2018年12月13日

練馬新聞の新春座談会に招かれて、練馬のレガシーとして練馬大根の文化論を加えることを申し上げた。


練馬区が2019年に世界都市農業サミットを実施することに伴って、今年はプレイベントを数々実施したというニュースは、聞いていて当ブログでも「ねりまマルシェ」の開催について紹介している。

これら、イベントが終わったことを踏まえて、来年の本番に向けての意見を、練馬新聞の新春座談会として掲載したいので、参加いただきたいと練馬新聞の齋藤秀樹ディレクターから電話をもらった。

関連資料を送ってもらった中に、世界都市農業サミット・プレイベントの様子を報道する同紙があった。
先約があったが、都市農業のサミットについて、成功に導くアドバイスができればと先約を断って、11日練馬駅北口の会場に伺った。





1-1.jpg

練馬新聞が企画する新春座談会のメンバーは、

上の画像をタツプする

右から順に、練馬区世界都市農業サミット実行委員会関口和幸事務局長、JA東京あおば榎本高一代表理事組合長、練馬環境造園協会高橋一輔理事長、筑波大学小場瀬令二名誉教授、練馬新聞社斎藤秀樹ディレクター、練馬区商連「商人会」佐藤公明部会長、江戸東京野菜生産者渡戸秀行氏の皆さんで、末席を汚した。

斎藤ディレクターの進行で始まった。
皆さん、お立場から、練馬の農業についての期待を述べていたが、

江戸東京・伝統野菜研究会代表の立場で紹介されたので、都市農地の機能として、「新鮮で美味しい食べ物を作る役割」、「環境を守る役割」、「農業を学ぶ、地域の人と繋がる役割」、「災害から守る役割」に加えて、「江戸東京の歴史や文化を継承する役割」を紹介した。

練馬の歴史文化を今に伝えている練馬大根は、生産量は大幅に減少し現在15千本程度だから、72万人の練馬区民の多くは食べたことが無い。

「練馬区 農の学校」でも申し上げているが、練馬大根引っこ抜き競技大会で抜かれた大根は、翌日小中学校99校、46千人の生徒が給食で食べるようになって12年、しかし一部の学校を除いて、説明できる先生方がいない。

諸説があるが、五代将軍綱吉の時代から練馬の気候風土に合った大根は江戸土産としてその種は全国に持ち帰られ、今や日本中に練馬系大根がある。

練馬のレガシーとして、次世代に伝えていかなければならない生きた遺産として位置付ける文化論を加えていただくことを申し上げたが、ご理解をいただいた。

同紙では2019年新年号(第2週)で、同サミット本番の成功を目指した「プレイベント総括&本番に向けた提言座談会」を掲載するという。ご期待ください。


   



2-1.JPG

上の画像をタップすると世界都市農業サミットの詳細


実行委員会と練馬区が発行した資料を拝見すると「世界都市農業サミット」とあるが、「農業」と「農」の区分けが不明確で混同していた。

1980年欧米諸国の都市と農地を視察し、現地担当者と意見交換をしてきた経験から申し上げると、

都市農業は日本独特で、欧米諸国では、農地と都市は明確に区分され、都市の中にある畑は、公園緑地のような位置づけで農業としての農地ではない。

だから、ニューヨークやロンドンから招いたお客様は都市農業という概念がないものだから話はかみ合わなかったと聞く、

世界よりは、東京の関係区市町、三大都市圏や政令都市の皆さんを招いて、農地と農家を守る都市農業サミツトが現実的な対応だと思うが、如何だろう。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年12月09日

銀座のタウン誌「銀座百点」2月号の巻頭座談会に「伝統野菜」を取り上げてくれた。


11月の初めに銀座のタウン誌「銀座百点」編集部の中山佳子さんからメールをもらった。

何でも、最近伝統野菜が話題になっていていることから、「銀座百点」でも伝統野菜についての座談会を企画しようと云うことになって、江戸東京野菜の物語編と図鑑編が農文協だから

