2014年09月08日

13日(土)『NHKスペシャル・日本新生』で、三國シェフが江戸東京野菜等を料理。


『NHKスペシャル・日本新生』
 〜TOKYOおもてなし大作戦・2020東京五輪にむけて(仮)〜
 9月13日(土)21:00〜22:13


東京オリンピックに向けてと、その後の東京のあり方について、出演者が議論をする。



eプチャ.JPG

番組では、三國清三シェフが、江戸東京野菜等、東京食材を使った料理1品をプレゼンテーションします。

上の写真をクリックするとリンクする


番組出演が決まった8月中旬に、ソシエテミクニの檜垣依子さんから電話をもらった、三國シェフがこの時期にある江戸東京野菜を使いたいと云っていると・・・・。

この季節の江戸東京野菜としては、雑司ヶ谷ナス、寺島ナス、東京うど、しんとり菜、奥多摩ワサビ、滝野川ゴボウ、内藤トウガラシ、内藤カボチャ、伝統小松菜(城南小松菜)、浅葱、鮎タデだとメールをした。

江戸東京野菜以外には、江戸前スズキ、食用椿油などの調味料まで東京食材を取り入れた料理をつくったという。

スタジオでは料理が出てきて、とっても盛り上がり、撮影に携わったNHKのスタッフの方々にも大好評だったと檜垣さんがメールで教えてくれた。


posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2014年07月11日

東京都市大学付属小学校の 2014年度“こころときもちが元気になる!”「ミクニレッスン」、第4回は、”東京の野菜を知ろう”


東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長)の “こころときもちが元気になる!”「ミクニレッスン」第4回は、”東京の野菜を知ろう”で、7月7日(月)松木直也プロデュサーとプロジェクトリーダー橘志保先生の下で、
 4年生の
桜組(三輪洋資先生 35名) が、10:30〜11:20、
桐組(別府美典先生 35名) が、11:30〜12:20、で行われた。

4年生とは、今年の1月、3年生の時に世田谷の農家・大塚信美さんの畑に同行したことは、当ブログで紹介した。


1-1.jpg

三国清三シェフの挨拶で授業は始まった。
「みなさん、おはようございます。今日は、みんなが暮す、東京でつくられている野菜を勉強します。
東京都では、いろいろなところでおしいい野菜がたくさんつくられているんだよ。
それでは、東京の野菜に詳しい、大竹先生と野菜作りの名人宮寺先生に今日は、おいでいただきました。」
と紹介された。

上の写真をクリックする
今回は、伝統野菜の雑司ヶ谷ナスと、一般的な交配種の千両ナスとの食べ比べ。
昔、子供の嫌いな野菜はニンジン、ピーマン、ナスだった。
雑司ヶ谷ナスは、寺島ナスと比べると普及年代は新しいが、伝統ナスだから千両ナスとはおのずと異なる。

また、トマトの食べ比べは、生食用のグリーンミニと、加熱用のシシリアンルージュ。
生徒たちは、感じたままに的確に答えていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2014年07月07日

オテル・ドウ・ミクニの開店30周年プレ企画で、30年前のメニューを戴いて来た。


5月の初めに、オテル・ドウ・ミクニからお手紙を戴いた。

封を開けると、三國清三シェフの30歳当時の写真が印刷されたカードが入っていて、来年3月にオテル・ドウ・ミクニが、開店30周年を迎えるという。
そこで、来年の2月まで、プレ30周年プランを用意したというもの。



0-1.JPG

上の写真をクリツクする
同プランのレシピは
『四ッ谷において30年前に考案した懐かしいメニューの数々です。「ちよっと久しぶりだわ」と思われている往年のフアンの皆様に、ぜひ、この機会にお店にお運びいただきたく、ご案内いたします。

なお、売上の一部は、東日本大震災救援募金として寄付いたしますので、応援よろしくお願い申しあげます。
また、来年は、30周年記念企画をたくさん行いますので、重ねて支援の程よろしくお願い申しあげます。』とあった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2014年05月09日

