2019年05月15日

スポーツクライミングのスビートの大会が、昭島のモリパークで開催された。


先日、深川に行った帰りに、昭島駅から歩いでモリパークの前を通りかかったら、「au SPEED STARS 2019」 が、終わったばかりらしく、選手へのインタビューが行われているところだった。

自宅から昭島駅まで歩いていく途中に、モリパーク アウトドアヴィレッジが出来たことは紹介したことがあるが、この壁は、どこまで高く登れるかという高さ12b以上の「リード」部門で、

2017年には、通りを挟んだテニスコートのわきの広場に、どれだけ早く登れるかの「SPEED STARS」が日本で初めて建設された。

5月に大会が行われるというので、会場の前を通ると、練習をしているのを見ることができた。

最近は、ボルダリングという、5b以下の壁に設置された複数の課題を制限時間内に攻略できるかという大会が行われていて、テレビで優勝した様子が紹介されるが、この大会は迫力が違う。




1-1-1.jpg


高さ15bの壁に設定された同一ルート(世界共通)を登るという大会
は、昼から予選が行われ、15時から決勝が行われたようだ。

上の画像をタップする
大会資料はいただけた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年05月03日

ウイークデーハイキングに参加して、神田川沿いからダイヤゲート池袋へ。


西武鉄道が実施しているウイークデーハイキング、
前回は、玉川上水に沿って歩いたことを報告した、

今回は優先して掲載する記事が多かったので遅くなってしまった。

今回のコースは、神田川の上流では、鳴子ウリの柏木だったり、
下流の方では早稲田ミョウガの捜索活動を行った地域だったり、
最後は雑司ヶ谷ナスの説明板を建立した大鳥神社に立ち寄り
7キロの行程を家内と歩いた。




0-11stat (1).JPG

西武新宿線の下落合で下車、ここからは下落合図書館に伺っているし、
区立落合第四小学校と、区立戸塚第三小学校からは招かれた。

上の画像をタップする
下車したウオーキングスタイルの皆さんの後について行くと、
スタート地点のせせらぎの里公苑に着いた。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年04月29日

江戸東京野菜講談をする田辺一乃師匠の真打昇進披露興行、満員の昼席に伺った。


江戸東京野菜講談の演目を16席も創作している平成最後の真打、田辺一乃さんの真打昇進披露興行が始まっているが、応援団のひとりとして上野広小路亭と日本橋亭の昼席を覗いてきた。

水天宮ロイヤルパークホテルで開催された真打昇進披露宴で、講談協会のお偉いさん方が、披露宴以上に真打昇進披露興行は重要で、盛大に開催するようにと支援者のお客様にお願いしていたが、




0-1-2.JPG

講談会は女性講談師が多く、講談協会では3分の2は女性だが、字面からはわかりづらい。

27日(土) 13時からの日本橋亭では、開会に先立つ勉強と称して前座は田辺凌天さん(女性)。

昼席は、田辺鶴遊師匠(男性)、田ノ中星之助師匠(男性)、神田織音師匠(女性)、宝井琴調師匠(男性)、一龍齋貞花師匠(男性)、一龍齋貞水会長の皆さん。

上の画像をタップする

一乃師匠が出身の人事院からも花束が贈られていた。
会場には、応援団の1人、コンシェルジュ8期の森川洋一さんも見えていた。

貞水会長は楽屋話から入り、「いま楽屋が大騒ぎ、大変だよ! 客がいっぱいだよ!。当人感激しておりまして、まさかこんなに一杯来るとは思わなかった。10連休でも、何所へも行くことが出来ない方ばかりか・・、」と笑わせた。

中入り「口上」は、左から司会の宝井琴調師匠、一龍齋貞花常任理事、田辺一乃師匠、一乃さんの師匠田辺一邑師匠、一龍齋貞水会長が居並んだ。

田辺一邑師匠からは、「一乃は江戸東京野菜の講談をやっておりまして、さぞかし野菜をいつぱい食べてスリムに・・?、」と江戸東京野菜を紹介。

司会の琴調師匠からは、「本人は本日のためにエステに通って、厚めにファンデーションを塗ってまいりましたので、ここで顔をあげさせていただきますのでお写真をどうぞ・・・・」といじった。