農文協の「食と農の応援団」事務局に頼んで紹介してもらったと言う。

12月7日(金)の午後1時から、銀座伊東屋の11階の個室で予定していると云うので、手帳に書き込んだ。
ご一緒する方は、ドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピの渡辺智史監督と、野菜ソムリエで料理研究家の吉田めぐみさんだというので、楽しみにしていた。





1-1.JPG

渡辺監督には、2010年10月、よみがえりのレシピの撮影現場でお会いしていて、ご配慮で藤沢カブと共に映像に残していただいている。

2016年には、八王子市北野の会場でトークイベントを行っている

吉田さんは料理研究家として大活躍しているが、江戸東京野菜コンシェルジュ3期でもある。

上の画像をタツプする

銀座通りに面した個室で行われた座談会。
司会進行は編集部の中山さんで、伝統野菜に興味を持ったきっかけ、伝統野菜は何故、栽培されなくなったのか、また、何故最近話題になるようになったのかなどの質問に、色々と話しをさせていただいた。

吉田さんが青森の仕事をされていると云うので
青森県むつ市川内町に伝わる「品川汁」の話しをお伝えし、12月23日(祝)には、今年も品川神社で品川カブの品評会があることも。

また、新たなまち興しとして鎌倉市では
鎌倉大根の発見等がマスコミで紹介されていることも紹介した。

渡辺監督も吉田さんも、経験豊富なことから、伝統野菜についても興味深い話をしてくれた。


同誌2月号で掲載してくれるという。
お楽しみに。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年12月03日

和食文化ブツクレットは、「和食と日本酒」の発行で、全10巻が発刊されたことになる。


一般社団法人和食文化国民会議が監修した「和食文化ブックレット」は9巻の「和菓子と日本茶」迄発刊されていて、「和食と日本酒」は発刊が大幅に遅れていて、

9月には「和食手帖」が先に発刊されていた。

2015年11月に、「和食とは何か」の発刊で始まった和食文化ブツクレットは、「和食と日本酒」で、全10巻が発刊されたことになる。





img051.jpg

料理と共に発達してきた日本酒
調味料としての日本酒

上の画像をタツプする

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年11月02日

本日11月2日(金)の朝日新聞東京版朝刊26頁に「食のプロと一杯」の企画が掲載された。


「東京150年/多様で多角的 特産の宝庫 農業編」で、21日(日)江戸東京野菜が紹介されたが、

江戸東京野菜の料理を食べていないので、食べられるところを案内してほしいと、記事を書いてくれた朝日新聞東京本社報道局社会部の山田知英記者からメールをいただいた。

先日記事は掲載されたし、・・・・まだ何か?、
別の企画で「食のプロと一杯」と云うのがあって、江戸東京野菜がどのように料理として提供されているのか、どこかお店を紹介してほしいとのお話をいただいた。




1-1プチャ.JPG

東京中を、バイクと軽自動車で走り回って、江戸東京野菜をはじめ東京の食材を自分で集めてくる佐藤勝彦さんの店、押上「よしかつ」を紹介することにした。

上の画像をタツプすると掲載記事
伝統小松菜の収穫写真も紹介された。


佐藤さんが江戸東京野菜との出会いは、私が第一寺島小学校で寺島ナスの復活に取り組んでいた時に、そのナスを料理したいとの連絡をいただいてからで、どんどん江戸東京野菜に魅せられて行ったようだ。

同店で出されたお料理を掲載した「クッキングブック江戸東京野菜」の著書もある。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年10月25日

新幹線車内誌「ひととき」に向笠千恵子先生の「千住ねぎ」が掲載された。


JR東海、JR西日本、JR九州の新幹線車内で配布されている社内誌「日本温故地心 ひととき」11が発行された。
同誌に連載記事をもっている、フードジャーナリストの向笠千恵子先生(江戸東京野菜コンシェルジュ協会顧問)が、先日同誌を送っていただいた。

連載「おいしい風土記」60回では、江戸わかりの風味にまっしぐら 千住ねぎ 東京都台東区―葱善」けが掲載された。




img951.jpg


千住ねぎの掲載はネギの美味しい時期にと伺っていたが、取材は今年の3月に足立の内田宏之さんのお宅で行われていて、当ブログで紹介している。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年10月21日