都市大学付属小学校へ2014年度ミクニレッスンの打ち合わせに行ってきた。


都市大学付属小学校(重永睦夫校長) の4年生が受けているミクニレッスンで、野菜の栽培や、東京の農業のことでお手伝いをしている。

昨年から、屋上菜園を使って江戸東京野菜などを栽培しているが、
2014年度の取り組みに当たり、畑の状況などについて小平の宮寺光政さんと一緒に見に行った。

これまで、滝澤宣頼先生が、プロジェクトの責任者としてお世話になったが、今年度は配置換えで、橘志保先生がプロジェクトリーダーになったということで、橘先生が迎えてくれた。

ミクニレツスンの松木直也プロデュサーも出張先の仙台から戻って合流した。



2-1.jpg


屋上菜園に行って驚いた。
昨年12月に、採種をするために伝統小松菜と青茎三河島菜を残していたが

屋上菜園は鍵をかけて、生徒が授業以外に立ち入れないようになっていることから、3月から4月にかけての作物が抽苔する時期に、滝澤先生もお忙しかったのだろう管理がおろそかになっていたようで、トンネル栽培のビニールを打ち破って、花が咲いてしまった。

橘先生に見てもらったが、青茎三河島菜の硬くなり始めた莢は、小鳥が啄ばんだ形跡が見られた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2014年04月06日

三國シェフが今が旬の江戸東京野菜・のらぼう菜の栽培現場を訪ねる。

ソシエテ・ミクニの岡本孝一さんから、この時期収穫する野菜は何ですか!!。
と云う問い合わせがあった。

何でも、三國清三シェフが、江戸東京野菜の畑を見たいという。

三國シェフも多忙な日々を送っていて、先日も、「第7回 子供たちに笑顔をプロジェクト」で仙台でお世話になっているが、今度は東京の畑を見に来てくれると云う。

この時期は、人気ののらぼう菜があるが、先日、のらぼう市を開催したことや、都政新聞にも紹介された三鷹市江戸東京野菜研究会の冨澤剛さんを推薦していた。

前日の桜の花散らしの雨が朝方まで降っていたので、確認の電話を入れたが、予定通りだというので、ご案内しようと、約束の9時に着くよう畑へ向かった。
吉祥寺から千歳烏山行のバスで、南牟礼下車。



1-1ャ.JPG

広い農地に三國シェフは驚いていたが、前日の雨に畑はぬかっていたが、用意した長靴を履いてのらぼう菜の畑に向かった。

上の写真をクリックする
例によって、三國シェフは、自ら収穫したのらぼう菜をそのまま食べ始めた。
「美味い!!」と云って。

三國シェフに聞いたことだが、上海に店を出すために上海の市場で、野菜をそのまま食べたら、市場の人たちが驚いていたと云う。
中国では、農薬がたっぷりかかっているから、野菜を生で食べることはしないからで、それでも「お腹は壊さなかった」と云うエピソードがある。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2014年03月28日

オテルドゥミクニで、江戸東京野菜のお話をさせていただいた。


オフィス・ピーアンドシーのフードコミュニケーションプランナー佐野弥生子さんから、三國清三シェフと江戸東京野菜の話をしてくれと依頼があったのは、昨年の暮れだった。

昨年の6月6日に、フランソワ・オランドフランス大統領が国賓として来日した時に、安倍首相が首相官邸で午餐会を開いたが、その料理を任されたのが三國シェフを中心とする、チーム三國。

さらに、東京オリンピックが6年後に開催されることが決定した中で、世界のお客様が東京にみえた時のおもてなし食材として、評価してくれている三國シェフ。

今回は「江戸東京野菜」を初めとする東京の野菜を使ったお料理を、オテル・ドゥ・ミクニで戴こうという企画だ。
その中で、ゲストとして江戸東京野菜の話や、三國シェフトのトークも依頼されていた。



1-1009.jpg


「東京ラグジュアリーフレンチ」は、佐野さんのご挨拶で始まった。

前日、ソシエテミクニの岡本孝一さんから、メニューを送っていただいていたので、江戸東京野菜については、写真を挿入するなどして、「三國シェフと江戸東京野菜」と題したパワーポイントを作って行った。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2014年03月13日

