2022年01月21日

伝統ある早稲田大学周辺商店連合会では、平成から令和に時代が変わったのを機に、W商連の歴史を次代に伝えようと記念誌を作成中だという。


早稲田大学周辺商店連合会(W商連)の
北上昌夫会長からメールを頂いた。

北上会長は、早稲田西門通り商店会の三品食堂オーナーで、
最近では2019年5月に、NHK新日本紀行「東京の野菜」で、
早稲田ミョウガ発見の経過を取材した時に、三品食堂で北上会長に
お会いしたことを紹介している。

北上会長とのそもそものご縁は、2012年1月に、震災に伴う
東北復興支援として、気仙沼のもどり鰹を、W商連が購入して
経済的支援をし、その付け合わせに、早稲田ミョウガを使う
という企画を計画してくれてからだ。





2-1.JPG

W商連では、平成から令和に時代が変わったのを機に、
W商連の歴史を残しておこうと、記念誌の編集をすすめていて、
早稲田地域の皆さんにW商連の活動を知って頂き、
今後の地域の発展に繋げたいという。

当ブログでは、2012年9月30日から10月21日まで実施された、
第1回早稲田かつお祭り」を紹介している。

10月のファイナルイベントには、菅原茂気仙沼市長、
中山弘子新宿区長、鎌田薫早稲田大学総長が出席された。

3年目の2014年8月には、三品食堂で早稲田ミョウガドレッシング
商品開発を行っている。

これらが、記念誌に掲載されるようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年12月03日

練馬の井之口農園では、早稲田ミョウガの畑が枯れて、間もなく休眠に入るようだ。


早稲田ミョウガの栽培をしている井之口喜實夫さんのお宅には、
10月5日にボタニカルアートティストの石薫さんを案内して以来、
練馬に霜が降ったというので、
早稲田ミョウガの様子も知りたくて伺った。

その後、石さんは何度か伺って、
スケッチをしたようで、メールをいただいていた。




1-1.JPG

ミョウガ畑は、一面枯れていた。
後継者の勇喜夫さんは、例年は12月に入ってから枯れるが、
今年は11月の末、霜が降りる前には枯れ始めていて、
今年は早かったという。

上の画像をタップする
枯れた様子を見ると、茎の根元がまだ薄緑が残っているのもあり、
枯れ始めたのが最近だったのが分かる。
井之口さんは、休眠し始めたようだという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年10月14日

早稲田ミョウガの発見で、注目されるようになった"モニュメント「早稲田茗荷」"、


当ブログ及びfacebookの読者・堀野修さんから、
添付資料付メールを頂いた。

堀野さんは私立早稲田中学、早稲田高校のOBで、
昨年、新宿区立鶴巻図書館で開催された「早稲田みょうが」の
講演に来られたが、講演後に行った地域の歴史散歩にも
お付きあいを頂いている。






1-1.JPG

このほど、堀野さんのもとに届いた
早稲田中・高等学校校友会会報の中に
”いにしえの名物「わせだみやうが」のこと” が
掲載されていると送ってくれた。

上の画像をタツプする
モニュメント「早稲田ミョウガ」は2005年2月、
小野梓記念館が建設されたことで設置されたもので
それ以前に卒業したOB、OGの多くは、その存在すら知らない。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年10月08日

ボタニカルアートペインターの石薫さんを、江戸東京野菜を生産する井之口農園に案内した。


8月中旬だったか、ボタニカルアートに取り組んでいるという
石薫さんからメールが届いた。

江戸東京野菜のボタニカルアートは、東京都農業試験場が
明治から昭和の初めにかけて、写真を撮ることが難しかった時代に、
ボタニカルアートペインターを採用して、資料(細密画)として
描かれたものがたくさん残っている。

また、今年6月には東京瑞穂町で開催されたイベントで、
群馬直美さんの作品が紹介されていて、
2010年12月から、1年間、「よみがえる江戸野菜十二か月」として
家庭画報の連載されたことから、復活普及が始まった
江戸東京野菜の追い風になった。