貞水会長からは「折角だから挨拶もして・・、」との声で、一乃さんの挨拶。そして会長の発声で、三本〆。

この後、田辺一邑師匠が一席の後、一乃さんが「明智左馬之助 湖水渡り」の迫力ある一席を語った。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年04月18日

国立市に残る緑地保全地域は、住宅に囲まれてしまったが、今もわずかに湧水が流れていた。


先日、玉川上水から分水した柴崎用水が甲州街道をくぐって多摩川に流れ込んいたのを確認したが

湧水を使って収穫した野菜を洗っていると云う農家が、国立にあると聞いていたので、足を延ばした。

昔から国立の谷保天満宮手前で、甲州街道をくぐるようにして用水が流れているのは知っていたが、改めて辺りを歩いてみると、南武線の南側にこんもりとした雑木林が、東京都環境局が管理している羽衣公園だった。






1-1-1.JPG

土方農園の土方忠夫さんがいらして、洗い場を見せていただいた。

上の画像をタップする、

甲州街道を潜り抜けて多摩川に流れ込んでいる用水があるのは、甲州街道を走るたびに気になっていたが、改めて水源からは清水が湧き出していた。

この時期は草が生えているが水田も残されて、ほっとする広がりが住宅街の中にあるとは思えない景観だ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年04月10日

江戸東京野菜の三河島枝豆に糀屋三郎右衛門の糀を使って、味噌づくり!!


練馬区立向山庭園で開催されている観桜会で、今年も江戸東京野菜のお弁当を提供した「小料理石井」の石井公平さんからメールをもらった。

渡戸秀行さんから三河島枝豆の大豆を分けていただきました。

和食では欠かすことのできない
味噌をこれから作ります。

麹はもちろん練馬区産
糀屋三郎右衛門さんの麦麹で、練馬で栽培した大豆を仕込みます。

今から半年後の完成が楽しみです。

とあった。





1-1.JPG

渡戸さんの所に定期的に行っている石井さん、ノラボウ菜を分けてもらったが、渡戸さんから、三河島枝豆の大豆があるが、料理に使わないかと話があったとか、

味噌がすぐに思いついたが、寒仕込みの時期は過ぎた。でもやってみようと、2キロほど分けてもらって、普段使っている糀屋三郎右衛門の糀を購入したと云う。

石井さんに、写真を送ってくださいと返信すると、送ってくれた。

上の画像をタップする
江戸東京野菜の三河島枝豆に
糀屋三郎右衛門の糀を使った味噌、試作のようだが楽しみだ。
糀屋ニュースを見ると、味噌造り教室もやっている


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年04月08日

玉川上水から分水した用水は、小川となって立川を潤していた。


最近、これまであった農地に住宅やマンションが建っているのが気になって、相続が発生したのかと寂しくなる。
昔の用水などが、都市緑地、水と緑、として生かされているのを見るとほっとした癒しを感じることもある。

立川市の生産者を訪ねる時によく通る道路の脇を流れる小川(昭島市武蔵野)は、川底が浅く小石が良く見えて、流れが速く、

「♫ 春の小川は さらさら行くよ ♬」 癒される。


昔懐かしい田畑の脇を流れている小川を思い出させるが、周辺には梨園がある。






1-1.JPG

川面がキラキラ光って・・・

上の画像をタップする

玉川上水に架かる松中橋で分水している用水だということは知っていたが、なんという用水だかは知らなかった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年04月06日

豊島園に来てみて、思いついて三宝寺へと、桜を花を撮りに行ってみた。


自宅近くの桜の花が8分咲きの様子。丁度、ウォーキング&ハイキングで “としまえんの桜を求めて、ぶらり散策!” と云う企画があったので、桜の花を撮ろうと出かけてみた。