三國清三シェフの「第7回 子供たちに笑顔をプロジェクト」レポート


昨年の10月に開催された「子供たちに笑顔をプロジェクト」は岩手県陸前高田市立小友小学校と遠かったが、今回は仙台市内だ。

今回で第7回を迎えるプロジェクトは、10日、仙台市立中野栄小学校で開催され、震災で大きな被害を受けた仙台市立中野小学校の全校生86名(教諭含)、中野栄小学校6年生85名(教諭含)が参加して行われた。


1-0チャ.JPG

日本フランス料理技術組合(代表・三國清三シェフ)と、東急グループ各社に日本バレーボール協会、その他有志企業による「子供たちに笑顔をプロジェクト」は、実施された。

上の写真をクリックする
シェフの皆さんは今回も、全国から参加されていた。

今回は、江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会としては、宮寺光政さんと、福島秀史さんが参加させていただいた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2014年01月17日

今年も、「地産地消」三國清三シェフに東京農業の支援をお願いした。


先日知人を誘って、オテル・ドウ・ミクニに伺った。

昨年も、三國清三シェフは、大活躍の年だった。
夏には、北海道の大雪高原旭ヶ丘に「フラテッロ・ディ・ミクニ」をオープンさせ、
京都には「祇園MIKUNI」 (祇園ミクニ)を、オープンさせた。

テレビでも報道されたが、中国の上海にイタリアンレストラン「Mikuni意大利餐庁」をオープンしている。
また、11月には、フランスのフランソワ・ラブレー大学から、名誉博士号を受賞した。



1-1キャプチャw.JPG

東京の農業についてもしかりで、地産地消として東京の食材を初め、江戸東京野菜の普及についても尽力を戴いた。

食育としては、今年度3年目になるが、東京都市大学付属小学校での「ミクニレッスン」では、7月に「東京の野菜」についてレクチャーをさせていただいた。

10月には江戸東京野菜等の種まきと、12月の収穫作業と、年間のレッスンに位置付けて戴いた。

また、東日本大震災の被災地支援「子どもたちに笑顔を ! 」プロジェクトでは、一昨年の気仙沼に続いて、3月の仙台市立荒浜小学校と、11月の岩手県陸前高田市立小友小学校の、お手伝いをさせていただいた。

6月に、国賓として訪れたフランスの大統領の午餐会では、チームミクニとして、江戸東京野菜を使ったお料理を出していただいたことは、当ブログで紹介した。

さらに、東京オリンピックが決定したときには、テレビのインタビューに答えて、外国からの選手や、お客様に、東京の食材を「お・も・て・な・し」として食べさせたいと語っておられた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2014年01月13日

東京都市大学付属小学校の3年生が、農家の仕事を学びに、伝統大蔵ダイコンで有名な大塚信美さんの畑へ


東京都市大学付属小学校4年生のミクニレッスンをお手伝いして3年目になるが、11月の初めに、ミクニプロジェクト長の滝澤宣頼教諭からメールを戴いた。

3年生の 社会科に「農家のしごと」という単元があるので、できたら地元世田谷の農家にお邪魔し、簡単な収穫体験ができる社会科見学を考えているという。
できれば、江戸東京野菜を栽培している農家を紹介して欲しいと云うもの。



1-1022.jpg

そこで、地元で伝統大蔵大根を栽培している、瀬田の大塚信美さんに電話をして、内諾は戴いたが、

詳細は学校の考えを伺ってからと云う事で、後日、担任の三輪洋資先生と別府美典先生が、現地視察に伺って、了解を得てきたと報告を受けた。

大塚さんは、200年前から続く農家で、10代目。現在露地栽培で60アールの畑を耕している。

 当初は、伝統大蔵ダイコンの引っこ抜き体験も予定されていたが、数日前に降った雨で午前中は畑が凍り付いていて、生徒の力では抜けない状況だということで、前日、別府先生との話し合いで中止になっていた。

上の写真をクリックする
しかし、学校の希望でもあったので、前日私から伝統大蔵大根を一本用意してくれるように依頼していたので、大蔵大根の説明もしてくれた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年12月06日