朝日新聞21日(日)朝刊に、「東京150年/多様で多角的 特産の宝庫 農業編」で、江戸東京野菜が紹介された。


朝日新聞東京本社報道局社会部の山田知英記者が8月中旬に昭島まで訪ねてこられた。
東京の農業について記事にしたいと云うので、色々とお話をした。

同紙では、東京150年の節目に、時代の流れに合わせて都市やその周辺で営まれてきた農業の姿を描くと聞いていたが、その第1回が14日に掲載され、

第2回が、21日(日)朝刊に、江戸東京野菜と生産者が紹介された。





1-1-9.4.JPG

上の画像をタツプすると記事
早稲田ミョウガを収穫する井之口喜實夫さん

代表的な江戸東京野菜の収穫時期の図表。


ミョウガは種で増えるのではなく、地下茎で増えていくものなので早稲田の旧家の庭などに生えているのではないかと、早稲田大学の学生たちの協力のもと、早稲田ミョウガ捜索隊を結成して探し出したことも紹介してくれた。

又、早春にはミョウガタケを作って、秋のミョウガの子と、新宿区内の小学校の学校給食に出されていることも紹介された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年10月18日

絵本塾出版から絵図解 やさい応援団「まるごと! さつまいも」が配本された。


絵本塾出版が企画するシリーズ やさい応援団「まるごと野菜」は、構成・文を八田尚子先生、構成・絵を野村まり子先生で、監修をさせていただいている。

これまで、「だいこん」、「キャベツ」、「トマト」、「かぼちゃ」、「じゃがいも」「えだまめ」「にんじん」「ほうれんそう」が配本されているが、10月16日に「さつまいも」が出版された。





キャsdsdチャ.JPG

上の画像をタップする

目次
●ふるさとはアメリカ大陸・
●3つのルートで世界へ
●日本に伝わる
●さつまいもを広めた人々
●さつまいも図鑑
●畑いちめんに葉がしげる
●地面の下でどんどん大きくなる
●さつまいもはエネルギー源
●おいもパワー、全開
●生産量が多いのはアフリカの国々             
●熱帯の国々の重要な食糧
●「いも」の仲間たち
●学校の畑のいも掘り
●おいしく食べよう

監修者の一言としては、東京の伝統野菜の一つ、東京うどは、地下4メートルほどの所に掘った穴蔵を利用した栽培法が60年前に各地に普及していったが、実はこの穴蔵、さつま芋の保存用に掘られたもの。

また、青木昆陽がさつま芋の栽培に成功した数年後、川越で栽培か始まり、保存の利くさつま芋は川越から舟運で運ばれてきて、江戸で焼き芋が大流行した。

posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年10月09日

筑摩書房から、365日江戸食文化にひたる「卓上日めくりカレンダー2019」が発売された。


筑摩書房から、365日江戸食文化にひたる 「卓上日めくりカレンダー2019」が発売されたと、伝統野菜プロジェクトの草間壽子代表(食生活ジャーナリスト・江戸東京野菜コンシェルジュ)が、送ってくれた。

このカレンダー、18人の先生方がご専門の部門を書いていて、草間代表は、江戸東京野菜などを、毎月(18日分)のように紹介している。

江戸時代から続く老舗の、東都のれん会など、とらや、にんべん、山本海苔店、千疋屋総本店、豊島屋本店、前川、八百善などが全面協力をしている。

めくってみると、始めて見るような、貴重な江戸時代の図版もたっぷりと収録されているから勉強になる。
また、その季節、旬の食材や料理も紹介されているから楽しくなる。




1-1-1.JPG

上の画像をタップする

草間代表が掲載したのは
1月3日小松菜、1月21日滝野川ゴボウ、3月10日亀戸大根、
3月19日目黒の筍、5月22日馬込半白胡瓜、6月17日寺島茄子、
7月2日鳴子瓜、7月13日本田瓜、8月18日谷中生姜、8月31日早稲田茗荷
9月4日雑司ヶ谷の茗荷、9月11日生姜祭、10月1日練馬大根、
10月3日小松菜、10月14日千住葱、10月19日べったら市、
11月30日三河島菜、12月11日砂村の葱