石さんには、群馬さんを紹介したので、昭和記念公園で
実施されていた作品展に行かれて話を聞いたようだった。

石さんからのメールは、江戸東京野菜を描きたいので、
一度会って話を聞きたいというものだった。
先日お会いしたことは、深大寺そばの追録で報告している。




1-1.JPG

先日、井之口喜實夫さんのところに、伺う予定があったので、
石さんをお連れした。

石さんは、ご主人のお仕事で、2013年にボストンに移り住み、
2015年からウェーズリーカレッジの植物画コースで学んでいる。

上の画像をタップする
卒業作品は、ボストンのあるマサチューセッツ州で日本の野菜を
育てている農家に出会い、「日本の野菜」をテーマに5作品
(かぼちゃ、大根、ねぎ、枝豆、茗荷)を描いたという。

ウェーズリーカレッジ植物園 : 2019卒業アーティスト展

その卒業制作の審査にイギリスの著名なボタニカルアーティストが
参加していたご縁で、この業界では有名で権威ある
RHSのボタニカルペインティングのコンクールに向こう5年以内
の期限付きで挑戦する機会に恵まれたという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年09月06日

早稲田まで出かけたので、まずは穴八幡宮に参拝した。


先日、早稲田まで行く用事があったので、早稲田ミョウガの説明板の
設置では、お世話になっているので、穴八幡宮にはお参りに来る。

この前に早稲田まで来たのは、
鶴巻図書館から招かれてきたときだったが。

講演も早稲田ミョウガを主にしたお話で、江戸東京の農業の説明板が
穴八幡宮に設置されていることも紹介したが、
お地元の方々が多かったので、皆さんご存じだった。






1-1-1.JPG

早稲田ミョウガの説明板は、一の鳥居の階段を上ったところの左側の
芝生の庭園のところにある。

上の画像をタップする
鶴巻図書館での講演は2回行ったが、2回目の希望者には
ゆかりの地を案内したが、その時も説明板までお連れしたものだ。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年08月18日

井之口さんの栽培する早稲田ミョウガの生育は、分げつも順調で今年も期待できそうだ。


早稲田ミョウガの生育の状況を井之口喜實夫さんの畑に見に来たが、
「早稲田みょうがビール」に使うホップを栽培しているというので、
ホップの紹介が先になってしまった。





1-1.JPG

上の画像をタップする
今年は、屋敷前の畑、キャベツが半分定植された先に、
青いネットが張ってあり、中では青々と葉を伸ばしていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年08月14日

新型コロナの感染拡大で、営業時間の制限を受けている中で、新たな企画を検討する「NEW SCHOOL」。


先日、早稲田ミョウガの様子を見たいと、練馬の井之口喜實夫さんに電話をしてから伺った。

早稲田ミョウガは、新宿区の学校給食に使われていたが、新型コロナ感染拡大の中で、授業の長期休校が実施されたことから、学校給食もなくなった。

丁度、早稲田ミョウガのミョウガタケの収穫期に影響が出た。

また、お酒の伴う飲食店は、感染拡大を理由に、営業時間の制限などから苦労をしている。





1-1ホップ.JPG

そんな中で、早稲田大学戸山キャンパス前のビアレストラン「NEW SCHOOL」は、このような時期だけに、企画をいろいろと考えていて、

井之口さんが、見せてくれたのが、ホップ。
何でも、新福男店長が、栽培してほしいと4鉢のホップの苗を持ってきたという。
試作を依頼した新福さんは、ビールを東京産で作りたいとの思いが生まれたようだ。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年03月28日

井之口さんの根ミツバの収穫が始まったというので伺った。


2月の末に、早稲田ミョウガタケの収穫が行われていたのは紹介したが、久しぶりに井之口喜實夫さんを訪ねた。

今年は、3月になってから暖かく、さくらも一気に花が開いているが、野菜も早まっているようで、井之口さんから、根ミツバの収穫が始まったというので、伺ったもの。

寄るところがあって、1時間ほど遅れてしまったが、コンシェルジュ協会の上原恭子理事も来たようで、伺った時には帰られた後だった。





1-1-5.JPG

キャベツ畑の脇に、ミツバが植えられていた。
昨年は、4月になってからだったが、青々として、柔らかそうな葉を伸ばしていた。
土寄せをしているから、土の中の白い茎が良い香りを放つ。

上の画像をタップする

3月20日頃に定植をすると伺っていた、初夏産のキャベツとして、5月の末に石井3号、6月に入って藍宝2号の収穫が始まるという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年02月26日