都市大学付属小学校4年生の2013年度 第8回「ミクニレッスン」調理実習が行われた。


都市大学付属小学校(重永睦夫校長) 4年生の第8回「ミクニレッスン」調理実習は2日。屋上菜園での収穫作業の後に行われた。

今年は、10名のシェフがこの企画に賛同し参加された。
シェフの皆さんが前に並び、1人ひとりが自己紹介してから、各チームに分かれた。



3-1006.jpg

各チームでは、シェフ達と挨拶が終わったところで、三國清三シェフによるデモンストレーション、アシストは、猪俣直久シェフ(オテル・ドゥ・ミクニ)が担当した。
野菜サラダのドレッシングは、生徒達の希望で、「胡麻ドレッシング」が作られる。

上の写真をクリックする
ボウルに、牛の挽肉と豚の挽肉、生卵を入れ、スパイスのナツメグを入れます・・・
美味しくする為のポイントが三つあります !、
@ ハンバーグは挽肉をこねればこねるほど、練れば練るほど美味しくなります。
A ハンバーグの形を作るときは、火が通りやすいように、中央はへこまします。
B 強火で両面を焼いてから、弱火でしっくり焼きます。
この時、フライパンのへりにハンバーグを押して形を整えていきます。

ソースは、角切りのリンゴが入った、甘酸っぱいリンゴソース。

「ソースをスプーンでかけながら焼いていきます。これをフランス語で"アロゼ"と云います。云ってみなさい!」。
生徒達が真似して云うと、「トレビアン!」と返していた。
三國シェフの絶妙のトークで、デモは盛り上がった。

ミクニプロジェクト長の滝澤宣頼教諭は、ピディオで三國シェフの手元をスクリーンに映し出し、廊下のご父兄に見えるような改善がされていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年12月05日

都市大学付属小の2013年度 第8回 ミクニレッスンは、朝から野菜の収穫を行った。


都市大学付属小学校(重永睦夫校長) の4年生による、第7回ミクニレッスンは、10月に初めて屋上菜園が使える状態となったことから、昨年同様の品種で種まきを行い、小平の江戸東京野菜の栽培農家・宮寺光政さんの指導で、トンネルをかけての栽培となった。



1-1020.jpg

上の写真をクリックする
一部の作物を除いて、ほぼ順調な生育を見せ昨年とは雲泥の差であった。
屋上から、昨年までの畑(写真右) は、ブルーのネット沿いの細長いスペースだったが、近隣の建物の陰になって、陽の光はあたっていない。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年11月04日

家庭画報の国際版(2013年秋/冬号) に、江戸東京野菜添えの料理が紹介されていた。


最近、江戸東京を話す時に、必ずプロローグで話すことがある。
それは、6月6日に、フランスのフランソワ・オランド大統領が国賓と来日したことだ。

安倍晋三首相は、オランド大統領一行を迎えて、7日、日本政府主催のランチミーティングを行っていてる。
当日は、三國清三シェフが率いるドリーム・チームにより、両国の多彩な食材を使っての文化交流が行われていて、そのことは、当ブログで紹介した。

当日の写真は農水省から頂いたもので、その中には料理の写真はなく、三國シェフもお持ちではなかったが、先日、三國シェフが、家庭画報の国際版(2013年秋/冬号) に詳しく掲載されたからと、1冊送っていただいた。



1-101.jpg


家庭画報では、2011年に、葉画家の群馬直美さんが描いた江戸東京野菜を1年間掲載されたことがあった。
そして翌年、家庭画報の国際版で群馬さんの作品の一部が紹介され当ブログでも紹介しているが同誌による世界への発信は2度目になる。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年11月02日

第6回 「子どもたちに笑顔を !」プロジェクトは、岩手県陸前高田市立小友小学校へ


三國清三シェフが代表を務める日本フランス料理技術組合と、東急グループ各社に日本バレーボール協会、その他有志企業による、東日本大震災の被災地支援の「子どもたちに笑顔を ! 」プロジェクトは、10月28日に開催された。

23日時点で台風27号、28号が発生しており、島根、京都、山梨から、また、仙台、弘前、岩手から参加されるシェフの皆さんも気をもんだようだ。

震災後の2011年6月、いち早く気仙沼市立階上小学校に向かった同プロジェクトは、5年計画でこれまで宮城県と福島県を訪れていたが、今回は前回3月の仙台市立荒浜小学校(東宮城野小学校内)より遠く、岩手県の陸前高田市立小友小学校で開催された。

