2024年02月09日

日テレ「Day.Day.」の「LOVEダン」に、ダンス部のダンス動画を出品した東京女子学院。


東京女子学院高等学校の穂積栄理教諭からメールを頂いた。
穂積教諭はフードカルチャーコースを担当する他、
同校ダンス部の顧問もしていて、2021年の文化祭で見せていただいた。

今回、日本テレビの番組「Day.Day.」の「LOVEダン」という企画に、
ダンス部のダンス動画を出品したと云う。
この動画のテーマは「繋がり」で、地域とのつながりを表現する中、
同校の農園で栽培している練馬大根を抜くシーンを使ったという。

ダンス部の生徒たちの中にはフードカルチャーコース在籍の
生徒も踊っているという。




スクリーンショット 2024-02-08 083158.png

上の画像をタップする

地域との繋がりで、地元の練馬大根を抜いて調理室で踊る。
同校の前を流れる石神井川、運動部には男子チームも参加
地域の小学生や地域住民とも繋がるなど手が込んでいる。

「いつだってHIGH!」のリズムに乗ったダンスは、
メリハリが利いていて、ウキウキしてくる。

posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2024年02月05日

雪の中を、東京女子学院高校に行くので駅に向かって歩いた。


朝寒さで目が覚めた。天気予報で5日には東京でも雪が降ると
報じていたが、カーテンを開けると外は降っていなかった。

テレビのニュースでは、午後から大雪になると云うが、
この日は、午後から東京女子学院高校フードカルチャーコースの
生徒が、三國レッスンで習ったスペシャルハンバーグを、
交流している秋田県立大館桂桜高校の皆さんに、オンラインで
料理を教えると云うので、行くことになっていた。




スクリーンショット 2024-02-05 231415.png

自宅を出て、駅まで行く途中のキャベツ畑は、雪で覆われていた。

上の画像をタップする

リモート料理講習交流の様子は、ここから紹介する。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2024年01月16日

明治神宮農林水産物奉献会が行っている初詣の正式参拝は11日に行われた。


明治神宮の初詣は、今年は11日になった。
毎年、明治神宮農林水産物奉献会が行っていて
正式参拝に加わっている。
今年も時間は例年通りで、9時30分参集殿集合で、
奉献会メンバーが集まっていた。




1-1-.png

上の画像をタップする
参集殿から、奉献会会長(野崎啓太郎JA東京中央会会長)を先頭に、
行列を作って内拝殿に向かい、会長の玉串奉てんに合わせて正殿参拝

明治神宮神楽殿では、
巫女さんによる「倭舞」(やまと舞)が奉奏された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2024年01月10日

大学の同期の横山日出現さんが、夫婦での旅行先から写真を送ってくれた。


58年ぶりに大学の同期の横山日出現さんにお会いした話はしたが、

コレド日本橋の「奈美路や」で、
江戸東京野菜の話をしながら食事をした。

同店は日光江戸村がオーナー社と伝えたことから、横山さんご夫婦は
「暮れ正月鬼怒川温泉に来て日光江戸村を見学しました。
園内で奈美路やを見つけた」と、メール添付の写真を送ってくれた。



IMG_3004.jpg

上の画像をタップする

横山さんが見つけた「奈美路や」は前からあったが、
食の店は「竈や」だった。
日本橋にできた「奈美路や」は、さりげなく日光江戸村へ
誘っているようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2024年01月03日

東京国際フランス学園の春日教諭とテソニェール校長連名の年賀状を頂いた。


東京国際フランス学園の春日香織教諭とリシャール・テソニェール校長の連名(サイン)の年賀状を頂いた。

同校はフランス国民教育認可校として東京では北区滝野川に設置されていて、春日先生が近隣にある瀧野川八幡神社で2022年から滝野川ゴボウの栽培に協力している。

2023年9月には滝野川カブの種まきを行った。

10月に1.2b級の長いゴボウが収穫された。

11月には農水省が実施する“わたしたちと「和食」” のモデル授業に春日先生が応募して開催された。




1-1-.jpg

上の画像をタップする


三國清三シェフのミクニレッスンで、テソニェール校長にお会いしている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2024年01月02日

第100回東京箱根間往復大学駅伝競走は、1月2日(火)8:00にスタートする


昨年、6月に全日本大学駅伝関東地区選考会で東京農大陸上競技部の1年生前田和摩選手の激走で、箱根駅伝に10年振りに出場のチャンスが出てきたし、伊勢路へは14年振りの出場だった。

