と牧野富太郎の友情」サブタイトル。
園芸家の石井勇義が企画して、が画工の山田壽雄が描いたカキツバタとサザンカ。
それに牧野富太郎が係わってくる物語。





img290.jpg


3月1日と29日には学芸員による「ギャラリートーク」があるし、
3月8日には、箱田直紀先生(恵泉女学園大学名誉教授)による講演も予定されている。

上の画像をクリックする
講演会はチラシからお申し込みください。



posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年02月20日

「全国有機農業・環境・文化の集い2015 in 東京」が、3月7日(土)、8日(日)、國學院大學常磐松ホールで開催。


「全国有機農業・環境・文化の集い2015 in 東京」が、子どもに健康な土と食べものを!テーマに、
主催・全国有機農業の集い2015実行委員会、NPO法人日本有機農業研究会で、3月7日(土)、8日(日)、國學院大學常磐松ホールで開催される。




1-1.JPG

詳細と申し込みは、上の画像をクリックする。


この情報、昨年NPO法人日本有機農業研究会から頼まれて、國學院大學渋谷キャンパスで講演をしたときに、お世話になった、國學院大學の久保田裕子教授からメールで戴いたもの。



posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年02月17日

第5回 高円寺演芸まつり「うおこう寄席」で、江戸東京野菜を食べていただいた。


2月6日から開催していた「第5回 高円寺演芸まつり」は、当ブログでも案内していたが
最終日15日の「うおこう寄席」は、「江戸落語を聴いて、江戸東京野菜を食べよう」で、お目当ては二つ目の立川吉笑さんだ。

「うおこう寄席」の席亭さんで、女将の松井つるみさんは、普段は鮮魚店に併設された居酒屋「うおこう」の女将だが、若手落語家の吉笑さんが前座の時から贔屓にして、うおこう寄席で、出番を作ってきた。

初めて、うおこう寄席に伺ったのは、第2回からで、松井さんが江戸東京野菜の復活、普及に取り組み始めた頃で、毎回大勢来てくれていた

女将は、支援するようになってから、吉笑さんに江戸東京野菜が出てくる落語を作ってくれるように、再三にわたって頼み込んでいて・・・・、作ってくれたのが「大根屋騒動(自作)」だった。

その事は、1席目の「十徳」の枕で、女将さんに会うたびに頼まれたと、面白可笑しく話して笑いを取っていた。




1-1.JPG

上の画像をクリックする
少し早目に行っていたら、江戸東京野菜コンシェルジュで地元の飯田恵美子さんが、女将の手伝いをしてくれていた。
またコンシェルジュ3期のお二人、佐藤恵美さん、武田美也子さんが、聴きに来てくれた。

杉並在住で東京都綱引き連盟理事の渡辺修也さんもチラシを見て来てくれた。

また、予約なしで、当日、表のチラシを見て入ってくるお客さんも結構いて、会場は30人の満席だった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2015年02月14日

2月24日,25日、東京国際フォーラム「第5回全調協食育フェスタ」に江戸東京野菜が登場。

「第5回全調協食育フェスタ」が 2015.2.24−25に、東京国際フォーラムで、公益社団法人・全国調理師養成施設協会の主催で開催される。

NPO法人おいしい水大使館・東京野菜スタイルの阿部千由紀さんから、手紙が届いた。
中には、「第5回全調協食育フェスタ」の案内が入っていた。

このフェスタの【調理師学校発!Shoku−iku茶屋】では、地元の食材を使った料理や菓子、郷土料理、学校オリジナル商品などを、下記の11校が販売する。

北日本ハイテクニカルクッキングカレッジ、中川学園調理技術専門学校
香川調理製菓専門学校、服部栄養専門学校、東京調理師専門学校
新宿調理師専門学校、武蔵野調理師専門学校、萠愛調理師専門学校
広島酔心調理製菓専門学校、福岡調理師専門学校、田北調理師専門学校
(都道府県順)







1-1.JPG

上の画像をクリックする
「伝統の江戸東京野菜」は、新宿調理師専門学校の出品作品

滝野川系にんじん(小平の岸野昌さん生産)、しんとり菜(江戸川産)、
滝野川ごぼう、亀戸大根(西東京の矢ヶ崎宏行さん生産)、
拝島ねぎ(昭島の鈴木勇作さん生産

中央は、内藤とうがらし味噌
(江戸甘味噌、鶏そぼろ、焼トマト、内藤とうがらし)

野菜そのものの素材のおいしさ(蒸):分ける文化
   とうがらしの呈味効果:混ぜる文化
   お皿の中の文化饗宴
 

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介