今回は6回と云うことで、計画は後半に入ったわけだ。

昨年より3時間ほど早い20時に、赤坂エクセルホテル東急をバス2台に分乗して出発し、途中休息を取りながら日の出前に、岩手県陸前高田市立小友小学校に着いた。




1-1001.jpg

ハンバーグ好きの子ども達に、三國シェフは、野菜から食べなさいと云って回っていた。

上の写真をクリックする
シェフ達も、生徒達の席を回って、子どもたちとのコミュニケーション。

今回の対象は、小友小学校の1年生から6年生までの77人と先生方で93名、米崎小学校の5年生と6年生の50名と先生方で55名、それに地元関係者全員で156名。

さらにスタッフを含め、276名分の料理が用意された。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年10月28日

三國シェフがフランスの大学の名誉博士号を受章することが決定した。



昨晩20時に赤坂エクセルホテル東急をバスで出発して、今日28日は、三國清三シェフが実施している「子どもたちに笑顔を! プロジェクト」に加わって、岩手の陸前高田市立小友小学校に来ています。

こちらでの様子は、後日報告しますが、今日は、このほど、「三國シェフがフランスの大学の名誉博士号を受章することが決定した」との情報をお伝えします。




0007.jpg

詳細は、上の写真をクリックするとソシエテミクニにリンクする。




尚、三國シェフは、31日に放送される「NHKゆうどきネットワーク(全国ネット)」で、江戸東京野菜について語ってくれる。 放送は17時35分以降となる予定。


posted by 大竹道茂 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年10月24日

第6回 ミクニレッスンが都市大学付属小学校の屋上菜園で開催される。


東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長)で開催している2013年度のミクニレッスンは、7月に「東京の野菜」について話したことは、当ブログで紹介した。

今年は、屋上菜園で栽培実習ができるように準備をしてきた。
今回のテーマは「秋の種まき、調理実習でつかう野菜を育てよう!」だ。
12月2日の調理実習で使う、サラダの材料とする野菜を栽培するため、種まきの授業が予定されていた。




1-1003.jpg

ミクニレツスンをプロデュースしている松木直也さんの司会進行で始まった。

12月2日のミクニレッスンの授業で、みんな一緒にお料理をつくります。メニューはみんなの大好きなハンバーグ、それからフレッシュサラダです。いいですか!そこで、今日の種まきで育てた野菜はそのときにサラダでつかう野菜の種まきをします。

みんなで育てて、美味しいサラダをつくります。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年10月03日

” ミクニ流 食べる「アンチエイジング」” をフードコミュニケーションプランナー 佐野弥生子さんが企画。


ミクニ流 食べる「アンチエイジング」とは
人間の寿命は、日々のストレスや老化により制限されている、と
   アンチエイジング医学では考えられています。

   それら要因に抵抗できる心身をつくり、維持し、
 このアンチエイジングとは切っても切れない「食」の面から
「健康」でいられる人生をのばそうと、ミクニは取り組んでいます。

食べる「環境」がアンチエイジングに、また食育にもつながる・・・
    当店でのひとときをぜひお楽しみください。

          三國清三


1-1キャプチャwer.JPG

上の写真をクリックする
朝日カルチャーセンターが実施する教養講座に協力する、フードコミュニケーションプランナーの佐野弥生子さん(写真の司会進行) が企画した “「オテル・ドゥ・ミクニ」で味わう感動の美食” が開催された。

佐野さんには、これまで何回か、江戸東京野菜の講座を企画していたいたが、今回は “食べる「アンチエイジング」” と云うことでお誘いをいただいた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年09月28日

「暮らしの手帖」66号秋の、好きな料理本特集で、三國シェフが、『江戸東京野菜 物語篇』を選んでくれた。


(株)農文協プロダクションの、阿久津若菜さんから、メールをもらった。
最新号の66号秋 10-11月号「暮らしの手帖」が、料理本特集をしており、その中で、三國清三シェフが、『江戸東京野菜 物語篇』と『食全集 アイヌの食事』を紹介くださっています。とあった。