肌寒いが天候は良かった。豊島園に来たのは何年振りだろうか、昔豊島園で、練馬区の農業祭が行われていた時に来たことがあったから、50年振りかもしれない。





1-1-1-9.JPG

遊具なども大幅に変わっていたが、苑内では、「桜まつり」が行われていた。

上の画像をタツプする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月31日

目黒川を遡って、江戸東京の歴史を学ぶ、


靖国神社の標本木を見に行ったが、まだ蕾は固かった。
その後いつ5輪以上咲くかが、ニュースとしてテレビの話題になっていたが、このところ目黒の桜が話題になっている。
目黒の桜は、目黒川に掛かる桜を、水上からと両岸からみる桜で、そんな目黒川を歩いてみた。






1-1.JPG

目黒川の河口は品川で、品川では、毎年品川神社で品川カブの品評会が行われていることは、紹介している。

近くには、三代将軍徳川家光に可愛がられた、沢庵禅寺の東海寺があり、練馬大根は、米糠を使った糠漬にぴったりで、干し大根として普及した。

上の画層をタップする

東海寺は品川歴史館の資料、万治三年(1660)の境内図によると広大で、品川神社も神仏混合で境内に入っていた。
現在は、間近に超高層が建ち、目黒川の畔と大山地区に沢庵和尚などが眠る墓地があるようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月30日

ウイークデーハイキングに参加して、石神井川の上流端を確認した。


西武鉄道が実施しているウイークデーハイキング、
前回は桜の開花宣言の靖国神社に行ったことは当ブログで報告した。

今回は、2月に参加した東伏見から花小金井駅ゴールと同じように、
小平駅をスタートして花小金井駅がゴールと云うコース。
今回も8キロで、歩行時間は2時間と云うコース。






0-1.JPG

上の画像をタップすると拡大
小平で下車すると、ウイークデーハイキングに参加される方だと、
一見わかるグループが大勢降りた。

スタートはアジサイ公園とあるが、
何所だか知らないが、行列についていくことで、
スタート地点に着いた。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月28日

専門学校CAG中央農業大学校の1年生が、フィールドワークで、江戸東京野菜の「つまもの」を取り上げる。


和食アドバイザー検定協会林希巳与課長から、学校法人有坂中央学園 専門学校CAG中央農業大学校の1年生のフィールドワーク、学生が「自分たちで課題を探し、自分たちの力で研究・調査し、自分たちで発表して人に伝える。」で、

4人の生徒達が テーマ「料理の脇役の全て」について調査・研究をしたいと云うので、江戸東京野菜の「つまもの」について、教えて頂きたいとの電話をいただいた。

「あしらい」は、料理人の技術におうところが多いが、「つまもの」は江戸東京野菜で、学生さんが注目してくれたのはありがたいことで、多くの方々に知っていただく機会なので、お引き受けした。





1-1.JPG

3月1日(金)に、無事、発表会が終了したと報告があった。

上の画像をタップする
写真上の左より農業経営学科1年の
長内えんぞ君、赤穂蓮汰君、岩下峻明君、唐澤美有さん

岩下君と長内君は、農業ビジネスコースで、
農業の基礎や流通、販売、6次産業化等農業を広く学んでいます。

赤穂君と唐澤さんはガーデニングコーディネーターコースで、
花卉園芸やガーデン設計、フラワーアレンジメント等、
植物について学んでいます。

そこでは日本のエディブルフラワーも含め、
つまもの等について調べたようです。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月24日

平成30年度江戸東京野菜品目追加登録に、「治助イモ」と、その他品目で「深大寺在来」が決定した。


江戸東京野菜推進委員会では、平成30年度江戸東京野菜品目追加登録について、昨年の11月28日に開催し、「三つ葉」が追加登録されたことは、当ブログで報告した。

当日、申請予定だった奥多摩町の「治助イモ」が資料の提出が遅れ、その他品目として申請されていた「深大寺在来種」は、農家の生産へのかかわりや、生産面積についての記載漏れがあったことから、保留となっていたが、遅れて提出された「治助イモ」と合わせて、今回審議された。