10月14日に立川で開催された東京箱根間往復大学駅伝競走予選会では11位と本線への出場が決定した。
その後、11月5日の第55回全日本大学駅伝対校選手権大会(伊勢路)で13位と健闘した。




1-1-5.png

第100回東京箱根間往復大学駅伝競走は、1月2日(火)にスタートする

上の画像をタップする
東京農大の選手一覧はここから

スーパールーキーの前田君の名が往路に無い、補欠とあるが
作戦か、心配だ。

写真で振り返る東京農大の選手。

東京農大小指監督に聞く

大根踊りの話題はここから

2日はテレビ観戦になるが、3日はミクニマルノウチで観戦する。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2024年01月01日

あけましておめでとうございます。


スクリーンショット 2023-12-30 135854.png

上の画像をタップする。
江戸東京野菜コンシェルジュ協会共々よろしくお願いいたします。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年12月29日

ファーム渡戸から近い練馬大根の記念碑を訪れた加藤シェフ


11期の加藤仁思シェフが「2023冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」のイベンに参加されて、練馬大根の収獲の体験をされたことは、LIENに紹介されていたが、8品目の江戸東京野菜を一度に収穫する機会もなかったから、楽しんでいただいた。



1-1-.png

加藤シェフは、江戸東京・農業説明板が建立してある所を中心にめぐっていたが、折角、練馬に来たことから、練馬大根の史跡を訪ねたようだ。

東武練馬駅近くに設置された「下練馬献上大根碑」に行っていた。
ファーム渡戸からも近く、当ブログでも紹介しているが、綱吉に献上した大根を見に行っている。

上の画像をタップする。
沢山の江戸東京野菜を持っての移動だから、当然車で来たようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年12月22日

2024年(令和六年)の恒例の七福神巡りは、1月9日(火)、に谷中七福神巡りに行く予定です。


2024年(令和六年)の恒例の七福神巡りは、1月9日(火)、に谷中七福神巡りに行く予定です。

JR田端で下車して、福禄寿の東覚寺から巡り、弁財天の不忍池弁天堂がゴール。
北区をスタートして、途中荒川区、台東区と巡る。

2023年は、ご都合のついた方で、寺島ナスの発祥の地では、多聞寺では小川剛さんにお世話になった。
隅田川に沿って南下して、言問い団子に、長命寺の桜餅を食べて、最後は浅草の駒形どぜうで締めたが、距離は長かった。

2024年のコースは、歩きやすいコースだ。



1-1-.png

上の画像をタップする。
途中、江戸東京野菜の名所にご案内できればと思っている。
posted by 大竹道茂 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年12月21日

キャノングローバル戦略研究所の堅田元喜先生と杉山大志先生を案内して、大泉の荘埜柿園に伺った。


キャノングローバル戦略研究所の堅田元喜先生のレポートを頂いた11月に、次は果樹園の生産者を紹介して頂きたいと、相談を受けていた。

当初、多摩地区の果樹生産者を案内するつもりでいたが、車を処分したことから、お連れすることが出来なくそうだんしたらなったことから、本会副代表の渡邊和嘉さんに相談したら、練馬区大泉の荘埜さんがキャリアからもうってつけだと云う。

荘埜さんなら、昔から存じ上げていて、最近はお会いしていないが柿のもぎ取り円を栽培していて農園は江戸東京野菜を栽培している村田農園の隣だから、栽培の状況は良く知っている。
荘埜銀一さんは柿の栽培では第一人者で、東京では柿栽培に限って実施している方はいない。




1-1-.png

堅田元喜先生と杉山大志先生とは、西武池袋線の大泉学園駅で待ち合わせをし、渡邊さん迎えに来てもらった。

渡邊さんの右隣が、荘埜銀一さん。

上の画像をタップする
堅田先生の右隣が後継者の晃一さんで、同じ果樹でもイチジク栽培を行っていて、何年か前に見せてもらっている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年11月14日

懐かしい友人、横山日出現さんに案内してもらって、写真家大野崇さんの写真展を見に行った。


9月に58年振りに農大の同級生にお会いした話をしたが、彼は高崎出身
の横山日出現さんで、学生時代には、当時高崎駅前で旅館をしていた
お宅にも遊びに行って泊めてもらったこともある。

卒業後、彼は、カナダのトロントに農業移住していたが
その後、ヨーロッパに渡り、色々あってシャモニーに定住し
結婚してからは、華々しい活躍をされている。




1-1-.png

江戸東京野菜という、伝統野菜の復活普及をライフワークにしていると
話したら、テント張りの朝市の写真を送ってくれた。

上の画像をタッブする。

シャモニーで販売されている野菜は分ったが、販売している周辺
シャモニーの景色の写真は無いかと聞くと。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年11月08日