草間代表に最近お会いしたのは7月で当ブログで紹介している。



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年09月25日

このほど「和食手帖」が和食文化国民会議監修で思文閣からこのほど発行された。 「和食手帖」が和食文化国民会議監修でこのほど思文閣から発行された。


一般社団法人和食文化国民会議が監修する「和食のブックレッド」(思文閣) が全10回の9回まで発刊されたことは当ブログで紹介してきたが、

このほど「和食手帖」が和食文化国民会議監修で思文閣からこのほど発行された。

和食文化国民会議では、「調査・研究部会の事業の一つとして3年を越える歳月を掛けて念願の「和食手帖」を刊行する運びとなりました。

この間、編集委員をはじめ執筆者の皆様のご苦労は計り知れないものがありました。
その成果が結実した全190ページに及ぶこの和食手帖を、是非ご高覧賜り、おそばに常備されますようお願い申しあげます。

皆様の日々の活動に、各地にお出掛けの際に、季節の移り変わりが感じられる時に、必ずお役に立つものと確信いたします。」
とある。

 

1-1.JPG

上の画像をタツプする
そっとバックに忍ばせておきたい一冊「和食手帖」はここから



posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年09月12日

JBCCホールディングスが発行するLink vol.235が、昨日届いた。


Linkは、「人、社会、環境、情報、イノベーションを考える情報誌」として、IT活用のみならず文化・教養に関するテーマや経営に役立つ情報などを掲載している

6月に取材していただいていたもので「環を繫ぐ者」として紹介いただいている。



1-1-1.JPG

上の画像をタップする
拡大し頁を繰ってご覧ください

posted by 大竹道茂 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年09月09日

NHK地域づくりアーカイブスで「江戸東京野菜を掘り起こせ!」が動画配信が始まった。


2017年にNHK「ひるまえほっと」で放映された。「江戸東京野菜を掘り起こせ!」が、NHK地域づくりアーカイブスで動画配信されました。

NHKでは江戸東京野菜コンシェルジュ協会に、 出演者の了承をとるように依頼されていたが、出演者の了承がとれたので、「NHK公式サイト 地域づくりアーカイブス」から、動画配信された。
 



1-1.JPG

上の画像をタップする

尚、当ブログでも、取材の様子は詳細に紹介している。

当ブログトップページ右の、「動画」の最後に追加いたしました。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年09月08日

農政ジャーナリストの会で、"野口のタネ" の野口社長が講演をされた。


農政ジャーナリストの会(JAJA)の竹村晃事務局長から電話をもらった。
久しぶりだったので旧交を温めたりしていたが、何でも主要農作物種子法が今年4月から廃止されたこと等、最近のタネを取り巻く情勢について、講演を依頼したいと云うものだった。

タネのことで、精力的に講演活動をしている方となると、特に伝統野菜にこだわって、全国の固定種を扱っている「野口のタネ」の野口勲社長にお願いするのが良いだろうとお伝えしたが、面識がないので頼んで欲しいと云うことだった。

野口社長は1〜2時間の講演は中途半端になるからと、講演は受けていないのは知っていたが、農政のジャーナリストに考えを伝えることの意味を理解いただいてお引き受けいただいた。




1-1.JPG

会場は内幸町のプレスセンター9階で、野口社長の講演は18時半から開催された。

タネには、在来種、固定種、F1種、GM種などがあることから入った。
一代雑種(F1種)の作り方として、雄性不稔について丁寧に説明、

世界の主流は「雄性不稔」―Male Sterile―
人間のインポや無精子症にあたる雄しべがないか、花粉に生殖能力がないミトコンドリア遺伝子の異常な個体を使う手法。
今では雄性不稔個体(奇形)探しが、F1品種作りの基本トレンドとなっている。
お米も雄性不稔米になっている。