1-1.JPG

委員会に先立ち、JA東京中央会の榎本輝夫専務の挨拶、
新年度からは東京都の指導もあり、都市農業支援部の中に
新たに江戸東京野菜普及推進室を設けることになり
生産支援、販路開拓、流通改善、事業者向けPR等を行うと云う。

島田幸雄江戸東京野菜推進委員長、
東京都農林水産部の谷藤家信園芸緑化担当主任などの出席のもと、
開催された。

上の画像をタップする。
品目、「治助イモ」

歴史・背景
明治時代に治助さんが檜原から種芋を持ち帰り(山梨県からというのが定説)、それが奥多摩地域に広まり「治助イモ」と呼ばれるようになった。

 先祖代々種芋が受け継がれてきたが、収穫量の多い男爵などが栽培されるようになり姿を消していった。

 しかし、峰谷の集落で栽培され続けていたのが発見され、奥多摩町に古くから伝わるものであるので奥多摩町として普及、生産量の拡大を図っている。

品種の特性
普通のジャガイモと比較して、ネットリ感があり粘りが強く、煮崩れしにくいという特徴があり、味が濃厚でおいしい。

種子、生産者
種子の販売はされておらず、自家採取であるが、種芋の供給は奥多摩町が行っている。
 現在の生産者数は45名で、販売協力店も町内に多数ある。

備考
「治助イモ」は平成24年6月に奥多摩町が商標として登録している。
 奥多摩町以外の農業者が「治助イモ」の名で生産・販売を行う場合には奥多摩町観光産業課の許諾が必要である。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月18日

桜の標本木、靖国神社の染井吉野で、開花を予想しに・・・


西武鉄道のウオーキングに家内と一緒に参加していることは、当ブログで紹介した。

先日は、東京の桜開花宣言がいつになるか、テレビでも靖国神社の「標本木」の桜が紹介されていたが、14日「標本木を探しに靖国神社へ!」の企画があったので2人で出かけた。
この企画は、自由参加で参加費無料、経費は西武線の電車賃だけと云うものだが、今回は高田馬場から九段下への東西線代が加わる程度。




0-1.JPG

高田馬場のビックボックス前に受付があり、地図をもらって(10:30)東京メトロ東西線九段下(10:45)で下車した。

上の画像をタップする

桜の標本木は、昨年、桜の花の散り際に来たことがあったから、地図を見なくても様子はわかっていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月14日

西武鉄道のウイークデーハイキング、春色の黒目川から落合川散策!!


西武鉄道が実施しているウイークデーのウォーキング&ハイキング。
前回は、西武新宿線の東伏見から花小金井だったが、今回は、西武池袋線の清瀬駅と東久留米駅間のコース。
運動しないと体がなまるからと今回も家内と一緒に参加した。

この企画、指定された時間内にスタート地点で参加を申請して、自由にスタートし、ゴールでは、ポイントカードにポイントを加算すると云うもの。

3月6日は、西武池袋線清瀬駅近くのスタート地点で、いただいた地図に従って歩き始めた。




0-1.JPG

上の画像をタップする

このコース、西武池袋線の、清瀬駅からひと駅、東久留米駅までのコースで、小平霊園のさいかち窪辺りが水源の一つの黒目川と、東久留米市八幡町を上流端とする落合川の流域の自然が楽しめるので、1時間45分の行程であった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月12日

渋谷エクセルホテル東急の白幡総料理長を訪ね、江戸東京野菜の話をさせていただいた。

  
昨年の11月、東京都市大学付属小学校で行われた三國レッスンの調理実習で、京都東急ホテルの総料理長をされていた白幡健シェフにお会いした。

白幡シェフは10年振りに東京に戻られて、渋谷エクセルホテル東急の総料理長をされているという、

都市大学付属小学校で実施されている三國レツスンは月1回で1年をかけた食育授業だが、江戸東京・伝統野菜研究会として3日間(3か月)お手伝いをしていて、江戸東京野菜の栽培は当研究会の宮寺光政さんが指導している。