昭島市の第7回新型コロナワクチン接種券が届き、2日に行ってきた。


市の新型コロナワクチンコールセンターから
2023年度お知らせが届いた。

今回は、オミクロン株対応ファイザー社のコミナッティとあった。
モデルナから変わった第5回では、すこしだるかった。

11月2日に、図書館のあるアキシマエンシス体育館とあった。



1-1-6.JPG

夕方の、接種だったが、薄暗い中、多くの方々が並んで待った。

出前授業や、江戸東京野菜のイベントは
これから暮れに向けて多々あるので
新形コロナワクチン接種だけは、律義に続けているから、不安はない。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年10月24日

「東京産拝島ねぎと沢井ゆずのスブレッド」が美味しいと購入したUjikawaさんが写真を掲載した。


江戸東京野菜コンシェルジュ11期の皆さんのLINEを見ていたら、
「東京産拝島ねぎと沢井ゆずのスブレッド」の写真が掲載されていた。

拝島ねぎの保存会に入っているから、ちょっと気になった。

「希少な江戸東京野菜「拝島ねぎ」と東京産の「沢井ゆず」を使った、
お料理のソース感覚で使えるスプレッド。
ねぎの甘味とゆずの酸味が絶妙なバランスです。
パンはもちろん、ベーコンなどの肉料理や、
シンプルなミルクプリンなどにも意外と合います。」とある。



1-1- (1).jpg

Ujikawa
加藤さーん、私も今日、買っちゃいました!食べるの楽しみですハート(トランプ)」とあった。

加藤シェフ
え〜(!)ビックリ(びっくり)言ってもらえれば良かったのに!
急に不安になるのは何ででしょ(うける)
何だかんだでネギ人気なんです。

これから寺島ナスのスプレッドも販売開始しますなす
どこかでお会い出来たら改めてお礼言いますね!
ありがとうございます(^.^)


〜しばらく、二人のやり取りがある。〜

じゅんきち
何かやり取り面白い〜小説に出てきそうな展開(笑)

Ujikawa
おいしいです!!
みなさんにもぜひ食べていただきたいですよ〜(美味しい)!


寺島なす小川
寺島なすスプレッド、非常に興味あります。
是非、食べてみたいです




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年10月20日

「国際ワークショップの報告/BCCの都市農業ついての取材」が飯田先生から連絡を頂いた。


東京大学大学院 工学系研究科都市工学専攻では
「都市農業遺産に関する国際共同研究」を、ドイツ(アーヘン大学)
ブラジル(サンパウロ大学)、キューバ(ハバナ大学)、
インドネシア(パジャジャラン大学)の5カ国の大学で
実施しているとして、飯田晶子先生に協力したことは報告した。

この程、お世話になった飯田晶子先生からメールで
「国際ワークショップの報告/BCCの都市農業ついての取材」の
連絡を飯田先生から頂いた。





0-1-.JPG

(フードチェーン:都市に食料を供給する方法)

上の画像をタップする
BCCポットキャスト:日本の都市農業についての放送
今週、BBCのポッドキャストで、日本の都市農業についての
横張先生のインタビューが放送されました。

せっかくですのでリンクを共有させていただきます。
私もインタビューに同席させてもらいましたが、改めて、
日本の都市農業が国際的にも注目されている
ことが伝わって参りました。

*上記リンクの22分30秒過ぎからが横張先生のインタビューです
 その前に板橋の事例の放送もあります




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年10月15日

東京農大、10年ぶりに箱根駅伝本戦出場を決定した。


東京農業大学が箱根駅伝では長いトンネルから抜けられないでいるが、灯かりが見えてきた感があり、10月の予選会が待ち遠しかった。

三多摩常盤松会でも、駅伝の話でもちきりだったが、その後事務局長の金子章敬さんから案内が届いた。

国営昭和記念公園の西立川口に、7時50分集合とあった。





1-1-7.JPG

会場へ入ると農大応援団旗を目指して、その前に席をとったが、
スタート地点(赤丸)の反対側になる。

上の画像をタップする
大応援団旗のあるのは広い会場でも一目でわかった。
1時間半ほどスポーツ紙や応援を見ていたが、9時35分スタートした。
広い滑走路のようなところだから、反対側まで来るのに5分程かかる。

先頭は留学生の集団だった。
農大の前田選手は内側にいたのか、何処なのかわからなかった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年09月26日

