2015年09月26日

月刊「野菜情報」10月号に「江戸東京野菜の掘り起しと復活にかける取り組み」が掲載される。


4月だったか独立行政法人 農畜産業振興機構調査情報部 村野恵子参与から、江戸東京野菜コンシェルジュの取り組みで、月刊「野菜情報」に書いてくれないかと電話を頂いた。

同機構は、主要な畜産物、主要な野菜、砂糖、でん粉の需給・価格の安定や、農畜産業の振興を図るための業務を実施している農林水産省所管の独立行政法人で、

こうした農畜産物の需給等に直接・間接に影響を及ぼす諸事象に関して、公的な機関として公平かつ客観的な情報を提供するため、月刊誌「畜産の情報」「野菜情報」「砂糖類・でん粉情報」を発行しているが、同機構のHPでも掲載し、紹介している。

月刊「野菜情報」は、2009年8月号のトップページの話題で「江戸東京野菜で育む食農教育と食育への期待」を書かせてもらったことがあるが、同誌に掲載されることは名誉なことで、影響力が大きいことを実感したものだ。

江戸東京野菜の活動が定着し始めた頃の、2009年に掲載されたことで、生産者出荷団体・JA等、卸売業者・市場開設者等、実需者、大学・試験場関係、行政、学校栄養士、消費者団体、等から反響があり、良い機会になったことは確かで、今でも同機構のHPに掲載されているので、当ブログのアーカイブにバナーを貼ってある。

NPO法人野菜と文化のフォーラムが実施している「野菜の学校」のスタッフもしている村野さんには、お世話になっているから、よく存じていたので、喜んでお引き受けした。

文字数 5000文字程度で、今度の掲載コーナーは「調査報告」のページたと云う。


weweャプチャ.JPG

上の画像をクリックする


江戸東京野菜は、江戸から昭和に至る歴史の中で、東京で栽培されていた伝統野菜で、現在、全国に影響を与えた、練馬大根、滝野川ごぼうなど約42品種が登録されている。

流通量に占める割合は少ないものの、地域の町おこしの目玉としても使われるなど、野菜への注目度を高める商材ともなっていることから、江戸東京野菜の復活と普及推進、生産者と消費者のネットワーク作り等の取り組みの現状等を紹介した。