ここからは私の仮説ですとして、
「ミトコンドリア異常の植物ばかり食べていて、動物のミトコンドリアは異常にならないのだろうか」、

ミツバチはなぜ巣を見捨てたのか?、
「雄のミツバチが雄性不稔の植物によって、無精子症になっているのではないか?。

今、世界中の男性の精子が、年々減少している現実がある。」

F1種を食べてもすぐに結果が出ないことから、仮設という言葉を使っていたが、色々なデーターを使って人類にとって恐ろしい話を分かりやすく説明されるなど、野口さんは面目躍如だった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年08月06日

「月刊JA」8月号の表紙に、八王子の江戸東京野菜の栽培農家、濱中俊夫さんが、掲載された。


JA全中が発行する、「月刊JA」8月号の表紙に、八王子の江戸東京野菜の栽培農家、濱中俊夫さんが、掲載された。

月刊JA誌は、全国農業協同組合中央会が発行する月刊誌で、食料・農業・農村をめぐる情勢や課題、JAグループのさまざまな取り組み事例等を紹介する月刊誌で、

8月号ではパツションフルーツを栽培する農家として紹介されている。





1-1.JPG

濱中さんは2011年からパッションフルーツの栽培を始めているが、

江戸東京野菜の川口エンドウを栽培する農家でもあり、また、お母さんの洋子さんは「農の生け花」のリーダーでもあり、当ブログでも紹介している。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年06月13日

フリーペーパーの「MetRO miN。」メトロミニッツ 2018MAY No.186で、三國シェフが江戸東京野菜を紹介している。


孫娘が地下鉄の駅でもらってきたと、フリーペーパーの「MetRO miN。」メトロミニッツ 2018MAY No.186を置いていった。

何かと思ったら、三國清三シェフが出ている。
今年も、オテル・ドウ・ミクニに行っているから、わざわざ持ってきてくれたようだ。




1-1.JPG

上の画像をタップする。

今回の特集「TOKYO GREEN TABLE & TAlK」に、三國シェフが江戸東京野菜を紹介している。

次のページを開いたら、東京農大の出世頭。「進士五十八先生」が、「東京における緑と公園の関係とは?」を、

同い年で、東京農業大学学長になり、現在は福井県立大学学長をされているが、
バネラーとして、何度かご一緒している。
2007年の「TAMAらいふ21
2009年、地域食材と江戸の食文化
2012年埼玉県三芳町で、第2回「農あってこその都市社会

そして、小池百合子知事の、「東京が ”緑“であふれるために今、取り組んでること。」が掲載されている。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年05月28日

「グー先生」こと林幸子先生が出版した「料理研究家がうちでやっているラクして楽しむ台所術」


料理研究家の林幸子先生には、更科堀井の四季の会で、四季の江戸東京野菜を驚く創作料理で楽しませていただいている。

そもそもは、南青山のアトリエグーで行われていた、江戸蕎麦料理研究会で5回、先生のお料理をいただいたが、その手際の良さに感服した。



1-1-8.JPG

「料理研究家がうちでやっているラクして楽しむ台所術

目次は上の画像をタツプする
プロフィール
料理研究家。東京・表参道の料理教室「アトリエ・グー」主宰。
愛称はグー先生″。

兵庫県出身。大手食品会社で料理開発に携わったのち、独立。
料理研究家として30年以上のキャリアをもつ。
栄養士、フード・コーディネーター、江戸ソバリエ・ルシック、
日本茶アドバイザー、雑穀エキスパート。
海苔、塩、ワイン、包丁、落語をこよなく愛する。

おいしいもの、新しい味に対する好奇心と探求心は常に旺盛。
実生活にそったむだのないレシピが好評で、基本の料理から
アイデアあふれるオリジナル料理まで得意分野は幅広い。

NHK「ガツテン!」などのテレビや雑誌、書籍等で活躍中。
『グー先生林幸子の基本のキ』(ソ二−マガジンズ)、
『世界のおいしいお米レシピ』『世界のおいしいスープ』(白夜書房)
『決定版基本のイタリアン』『野菜が主役のケーク・サレ』
(主婦の友社)、『10分つまみ』(宝島社)など著書多数。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年05月24日