0-1.JPG

そんな、江戸東京野菜の出会いから、白幡総料理長は江戸東京野菜に注目いただいて、一度話を聞きたいとおっしゃるので、
先日、井の頭線澁谷駅の真上にある、渋谷エクセルホテル東急25階レストラン「アビエント」に、約束の1時半に伺った。

写真は、白幡総料理長(右)と松原孝之シェフ(左)

上の画像をタップする

以前、お会いしたのは、震災後の2011年6月から実施された東北支援で、三國清三シェフが代表を務める日本フランス料理技術組合と、東急グループ各社と、その他有志企業による、東日本大震災の被災地支援の「子どもたちに笑顔を ! 」プロジェクトで、遠く京都から東急グループの代表のひとりとして参加されていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月05日

石神井川の上流端を探して歩く。


2月27日のウイークデーハイキングで、山口・村山貯水池から境浄水場に送水する緑道の、馬の背と云わるところで、見つけた石神井川の看板、流れは都立小金井公園と小金井カントリー倶楽部の方向から来ていた。

東京の各地で湧き出した流れが、都市化の進行の中でどのようになっているのか、気になって後日行ってみた。





1-1.JPG

花小金井から、緑道を境方面に向かって歩いた。
馬の背の手前で、南に折れた。

上の画像をタップする
下から見上げると小山のような馬の背、

コンクリートで作られた用水はあるが流れはない。
用水に沿って住宅街を歩くと行き止まりだった。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年03月01日

西武鉄道のウイークデーハイキングは、西武新宿線東伏見駅から花小金井駅まで8キロのコース。


西武鉄道のウイークデーハイキングの小冊子を家内が駅からもらって来ていた。
小冊子には、西武線の駅をスタートして別の駅がゴール。1時間半ぐらいの時間で散策すると云うもの。

西武新宿線の東伏見駅から花小金井駅までのコースは、8キロで歩行時間は約2時間と云うコース。
午前中の2時間なら行ってみようかと、2人で家を出た。





0-1.JPG

上の画像をタップすると拡大

東伏見駅で下車して、参加のためのポイントカードを作ってもらって、地図をもらって9時半にスタートした。
スタートの受付は9時15分から10時45分まで、ゴールの花小金井駅には14時30分まで受け付けを設置しているから、時間はたっぷりある。

参加者は銘々のペースで歩くと云うもの。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年02月07日

地産地消で、江戸東京野菜にも注目しているホテルカデンツァ光が丘で昼食をいただいた。


早稲田ミョウガのミョウガタケの生育状況を見に、練馬の井之口喜實夫さんのお宅に伺ったことは紹介したが、順調な生育をしていた。

伝統小松菜や千住ネギも見せていただいたが、丁度、昼食時と云うので、井之口さんに地元のホテル・カデンツァ光が丘にご案内をいただいた。





1-1.JPG

ホテル・カデンツァ光が丘の石川智総料理長は、地産地消から和食、中華、洋食の料理長を連れて井之口さんの畑を訪れていて、日本料理「むさしの」の壁には、江戸東京野菜の大きなポスターを張っていただいている。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年02月05日

2月9日、和食に特化したした東京すし和食調理専門学校では授業見学会を実施する。


紹介してくれる人がいて、先日、渋谷から田園都市線でひと駅、池尻大橋駅東口から1分にある、東京すし和食調理専門学校に伺った。

東京には、調理、製菓、栄養等を冠した専門学校が40校弱あるが、3カ月から2年制までと色々だ。

同校の渡辺勝学校長にお話を聞くことが出来たが、2016年に和食に特化した2年制として開校した。
充実したカリキュラムと、料理人としての経験豊富な講師陣を揃えて、日本文化を含めて、和食の専門的な知識や技術を教えているという。