早稲田ミョウガのミョウガタケが、練馬の井之口農園で収穫シーズンを迎えている。


早稲田ミョウガのミョウガタケの収穫が始まったと伺っていたが、先日、生産者の井之口喜實夫さんの都合を聞いて伺った。

昨年からの新型コロナの影響で、飲食店が厳し状況で生産者にも負担が来ている。
早稲田ミョウガの話題では、先日、早稲田大学の卒業記念の早稲田ミョウガビールの話題を紹介したが、

早稲田のニュースクールの新福オーナーは、井之口さんの野菜を使っている。





1-1-1.JPG

井之口さんに、ミョウガタケをいただいた。

上の画像をタップする
太陽光線が入らないように、カーペットで覆っているが、
それを剥がすと



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2021年02月22日

早稲田大学卒業記念限定販売「早稲田エール」の、予約が始まった。


早稲田大学戸山キャンパス前のビアレストラン「NEW SCHOOL」が
プロデュースしたビールの予約が始まった。

早稲田エールで使用されているビールは、早稲田みょうがを使った
ジャパニーズ・ジンジャー・ブラウンエールという
ジャパン・グレート・ビアアワーズで銀賞を受賞したビールです。





1-1-1.JPG

上の画像をタップする
今回は、早稲田大学卒業記念限定で、記念品として家に飾っても
楽しめるようにデザインにもこだわっている。

シリアルナンバー入り限定記念商品
ボトルと同封のリーフレットには、シリアルナンバーが



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年10月11日

練馬の井之口喜實夫さんの畑では、早稲田ミョウガから練馬大根、キャベツに栽培は引き継がれた。


早稲田ミョウガの栽培をされている井之口喜實夫さんのお宅に
久々に伺った。

先日、新宿区立鶴巻図書館で、早稲田ミョウガの話をするに当たり
話だけでは参加者にはわかりづらいだろうからと、
一つでもいいから味を知ってもらおうと、井之口さんに相談した。

3個入りのパックがあると云うので、20人分のパックをお願いして、
西武線石神井公園駅周りで向かったが、駅まで持ってきて頂き
予定の時間に、図書館に行くことが出来た。その時にも頂いた。




1-1.JPG

今年は、長雨、猛暑の関係で、早くから花が咲き始めたことから、
もう終わりで、これが最後だという。

上の画像をタップする
今、東京市場に出回っているミョウガの多くは、
高知県産の水耕栽培だから、割りとスリムなミョウガで、
早稲田ミョウガとは、色や形が違うから一目でわかる。

ふっくらと太った赤みの綺麗なミョウガは、新編武蔵風土記稿に
「早稲田村中里村等ニテ多ク産スルモノ上品ナリ」ともある。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年10月07日

早稲田みょうがの歴史を訪ね、早稲田の駅までぶらぶら散歩


早稲田かつおフェスタが10月18日まで開催されていて、
そのイベントを支援する形で、図書館での講演は開催された。

新型コロナウィルスの感染拡大の懸念から、入り口で体温を測り、
アルコールで手を拭いてからの入場となったが、
ソーシャルディスタンスから、10名の限定だったが、希望者が多く、
2回の開催で20名となった。




0-1.JPG

講演の様子は上の画像をタップする


講演の終わりには、都合のつく方だけで、地下鉄の早稲田駅まで
早稲田みょうがゆかりの地を案内した。

1時半の講演と3時の講演の間は30分しかなかったので、
1時半からの皆様には地図だけをお渡しした。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年10月06日

新宿区立鶴巻図書館で3日、「早稲田みょうが」の歴史と東北支援の早稲田かつおフェスタを紹介した。


ワセダグランド商店会が主催して「早稲田かつおフェスタ」は、今年も9月27日(日)〜10月18日(日)まで、開催されている。

この企画を、後押しする形で、新宿区立鶴巻図書館から「早稲田みょうが」のテーマで講演を依頼されたことは紹介した。

伊藤正志館長の話では、新型コロナウイルス対策として、10名に限定するとのことだったが、申し込みが多くなったことから2回の開催で20名となった。

これまで、江戸東京野菜の講演では、一品目として「早稲田みょうが」の話をしていたが、今回は、早稲田みょうがと早稲田かつおフェスタの歴史、早稲田地域の人々の思いをなどについて、1時間のパワーポイントを作ってレジュメを配布した。