追伸


同誌「話題」では、 東京都農業会議の 青山佾会長(前副知事)が、「都市農業の役割と課題」を書いているので、あわせて読んでいただきたい。


posted by 大竹道茂 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年08月22日

農業ビジネスマガジン2015 SUMMER vol.10 の特集は「都市農業の時代がやってきた!」


毎月、世田谷区豪徳寺の「たまでんカフェ山下」で「VEGRIAマルシェ」を開催している由井和也さんから、電話が入った。

興味があると取り寄せて読んでいるそうだが、農業ビジネスマガジンの2015 SUMMER vol.10  特集は「都市農業の時代がやってきた!」だという。




wqqwチャ.JPG

上の画像をクリツクする
「なぜ今、都市農業なのか?」を、農水省の「都市農業の振興に関する検討会」の座長を務めた、武蔵大学の後藤光蔵教授が説明している。

練馬方式の体験農園として「NOP法人 全国農業体験農園協会」理事長の加藤義松理事長も見開きで紹介されている。

都市の伝統野菜たちとして「なにわの野菜」と「江戸東京野菜」が紹介されたが、練馬ダイコン、品川カブ、ノラボウ菜の写真3枚で1頁にまとめられていた。

たまでんカフェ山下で行われる
「VEGRIAマルシェ」は、 8月22日(土)に開催される


NEWS TOKYOに、掲載された。






posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年08月16日

15日(土) 21時からTBSテレビ「世界ふしぎ発見!」築地市場特集が放送された。


築地・東京シティ青果の石川勲会長からショートメールを戴いていた

メールには「15日(土) 21時からTBSテレビて、築地市場の特集番組が放映されます。
ご覧ください。」とあった。




キweweチャ.JPG

番組は、「世界ふしぎ発見!」で、築地四季物語 春夏の巻で

上の画像をクリツクする
魚河岸から始まった番組は、お鮨の話がひとしきりあった後、番組は青果市場に・・・。

石川会長が、築地と云うと、魚河岸のイメージが強いが、築地には、青果市場もあるんだということを知ってもらうために企画したと「やさい くだものツアー」を紹介した。

久しぶりに石川会長のお姿を拝見したが、お元気になられて良かった。

4年前、石川会長に招かれて「第10回 築地市場 やさい くだものツアー」に参加させていただいたことは、当ブログで紹介しているが、お土産がたくさんつくツアーだった。

石川会長、情報ありがとうございました。



posted by 大竹道茂 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年08月13日

スカパー「プロ野菜ニュース」谷中ショウガ特集に、国分寺市の小坂さんが登場!!

先日、東京都青物商業協同組合が主催する「八百屋塾」で、江戸東京野菜の栽培農家を訪問したが、
午後からは、国分寺市で、谷中ショウガを栽培している小坂良夫さんの畑を見せてもらった。

この日、午前中は、CSデジタル放送「プロ野菜ニュース」の取材があったと写真を送ってくれた。



1-1.JPG

放送は、8月28日(金)12:00〜13:00

CSデジタル放送プレミアムサービス547ch


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年08月04日

若大将 加山雄三さんが「ゆうゆう散歩」で、青柳小学校の江戸東京野菜の畑を訪ねた。


文京区立青柳小学校の栄養士松丸奨先生と云うと、江戸東京野菜を使った給食で、全国学校給食甲子園で、優勝、翌年も決勝まで残った実力は、誰もが認めるところで、特に生徒達には人気抜群、給食のレシピ本も出されている。

何と「若大将のゆうゆう散歩」で、若大将が校内に入ってきて、畑で江戸東京野菜の寺島ナスと馬込半白キュウリを収穫をしている様子と、馬込半白キュウリを使用した給食を、子供たちと一緒に食べていったという。

松丸先生からのメールによると
青柳小学校の児童400名は、江戸東京野菜の美味しさと、江戸東京野菜のもつ歴史が大好きです。
江戸東京野菜博士と呼ばれている子供もいます。
青柳小学校の給食と食育から、江戸東京野菜のさらなる普及につながればと思っています
。」とあった。

嬉しいですね、松丸先生ありがとうございます。




1-1.JPG

松丸先生が、不足分は小平市の宮寺農園から取り寄せていると云ったものだから、裏付け取材で、松丸先生がディレクターと一緒に、宮寺さんの畑を訪ね、収穫の様子を撮影していったとか…・。

上の画像をクリックする
放送はテレビ朝日5CH 、8月12日(水)9:55〜10:30になりました。



posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年07月31日

「とうきょう『農』紀行」No38で江戸東京野菜の記事を読んだと連絡があった。


和食の料理人、石井公平さんが、どこだったか、江戸東京野菜の記事を見たとメールがくれた。

この時期だと、お住まいの近くにあるJA東京あおばの直売所「こぐれむら」にでも行ったんだろう>

JA東京中央会発行の「とうきょう『農』紀行」なら、連載をしているから、それのようだ。

石井さんと云えば、前に店を出すと云っていたが、メールには
「もうすぐ開店です。なんか緊張してますが
場所の詳細等を8月に入りましたら送らせていただきますので
是非、皆様でお越しください。
江戸東京野菜ももちろん
ふんだんに使わせていただきたいと思っております。」とあった。


先日も、新宿御苑で江戸コン〈江戸東京野菜コンシェルジュ〉の役員が集まった際に、みんなで行こうと話がまとまった。




1-1.JPG

上の画像をクリックする
「とうきょう『農』紀行」前号はここから




posted by 大竹道茂 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年07月28日

絵本塾出版「絵図鑑」やさい応援団シリーズの、まるごとシリーズ第5弾は「じゃがいも」


カレーライスにポテトチップス。ほっこりおいしいじゃがいもは、何千年もの昔から、南米アンデスで作られてきた野菜。そして今では、世界中の人々の大切な食べものとなっています。