せっかくの機会だったので、江戸東京野菜のついても話しを聞いていただいた。




1-1-3.JPG

長谷川哲也和食調理科科長に、ご案内いただいたが、
一人ひとりが集中して桂剥きに取り組んでいた。

上の画像をタップする

和食調理科は、和食料理人コースとすし職人コースがあり、1年次は共通のカリキュラムで調理師資格の取得も目標にしている。

2年次は専門カリキュラムで、
和食料理人コースでは、和食文化実習を中心に、講義やサービス作法を学ぶ。
すし職人コースでは、すし専門実習を中心に、講義、和食文化実習、サービス作法を学ぶ。

2年制課程を卒業後には、1年制の調理研究科の研究コースに進学することも出来る



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年01月27日

野菜ソムリエコミュニティTOKYOが、江戸東京野菜コンシェルジュを誘って、「楽しく知ってほしい東京の農業」の講座を開催。


野菜ソムリエコミュニティTOKYOの若林牧子代表(江戸東京野菜コンシェルジュ)では、「楽しく知ってほしい東京の農業」の講座を開催した。

同コミュニティTOKYOでは、世界に類を見ない都市農業の東京農業と農産物について、多くの会員野菜ソムリエの皆さんに「楽しく知ってほしい東京の農業」として本年度3回開催している。

第1回は、「東京の都市農業のお話と江戸バーガープレートランチ
第2回は、「磯沼ファームをぎゅぎゅ〜と楽しもう@八王子
第3回は、「冨澤ファームで畑をまるごと味わいつくそう@三鷹」で、

第4回は、世田谷区上馬の青果商「八百森」の森田哲也さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)を講師に、1月13日(日)「美味しさ際立つ!魅力まるごと高倉ダイコン漬物講座」を開催したもので、

地産地消を推進する江戸東京野菜コンシェルジュにも、お声がけをいただいての開催となった。

この高倉ダイコン、多摩・八王子伝統野菜研究会の福島秀史代表が1月13日のイベントに合わせて、自宅で干しあげたもの。






1-1.JPG

講師の森田さんは、干した高倉大根を福島さんに依頼したが、
福島さんが本格的に朝に大根を干し、
夕方には干しダイコンを布団に寝かせる

16日から逆算して、天候の様子もみながら8日間丁寧に干した、
そのご苦労を皆さんに伝えた。

上の画像をタップする
イベントは、若林代表の開催趣旨の挨拶から始まった。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年01月21日

ジャパンハーブソサエティーの新春ランチの会で「懐食 みちば」に招かれ、皆さんにご挨拶をした。


ジャパンハーブソサエティー(JHS)の、イベント委員会(塚本有子委員長)の岡田和子委員から、新春ランチの会にJHSとしてお誘いをいただいた。

塚本委員長と岡田委員は、江戸東京野菜に注目してくれていて、新宿区立柏木小学校の鳴子ウリの授業参観に来て頂いたり、月例会では江戸東京野菜の勉強会を開いていただいた。

イベント委員会では、毎年新春ランチの会を開催していて、2017年は、中国薬膳料理「星福」銀座店で、昨年は、ミクニマルノウチで開催したが三國シェフとのトークショーを楽しんでいただいた。そして今年は銀座の「懐食 みちば」の新春ランチの会にご招待をいただいたもの。




1-1.JPG

地下鉄の銀座で下車すると銀座は歩行者天国、2時開会と云うことで、
4丁目からお店のある6丁目までぶらぶら歩いて時間調節、

上の画像をタップする

JHSの坂出智幸理事長ご夫妻に、JHS広島東支部長で社会貢献検討委員会委員長の高松雅子理事と同席をさせていただいた。
坂出理事長と、高松理事は、ミクニマルノウチでも同席だったので、お招きいただいたことにお礼を申し上げた。

塚本委員長(右)の進行で、ランチ会が始まった。
坂出理事長の新春のご挨拶。

今回「懐食 みちば」で開催できたのは、道場照子女将が、
ハーブに詳しいと言う事が接点で、
貸し切りが難しい土曜日の昼時、便宜を図っていただいたとか。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報