1-1-8.JPG

1時30分からの講演には、2人、3時からも2人の、地元小・中学校の生徒が参加し、盛んにメモをしていた。
上の画像をタップする

早稲田地域に設置した江戸東京の農業説明板は、「早稲田みょうが」と「神崎の牛牧」がある。


早稲田みょうがの記録

「早稲田みょうが」が記録に出てくるのは、享保20年の ”続江戸砂子温故名跡誌” で「早稲田茗荷 牛込の内、高田の近所 他所にすぐれて大く美味なり 江府のめうが多く 此辺より出る」とある。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年09月05日

早稲田かつおフェスタに合わせ、10月3日(日)15時より新宿区立鶴巻図書館で早稲田みょうが尽くしを話す。


8月中旬に新宿区立鶴巻図書館の伊藤正志館長からメールを頂いた。

何でも、早稲田かつおフェスタが
今年は、9月27日から10月18日の日程で開催の予定で、

早稲田かつおフェスタは、2012年に東北復興支援として、
気仙沼の戻り鰹を早稲田大学周辺商店連合会が購入して、
早稲田みょうがを ”つま” にして食べる
と云うことで始まったイベント。


図書館でも地域の商店街を応援させていただきたいということで、
フェスタに合わせて鰹や早稲田ミョウガなどに関する本の
展示をするという。





1-1-8.JPG

新宿区立鶴巻図書館には、2017年に伺ったことがあるが、
当時のパワーポイントを見直すと、新宿の農業をメインに、
早稲田みょうがはその一つとしてお話ししているが、今回は違う。

「江戸東京野菜の物語」(平凡社新書)の中でも、読者ばかりか、
早稲田ミョウガの経緯が面白いと書評に書いた新聞もあったが、
本にも書かなかったことをお話しする。

●早稲田みょうがの歴史、江戸の記録は享保20年からある。
●早稲田みょうが捜索では,隊長は4年生の石原君だ・・・、
●東北支援に使われた早稲田みょうが、気仙沼の戻り鰹の"つま"に
●地元早稲田の小学校、神社に、開設されたみょうが園、
●早稲田ミョウガダケは、11代将軍家斉の好物だった・・・

早稲田みょうが尽くしの話になる。

上の画像をタップして申し込みは12日から受け付け

3日は、13時30分からも実施することになりました。


FaceBookの早稲田みょうがはここから
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年08月07日

フリーペーパー「東京メトロニュース」8月号の早稲田駅コーナーに ”早稲田みょうがビール” が掲載されました。


西早稲田にあるレストランバー ”NEW SCHOOL” の
オーナー新福高男さんからメールが届いた。

NEW SCHOOLは、東西線の早稲田駅から5分、
早稲田ミウガの説明板がある穴八幡宮の南側にあるお店で、
早稲田ミョウガの生ビールが出来ると新福オーナーから案内があり、
早稲田鶴巻北町会の大山峻会長などと
ジョッキを傾けたものだ。


昨年は、早稲田ミョウガタケの収穫時に伺っているが、
今年も3月だったか、伺う予定でいたが、
新型コロナウィルスの感染拡大を恐れて、
急遽中止になってしまっていた。

メールには、フリーペーパー「東京メトロニュース」8月号
早稲田駅に ”早稲田みょうがビール” が掲載されました。
メトロに乗るときには各駅で配布しているので見てください。
とあった。


1-1-8.JPG

今年は、テイクアウト用に、瓶ビールにしたと云う。

上の画像をタップする
細長い「TOKYO METRO NEWS」のトップページの上部には
「早稲田ミョウガの、ほろ苦さが極立つビール」が掲載され。

中面5頁の早稲田駅では、
早稲田ミョウガ使用のクラフトビールが絶品! と掲載されている。

尚、お店は営業していますが、
事前に、営業時間を確認してお出かけください。
NEW SCHOOL
03-3232-2626まで

追申


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年06月06日

練馬区高野の井之口さんが栽培をしている早稲田ミョウガは例年にない生育を見せていた。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、公立の小中学校の一斉臨時休校が実施された。
学校給食用に供給していた生産者は、予定していた生産物をフードロスにしないために、苦労されていた。

井之口喜實夫さんのお宅には、3月末に伺っているが、早稲田ミョウカタケの収穫が最盛期を迎えていて、学校が一斉臨時休校となったので、心配をしていたが、井之口さんのネットワークの中で供給されたようだ。




1-1.JPG

上の画像をタツプする

昨年のこの時期、BS-NHKの新日本風土記「東京の野菜」で、早稲田ミョウガを取材したいというので、ディレクターの佐野岳士さんをお連れしたが、今年の方が生育が良い。