今回は、じゃがいもの研究でベルーに行っているお父さんから、手紙をもらった娘のメイちゃんが話を進めます。




1-1.JPG

上の画像をクリツクすると目次

まるごと「じゃがいも


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年07月26日

香坂玲先生と冨吉満之先生が執筆した「伝統野菜の今」を贈って戴いた。


「伝統野菜の今 〜地域の取り組み、地理的表示の保護と遺伝資源〜」が発刊されたと、著者の香坂玲先生と冨吉満之先生から贈って戴いた。

著者のお2人は、東京にみえたときに、僅かな時間を利用してお会いしていて、当ブログで紹介している。




1-1.JPG

上の画像をクリックする
同書には、冨吉先生も勤めていた金沢の伝統野菜「加賀野菜」と、伝統野菜のトップランナー「京野菜」を事例に取り上げながら

「第T部 曖昧なる伝統野菜、第U部 闘い、制度、そして伝統野菜の未来へ」となっている。

T部ではて、各県が取り組んでいる伝統野菜の基準の違いを的確にとらえて、伝統野菜の奥深さと、いい意味での「曖昧さ」と云う表現をしている。
研究者が求める正確性を追求していくと、伝統野菜には限界があることは事実で、これから、伝統野菜を学ぶ者にとっては、よく整理されていて分かりやすい。

また、第Uでは、伝統野菜を素材に、農業に関わる様々な制度や論点について取り上げているが、

特に、法律が施行され今年から動き出した、知的財産と地理的表示について、同制度の問題点などを浮き彫りにして指摘している。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年06月13日

車浮代氏か「江戸の食卓に学ぶ」〜江戸庶民の “美しすぎる“ 知恵〜を送っていただいた。


時代小説家で、江戸料理研究家の車浮代氏が「江戸の食卓に学ぶ」を贈って戴いた。
6月8日(月)、初の新書が発売になったのだ。



r1-1プチャ.JPG

上の画像をクリックする
昨年も、季節を味わい体が喜ぶ「江戸おかず」〜12ヵ月のレシピ〜を送っていただいたが、今回は、世界無形文化遺産にも登録された「和食」のルーツは江戸時代にあった!と・・・・。

庶民のおかずとして発展した、粋でエコでヘルシーな「江戸料理」について、『蔦重の教え』ほかで人気の時代小説家が語り尽くす。
江戸料理の発祥、江戸っ子たちの食生活、蕎麦、うなぎ、鮨、天ぷらなど、当時世界一発達していた外食産業

グルメガイドやレシピ本の隆盛ぶりなど、江戸の「食」の魅力をあますところなく伝える一冊。
現代でも簡単に作れる江戸料理レシピも満載!


posted by 大竹道茂 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年04月27日

JA東京中央会が発行する「とうきょう『農』紀行」NO37が届いた。



「とうきょう『農』紀行」37号が届いた。
一面トップに杉崎忠雄さん、輝代さんご夫妻が掲載されていた。

杉崎さんは、前JAマインズの組合長で「府中御用ウリ」の復活にあたっては、特段の理解をいただき、府中市西府の生産者から石川孝治さんを紹介戴いた。

現在石川さんは地元小学校などへの普及に努めていただいている。



1-1.JPG

「とうきょう『農』紀行」3面「もっと知りたい江戸東京野菜」

上の画像をクリックする
今回は、「タケノコ」と「馬込半白きゅうり」だ。

先日、日本農業新聞広報局事業開発部の片岡優佳次長を訪ねたら、これまで「とうきょう『農』紀行」を担当していた入江紫織さんが異動して、新たに井野剛介さんが担当になったと紹介された。

井野さんは昨年新宿で江戸東京野菜の写真展を実施してもらっているが初めてお会いした。
また、同じ事業開発部の小菅真次長も紹介されたが、現役時代にお会いしていたようで失礼した。