只今、5月24日(水)未明 00:30からNHKワールド(TV)で、江戸東京野菜が放送されている。


2月初めに、NHK国際放送の番組「Biz Buzz Japan」の担当からメールがあったことは当ブログで紹介した。

早稲田ミョウガタケを栽培している井之口喜實夫さんの栽培を取材し、また、更科堀井冬の会で、江戸東京野菜を使ったお料理を皆さんが食べているところを取材している、

江戸川では、亀戸大根を栽培している、木村重佳さんの畑に、JAセレサ川崎の皆さんが視察したことも取材された。

情報としては、ジャパンタイムスの記事や、最近では、東京都が発行した英語版の江戸東京野菜の紹介記事を、萬野達郎ディレクターに紹介している



1-1.JPG

上の画像をタップする
スマートフォン、タブレットアプリでも視聴できます。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年04月29日

1948年の創刊の農業共済新聞が70周年を迎えた。4月25日4週号が特集号として送られてきた。


農業共済新聞は、1948年(昭和23)4月21日の創刊から本年で70周年を迎えた。

先月、70周年を迎える話を、田澤宏志編集長から伺った。
特集号では、これまで本紙に登場いただいたさまざまな立場の方から、農業共済新聞への苦言・提言、そして応援の声を寄稿いただく予定だと云う。

紙面の関係で、21名を選んでいるというが、その一人として指名をいただいた。



1-1-.JPG

上の画像をタップする

上の画像をタップする
農業共済新聞には、江戸東京野菜の復活普及で、お世話になった。

最近では、昨年檜原村で見つかった白岩ウリを大きく取り上げていただいたが、そこで過去の記事を紹介している。

これまでの感謝をこめて同紙の発展を祈った。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年04月10日

銀座にある東京ガスのStudio+Gで開催したプラスジーセミナー「江戸東京野菜の食文化」が「プラスジー」vol.39に掲載された。



昨年の11月に、銀座にある東京ガスのStudio+G で開催した、プラスジーセミナー「江戸東京野菜の食文化」は、当ブログで紹介している。

このほど発行された、食の専門家と東京ガスのコミュニケーションマガジン「プラスジー」vol.39に、掲載された。





 
1-1.JPG

上の画像をタップする。

「江戸東京野菜の食文化」〜歴史から調理法まで〜

posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年04月03日

ふれあい探訪「江戸が息づく 野菜物語」 全国農協観光協会の広報誌2018年4月号に掲載。


一般社団法人 全国農協観光協会の広報誌「ふれあい」2018年4月号が送られてきた。

表紙を開くと、ふれあい探訪 農がつなく人の輪 「江戸が息づく 野菜物語」として、練馬の井之口喜實夫さんご一家を紹介している。
 
三代目の喜實夫さんと、後継者の四代目勇喜夫さん、そしてお孫さん。

取材当日は、早稲田ミョウガタケの収穫と、午後からは井之口さんが栽培した、千住ネギのネギ焼きパーティが行われた。





1-1.JPG

上の画像をタツプする



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年03月24日

4月から翌年3月までの「Old meets New 東京150年事業」のカレンダーが送られてきた。


 東京都では、東京府開設から150年の節目を記念し、「伝統」と「革新」が共存する東京の魅力を再発見・再認識するとともに、東京への愛着や2020大会に向けた一体感を醸成する「Old meets New 東京150年」事業に取り組んでいます。

 このたび、本事業の広報・PRの一環として、「Old meets New 東京150年事業」カレンダーを制作いたしました。

と、「Old meets New 東京150年事業」のカレンダーが送られてきた。

このカレンダー、4月から始まる事業に合わせて、今年の4月から翌年3月までとなっている。




1-1.JPG

昨年、江戸東京野菜のブランディング戦略に関して小池知事と意見交換をさせていただいたことは、当ブログで紹介させていただきましたが、

上の画像をタップする

このカレンダーでは、0ldとして、東京都農林総合研究センターに残る固定種の野菜と、魚の細密画が使われ、

Newとしては、日本橋「ゆかり」三代目野永喜三夫さんの江戸東京野菜をはじめとする東京産食材を使ったお料理が掲載された。
このカレンダーは、最終ページの来年の2月、3月となっている。



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介