この畑は、2012年に栽培した畑で、早稲田ミョウガの特徴が出た、すばらしいミョウガが生産された。

2014年にも栽培しているが、それ以来の栽培で、当時よりも今年は適当に雨も降って順調な生育で、井之口さんも今年は、良いのが出来そうだと期待していた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年04月17日

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、濃厚接触を避けるため、早稲田ミョウガタケが送られてきた。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、濃厚接触を避けるようにマスクをかけた小池知事が呼びかけている。

そんな中で、練馬の井之口喜實夫さんから、早稲田ミョウガタケが送られてきた。
電話で、お礼を申し上げたが、赤い良い色が付いたから、食べてもらおうと送ってくれたと云う。
ありがたいことだ。




1-1-1.JPG

今年、早稲田ミョウガタケは1月に見せていただいた後、
しばらく井之口さんにはご無沙汰していたが、
ふたつのムロでの収穫が終わり、3月27日に最初のムロで、
再び栽培が始まっていたのを、紹介している。

ミョウガタケの栽培経過は、休眠した根茎を掘り起こし、
落ち葉を敷き詰めたムロなどを紹介している。

上の画像をタップする
太陽光が入らないように、遮光したムロで栽培するだけでは、
良質のミョウガタケはできない。

「時々」、時々とは生産者の技術になる部分ですが、
写真を撮らせていただくために、開けて見せていただくのも
「時々の一部です」

これによって、茎に赤い色が鮮明に出てきます。
日に当てすぎると、葉が黄色からグリーンになっていきます。

頂いた早稲田ミョウガタケは、
茎も太く、赤い色も良くついていました。

井之口さんご馳走様でした。
甘酢漬けにしていただきます。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年04月01日

練馬の井之口さんは江戸東京野菜の香り高いミツバを露地で栽培しているが、収穫が間近になった


数日前に、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事から、
電話を貰った。
練馬の井之口喜實夫さんが栽培している
ミツバがそろそろだろうと思って、電話をしたと云う。

1月にお邪魔した時に、霜が何度も降りて、ミツバは枯れていた。

井之口さんは、ここから春先に向かって、作り上げていくそうで
完全に葉が枯れた、この後、土をかけておき、
新葉が出てきたところで、土寄せをするという行程だと伺っていた。





2-1.JPG

昼頃に井之口さんのお宅に伺うと、上原さんは先に来ていた。

上の画像をタップする。
3月に入ってからの暖かさで、土寄せを行ったようで、
美味しそうな葉が伸びていた。

もう一度ぐらい土寄せを行い、
軟白の茎が伸びたところで出荷をするという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2020年01月09日

早稲田ミョウガタケの床づくりと、収穫までの経過


昨年の12月初めに、早稲田ミョウガタケを栽培する井之口喜實夫さんにミョウガタケの栽培スケジュールを伺うと12月の中下旬に、床づくりを行いたいと思っているとのことだった。

これまで、早稲田ミョウガタケの栽培の経過については、取材をさせていただいていたが、半地下のムロに植え込む前の作業が撮れていなかったので、写真を撮っておいてくださいとお願いしていた。

早稲田ミョウガタケの栽培には、早稲田ミョウガの根茎が休眠しているのを掘り起こすが、その様子は昨年取材させていただいている。





1-1.JPG

掘り起こしに合わせで、
半地下のムロに、30センチぐらいの深さに乾いた落ち葉を敷き込み、

上の画像をタツプする
それを井之口さんが一生懸命踏み込む。(12月21日に行われた。)

これによって、落ち葉は発酵熱を出すようになる。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2019年08月21日

井之口さんのお宅の早稲田ミョウガは順調な生育を見せていた。


早稲田ミョウガを栽培している井之口喜實夫さんのお宅に伺うと、お祝い事があってJA東京中央会の須藤正敏会長と榎本輝夫専務理事が見えていたので、早稲田ミョウガの圃場に案内した。

須藤会長もミョウガの栽培は初めてご覧になったようだ。





1-1.JPG

上の画像をタップする。
先日まで日差しも強かったので、日除けネツトをかけていて、株がしっかりと育っていた。

井之口さんに伺うと、暑さも一段落で、いつまでも日除けネツトをかけておくと、ミョウガの子の出が悪くなるので、週末にはネットを外すという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