追伸


これまでの「とうきょう『農』紀行」は前回紹介している
posted by 大竹道茂 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年03月26日

食文化研究家の向笠千恵子先生に「和食は福井にあり」を送って戴いた。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会の顧問をお願いしているフードジャーナリストで食文化研究家の向笠千恵子先生から、この度、ご上梓された「和食は福井にあり」を贈って戴いた。

同封されたお手紙には、
、「・・・このたび平凡社より『和食は福井にあり』を上梓いたしました。
海山里の豊かな食に恵まれた福井県は、日本のミニチュアのような立地で、
そのぶん、「和食」の原点となる食材や郷土料理がたくさんあります。

そんな福井県の食のすべてを体験することで、無形文化遺産の「和食」の魅力や本質をさぐりあてたいと思い、この何年か県内を歩きまわつてまいりました。

同封いたしました『和食は福井にあり』は、そんな経緯で誕生した一冊でございます。

人と自然と食材が縦横につながっているからこそ、暮らしに溶け込んだ「和食」が生まれたことを綴ったつもりですので、お汲み取りいただければ幸いでございます。・・・」
とあった。



1-1.jpg

上の画像をクリックする


向笠先生は、「郷土料理伝承学校」を主宰されていて、今年は1月に福井県をテーマに開催されたが、同著を上程するに当たり調査研究されたことが、ベースになっていたようだ。

posted by 大竹道茂 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年03月23日

NHKテレビテキスト趣味の園芸「やさいの時間」に、江戸東京野菜の三河島枝豆が紹介された。



江戸東京野菜コンシェルジュの真木文絵さんからNHKテレビテキスト趣味の園芸「やさいの時間」が届いた。

4月号のテーマは、「ゼロからはじめる野菜作り」だ。
リーフレタス、コマツナ、エダマメについて掲載されている。

中でもエダマメは、「エダマメ大好き!」は、放送は無いようだがテキスト企画で掲載されていて、今年は、作ろうという気持ちにさせてくれる。

2月始めだったか同誌の編集に関わっている真木さんから、三河島枝豆の写真はないかと、相談があったので、昨年、西東京市の矢ヶ崎宏行さんの畑で撮影した写真を何枚か送った。



1-0.jpg

上の画像をクリックする


「将軍も食べた江戸の味『三河島枝豆』」を、編集協力として、真木さんが江戸東京野菜コンシェルジュ協会として書いてくれた。

今年、矢ヶ崎さんは、エダマメ生産では「三河島エダマメ」を主に栽培すると播種したことは、当ブログで紹介している。




posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年03月21日

「美味の国 日本」webサイトに「伝統野菜スペシャルインタビュー」が掲載された。


『「和食」と「伝統野菜」を語る夕べ』が、3月2日(月)に、有楽町電気ビルの「日本外国特派員協会」で開催されたことは、当ブログで紹介した。

この事業、(株)ぐるなびが受けた事業だが、その内、ナノ・アソシエイツの竹内省二氏が、資料作りを担当しているようで、同氏から江戸東京野菜についてのインタビューを2月10日に赤坂の喫茶店で受けている。

当日配布された資料「にっぽんの伝統野菜」に掲載されたが、1時間以上話した割には少ないものだった。

当日会場で、竹内さんにお会いしたら、「スペースの関係ですみません」と謝られたが、
「伝統野菜の話は分かりやすかったので、話していただいた分は、『美味の国 日本』の webサイトに掲載しますから」と云う事だった。




1-1.JPG

上の画像をクリックすると
「伝統野菜スペシャルインタビュー」の写真は、矢ヶ崎宏行さんのお宅で伝統小松菜を収穫した写真を使ってもらった。。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年03月07日