1-1img045.jpg



立川まで出かけた帰りに、駅ナカの本屋に立ち寄った。
単行本の書棚から、雑誌の書棚の方に歩いて来た時に、「そうだ !、」と、阿久津さんから戴いたメールの事を思い出した。
残っていた一冊を買い求めた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年09月14日

9月29日(日)14:00より『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ)で、「三國清三の上海進出1000日」を放送。


29日(日)の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ)は
「転んでも 転んでも」
〜三國清三の上海進出1000日〜


キャプチャ8.JPG

上の写真をクリックすると番組にリンクする。

日中関係の悪化、東日本大震災、その時三國は・・・
   三國清三、悪戦苦闘の3年間に密着したドキュメンタリー

放送日:2013年9月29日(日)14:00〜14:55

※ただし、関東ローカル番組なので、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県
・千葉県・東京都・神奈川県のみの放送です。


また、フジテレビでは、先日、東京オリンピックの選手村ではどんな料理を出すかを、三國シェフに聞いている。


posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年09月09日

「TOKYO 2020」!!、 2020年の東京オリンピックが決定した。そして、江戸東京野菜も・・・


フレンチの巨匠 三國清三さんから、8日に使いたいが、江戸東京野菜は、今何がありますか ! と、お尋ねがあった。
伝統小松菜、雑司ヶ谷なす、東京大越ウリ、渡辺早生ゴボウ、寺島なす、早稲田みょうが、奥多摩ワサビ、東京うど、その他には地場産野菜として、内藤トウガラシ、八王子ショウガ、パプリカ、カボチャ、カブ、ハーブなど色々あると・・・。

何のことかと、伺ったら、「TOKYO 2020」が決定したら、と口止めされて、私もハラハラ、ドキドキしながら、決定を待ったが・・・・・、決定した !!。

9日フジテレビのスーパーニュース、18時30分頃から放送




P9050475.3.jpg

今、撮影が終わったと、フジテレビの担当から電話があったが、
三國清三シェフが、江戸東京野菜等、東京の地場野菜を使った、お料理を作り、東京農業を紹介してくれると云う。

東京の「お・も・て・な・し」の一つが、江戸東京野菜等、東京の地場野菜が担うわけだ。

三國シェフは、6月6日に、フランスの大統領が国賓として、日本を訪れた時に、安倍晋三首相の要請を受けて、「江戸東京野菜添え」を出したことは、当ブログで紹介した。

今回の番組でも、「選手村で出すとしたらどんな料理 !」と云うもの。
1964年の選手村の総料理長を務めた村上信夫シェフ(帝国ホテル)は、三國シェフの師匠でその実力を見出した人。
三國シェフは、沖縄サミット総料理長も務めたと云うことで、依頼されたもの。

三國シェフは、生の寺島ナスをかじりながら、「東京産は、産地が近いから、香りも水分も保たれ、栄養価も高く、7年後の、お・も・て・な・しは江戸東京野菜ですよ 」と語った。

そしてカメラは三鷹へ、江戸東京野菜「寺島ナス」栽培の第一人者・星野直治さんが、「周りが住宅で農薬散布も少なくする努力をしていて、東京の野菜は、最高じゃない! 」

メインは、疲労回復効果がある「TOKYO X」をロースト。白みそ漬け、色々野菜添え、木の芽の香りソース。

「外国人の選手は、みんな日本食を楽しみにしているはずなんです。
日本風の味噌漬け、木の芽をアレンジに使用した」と語った。


オリンピックとなると、選手村だけにとどまらないわけで、2020年までの、江戸東京野菜を含めた農業振興計画を行政やJAも真剣に考えてもらいたいものだ。




posted by 大竹道茂 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2013年07月14日

東京都市大学付属小学校での7月の「ミクニレッスン」は「東京の野菜」について勉強


東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長)の4年生を対象に1年間を通して実施ている「ミクニレッスン」の7月のレッスンは、地産地消をテーマに「三國シェフの東京野菜の料理を食べてみよう」だ。

そして、三國シェフが東京産野菜を10種類つかった、「東京野菜ラタトゥイュ ジュレ」を、食べるというレッスン。




1-1017.jpg

上の写真をクリツクする
今年の4年生は桐組(担任・橘志保先生)40名、桜組(担任・中村泰先生)39名、

「東京の野菜を知ろう」の特別講師として紹介された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