コンシェルジュ11期のメンバーのシェフが、江戸東京野菜の寺島ナスを調理した。


江戸東京野菜コンシェルジュ11期のメンバーの一人、加藤仁思シェフがLINEに写真を掲載していた。

始めて手にした寺島ナスを、ウキウキしながら調理してる。



1-1-4.JPG

上の画像をタップする
加藤シェフ「今日太田市場の大治さんから寺島ナスが届きましたなす
少ないですがスプレッド作成中です(ルンルン)


届いた寺島ナスは、三鷹の田中健一さんが栽培したもの。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年09月10日

東京農大の理事長になられた江口文陽学長に、東京多摩地区のOB会でお会いした。


立川のホテルで大学OBの集まりがあった。
新型コロナの影響もあり、久しぶりに開催された。

OB会の事務局長金子章敬さんから案内が来ていたが、江口学長が
学校法人の理事長になられた事を聞いていたので
出席することにしていた。



1-1-1-.JPG

江口学長は2021年4月に学長に就任され、
2023年7月に学校法人の理事長に就任されている。

挨拶では、学究としての経歴や、理事長としての今後の経営の方針、
世田谷キャンパスには国際センターをオープン
更には、長年予選会出場の箱根駅伝チームの報告や期待
又、ボクシング部員の不祥事は謝られた。

上の画像をタップする
この会は、多摩地区にいる同窓の集まりだが、卒業学科としては、
農学科、林学科、畜産学科、農芸化学科、農業工学科、農業経済学科、
醸造学科、拓殖学科、造園学科、栄養学科などで、
仕事がらみで付き合いのある者たちが集まっている。

一番の長老は昭和36年卒の福島さんで、私は5才下で出席者の中では
三番目で、昭和卒が37名、平成が15名だった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年09月01日

練馬区立牧野記念庭園の前を通りかかったので、10年振りかで寄ってみた。


高知県出身の植物学者・牧野富太郎がモデルとなっているNHKの
連続テレビ小説『らんまん』は、植物学に傾倒していく
槙野万太郎の生活を興味深く見ていた。
植物採集から、学名登録への経緯など興味深い。

先日、滝野川かぶの栽培を依頼した田中さんのお宅に寄った
ことや、小料理石井に行って、マクワウリのかき氷を食べての帰りに、
渡邉和嘉さんに、上石神井駅に送ってもらう途中で牧野記念庭園前を
通りかかったものだから、10年振りかで寄ってみた。




1-1-1-.JPG

練馬区立牧野記念庭園は、テレビの影響か、混みあうことはないが、
大勢の方が来ていた。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年07月18日

東京野菜のおかきがあるのは知らなかった。


養生逸品
「東京野菜おかき」を歌舞伎座で買ってきたと土産に頂いた。
歌舞伎座には、落語会でよく行っているが、
東京野菜のおかきを売っているとは知らなかった。

〜食を通して、江戸の養生文化を今に伝える〜
「生きる」を養う養生逸品




1-1.JPG

上の画像をタップする
「玉ねぎ煎」6袋「ごぼう煎」3袋「南瓜かき餅」3袋

玉葱ハ独特ノ辛味ト独特ノ匂イヲ持チ
古キヨリ神ニ供エシ献上物ナリ辛味ノモトアリシンバ
身体ニ活力ヲ与エ源為朝ノ如ク邪気ヲ払イ養生食トシテ
身体ヲ健ヤカニ保チ人々ノ検証二
重宝サレシモノナリ

南瓜ハ古キヨリ人々ノ健康ニ重宝サレシモノナリ
身体ヲ 健康ニ 保チ カロチン多ク 甘味豊富ナ
緑黄色深キ 養生食ナリ

金平ゴボウハ古キヨリ養生食トシテ人々ノ健康ニ
重宝サレシモノナリ 身体ヲ 健康ニ 保チ
唐辛子ノ辛味ハ 身体ニ活力ヲ与エ
食物繊維多ク 滋味豊カナ
伝統食ナリ


東京のお土産に東京野菜 !!
東京野菜のおかきがあるのは知らなかった。

posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2023年06月20日

嘘だろう!、ホント!!、友人のメールに「農大14年ぶり出場!}とあった。


千葉で野菜を楽しんで作っている吉原久雄さんからメールが届いた。
メールの最後に添付されていた記事に驚かされた。

「農大14年ぶり出場!前田和摩U20歴代2位の激走」とあった。

立川で行われる予選会でも、期待は持てなくなっていた。
正月3日は、ミクニマルノウチで、他校の激走を見ていたが、



東京農大.JPG

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報