中央エフエム84.0Mhzの、「中央Lovers LEAGUE 」で江戸東京野菜を語る


1月の末に、UDS株式会社の児島絵里子さんからメールをもらった。
何でも、江戸東京野菜の取り組みについて話を聞きたいという。

何回かメールのやり取りで、2月6日に昭島まで来てもらって、駅近くの喫茶店で児島さんの意図を伺った。

児島さんは、マルシェなどの話から入ったが、同社は、ホテル、シェアハウス、カフェテリア、食堂、ワーキングスペース、フューチャーセンターなどの、
建築設計、内装設計、家具デザイン等の仕事や、
事業企画、プロジェクトマネージメント、仲介などをトータル的に行う事での相乗効果を生み出すという仕事をされているとか・・・

そんな自己紹介から入ったが、その後、江戸東京野菜についてお話した。
話の内容を、2月21日、児島さんの「地域のビジネスフレンドとつながるメディア」【FUTURE LEAGUE】に掲載してくれた。






1-1.JPG

児島さんは、「中央エフエム84.0Mhz」に、「中央Lovers LEAGUE 」と云う番組を持っていて、ここからも情報発信をしていて、3月5日に江戸東京野菜について話してほしいと依頼された。

東京メトロ銀座線の京橋駅につながる、東京スクェア ガーデンの地下1階にある、中央エフエム84.0Mhzのスタジオに出掛けた。

このスタジオ、ビルの外からも、収録の様子が見える構造。
14時から収録に入ったが、リクエスト曲を挟んで20分、児島さんの質問に答えた。

この収録 3月16日(月) 13:00〜13:30に放送になる。(再放送毎週土曜18:30〜19:00)
*PCの場合は中央エフエムのHPからhttp://fm840.jp/

*スマートフォンの場合
アプリ「Tunein Radio」 をダウンロードの上 「ローカルラジオ局」から「Radio City84.0 中央エフエム」を選択。
「世界中どこからでもお聴きいただけます!」と云う。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年03月06日

日本生命のフリーペーパー「なる!イン」3 月号に、江戸東京野菜が紹介される。


昨年の10月に、日本生命のフリーペーパー「なる!イン」の制作を担当している、竹井智さんからメールをもらった。

何でも、3月の「インタビュー号」において、江戸東京野菜の復活・普及に取り組んでいる話を聞きたいのだという。
願ってもないことなので、喜んでお引き受けした、

この、「なる!イン」、日本生命の営業職員がお客様に配布するフリーペーパーで、主な読者層は20〜40代のビジネスパーソンで、

一冊になっているのではなく、「ワーク号」「データー号」「マナー号」「インタビュー号」と見開き4頁ものがばらばらになっていいて、必要なものは、壁に張ったり保存しやすくなっている。

今回の依頼は「なる!イン」の、インタビュー号で、
竹井さんの企画書には「確たる信念や強い意志を持って、ひとつのことを成し遂げられた方、夢に向かって進んでおられる方、仕事に前向きに取り組んでおられる方などにご登場いただいております。そこで来年3月号におきまして・・・・・・」と





1-1.JPG

上の画像をクリツクするとインタビュー号


11月中旬に昭島まで来てもらって、取材を受けたが、写真も撮りたいというので、自宅近くの畑で何枚か撮影したが、早春の3月にふさわしい写真が撮れたようだ。



posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年02月18日

「とうきょう特産食材使用店」PR冊子が送られてきた。



東京都農林水産部食料安全課から、「とうきょう特産食材使用店ガイド2015」が送られてきた。

東京都では、都内産農林水産物の地産地消を拡大するための事業の一環として、平成22年度(2010)より「とうきょう特産食材使用店登録制度」が始まったことは、当ブログで紹介している。

この事業は、都内産農林水産物を積極的に使用している飲食店を東京都が登録し、PRすることを通じて、地産地消の拡大を図ることを目的としている。





1-1.JPG

上の画像をクリックする。
先日、押上「よしかつ」に飾ってあったが、
登録されているお店は

都内(区部及び多摩地域)で営業している飲食店で、
●都内産農林水産物を食材としておおむね年間を通じて
使用している。
●使用している都内産農林水産物の情報を来店者に
提供している。
●地産地消の促進につながる取組を行っている。
●今後もさらに都内産農林水産物の使用をすすめる。
●都の食育・地産地消推進の施策等に協力する。




posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年02月09日

「焼きいもが好き!」が農文協から出版された。


野菜応援団シリーズの八田尚子さんが、今度、農文協から編集と執筆にかかわった「焼きいもが好き!」が出来上がりましたと送ってくれた。

かつてはリヤカーの後ろに芋を焼く窯を積んで売りに来たものだが、昨今では、スパーの片隅で焼いているところも目にする。



1-1.jpg

上の画像をクリックする


この本、日本いも類研究会の「焼いも研究チーム」が企画編集したとある。
そんな研究会があるんだ・・・

焼きいもの魅力を広く探ろうという目的で平成22年(2010)6月に研究チームが発足したそうで翌年11月には「国際焼き芋交流フォーラム」が開催されたとか・・・・。

同書の「サツマイモ・焼きいも年表」にもあるが
薩摩芋が江戸で栽培されたのは、享保20年(1735)、青木昆陽が八代将軍吉宗の命を受けて、江戸小石川で薩摩芋の試作に成功している。

その後、寛延4年(1751)に埼玉県所沢で川越いもが作り始められていて、取材に行ったことがある。

寛政5年(1793)には、川越(現所沢)から新河岸川を舟で江戸に運ばれ、江戸に焼きいも屋が表れ、評判となって普及した。

東京では、東京金時のブランド芋があったが、今は栽培されていない。



posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年02月08日

農政ジャーナリスト鈴木俊彦さんの出版を祝う会が開かれた。


かつて「家の光」の編集委員室長、電波報道部長など歴任された鈴木俊彦さんは、2003年退職後、農政ジャーナリストとして、数々の出版物を著していていたが、

このほど「激動の時代と日本農業の活路」を東京農大出版会から発刊し、有志の皆さんにより、先日、東京農大グリーンアカデミーで、「・・・出版を祝う会」が開催された。

開会にあたって、発起人を代表して、コメ政策研究の第一人者で東大名誉教授の佐伯尚美先生と、元協同組合経営研究所理事長の福間莞爾先生が、鈴木さんの功績や日頃の活躍の一端などを紹介された。





1-1.JPG

会場には、NPO法人・良い食材を伝える会「食材の寺小屋」の塾長をされていて東京農大客員教授の中村靖彦先生が鈴木さんと親しく話し合われているところを、了解を得て撮らせて戴いた。

上の画像をクリックする
挨拶する福間先生と、この度、発刊された著書。

これまでは、「農政経済の伏流と実相」と「昭和を彩った作家と芸能人」は贈っていただいた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年01月28日

JA東京中央会が発行する「とうきょう『農』紀行」No36が届いた。


「東京の旬を見つけてみませんか」、とうきょう『農』紀行は、JA東京中央会が年4回発行する地域の皆さんに農業を発信する情報紙。

2013年4月から「もっと知りたい 江戸東京野菜」の連載が始まったが、これまであまり紹介してきていなかったので、ここで紹介する。



1-1.JPG




posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2015年01月26日

須崎雅義さんのお宅に「中央線が好きだ。」のポスターが貼ってあった。


先日、御遣い物にするので、須崎雅義さんに電話で東京ウドの発送をお願いしたことから、支払いにお邪魔したら、JR東日本八王子支社が作ってくれたんだと壁に張ってある大きなポスターを見せてくれた。

小冊子「中央線が好きだ。」は、多摩地区のJRの駅に置いてあるが
この冊子No.7/ 2014は、昨年の11月に発行されたそうだが、農業にスポットをあて、東京うど等を紹介している。





wtrチャ.JPG


上の画像をクリツクする



須崎さんには、小冊子も戴いたが、三鷹で農業を営む冨澤剛さん(江戸東京野菜コンシェルジュ) が、江戸東京野菜を紹介してくれていた

posted by 大竹道茂 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介